子ども 吉永小百合に関するニュース

吉永小百合と坂本龍一が初対談 「女性が世界を変えていく」

WEB女性自身 / 2017年01月27日06時00分

この話をお聞きになってどう思われました?」 坂本「そのことだけではなく『子どもは大人の鏡』ですから。子どもに問題があるとすれば、それは、大人に問題があるんでしょう。賠償金の話にしても、親が子どものいるところで『あそこは賠償金をもらって得をした』みたいな話をしたり、子どもの目に触れる媒体にそういうことを書いたりする大人たちがいる。だから子どもはやるのでは」 [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

秋の夜長はやっぱり映画!たっぷり泣いてリフレッシュ!?泣ける邦画10選!

日本タレント名鑑 / 2015年10月17日09時55分

逮捕される瞬間でさえ、子どもの朝食の心配をする親心には泣かされました。 懐かしい地元に行ってみたら、12歳のときに死んだ両親が普通に住んで生きていた『異人たちとの夏』。 40歳の息子を一回り年下の両親は、親として接してくれます。息子がどんな姿でも親はやっぱり親なんですよね。息子を思う両親の気持ちが痛いほどに伝わります。 子を思う親の気持ちとえいば、2013 [全文を読む]

3位綾瀬はるか「イキイキ活躍してる女性芸能人」1位は71歳のアノ人

VenusTap / 2016年03月18日12時40分

ランクインした他の芸能人も独身、または既婚でも子どもがいない場合が多く、まだ幼い子どもを持つ既婚者は4位の篠原涼子だけという、ワーキングママには少し寂しい結果となった。■女性活躍推進法って?それでは、冒頭で述べた女性活躍推進法とは一体なんだろうか?厚生労働省によると、これは「女性が、職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備 [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数 327人 男女比 8:92(男性26人 女性301人)中心年齢 30代半ば ※参考:2013年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000085032/ ■アンケート結果 (敬称略) ●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? 得票率 (20 [全文を読む]

吉永小百合 映画120本出演、偉業のパワー源はクロワッサン

WEB女性自身 / 2017年06月25日06時00分

私、子どものころはすごく体が弱くって、1年に1カ月は必ず肺炎になっていたほど。それが『赤胴鈴之助』というラジオドラマに入ってから体が強くなってきて。それで日活に入ってからは、病気なんかしていられないでしょう?今回も撮影期間が半年くらいあるんですが、毎日、芝居よりもなによりもまず体調管理。そればかりに気を配っていますね」 そう語るのは、2018年3月に公開を [全文を読む]

吉永小百合、体力づくりに筋トレ開始!120本目の出演映画を「とにかく大事に」

映画.com / 2017年05月17日05時00分

一方で「子どものころ、お汁粉屋になりたいと思ったことがあるんです。でも今は、これだけおにぎりをつくったし、みんながおいしいって言ってくれるので、おにぎり屋もいいかなって。引退後はそんな気がしています」と話していた。 「北の桜守」にはほか、佐藤浩市、阿部寛、高島礼子、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、岸部一徳が共演。2018年3月に公開予定。 [全文を読む]

「嵐」二宮くんはモテるけど結婚に踏み切れない?恋愛傾向を星占いでチェック【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年06月17日10時15分

利口で精力的で自信家、同時に子どもっぽく皮肉屋で気分がコロコロ変わりやすい面もありそうです。彼はその多面的なキャラクターを上手に使い、役柄ごとに巧みに演じ分けているのかもしれません。そんなニノはインタビューで「演じることは好きじゃないけど得意かも」「俺にとって“好きなモノ”はいつでも手に取れたり、思い通りになるもの」と語っています。彼が言う“好きなモノ”と [全文を読む]

秋篠宮妃殿下が山田洋次監督作品『母と暮せば』をご高覧

Movie Walker / 2015年12月10日22時29分

私は、“命の交換”というんでしょうか、(そのことを交えて)『伸子は死んでいくけれども、子どもに強く生きてほしいというメッセージを残していくんです、とお話しました」と付け加え、「お優しい、温かい方だと思いました」と秋篠宮妃殿下について話していた。【取材・文/平井あゆみ】 [全文を読む]

「大先輩に、あまりにも失礼!」元夫・中村獅童の母の死去で竹内結子に批難殺到のワケ

日刊サイゾー / 2013年12月27日09時00分

というのも、竹内はあまり家事が得意ではなく、シングルマザーになって仕事を始めたら子どもの世話がおろそかになるのは確実だった。そんな獅童の長男を、陽子さんはなんとしても竹内に渡したくなかったが、結局、親権は竹内へ。おそらく、天国でも獅童の長男の成長を見守っていることだろう」(演劇関係者) 竹内は陽子さんの死去から一夜明けた18日、出席予定だった吉永小百合の映 [全文を読む]

フォーカス