女優 夏目雅子に関するニュース

TV美女50人「女優力」最新ランキング(3)ブッタ斬りインタビュー

アサ芸プラス / 2012年01月26日11時00分

女優としても「極道の妻たち」(東映)をはじめ五社英雄監督作品の「吉原炎上」「肉体の門」(ともに東映)などに出演。一家言持つ仁支川が昨今の女優たちにモノ申す。 * ――仁支川さんといえば、歌手のイメージも強いですけど、映画では多くの大作に出演されていますよね。 「五社英雄監督に使っていただいて、ずいぶん勉強になりました。あの監督さん、リハーサルをあまりしない [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(1)1000人アンケート夏目雅子に迫る常盤貴子の“恋愛力”

アサ芸プラス / 2012年01月24日11時00分

我々の記憶に残る女優がいる。絶世の美貌、妖艶な色香、鬼気迫る演技‥‥名女優たちは皆、「女優力」を兼ね備えていた。事務所のパワーやスポンサーの思惑でニセモノ女優がはびこる昨今、あらためてオトコ心をわしづかみする真の女優は誰なのか徹底調査した。 時代を超えて語り継がれる女優がいる。本誌恒例の1000人アンケートで、世の男性たちが「思いを馳せる」女優ベスト30を [全文を読む]

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

人気商売の女優たちが自ら身体を晒すことはなかなかリスキーだが、脱ぐことでイメージチェンジに成功した女優もいる。 1983年、まだアイドルの印象の強かった小柳ルミ子は映画出演2作目の『白蛇抄』で初のヌードを披露し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。相乗効果で、公開の半年前に出したシングル『お久しぶりね』が久々のヒットとなった。 テレビドラマ『3年B組金 [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(2)根強い石田ゆり子の「処女性」

アサ芸プラス / 2012年01月25日11時00分

「20代前半の女優が数多くいる中で、彼女がランクインしたのは、南国育ちの天然な明るさが評価されたのだと思います」 アンケートでも、「透明感」(大阪府・50歳)、「キュートな声と豊かな表情」(岐阜県・55歳)といったキーワードが躍っている。 第6位はセクシーさで他の女優の追随を許さない藤原紀香(40)。正直、ドラマでの演技力はトホホな気がするが、「“藤原紀 [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

女優写真の第一人者―。 立木義浩(たつき・よしひろ)氏を語る上の枕詞ではあるが、『週刊プレイボーイ』の仕事を振り返るとまた、別の顔が見えてくる。 齢(よわい)78にして現役バリバリの写真家が語る、時代の女、文豪、役者、そして写真とは? ■雑誌の撮影であれほど大掛かりな撮影は、後にも先にもない この手のインタビューだとよく質問されるんだけど…「立木さんにとっ [全文を読む]

昭和のドラマ性描写回顧 故夏目雅子はNHKで初ヌード披露

NEWSポストセブン / 2012年12月25日16時00分

今では「脱ぐなら映画で」が当然となり、テレビで脱ぐ女優はほとんどいない。しかし、1970~80年代にかけてのテレビドラマには、大物女優が濡れ場を厭わないだけの重厚さが備わっていた。 たとえば1980年に放送され話題を呼んだNHKのドラマ『ザ・商社』。演出を和田勉が担当した、松本清張原作の骨太な経済ドラマである。この作品では、早逝した名女優・夏目雅子がヌード [全文を読む]

早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌード秘話(1)

アサ芸プラス / 2012年07月05日10時54分

令嬢は、いつしか〈炎の女優〉になったのだ─。 ためらいもなく“裸体”を披露 「雅子ちゃん、ちょっとバスタオルを外してみてくれる?」 CM撮影の合間に、写真家の田川清美は声をかけた。田川はまだアシスタントの身ではあったが、カネボウ化粧品のチュニジアロケに参加していた。 その問いかけに、浜辺でデッキチェアに座って休んでいた夏目雅子は、何のためらいもなくバスタオ [全文を読む]

滝田洋二郎、周防正行他 ピンク映画から巣立った名監督多い

NEWSポストセブン / 2012年04月05日16時00分

山本作品のマドンナだった女優・桜マミが振り返る。 「チョクさん(山本監督の愛称)の現場は、同じピンクでもいつも笑いのある楽しい現場でね、そこで助監督だったのが若き日の滝田クンなんです。あの頃から才能がスバ抜けていた」 ピンク映画から巣立っていった名監督は多い。『Shall we ダンス?』の周防正行監督に加え、ベルリン映画祭で寺島しのぶが主演女優賞を受賞し [全文を読む]

芸能界ピンチヒッター裏・物語(3)

アサ芸プラス / 2012年03月29日11時00分

夏目さんは当時、清純派女優として売り出し中だったが、ヌードや濡れ場にも果敢に挑戦して熱演を見せて、11億円にも及ぶ興行収入をあげる大ヒット作品となった。 故・五社英雄監督(享年63)は、「大竹しのぶにだけは負けたくなかった」との言葉を残している。 また、“お騒がせ女優”こと沢尻エリカ(25)の暴走で、ピンチヒッターを務めることになった女優2人に関しては、 [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

グラビアアイドルやセクシー女優だけでなく、他ではあまりグラビアをやらない女優や女性アスリートが水着などのセクシーなショットを披露しているところが、週プレのバックナンバーの人気の理由でしょう」 中でも売れない時代にセクシーなショットを披露した若手女優のグラビアや、あまり写真集を出していないタレントのグラビアが掲載された号は、バックナンバーとして値上がりする傾 [全文を読む]

武井咲、主演ドラマに「また不倫もの?」「夏目雅子とは格が違う」と批判の声 『テラフォーマーズ』惨敗&熱愛報道から復活なるか?

おたぽる / 2016年05月30日19時00分

女優の武井咲が、7月から放送開始予定のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)の主人公・栗原未亜役、さらに、1984年に故・夏目雅子の主演で映画化された『瀬戸内少年野球団』のリメイクドラマに主演することが発表されたのだが、「また不倫もの?」「ミスキャスト!」などと、ネット上では早くも批判の声が殺到してしまっているようだ。 「『せいせいするほど、愛し [全文を読む]

水着キャンギャルの終焉 背景に企業広告の方針変更

NEWSポストセブン / 2016年05月29日16時00分

1960年代の前田美波里以来、紺野美沙子、夏目雅子、山口智子、松嶋菜々子、内田有紀など、錚々たる女優がキャンギャルをきっかけに、その後大女優へと上り詰めたが、バブル景気の名残が薄れてきた1990年代後半から、キャンギャルを起用してきた各社の方針に変化が起きる。 まず、クラリオンガールが路線を変更。1998年から「夢の実現を目指す女性を応援する」というコンセ [全文を読む]

夏目雅子さん没後30年 遺作で共演した西岡徳馬氏が振り返る

NEWSポストセブン / 2015年04月28日07時00分

女優・夏目雅子さんが急逝してから、今年で30年を迎える。 「夏目雅子は旋風児でした」 そう話すのは27歳だった彼女の遺作となる舞台『愚かな女』で共演した俳優の西岡徳馬だ。 「みんな“ひまわり”のような人だったっていうけど、僕から見たら男の人の形容に使う旋風児。彼女の存在そのものがさ~っと風を起こすんです」 こんなエピソードがある。稽古場からタクシーに乗った [全文を読む]

早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌード秘話(2)

アサ芸プラス / 2012年07月10日10時54分

三蔵法師を女優が演じるというのも初めてのことだったが、後の牧瀬里穂や深津絵里など、すっかりスタンダードになっている。 そのドラマの直前に公開された「トラック野郎・男一匹桃次郎」(77年/東映)で、雅子は6代目マドンナに抜擢されている。監督の鈴木則文は、その理由を「一目惚れだった」と明快にする。「化粧品のポスターが人気があって、写真を見て僕が『この子!』って [全文を読む]

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(3)<唸った珠玉の8篇>夏目雅子がNHKドラマ「ザ・商社」で…

アサ芸プラス / 2017年09月21日05時57分

広田といえば再ブレイクが話題になっていますが、同様に石田ゆり子(47)も、アラフィフ再ブレイク女優の一人と言えます。僕は彼女の大ファンなんですが、「不機嫌な果実」(97年、TBS系)はすごかった。 本人が避けていたのか、これまでの出演作にラブシーンらしいラブシーンって少ないんですよね。でも、事務所としては女性らしさで売りたかったのか、満を持してのこのドラ [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃4>中島はるみ・文学賞殺人事件

アサ芸プラス / 2017年08月23日09時57分

70年代から80年代にかけ、トップモデルとして、また女優として輝きを放った中島はるみ(57)。唯一の一糸まとわぬ姿を見せた映画には、思いがけないドラマがあった。──実は週刊アサヒ芸能で、89年公開の「文学賞殺人事件 大いなる助走」(アジャックス)で初めて脱ぐことを予見‥‥というか、アドバイスしているんです。中島 えっ、そうなんですか?──週刊アサヒ芸能が8 [全文を読む]

“ゲス不倫役”で大炎上の「女の敵」波瑠に、業界内の評価は急上昇!「悪女路線を貫けば大チャンス」

日刊サイゾー / 2017年05月14日11時00分

ゲス不倫タレントが叩かれまくったせいか、不倫ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の主演女優・波瑠にまで批判が飛んでいる。あくまでドラマ内で不倫しているだけなのだが、「波瑠は許せないし、女の敵」と、熱くなる視聴者が続出。一方で、業界内での彼女の評価は、かなり上昇しているようだ。 「今、骨のある悪女をガッチリこなせる若い女優は少ないですから、こういう役 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(1)「鬼龍院花子の生涯」脚本家・高田宏治インタビュー

アサ芸プラス / 2016年09月11日09時57分

──会見で浅野は「順列はあいうえお順かと思った」ととぼけていましたが、女優ならではのしたたかな物言いですね。高田 残念だったのは米倉涼子が「茶々 天涯の貴妃」(07年、東映)の主演を降りて、宝塚出身の和央ようかに代わったこと。米倉はドラマの役柄同様、より悪女を演じたかったようで、そこが一致しなかった。──降りるほうも、代わりに演じるほうも、役者とはプライド [全文を読む]

波瑠、天狗にならずで「能年とは大違い!」と絶賛の声 “気持ち良くなってしまう”演技にも賞賛

おたぽる / 2016年05月28日12時00分

24日、女優の波瑠が、7月2日公開予定の映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』の公開オフレコに登場。記者から、NHK朝の連続ドラマ『あさが来た』でブレークを果たしてからの生活について質問された際には、「普通に街は歩けますし、全然気づかれないですよ。実感もあまりないですね」と返答。ネット上では「謙虚~」「能年とは大違い!」などと、絶賛さ [全文を読む]

“五代さま”だけではない!『あさが来た』の注目サブキャラクターたち

日本タレント名鑑 / 2016年03月12日09時55分

千代ちゃんはフィギュアスケートの名手 男優陣のインパクトにやや隠れる感じですが、女優陣にも今後が注目の逸材が。その一人が、あさと新次郎の一人娘・千代を演じる小芝風花さん。2011年に、“武井咲の妹分”を捜す『ガールズオーディション2011』でグランプリに選ばれたことをきっかけにデビュー。2014年、実写版の映画『魔女の宅急便』で主人公・キキ役を演じ、注目 [全文を読む]

フォーカス