巨人 久保裕也に関するニュース

巨人の大竹奪取に広島が“プロテクト漏れ選手”獲得で倍返し!(1)

アサ芸プラス / 2013年12月10日09時57分

セ・リーグ連覇を果たした巨人が、今季3位に躍進した広島から先発ローテの強奪に成功した。同一リーグのパワーバランスが大きく崩れる事態かと思いきや、ここから始まるのは大逆襲だ。西から聞こえてきたのは、球界の盟主をあざ笑う“見返し”シナリオである。 11月25日、広島からFA宣言していた大竹寛(30)が巨人入りを表明した。 巨人の提示した推定年俸3年5億円という [全文を読む]

開幕前に覚えておきたい“プロ野球”ツウになれる厳選裏ネタ(1)「“知られざる巨人軍”編」

アサ芸プラス / 2014年03月11日09時57分

『こんな明るいやつだったのか』と投手陣は大喜びで、さらに久保と漫才コンビまで結成して、周囲を笑わせているんです」(巨人番記者) 大竹がボケで、久保がツッコミだという。味を占めた久保が「M・1に出よう」とまで口にしているそうだ。 ■杉内俊哉が福岡を恋しがっている 杉内は昨年、日本シリーズで“戦犯”となり、秋季練習から誰とも話さず悲壮感が漂っていた。 「球団内 [全文を読む]

【7月30日プロ野球全試合結果】巨人がサヨナラ勝ち、中日が連敗を7でストップ、西武が怒濤の9連勝

サイクルスタイル / 2017年07月30日22時23分

巨人、相川亮二が逆転サヨナラ打…DeNAは守護神・山崎康晃が誤算巨人は7月30日、東京ドームでDeNAと対戦。終盤に追い上げ、最後は相川亮二捕手がサヨナラ打を放ち5-4で勝利した。巨人は1-4と3点ビハインドで迎えた8回裏、石川慎吾外野手が今季第4号のソロ本塁打を放つと、陽岱鋼外野手にも今季第4号となるソロ本塁打が飛び出し、1点差に詰め寄る。迎えた9回裏、 [全文を読む]

輝いていた松坂世代は今…悲喜こもごもの野球人生

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

かつて2年連続で本塁打王となった村田修一(巨人)は今年、大スランプに陥り、スタメン落ちも珍しくなくなった。好機に何度も代打を送られるなど、そのプライドはズタズタだろう。同じく巨人の杉内俊哉も今季は調子が上がらず、6月以降は1勝5敗。7月から二軍落ちするなど、衰えがささやかれる(その後、右股関節痛での手術予定も判明)。年俸5億円と投手としては球界最高を誇る [全文を読む]

【プロ野球】大松尚逸(ヤクルト)、田中浩康(DeNA)ら「戦力外通告→他球団テスト→移籍」組はどうなった?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月15日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■投手編 久保裕也(楽天、DeNAから移籍) 27試合:3勝1敗/0セーブ/防御率3.60 柳瀬明宏(阪神、ソフトバンクから移籍) 2試合:0勝0敗/0セーブ 防御率43.20 巨人時代は中継ぎとして実績を残した久保裕也(楽天)。2011年は67試合に登板し防御率1.17の好成績も残してい [全文を読む]

巨人・高木勇人が完封勝利!4月8日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月09日07時45分

巨人が貯金11 巨人は楽天に2-0で勝利し3連勝を飾った。 先発した高木勇人は3回まで毎回のように走者を背負う投球も、粘りの投球でスコアボードに0を並べていく。 一方の打線は楽天の先発・藤平尚真の前に、5回までノーヒットに抑えこまれた。それでも巨人は6回、この回からマウンドにあがった久保裕也から橋本到がチーム初安打を記録すると、ギャレットの二塁打で先制 [全文を読む]

【プロ野球】切り札は最後にやってくる! 2月に各球団が「駆け込み補強」した新戦力をチェック?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月18日17時05分

■久保裕也 ■楽天 久保裕也 投手/36歳/右投右打 巨人、DeNAで2年連続戦力外になった久保裕也だが、今年も不死鳥のごとく現役続行が決定した。楽天の泣き所はリリーフ陣。楽天はベテランリリーフが存在感を発揮する土壌ができており、久保の経験を生かすにはもってこいの球団だ。首脳陣も若手の模範になると評価している。 2010年には79登板、2011年には67 [全文を読む]

久保裕也に新垣渚…松坂世代の生き残りが合同トライアウトで足掻いた胸中とは

週プレNEWS / 2016年11月29日06時00分

続く久保裕也(DeNA)もふたつの三振を奪ったが、元同僚の加藤健(巨人)には安打を許した。 「昨日、新幹線に乗るときに、内海と坂本から『頑張ってください、応援しています』ってLINEが来て、すごくうれしかったです。今日は最後のマウンドになるかもしれませんし、思い切り投げました。カトケン(加藤)には紅白戦でもよく打たれたんですけど、今日も打たれちゃって悔し [全文を読む]

【プロ野球】パイオニアは意外なあの人!センバツ出場校のプロ入り第1号選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月14日16時00分

同校の記念すべきプロ入り第1号は、1982年のドラフトで巨人に6位指名された藤本茂喜。 1982年のセンバツで4番を務め、そこで名を売ってプロへ。巨人には6年所属したが、1軍出場は1試合のみと、選手として大成することができなかった。 しかし引退後はスカウトとして、久保裕也や矢野謙次、最近では高木勇人を発掘するなど才覚を発揮。チームになくてはならない存在とな [全文を読む]

2015年に引退するプロ野球選手140人の去就と第二の人生

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日12時00分

楽天移籍が決まった広島の栗原健太や、DeNAで新たなマウンド人生に懸ける巨人の久保裕也、ヤクルトで再起を図る坂口智隆(オリックス)のように、新たな移籍先がみつかった選手は10名しかいない。今年の合同トライアウトには47名の選手が参加したが、携帯電話が鳴ったのは鵜久森淳志(日本ハム→ヤクルト)、山内壮馬(中日→楽天)、白根尚貴(楽天→DeNA)、大田阿斗里 [全文を読む]

「1位予想」評論家の皆さん、原巨人はそれでも優勝デスカ?(2)久保の離脱で厳しいチーム運営

アサ芸プラス / 2012年04月18日10時59分

一方、いまだ巨人の優勝予想を揺るぎないものとしているのが、ジャイアンツOBの橋本清氏(42)だ。 「実績と成績から見ても控え選手に至るまで、戦力は凄い。OBだからというわけではなく、1度勢いがつけば上がっていくチームです」 では、開幕ダッシュどころか、チームが低迷している要因は何なのか。 「投手陣のコントロールが定まらず、打撃陣も1本が出ない。1本が出ない [全文を読む]

楽天 久保 3年ぶり東京Dで白星「今だから言うんですけど、東京ドームのマウンドが一番嫌い」

スポニチアネックス / 2017年09月07日22時26分

東京ドームでも勝利は巨人時代の14年8月22日・中日戦以来、3年ぶりだった。 2点差の5回2死三塁の場面から3番手で登板。先頭の中田に四球を与えてしまい、「ヤバイと思った」と振り返ったが、続くレアードをスライダーで左飛。6回はきっちり3者凡退に仕留め、「たまたまです」と謙そんした。 試合後のヒーローインタビューでは「今日(のヒーローは)は僕じゃないでしょう [全文を読む]

浅尾だけじゃないッ 「過労死ストッパーたち」の断末魔!(1)

アサ芸プラス / 2012年05月29日10時59分

昨季途中で抑えに定着した巨人の久保裕也(31)は右肘再建手術で今季絶望ですからね。同じく山口鉄也(28)や、オリックスの香月良太(29)、西武の岡本篤志(31)なども、かなりの登板数をこなしています」(前出・夕刊紙デスク) 【関連記事】 浅尾だけじゃないッ 「過労死ストッパーたち」の断末魔!(2) 浅尾だけじゃないッ 「過労死ストッパーたち」の断末魔!(3 [全文を読む]

フォーカス