自宅 宮崎重明に関するニュース

なぜこのタイミングで大量の薬物を!? 「ASKAはハメられた」と主張する関係者の存在も……

日刊サイゾー / 2014年05月19日16時00分

自宅からは覚せい剤だけでなく、尿の薬物成分を検出する検査キットや錠剤の合成麻薬など、常用を示すブツが大量に押収されていたことが伝えられた。本人の体内からも薬物の陽性反応が出るなど、言い訳の利かない状況だが、ASKA本人が取り調べに対し否認していることに、親しい音楽関係者からは「何者かにハメられたのではないか」という声も出始めている。 警視庁の捜査関係者は「 [全文を読む]

ASKAからつながる飯島愛さんと“芸能人薬物ルート”キーマンは元運転手のX氏か!?

日刊サイゾー / 2014年06月06日09時00分

東京・目黒区の自宅には大量の捜査員に加え、麻薬探知犬まで投入された。 「同容疑者の自宅が薬物の取引場所になっていたことも想定し、鑑識は自宅に落ちていた髪の毛を1本残らず採取した。このことからも、当局の力の入れようがわかる」(同) そんな中、先月29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられたのが、2008年12月に急死した飯島愛さんとASKA容疑者の“ただ [全文を読む]

ASKA、知られざる現在の生活…都内では自由な高級ホテル暮らし、夫婦関係破綻か

Business Journal / 2017年01月06日07時00分

しかし、結局は現状ASKAが自宅にいることがほとんどなく、夫婦関係は破綻しています。そして、奥さんもお手上げとなり、ASKAのことを福岡に住む彼の父親と妹に委ねてしまったようです。でも、身内だけにどうしても甘くなってしまう。ASKAは家族から自立しないと、また同じ罪を犯してしまうのではないかと心配です」 また、同関係者はASKAの現状についてこう明かす。 [全文を読む]

松本人志 ASKA再逮捕について語る「ある意味カレは功労者」

WEB女性自身 / 2016年12月04日16時00分

さらに執筆活動ということになりますと、本来自宅の書斎で(行う)、ということになるんですが、書斎が(前回逮捕の)犯行の現場ということから、家族がリフォームして、自宅の書斎をなくしているんですよ。ということで、結局本を書くには都内のホテルにこもるということになって。どんどん、家族の目が届かなくなるという状況に」 薬物の再犯率は極めて高く、年代が上がるほど再犯率 [全文を読む]

狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動……「一目散に現場を離れていった」

日刊サイゾー / 2016年12月02日13時00分

先月28日午後、一部報道機関が「逮捕する方針を固めた」と報じると、目黒区内にあるASKA容疑者の自宅前や警視庁、碑文谷署、湾岸警察署などには多くの報道陣が集まり、てんやわんやの大騒動に発展。自宅でASKA容疑者が捜査員に付き添われて任意同行に応じた際には、やじ馬や報道陣がもみくちゃになり、押し合いに。皮肉にも、チャゲアス全盛期を彷彿とさせる、さながらライブ [全文を読む]

行きつく先は田代まさし?ASKAが断てなかった”覚せい剤の泥沼”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日07時05分

歌手のASKA(本名・宮崎重明、58)が11月28日、自宅で覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。衝撃的だった初の逮捕から2年半。一世を風靡した歌い手は、再び鉄格子の中へ入ることになった。 「ASKAは東京都目黒区内の自宅で覚せい剤を使用し、今月25日に自ら110番通報しました。尿検査の結果、覚せい剤が検出されました。特段 [全文を読む]

パソナ南部代表、隠された致命傷 鍵握るASKA“第二の愛人”めぐり警察と手打ちか

Business Journal / 2014年08月18日01時00分

5月にASKAと栩内容疑者が警視庁によって身柄を拘束されたのは、栩内被告の自宅を出てすぐのことだった。実はこの時、栩内被告の自宅には、もう一人女性がいたといわれているが、その女性もパソナ関係者だったのである。 ところが、なぜかこの女性の存在については、公には伏せられることとなる。もちろん警視庁サイドはこの女性の存在を把握していたし、事情聴取も行っていた。 [全文を読む]

ASKA 「もうクスリやめて」と懇願する妻に凄まじいDVをした

NEWSポストセブン / 2014年05月29日16時00分

当時、長男は六本木でバーを経営していましたが、洋子さんから電話があると、店をスタッフに任せて自宅に駆けつけて、暴れるASKAさんを止めていたそうです」 当時、彼は都内でひとり暮らしをしていたが、「このままでは、おふくろが殺される」と、洋子さんを守るために実家に戻ったほどASKA容疑者の暴力は壮絶なものだったという。 「洋子さんは、今年に入ってからはもう、A [全文を読む]

「家族は自宅から逃避行!」シャブ狂いで長男と長女の明るい未来を潰したASKA容疑者

日刊サイゾー / 2014年05月29日09時00分

今後、固定資産税などが払えなくなるだろうから、いずれ売却すると思われる」(自宅を取材した記者)という。 今回の事件で一番の“被害者”は、残された家族のようだ。 [全文を読む]

1錠4,000円のMDMAを90錠も! ASKA容疑者のフトコロ事情とは――

日刊サイゾー / 2014年05月21日09時00分

また、ASKA容疑者の自宅からは、薬物の使用器具や合成麻薬「MDMA」とみられる錠剤90錠も見つかり、ASKA容疑者が常習していたとみている。 薬物問題に詳しい人物は「MDMA90錠は普通じゃない。極めて重度のジャンキーだ」と断言する。MDMAの相場は一般的に1錠4,000円ほどとされる。単純計算で4,000円×90錠=36万円。「SAY YES」など、 [全文を読む]

「キメセク愛好者」疑惑も…ASKA容疑者、警察にマークされても吸い続けた覚せい剤の魔力

メンズサイゾー / 2014年05月19日17時00分

警視庁によると、4月6日と同12日ごろに知人の会社員・栩内香澄美容疑者(37)=覚醒剤取締法違反容疑で逮捕=と、東京都港区の栩内容疑者の自宅マンションで覚醒剤を所持していた疑い。今のところ容疑を否認している。 昨年8月から「週刊文春」(文藝春秋)が疑惑を報じ、覚せい剤を吸引している映像をネタに暴力団員に脅迫されていると伝えられていた。それに「事実無根」と反 [全文を読む]

有名人のドラッグ摘発が頻発する裏事情

NEWSポストセブン / 2016年12月30日16時00分

記者がタレントの自宅や関係先で張り込みをし、部屋を覗かれたり、ポストの中身を荒らされたこともありました。噂が噂を呼び、タレントの仕事にも影響が出てきています」 X氏は落胆するが、ではその疑惑のタレントは、本当に潔白と言えるのか。「以前、MDMA(合成麻薬)や大麻をしていたことは本人も認めていますが……。我々にとっても死活問題なので、監視の目を光らせ、現在は [全文を読む]

ASKA容疑者逮捕直前の映像 フジが乗務員を長時間拘束で入手の経緯

しらべぇ / 2016年12月16日06時30分

同紙によると、11月28日の午後6時半ごろに、同社のタクシーがASKA容疑者を自宅まで運んだ。その後、午後7時にフジテレビが当該車両の配車予約を行ない、9時間半も同車の利用を続けたことで事実上、運転手を拘束。同社も一度は映像提供を拒んだものの、フジテレビ側は「執行猶予の身であり、社会的に必要な情報は配信しなければならない。責任は負う」などと再度依頼した。乗 [全文を読む]

「本丸は、ほかにある──」ASKA逮捕劇を“大炎上”させた警察当局の狙いとは?

日刊サイゾー / 2016年12月05日09時00分

ヤクザ関係に詳しい人に聞いた話では、今、警察は麻薬絡みで山口組の大物幹部の一斉摘発を狙っているそうで、そこから別の大物歌手の逮捕にも踏み切りたいらしく、それこそASKAに濡れ衣を着せてでも再捜査の口実を作るぐらいのことは、やりそうな気配があったわけです」 こう話す編集者は「個人的には、ASKAはもう薬物はやっていないと思う」と、ASKA容疑者寄りのスタンス [全文を読む]

ASKAタクシー映像流出で露呈…有名人の「情報の宝庫」タクシー運転手とマスコミの関係

Business Journal / 2016年12月01日18時00分

東京・恵比寿でタクシーに乗り込んだとされるASKA容疑者は、自宅に向かう車内で「わけあって家の前にいっぱい人が集まっていると思うんですけど、ギリギリに止めてください」「速やかに止めてドア開けてください」などと運転手に指示しており、インターネット上では「プライバシーの侵害ではないのか」という声が広がっているのだ。 30日になり、タクシー会社のチェッカーキャ [全文を読む]

盗聴・盗撮が証明された?ASKAのタクシー”車内映像の流出”が物議

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日22時02分

連日、ワイドショーでは「ASKA再逮捕」が大きく取り上げられているが、そのなかで物議を醸しているのが、ASKAが逮捕前、自宅まで乗ってきたタクシー車内の映像がなぜか流出し、運転手とのやりとりが公共の電波によって流されていることだ。 まもなくして、この映像(通称ドライブレコーダー)を流出したのはタクシー業界の大手・チェッカーキャブ社の運転手だと判明し、同社は [全文を読む]

和田アキ子“紅白落選”で企画変更?「アッコにおまかせ!」関係者が大混乱

デイリーニュースオンライン / 2016年11月30日21時08分

そんななかで飛び出したのが、歌手のASKA(本名・宮崎重明、58)が28日、自宅で覚せい剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された一件だ。 「これによって4日の『アッコにおまかせ!』では、紅白歌合戦をメインで扱う必要がなくなりました。制作チーム内では“和田落選”の紅白に関しては冒頭で軽く触れる程度で、ASKA事件をメインにすることで決 [全文を読む]

ASKA容疑者逮捕の裏でマスコミが翻弄された「公式」ブログ

しらべぇ / 2016年11月30日06時30分

11月25日の午後、自宅から本人が110番通報したことが、今回の逮捕のきっかけと報じられているが、その時点でASKA容疑者が警察に身柄を拘束された――という、確かな情報はなかった。自ら通報してきたことや、その場の状況で現場に訪れた警察官に「逃亡の恐れなし」と判断されれば、報道が出た時点で身柄を拘束されていない可能性は充分あり、本人がブログを更新することも可 [全文を読む]

110番通報の常連だった?一部で知られていたASKAの”奇行癖”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月28日19時05分

警察官が自宅に駆け付けた際、錯乱状態が酷く、ろれつも回っていなかった。その後、任意で尿検査を行ったところ覚せい剤の陽性反応が出たといい、警視庁は逮捕状を請求し、逮捕する方針を固めたそうです」(一般紙記者) ASKAは2013年、『週刊文春』(文藝春秋)に薬物疑惑が報じられていたものの、当初は否定していた。ところが翌年、覚せい剤の所持容疑で逮捕されると、その [全文を読む]

ASKA覚醒剤使用で逮捕へ 「再犯の場合、実刑判決の可能性が高い」

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月28日17時04分

報道によると、ASKAさんは11月25日夜、東京・目黒区の自宅から「盗撮、盗聴されている」とみずから110番通報した。警察官が駆けつけると、ろれつが回らない状態だったことから、警視庁が検査した結果、ASKAさんの尿から覚せい剤の陽性反応が出たという。今回の報道を受けて、ASKAさんは自身のブログを更新した。「はいはい。みなさん。落ち着いて。間違いですよ」「 [全文を読む]

フォーカス