海外 葛西紀明に関するニュース

世界が注目した日本のニュース2014:号泣議員、BABYMETAL、ウイスキー世界一…(エンタメ編)

NewSphere / 2014年12月27日12時00分

1月◆“ディズニープリンセス風下着”に海外から賛否両論 背景にある文化の違いとは?通販大手ベルメゾンが、一般公募のアイディアから商品化(税込3,990円)。シンデレラ(シンデレラ)などをモチーフにした。しかし、海外のネット上では賛否両論の議論が繰り広げられた。子供向けキャラを下着セットにしてしまったことへの批判がある一方、大人であってもお姫様みたいにドレス [全文を読む]

スキージャンプのレジェンドが登場!川田裕美×葛西紀明

PR TIMES / 2017年05月11日12時00分

数々の“ギネス記録”を樹立し、海外からも『レジェンド=(生きる伝説)』と称賛される葛西紀明の人生の最初のターニングポイントは、1998年長野五輪。メンバーを外れた葛西紀明は当時、自分のいないチームを応援できず、「落ちろ、金メダルをとらないでくれ」と思ったそう。この悔しさをバネに葛西紀明が勝つためにとった行動とは…?また、44歳の今も現役で活躍中のレジェンド [全文を読む]

葛西紀明 レジェンドの原点は「金メダルが妹の病を治す」

WEB女性自身 / 2014年01月24日07時00分

「カミカゼ・カサイ」と海外の選手から呼ばれ、そのフォームは世界一美しいともいわれる。 しかし、葛西選手がこれまで歩んできた道のりは、決して平たんなものではなかった。家は貧しく、病気を理由に働こうとしない父親にかわって母・幸子さんが働き家計を支えた。それでも、近所から米やお金も借りなければ暮らしていけなかった。 ’92年に続き、’94年のリレハンメル五輪の代 [全文を読む]

J SPORTSではアルペン、ジャンプ、モーグルを生中継中心に放送!

PR TIMES / 2016年10月21日16時40分

また、葛西、伊東大貴、竹内択、小林潤志郎、作山憲斗ら日本勢がS.フロイント(ドイツ)、P.プレフツ(スロベニア)他、海外の強豪にどう挑んでいくかも注目。ラージヒルをはじめ、200メートルを超える大迫力のジャンプが見られるフライングヒルの戦いもラインアップ。2017年2月には冬季五輪の会場となる2018年韓国・平昌(ピョンチャン) にて開催。日本の冬を熱くす [全文を読む]

たけし&爆笑問題が猪瀬直樹ら話題の人たちに言いたい放題!

Smartザテレビジョン / 2014年12月28日11時54分

テニス界では錦織圭選手が全米オープンで日本人初の準優勝、野球では“マー君”こと田中将大投手がヤンキースで大活躍、サッカーでも多くの日本人選手が海外クラブで活躍するなど、日本人アスリートの活躍が目立つ一年だった。高校の軟式野球大会では、延長50回という試合も行われたり、森喜朗元総理が口を滑らせたり、韓国でのアジア大会バドミントン会場で不可解が風が吹いたりと、 [全文を読む]

いよいよ9月10日発売:書籍『ギネス世界記録2015』から第二弾発表!!

PR TIMES / 2014年09月04日09時26分

だから、今回の認定は本当に嬉しいですね」『ギネス世界記録2015』にて紹介される海外の著名人の記録もご紹介いたします。 まず、「7大陸で初めてコンサートを行ったバンド」として偉業を達成し、ギネス世界記録に認定されたのは、30年以上にわたる長いキャリアの中で世界中を魅了し続けるロックバンド、メタリカ(Metallica)。 [全文を読む]

葛西紀明 レジェンド射止めた新妻の“変顔写メ”と“マッサージ”

WEB女性自身 / 2014年04月18日07時00分

海外の大会で成績が振るわないときなどは、レイチェルが 元気になるメール を送ってくれるそうです。たとえばブタ鼻を付けて眉毛をつなげた 変顔メーク の写真付きメール。『のりさん頑張って!』と書いて(笑)」 婚姻届提出の2日後、葛西選手はW杯参戦のために日本を離れた。スウェーデンで右膝靭帯を切るというアクシデントに見舞われたが、そのまま最終戦の開催地スロベ [全文を読む]

スキージャンプ、伊藤有希が地元・北海道下川町で愛される理由

週プレNEWS / 2014年02月12日18時00分

「去年、世界選手権のジャンプ混合団体で金メダルを獲得したとき、海外から下川に戻ってきて、自宅に寄る前に、真っ先にウチの店に来てくれて『応援、ありがとうございました』って言いに来てくれました。感動しましたよ! ウチは夜になるとスナック営業なんだけど、有希ちゃんも、20歳を超えたらぜひ遊びに来てほしいですね」(太田さん) 伊藤が高校時代に通い詰め、今も下川帰 [全文を読む]

葛西紀明 海外勢から伝説と称され「カミカゼ」の渾名も持つ

NEWSポストセブン / 2014年01月26日16時00分

今もフィジカルデータは日本代表でもトップクラスです」 そうした姿勢が評価され海外ジャンパー勢の間では、「レジェンド」と称されるに至った。そしてある時からもう一つ、渾名がついた。カミカゼ・カサイ──。 「欧米人から見て一番センセーショナルなのは、彼が笑いながら飛んでいること。どんなベテランジャンパーでも踏み切り前は足が震え、失禁する人もいる。それを笑いながら [全文を読む]

フォーカス