家族 宮崎重明に関するニュース

松本人志 ASKA再逮捕について語る「ある意味カレは功労者」

WEB女性自身 / 2016年12月04日16時00分

そうなると、家族の目が届かない状況が生まれてしまうんですね。さらに執筆活動ということになりますと、本来自宅の書斎で(行う)、ということになるんですが、書斎が(前回逮捕の)犯行の現場ということから、家族がリフォームして、自宅の書斎をなくしているんですよ。ということで、結局本を書くには都内のホテルにこもるということになって。どんどん、家族の目が届かなくなるとい [全文を読む]

ASKA、知られざる現在の生活…都内では自由な高級ホテル暮らし、夫婦関係破綻か

Business Journal / 2017年01月06日07時00分

ASKAは家族から自立しないと、また同じ罪を犯してしまうのではないかと心配です」 また、同関係者はASKAの現状についてこう明かす。 「実は現在、ASKAの生活拠点は東京・目黒区の高級住宅地にある一軒家の自宅ではありません。楽曲制作を理由に、都内にいる時は目黒区の高級ホテルで過ごし、福岡に住む父親と妹の勧めで、福岡の病院に通院しているようです。この妹は、福 [全文を読む]

有罪判決のASKA“執行猶予4年”の重み「すでに50曲以上制作し、復帰に意欲」だったのに!?

日刊サイゾー / 2014年09月18日09時00分

公判の終盤には裁判長から「あなたは家族や関係者を犯罪という形で裏切った。これまでのあなたからは社会のルールを省みず、自分本位で傲慢な考え方が見て取れる。薬物脱却はもちろん、社会で生きていく中で大切なものは何か、一から考えてほしい」と“公開説教”される場面も。これにASKAは、か細い声で「……はい」と答えた。 予想通りの執行猶予判決だったが、ASKAにとっ [全文を読む]

「家族は自宅から逃避行!」シャブ狂いで長男と長女の明るい未来を潰したASKA容疑者

日刊サイゾー / 2014年05月29日09時00分

今はインディーズで細々と音楽活動をしているようだが、再浮上は難しいだろう」(音楽関係者) ASKA容疑者の逮捕後、都内の豪邸には連日、報道陣が集まっているというが「家族は家にいられず、どこかに身を隠しているようだ。今後、固定資産税などが払えなくなるだろうから、いずれ売却すると思われる」(自宅を取材した記者)という。 今回の事件で一番の“被害者”は、残された [全文を読む]

“新宿薬局”の残党に、往年のバンドメンバーの名前まで! ASKA容疑者の入手ルートとは

日刊サイゾー / 2016年12月06日11時00分

薬物依存を断ち切るために、売人の連絡先は消去したはずなのに、解析の結果、そうした人脈が“復活”していたらしい」(同) ASKA容疑者と新宿薬局の残党が、どのようにクスリの受け渡しを行っていたかは定かではないが、同容疑者は家族にバレないよう、目黒区にある高級ホテルにこもって使用していたとみられる。 一方、レコーディングと称し、頻繁に足を運んでいた九州・福岡ル [全文を読む]

執行猶予判決は間違いだった?ASKAの中毒症状は「かなりイッちゃってる状態」

アサ芸プラス / 2016年12月02日05時59分

ASKA容疑者の場合経済力があるので、違法薬物を買うことも、家族に隠れて使用するための場所も容易にできますからね」 この先、ASKAが薬物を断ち切れるかどうかは、法に委ねるしかないようだ。 [全文を読む]

行きつく先は田代まさし?ASKAが断てなかった”覚せい剤の泥沼”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日07時05分

ASKAは本来、恵まれているほうで、病院に入っても、家族が支えても、仕事があってもダメだった。脳が記憶する覚せい剤の快感がここまでくると、薬物と縁を切るのは難しい」 ASKAはマーシーのようになってしまうのか。 文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く [全文を読む]

有名人の薬物事件に「愛人」の影…どうして彼らはモテるのか

しらべぇ / 2016年06月12日05時30分

・合わせて読みたい→犯罪者家族の改名問題 元・清原妻の「亜希」から考察(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日対象:全国20代~60代の女性596名(有効回答数) [全文を読む]

栩内被告公判、検察追及でASKAとパソナ周辺の新疑惑続出?ニンプー、モデルちゃん…

Business Journal / 2014年10月27日01時00分

その理由として、ASKAが公判で「大事な人」と呼び、逮捕時に一緒にいた愛人とみられる栩内香澄美被告への未練を断ち切り、家族に更正を約束したためだとも報じている。 だが、これで一件落着とはまだいかないようだ。というのも、栩内被告は同法違反に問われながらも一貫して無罪を主張しているため、いまだに裁判が続いているからだ。これまでの栩内被告の公判でASKAの女性関 [全文を読む]

栩内容疑者“学校1の美女”が覚せい剤に溺れるまで…

WEB女性自身 / 2014年05月29日07時00分

青森県藤崎町生まれの栩内容疑者は、大工だった父親、母親と妹の4人家族。だが、彼女が中学生のときに母親が白血病を発症、長い闘病生活を送ったのち亡くなってしまう。すでに両親が離婚したこともあり、姉妹は従兄弟の家に身を寄せる時期もあったという。そんな苦労がありながらも、評判はすこぶるよかった。彼女の同級生はこう語る。「香澄美は“弘前の鈴木保奈美”といわれていた [全文を読む]

「マッキーのようには……」薬物逮捕のASKA、復帰しても芸能界に“居場所”なし

日刊サイゾー / 2014年05月22日09時00分

今回の事件の一番の“被害者”は、残された妻と一男一女の家族」(レコード会社関係者) 今回、ASKA容疑者は初犯だけに、「これまでの薬物事件の判例に照らせば、懲役1年6月、執行猶予3年が妥当なところ」(全国紙社会部記者)。音楽界では99年8月に、シンガーソングライターの槇原敬之が覚せい剤とMDMAの所持で逮捕。懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けたものの、 [全文を読む]

「俺は寝ない」「飯も食わない」……13年前、ASKA容疑者の“異常な発言”にタモリが困惑していた!?

日刊サイゾー / 2014年05月19日17時30分

「ASKAは、1987年頃に元アナウンサーの女性と結婚し、89年に家族でロンドンに移り住んだ。昨年8月に疑惑を報じた『週刊文春』(文藝春秋)は、この海外移住をきっかけにドラッグを覚えたと報じている。89年といえば、オリコン1位を記録したシングル『LOVE SONG』をリリース。大ヒットした『SAY YES』も91年と、移住後の発売です。この頃すでに、薬物 [全文を読む]

フォーカス