投手 井川慶に関するニュース

マー君 メジャーでの一抹の不安に“井川との共通点”

WEB女性自身 / 2014年01月29日07時00分

これはメジャー史上でも18番めで、投手ではカーショー(ドジャーズ)らメジャーを代表する投手に続く5番めの高額契約である。上位4投手は、投手最高の名誉であるサイ・ヤング賞を獲得したあとの契約。それに比べて、田中はまだメジャーで1球も投げていないにもかかわらずである。 さらに驚かされたのが契約条項の特典。3万5千ドル(約368万円)の引っ越し費用、年間10万ド [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ

@Press / 2017年03月30日16時45分

まるで藤浪投手の剛速球を打ち返しているような写真を撮影できます。 【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 4月4日(火)から「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」を開催 ~トリックアートを藤浪選手の剛速球バーションに変更します~

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

まるで藤浪投手の剛速球を打ち返しているような写真を撮影できます。【「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」の概要】【 企 画 展 名 称 】「~岡田監督2年目のV~2005年優勝特集」【 主な展示内容 】◎タイガース2005年優勝の軌跡・タイガース2005年優勝の軌跡・2005年主力メンバー紹介・岡田監督特集・ファンが選ぶ、最も優勝に貢献したと思う選手 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

@Press / 2015年03月19日17時45分

<展示品> 村山実投手(ユニフォーム)、掛布雅之選手(300号HR記念メダル)、岡田彰布選手(1980年新人王記念ライター)、王貞治選手(バット)、長嶋茂雄選手(監督時代のユニフォーム)、江川卓投手(グローブ)、原辰徳選手(ユニフォーム)など ◎平成のV戦士たち ・2003年と2005年のリーグ優勝時に活躍したレジェンドたちを紹介します。 <展示品> 井 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「球団創設80周年特別展~タイガースのレジェンドたち~」

PR TIMES / 2015年03月19日18時10分

[画像2: http://prtimes.jp/i/5180/365/resize/d5180-365-804943-2.jpg ]<展示品>村山実投手(ユニフォーム)、掛布雅之選手(300号HR記念メダル)、岡田彰布選手(1980年新人王記念ライター)、王貞治選手(バット)、長嶋茂雄選手(監督時代のユニフォーム)、江川卓投手(グローブ)、原辰徳選手(ユニ [全文を読む]

MLBへのエース流出球団 翌年の成績が悪化しなくなった背景

NEWSポストセブン / 2014年03月16日16時00分

ここでは、エースの定義を、移籍前の過去5年で3度以上2ケタ勝利もしくは25セーブを記録した投手としよう。 すると、野茂を始め、1997年の伊良部秀輝(ロッテ→ヤンキース)、1998年の吉井理人(ヤクルト→メッツ)、2000年の佐々木主浩(横浜→マリナーズ)、2006年の松坂大輔(西武→レッドソックス)、2008年の黒田博樹(広島→ドジャース)、2012年の [全文を読む]

王貞治氏 入団当時の“馬場正平投手”との練習の思い出語る

NEWSポストセブン / 2012年05月19日07時00分

故・ジャイアント馬場さんが読売ジャイアンツの投手であったことは有名だ。しかし、プロ野球選手としての活躍や実績については、あまり詳らかにはされていない。実は巨人のON、王貞治、長嶋茂雄のふたりとも練習をともにしていた。当時を知る王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス会長)が“馬場正平投手”の思い出を語った。 * * * 僕は、巨人にはピッチャーとして入団したので [全文を読む]

【プロ野球】2003年にはW受賞も。菅野智之(巨人)vs.菊池雄星(西武)、沢村賞に輝くのはどっちだ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年08月26日16時05分

今年、エースたる活躍を見せている投手といえば、菅野智之(巨人)と菊池雄星(西武)だろう。両者ともに防御率1位をキープし、最終的にいくつのタイトルを手にするのか楽しみだ。 甲乙つけがたい2人だが、こうなるとシーズン終了時に議題に挙がるのは沢村賞の行方だ。沢村賞の選考基準と2人の成績を照らし合わせてみたい。 (成績は8月22日時点) ※野球の見方が変わるスマホ [全文を読む]

「ダルと稲尾はどっちがすごい?」名球会豊田泰光氏の答え

NEWSポストセブン / 2012年08月16日16時00分

「育成の鬼」と呼ばれた関根潤三氏、「野武士軍団」の豊田泰光氏、「350勝投手」米田哲也氏。球界の草創期から活躍し、すべてを知りつくした3人に、スピードガンがなかった時代の投手について尋ねると、お三方からはこんな返事が返ってきた。 * * * 米田:ニュースカメラで撮影して、コマ送りにすると球速は計算できたのよ。それで測ると、僕の速い球で152~153キロと [全文を読む]

【ロッテ】井口資仁の右方向への強い打球をもう一度見たい

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

タイガース投手がストライクをとるだけで、球場全体が地鳴りのような歓声が沸き起こった。記者席にいても隣の記者と会話をすることも困難なほどの歓声だった。人生で味わったことがないような異様な轟音。当然、グラウンドの選手たちはそれ以上のものを感じていた。 「あんなのは初めてだった。今まで味わったことがないようなアウェー感だった。動揺をしてしまった部分はあったと思う [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

しかし、現時点でメジャーリーグに所属している日本人投手は全員が右腕なので、和田毅(ソフトバンク)以来の左腕の挑戦も見てみたい気持ちもある。 そこで今回は、菊池のメジャー行きの参考になるように、過去にメジャーリーグに挑戦した日本人左腕徒手の成績とエピソードをおさらいしてみたい。 ※成績はメジャーリーグでの通算成績 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュース [全文を読む]

甲子園歴史館 8月29日(火)から企画展を開催!「タイガース2017年の足跡と虎を支えたエースたち」

@Press / 2017年08月28日16時45分

また、球団創設時から現在に至るまで、タイガースを支えてきた歴代エースの中から19選手を特集し、球団公式戦初の勝利投手や球団初のノーヒットノーランなど、投手の記録にまつわるエピソードにスポットを当て、その活躍や名シーンを写真や展示品、更には映像で紹介します。 【企画展名称】 「タイガース2017 年の足跡と虎を支えたエースたち」 【主な展示内容】 ◎タイガー [全文を読む]

甲子園歴史館 8月29日(火)から企画展を開催! 「タイガース2017年の足跡と虎を支えたエースたち」

PR TIMES / 2017年08月28日16時10分

また、球団創設時から現在に至るまで、タイガースを支えてきた歴代エースの中から19選手を特集し、球団公式戦初の勝利投手や球団初のノーヒットノーランなど、投手の記録にまつわるエピソードにスポットを当て、その活躍や名シーンを写真や展示品、更には映像で紹介します。 【企 画 展 名 称】 「タイガース2017 年の足跡と虎を支えたエースたち」 【主な展示内容】 ◎ [全文を読む]

【阪神】知将・野村克也から闘将・星野仙一へ、阪神を暗黒時代から救った“順番の妙”

文春オンライン / 2017年06月16日11時00分

同じく期待されていた速球派・福原忍も暗黒時代の投手としては、おそらく初めてとなる150キロ超のストレートを披露し、長かった球速詐称の歴史に終止符を打ってくれた。さらに野村監督が「変化球の対応は天才的」と評していた濱中治も01年に13本塁打を放つなど成長の兆しを見せ、同じく野村監督が「F1セブン」と名づけて話題になった俊足7人衆の中から赤星憲広や藤本敦士とい [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

「左投手の数が少なくチャンスが多いメジャーの左投手は個性が強く、投球フォームもサイドやオーバーなど多岐に渡るので『このバッターにはこの投手』とワンポイントも多く、戦略を立てて起用しています」 日本は滑りやすいがアメリカは滑りにくい。そんなボールの質の違いから「すっぽ抜けるカーブは使い物にならない」と判断。新たな球種=スプリットチェンジを編み出した。こうし [全文を読む]

MLB帰りの投手 中継ぎはうまくいくが先発希望の松坂は不安

NEWSポストセブン / 2014年11月14日07時00分

出戻り投手も精彩を欠く。 「石井一久、井川慶、川上憲伸など、先発陣は軒並みダメ。ただし、薮田安彦、岡島秀樹、五十嵐亮太といったセットアッパーは、メジャーでの限定的な起用法の中で打者を抑える方法を学んでいる。中継ぎ投手に限るならば、成功の可能性はあると思います」(野球データに詳しい広尾晃氏) その点、ソフトバンクが獲得に乗り出しているメッツの松坂大輔は、本人 [全文を読む]

田中将大 「161億円エース」を短命に追い込んだ“3つの人災”

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時57分

他にも、往年の名投手・ハーシュハイザーも『スプリットは選手生命を保てるボールじゃない』と危険性を指摘したうえで、日本メディアに『大丈夫か? 日本でどれぐらい投げてた?』と逆取材をするほど気にかけていた。田中自身は、『そういう声も僕は一切真に受けないようにしてます。自分は自分なんで』と口にしていたのですが‥‥」(在米ジャーナリスト) そして田中は、スプリット [全文を読む]

ヤンキース・田中将大の最大の敵はニューヨークのメディアとファン

週プレNEWS / 2014年01月27日14時00分

イチローや黒田らメジャーで実績のあるベテランならともかく、日本からの“直輸入”には及び腰になっている、という見方が根強かったんです」(スポーツ紙デスク) 田中という投手の評価は、それを覆(くつがえ)すほど高かったということだ。7年総額1億5500万ドル(約161億円)という金額は、もちろん日本人としては過去最高額。現在ヤンキースに在籍する投手のなかでも、左 [全文を読む]

マー君ヤンキース成功の鍵は女性スキャンダル対策か? 球界の野良犬・愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2014年01月24日11時38分

東北楽天イーグルスの田中将大投手(25)が米大リーグのニューヨーク・ヤンキースと6年161億円の大型契約を結んだ。これはビックリな金額だった。1年換算すれば23億円となる。これは、広島東洋カープの年棒総額より上だ。日本プロ野球界の最高年棒である読売ジャイアンツの阿部慎之助捕手(34)でさえ、25年プレーしないといけない金額だ。これはなかなか想像できない。マ [全文を読む]

掛布雅之「星野楽天が『初V』を成し遂げた本当の理由」(1)

アサ芸プラス / 2013年10月17日09時59分

田中にいたっては防御率1.27と、広島の前田健太の1.96を大きく離して両リーグでNO1のピッチングを見せる投手。つまり、彼が投げる日は2点以上を取れば必然的に勝てる計算が立つのです。 その影響もあって、星野監督も今年は守る野球にスイッチ。85年の阪神と同じように、守る野球から打撃のリズムへとつなげていく戦い方に専念したのです。 けれど、ここで忘れていけな [全文を読む]

フォーカス