巨人 久保裕也に関するニュース

巨人の大竹奪取に広島が“プロテクト漏れ選手”獲得で倍返し!(1)

アサ芸プラス / 2013年12月10日09時57分

セ・リーグ連覇を果たした巨人が、今季3位に躍進した広島から先発ローテの強奪に成功した。同一リーグのパワーバランスが大きく崩れる事態かと思いきや、ここから始まるのは大逆襲だ。西から聞こえてきたのは、球界の盟主をあざ笑う“見返し”シナリオである。 11月25日、広島からFA宣言していた大竹寛(30)が巨人入りを表明した。 巨人の提示した推定年俸3年5億円という [全文を読む]

NPBでプレーする“松坂世代”は何人いる?

ベースボールキング / 2017年03月17日11時30分

◆ 多くの選手が37歳を迎える“松坂世代” 16日に行われたソフトバンク-巨人のオープン戦で、和田毅(ソフトバンク)、杉内俊哉(巨人)が投げ合った。2人はいわゆる“松坂世代”にあたる。“松坂世代”といえば、横浜高校時代に春夏甲子園連覇を達成した、松坂大輔(ソフトバンク)をはじめ、和田、杉内、藤川球児(阪神)などがいる。長年球界を引っ張ってきた“松坂世代”の [全文を読む]

巨人からDeNAに移籍した選手といえば…

ベースボールキング / 2017年01月05日17時00分

◆ 平良がDeNAへ DeNAは5日、FAで巨人に移籍した山口俊の人的補償で、平良拳太郎の獲得を発表した。近年では高橋尚成、岡島秀樹、林昌範、東野峻など巨人でプレーしたことのある選手がDeNAで移籍するケースが多い。また、最近10年では平良と同じように巨人から他球団を経由せずトレード、FA、人的補償などでDeNAに移籍する選手もいる。 平良と同じように人的 [全文を読む]

開幕前に覚えておきたい“プロ野球”ツウになれる厳選裏ネタ(1)「“知られざる巨人軍”編」

アサ芸プラス / 2014年03月11日09時57分

『こんな明るいやつだったのか』と投手陣は大喜びで、さらに久保と漫才コンビまで結成して、周囲を笑わせているんです」(巨人番記者) 大竹がボケで、久保がツッコミだという。味を占めた久保が「M・1に出よう」とまで口にしているそうだ。 ■杉内俊哉が福岡を恋しがっている 杉内は昨年、日本シリーズで“戦犯”となり、秋季練習から誰とも話さず悲壮感が漂っていた。 「球団内 [全文を読む]

輝いていた松坂世代は今…悲喜こもごもの野球人生

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

かつて2年連続で本塁打王となった村田修一(巨人)は今年、大スランプに陥り、スタメン落ちも珍しくなくなった。好機に何度も代打を送られるなど、そのプライドはズタズタだろう。同じく巨人の杉内俊哉も今季は調子が上がらず、6月以降は1勝5敗。7月から二軍落ちするなど、衰えがささやかれる(その後、右股関節痛での手術予定も判明)。年俸5億円と投手としては球界最高を誇る [全文を読む]

巨人・高木勇人が完封勝利!4月8日のファーム試合結果

ベースボールキング / 2017年04月09日07時45分

巨人が貯金11 巨人は楽天に2-0で勝利し3連勝を飾った。 先発した高木勇人は3回まで毎回のように走者を背負う投球も、粘りの投球でスコアボードに0を並べていく。 一方の打線は楽天の先発・藤平尚真の前に、5回までノーヒットに抑えこまれた。それでも巨人は6回、この回からマウンドにあがった久保裕也から橋本到がチーム初安打を記録すると、ギャレットの二塁打で先制 [全文を読む]

【プロ野球】切り札は最後にやってくる! 2月に各球団が「駆け込み補強」した新戦力をチェック?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月18日17時05分

■久保裕也 ■楽天 久保裕也 投手/36歳/右投右打 巨人、DeNAで2年連続戦力外になった久保裕也だが、今年も不死鳥のごとく現役続行が決定した。楽天の泣き所はリリーフ陣。楽天はベテランリリーフが存在感を発揮する土壌ができており、久保の経験を生かすにはもってこいの球団だ。首脳陣も若手の模範になると評価している。 2010年には79登板、2011年には67 [全文を読む]

元同僚・久保加入に小山「うれしい」 楽天キャンプで友情バッテリー

ベースボールキング / 2017年02月18日20時49分

その中には先日、テスト合格から楽天入団を果たした久保裕也がおり、同じく巨人からトレードで新加入した小山雄輝と、ブルペンでバッテリーを組む光景が見られた。 先にブルペンで調整していた小山のあとに久保が登場。小山は自身のグラブからキャッチャーミットに持ち変えると、キャッチボールもそこそこにそのまましゃがみ込み、久保は小山のミットを目がけ約70球も投げ込んだ。 [全文を読む]

前DeNAの久保裕也、13日から楽天の練習に参加!

ベースボールキング / 2017年02月12日11時10分

久保は02年自由獲得枠で巨人に入団。1年目から先発とリリーフの両方をこなし38試合に登板。05年には64試合に登板した。その後、故障や不調で苦しんだ時期もあったが、10年にリーグ最多の79試合に登板し復活。翌年はシーズン途中から抑えに回り20セーブをマークするなど、巨人のリリーフには欠かせない存在感を発揮していた。 しかし12年以降は、14年に48試合に [全文を読む]

パットンは勝利の方程式候補 DeNAの新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月25日10時00分

【IN】 ウィーランド(投手/マリナーズ) パットン(投手/カブス) クライン(投手/フィリーズ) 平良拳太郎(投手/巨人) シリアコ(内野手/BC・石川) 田中浩康(内野手/ヤクルト) 浜口遥大(投手/神奈川大) 水野滉也(投手/東海大北海道) 松尾大河(内野手/秀岳館高) 京山将弥(投手/近江高) 細川成也(投手/明秀日立高) 尾仲祐哉(投手/広島経 [全文を読む]

フォーカス