バンド 吉田拓郎に関するニュース

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<最終回>甲斐バンド(2)

アサ芸プラス / 2014年02月20日09時58分

セルフプロデュース力を持っていたし、甲斐を前面に出すことがバンドを売ることだと思ったよ」 当初は「甲斐よしひろバンド」にしたいと思っていた。その頃、「太陽にほえろ!」のテーマを手掛けた井上堯之バンドが台頭したこともあってだが、最終的には、より緊張感を持った響きの「甲斐バンド」に着地する。 さらに西田が考案したキャッチコピーは、業界中に波紋を呼ぶ。 〈九州最 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】THE ALFEE、国内バンドで最多、コンサート2600本達成「舞台の上の僕らが真のTHE ALFEEです」<記念ライブレポ>

TechinsightJapan / 2016年11月25日21時00分

デビューから42年、毎年ツアーを続けているライブバンド、THE ALFEE(桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦)が、11月24日の大宮ソニックシティ(さいたま市)のコンサートで通算2600本を達成した。2015年1月31日に樹立した日本のバンドとしては最多となる2500本のライブ記録を自ら更新した彼らの魅力に迫るべく、この記念ライブを取材した。現在開催中のツア [全文を読む]

もはや伝説!? KinKi Kidsが作った「幻の名曲」とは

日刊大衆 / 2017年08月10日07時05分

この曲は『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)内で生まれたバンド「ビートルーズ」名義の曲で、CD未収録の貴重な楽曲だ。曲のプロデューサーは松任谷正隆氏が務め、1998年7月の放送で初披露されている。 二人は『LOVE LOVE あいしてる』がスタートしてから、番組のレギュラーメンバーだった吉田拓郎の指導でギターの練習を始めた。バンドでは、同じく [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】ムッシュかまやつさん逝く 「GROOVEは快楽」世代を超え音楽の本質を伝えた人生

TechinsightJapan / 2017年03月02日11時50分

ブライアン・ジョーンズいた時のストーンズ聴こう」とバンドTシャツ姿のかまやつさんと並ぶところを投稿して冥福を祈った。 2013年にはRIZEのベーシスト・KenKenや若手ギタリスト・山岸竜之介と共にバンド「LIFE IS GROOVE」を結成した。2014年に公開されたインタビュー動画ではKenKenがかまやつさんから「GROOVEって何だと思う?」「G [全文を読む]

ゴルフシニアプロが結成したバンド 活動場所はツアー前夜祭

NEWSポストセブン / 2016年01月18日07時00分

ギターを初めて2年という奥田プロをはじめ、加瀬秀樹プロ(ボーカル)、芹澤信雄プロ(ウインドチャイム)、高松厚プロ(ドラム)、中西信正プロ(ギター)、高見和宏プロ(ボーカル&MC)など、1959年と1960年生まれのシニアプロを中心にして、昨年春に結成されたバンドが『ゴクロー(5960)サンズ』だ。 活動場所は主にプロゴルフシニアツアーの前夜祭。プロアマの [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

【その他の画像】土方隆行土方隆行と言えば、現在でも根強いファンの多い80年デビューの超絶プログレッシブ・ロック・バンド“マライア"のメンバーとして活躍。同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの [全文を読む]

ハルカトミユキ、2人でまわる弾き語りツアーを緊急開催

okmusic UP's / 2015年07月16日17時00分

吉田拓郎、友部正人など、70年代フォークを愛するハルカの意向で、会場も小規模なカフェなどが選ばれ、バンドでのライブとは別の、限りなく弾き語りに近いライヴになるとのこと。 今回、チケット予約受付は7月19日10時からスタート。今回はシーズン1となり、2人の気の向くまま不定期にブックされていくというので楽しみだ。 また、7月29日には新曲 「宇宙(そら)を泳ぐ [全文を読む]

“歌謡ショーはやりたくない“沢田研二ブチ切れ騒動の真相

tocana / 2015年01月31日09時00分

「エキゾティクス(81年結成~84年解散)というバンドをやっていた時も、客と客席で喧嘩していた。『聴け!』(ワーキャー騒いでないでちゃんと歌を聴け)って。そしたらしらけるし、そういう噂ばかりが広がるけど。特殊な人(TVで作られたイメージのような)だと思われるのが嫌だった」 そのほかにも、人気のあった絶頂期にはファンにつけ回されることが多く、道端で「ついて [全文を読む]

KinKi・剛はプロが”ざわつく”レベル…!? ジャニーズが生んだ名ギタリストたち

dmenu映画 / 2017年08月30日17時00分

そのうち番組内で組まれたバンドでも演奏をしていくようになったわけだが、まさか剛がここまで本格的に評価されるギタリストになるとは、当時のファンたちは思いもよらなかっただろう。 2005年からはKinKi Kidsと切り離したソロ・プロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)」でもサイケなロックを聴かせる等、独自の [全文を読む]

「胸さわぎの腰つき」の具体的意味は何か

プレジデントオンライン / 2017年08月13日11時15分

一般的には、リトル・フィートというアメリカのバンドのボーカル=ローウェル・ジョージや、エリック・クラプトンの影響が指摘されるのだが、幅広い音楽を聴いてきた桑田のこと、洋楽だけでなく、日本人からの影響も大きかったと思われる。 はっぴいえんどの大滝詠一。デビューアルバム『熱い胸さわぎ』に収録された≪いとしのフィート≫は、はっぴいえんど≪春よ来い≫へのオマージュ [全文を読む]

KinKi Kids&吉田拓郎&菅田将暉のコラボも!16年ぶりに復活「LOVE LOVE あいしてる」

CinemaCafe.net / 2017年07月21日16時30分

共演したミュージシャンたちと共に番組オリジナル・バンドを結成するなど、この番組で吸収したことが、「KinKi Kids」のその後の音楽性を大きく広げたと言われている。 16年ぶりの復活となる今夜のスペシャルでは、いま、人気、実力ともに若手俳優のトップを走る菅田将暉と、“プロのしゃべり手”として唯一無二の存在となったキャスターの古舘伊知郎をゲストに迎え、「音 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<ドリフ加入をいかりや長介に口説かれた桑田佳祐>

アサ芸プラス / 2017年02月27日12時57分

バンドの月給が3万5000円の頃に、2日間の撮影で4万円くれるって言うから」 カネに転んだ!? 間もなくデビューから40年になろうとするサザンオールスターズの桑田佳祐だが、その歴史がなくなっていた可能性もあった。「いかりや長介さんから『ドリフに入らないか』と真剣に誘われたんです」 93年のサザンのライブで桑田が明かしている。それはデビュー直後のことだった。 [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

こんな元カップルも!女優として活躍されている飯島直子さんと人気バンドTUBEの前田亘輝さんも1997年に結婚、2001年に離婚しています。 また、アイドル歌手だった三浦理恵子さんと、ロックバンドのボーカル、ダイアモンド☆ユカイさんも1997年から2001年まで夫婦でした。三浦さんは女優として、ユカイさんはバラエティで現在も大活躍の二人ですが、夫婦だったイ [全文を読む]

井上陽水、人気のカバーアルバム第2弾『UNITED COVER 2』が遂に発売!

okmusic UP's / 2015年07月29日16時00分

【その他の画像】井上陽水第2弾となる今作も、自身の代表曲「氷の世界」のセルフカバーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の「リンゴ」を初カヴァーするなど話題性十分! どちらも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演となっている。 「シルエット・ロマンス」(大橋純子/1981年)、「リフレインが叫んでる」(松任谷由実/1988 [全文を読む]

井上陽水、アルバム「UNITED COVER 2」7月29日(水)発売 !

PR TIMES / 2015年07月28日18時44分

第2弾となる今作も自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)の両曲が世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により収録されています。 その他、「シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)」、「リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)」、「有 [全文を読む]

ハルカトミユキ、吉田拓郎の名曲「流星」カバーを映像として公開

okmusic UP's / 2015年07月04日11時00分

6月のワンマンでも、バンドセットからアコースティックセットで2人きりになったステージにも関わらず、この曲だけはハルカがアコギ一本で弾き語った。曲が終わった瞬間、圧倒されていた観客の拍手が弾け、その瞬間風速は、ライブ全体に波及した。ライブ終了後も、ファンからは「流星をもう一度聴きたい」「音源としてリリース予定はあるか?」など、問い合わせが殺到した為、回答とし [全文を読む]

井上陽水、ポリドール(現・ユニバーサルミュージック)に40年ぶりに復帰

okmusic UP's / 2015年06月18日20時00分

両曲とも世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により、原曲とはまた違った魅力を持った楽曲となっている。 その他、「シルエット・ロマンス」 (大橋純子 1981年)、「リフレインが叫んでる」 (松任谷由実 1988年)、「有楽町で逢いましょう」 (フランク永井 1957年)、「夜霧よ今夜も有難う」(石原裕次郎 1967年)など、時代を越えて愛 [全文を読む]

しなまゆ、12月にメジャー1stアルバム発売決定

okmusic UP's / 2014年10月05日11時00分

3人組バンド「しなまゆ」のメジャー1stアルバム『まえならえ』が 12月17日(水)に発売する事が決定した。 【その他の画像】しなまゆしなまゆは2009 年に結成され地元立川で LIVE 活動を展開しているVo モリユイ、Gt タクマ、Ba ウエノハラの3人組。今年 7 月にリーダーのモリユイが出演した舞台「あの頃 僕らはペニーレインで」の劇中歌「ストロベ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉田拓郎がツアー中に“LOVE LOVE”メンバーと笑顔の4ショット。「ツヤツヤで若い!」と反響。

TechinsightJapan / 2014年07月17日16時00分

武部と鳥山は音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』から生まれたバンド『LOVE LOVE ALL STARS』のメンバーでもあり、4人はその番組の仲間である。『LOVE LOVE あいしてる』はフジテレビ系のバラエティ番組『堂本兄弟』の前身となる番組だ。 「お久しぶりにお逢いした拓郎さん! 赤ちゃんみたいにツヤツヤです! キスしようとしますし [全文を読む]

J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い

NEWSポストセブン / 2014年03月09日07時00分

2001年より『マキタ学級』というバンドを率いて、音楽活動を行ってきた彼は、自らを“構造分析フェチ”と呼ぶ。 「“なぜこれは、こうなっているのか?”と思うと、徹底的に考えちゃうんです。そういう性質なんでしょうね」(マキタスポーツ・以下「」内同) そんな元来の思考回路を駆使し、法則を導き出すフェチ気質を生かして、過去30年間に及ぶ膨大な数のヒット曲から、J [全文を読む]

フォーカス