シリーズ 宮部みゆきに関するニュース

あの『遠野物語』を本格絵本化!京極夏彦が手がける「子供向けらしからぬ」新“怖い絵本”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月05日15時00分

火付け役は2011年にスタートした岩崎書店の「怪談えほん」シリーズ。 宮部みゆきら9人のベストセラー作家が参加したこのシリーズの刊行をきっかけに、大人も子どもも震えあがらせる怖い絵本に注目が集まり、雑誌やテレビで特集が組まれるようになった。 中でも特にトラウマ級の作品として知られているのが京極夏彦の『いるの いないの』(岩崎書店)だ。テレビ朝日系『有吉& [全文を読む]

冒険小説・ハードボイルド好きの好奇心を満たす、骨太の文学全集『冒険の森へ』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月06日17時30分

目玉はやはり大沢、逢坂の人気警察小説シリーズの長編二作だろう。 まずは大沢在昌『新宿鮫II毒猿』。日本の警察小説史上に輝く刑事ヒーロー“新宿鮫”こと鮫島警部が活躍する第二作であり、シリーズの人気を決定付けた作品だ。 鮫島警部は国家公務員上級試験に合格したキャリア組でありながら、とある事情から新宿署防犯課に所属する一匹狼の刑事。音もなく近付き、犯罪者に食い [全文を読む]

作家と挿絵画家の絶妙な関係性 宮部みゆき『三鬼』の挿画が誕生するまで

THE PAGE / 2017年09月07日12時10分

作家・宮部みゆきの小説『三鬼ー三島屋変調百物語』シリーズなどの挿画と世界観が見られる「北村さゆりの挿画展―宮部みゆき『三鬼』の世界―」が丘の上APT/兒嶋画廊(東京・国分寺市泉町)で開かれている。 江戸時代の庶民ものでは定評がある宮部作品の中でも2006年から始まった同シリーズは、雑誌や新聞など発表の舞台を変えながら連載が続けられている人気作だ。北村さゆり [全文を読む]

宮部みゆき『三鬼』の挿画作家・北村さゆりさんが明かす舞台裏

サライ.jp / 2017年09月01日19時00分

村松友視の『悪友の条件』、山本兼一の『命もいらず名もいらず』といった新聞小説の挿画を描いた気鋭の日本画家・北村さゆりさんも、2015年6月1日から1年1か月に渡って日経新聞に連載された宮部みゆきさんの『三島屋変調百物語』シリーズの挿画を描いている。(ちなみに『サライ』本誌連載「半島をゆく」の挿画を担当しているのも北村さんである)北村さんが挿画を担当した日経 [全文を読む]

宮部みゆきのライフワーク!「三島屋」シリーズ最新作が文庫化

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月07日11時00分

このスタイルを物語に大胆に取り入れ、世の怪談ファンをあっと驚かせたのが宮部みゆきの人気時代小説シリーズ「三島屋変調百物語」だ。 江戸は神田の袋物屋・三島屋には、〈変わり百物語〉と呼ばれる風変わりな名物があった。百物語の聞き手を務めるのは、店主の姪にあたる娘のおちかだけ。訪れた客は座敷でおちかと差し向かいになり、それまで胸に秘めてきた怖い話や不思議な話を語 [全文を読む]

小泉孝太郎演ずる杉村三郎が帰ってくる! 宮部みゆき『ペテロの葬列』がドラマ化

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月07日12時00分

原作は宮部みゆきの同名小説で、「杉村三郎」シリーズの第3作に当たる作品だ。 原作も未読、前作のドラマも未見、という方のために、まずは主人公である杉村三郎についてご紹介を。 関連情報を含む記事はこちら 杉村三郎は03年刊行の『誰か』、06年の『名もなき毒』という2つの作品の主人公であり、大財閥の今多コンツェルン広報室に勤める人物である。家族は妻の菜穂子と、娘 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

三上延さんによる日本のライトミステリー小説シリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」の1巻から4巻までが原作となっています。 ドラマの方は、主役の篠川栞子を剛力彩芽さん、五浦大輔をAKIRAさんが演じました。原作との設定の違いやキャストなどに、原作ファンからの賛否こそありましたが、ドラマはドラマで非常に楽しめました。綺麗でやわらかい映像や独特の雰囲気は是非ドラマ [全文を読む]

20代・30代に聞いた「あなたの徹夜本は?」 圧倒的人気のシリーズと作家とは?

しらべぇ / 2015年11月15日07時00分

◆最も多かったのは...あのシリーズ!20代・30代、そして男女問わず多くの人が挙げたのが、イギリスの作家J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』シリーズです。1997年に第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』(日本では1999年)が発売され、2000年代までに計7巻が出版されたこのシリーズ。映画化もされ世界中で親しまれてきた同シリーズは、20代・30代 [全文を読む]

こんな宮部みゆき読んだことない!10年前の深夜番組『最後の晩餐』が執筆のきっかけに!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月06日11時00分

「もしかして児童書?」と思うようなタイトルと設定だが、全5巻におよぶこのシリーズは、“宮部みゆきとは何者か?”を知ることができる仕掛けや遊び心にあふれた、ニューファンタジーと言っていいだろう。 たとえば、本の最初に記された次のような注意事項からも、この作品に対する宮部さんの思い入れが感じられる。~使用上のご注意~(作者からのお願い)・本作品は、確実にこの世 [全文を読む]

「日本文学全集」シリーズ第11巻発売&第I期完結記念、超豪華作家陣のトークイベント開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月01日17時30分

今をときめく豪華作家陣が古典を新訳する全集の刊行は、半世紀ぶりということもあり、全巻定期予約は4,000件超、シリーズ累計22万部を突破した人気シリーズだ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 2015年11月12日(木)には、第11巻となる『好色一代男/雨月物語/通言総籬(つうげんそうまがき)/春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)』が発売され、つ [全文を読む]

2014年No.1小説は東野圭吾『マスカレード・イブ』!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月06日11時30分

2位の『天の梯』は、大人気シリーズ「みをつくし料理帖」の最終章。シリーズをとおして、澪の波乱万丈の人生を、読みながら応援してきた読者も大満足できる結果だといえる。3位の『ペテロの葬列』もシリーズの続編である。ミステリーであれ、人情ものであれ、シリーズ化された独特な世界観や個性的なキャラたちに、多くの人が惹きつけられた結果だといえる。 また今回は、いわゆる [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『honto9月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年10月07日11時48分

-書籍 通販 電子書籍のハイブリッド書店サービス「honto」-~東野圭吾「マスカレード」シリーズが 宮部みゆきの最新文庫『ソロモンの偽証』を抑えて1位!~ ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、honto提携書店の丸善、ジュンク堂、文教堂とhontoサイトで購 [全文を読む]

ポン・ジュノの映画 『スノーピアサー』、ベルリン国際映画祭出品が決定!異例中の異例!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年01月16日20時25分

●監督ポン・ジュノ (『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』、『母なる証明』)●出演クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『アベンジャーズ』)、ソン・ガンホ(『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』)ティルダ・スウィントン(『ナルニア国物語』シリーズ、『フィクサー』)オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ~心がつなぐストーリー』)ジェイミ [全文を読む]

あの物語の舞台は実在した!? 宮部みゆきが自ら手がける公式読本、新人物文庫より8月8日(木)より発売!

PR TIMES / 2013年08月06日16時24分

『泣き童子』が話題の「三島屋変調百物語」シリーズをはじめ、 「霊験お初捕物控」シリーズや『本所深川ふしぎ草紙』など、 宮部みゆきの物語の舞台を歩きながらその魅力を探る異色の怪談散策! 後半では、怪異の世界を縦横に語りつくす北村薫氏との特別対談に加え、 “今だから読んでほしい”小説4編を厳選。 ファン必携! 著者責任編集「宮部怪談」公式読本。 【基本情報】 [全文を読む]

白石加代子×柄本明「小劇場で笑った思い出」

文春オンライン / 2017年08月07日11時00分

森繁久弥さんの社長シリーズというのもよく観てて、それが面白くて面白くて。私、歌舞伎もよく見てましたよ。歌右衛門さんの『四谷怪談』とか。 歌舞伎座に流れた声 関 1976年ごろ、武智鉄二演出の『東海道四谷怪談』で、白石さんがお岩をなさったのを岩波ホールで拝見してます。今の坂田藤十郎さんが扇雀(せんじゃく)時代、伊右衛門役で。 白石 あら、そう(笑)。あのとき [全文を読む]

じほう図鑑シリーズの第3弾『皇帝の漢方薬図鑑』発売 漢方薬がゆるくて不思議なキャラクターになって登場

@Press / 2017年06月09日11時00分

株式会社じほう(本社:東京都千代田区、代表取締役:武田正一郎)は、じほう図鑑シリーズの第3弾『皇帝の漢方薬図鑑』を2017年6月6日(火)に発刊しました。おとぎ話のように漢方薬(和漢)の世界を表現した絵巻物的大図鑑です。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129538/LL_img_129538_1.jpg表紙画 [全文を読む]

宮部みゆき、幻の作品が絵本化! 姿の見えない怪獣・クマーの美しくもせつない物語

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月30日17時30分

『ブレイブ・ストーリー』や『ソロモンの偽証』などの傑作を生み出し続ける宮部みゆきと、「魔女の宅急便」や「ハウルの動く城」シリーズなど有名ファンタジー作品の装画を数多く手がけてきた佐竹美保が、初タッグを組んだ絵本『ヨーレのクマー』が2016年11月21日(月)に発売された。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 絵本を開いても、しばらくはクマーの姿がみ [全文を読む]

宮部みゆき、幻の作品が、ついに絵本化!衝撃のラストページまで読める、全ページ試し読みも実施中!

PR TIMES / 2016年11月21日11時25分

『ブレイブ・ストーリー』や『ソロモンの偽証』など、傑作を生み出し続ける宮部みゆき氏と、「魔女の宅急便やや「ハウルの動く城」シリーズなど有名ファンタジー作品の装画を数多く手がけてきた佐竹美保氏。そんなお二人が初タッグを組んだ絵本「ヨーレのクマー」を、株式会社KADOKAWAが発売いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/282 [全文を読む]

角川文庫の夏のフェア「カドフェス2016」、6月18日(土)から開催!限定ブックカバーなど豪華プレゼントキャンペーンも実施!

PR TIMES / 2016年06月18日10時53分

』、大人気映画『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズの原点『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』や、『インフェルノ』、『バケモノの子』、『夏美のホタル』、『時をかける少女』、『バッテリー』、『聖の青春』など映像化作品の原作をお楽しみいただけます。□角川文庫強力銘柄に注目![画像3: http://prtimes.jp/i/7006/2426/resiz [全文を読む]

「ぼんくら2」岸谷五朗、時代劇は『日本人を感じる』

Smartザテレビジョン / 2015年11月28日08時00分

――まずは、前作「ぼんくら」から1年ぶりの第2シリーズということで、撮影に入られたときの印象をお聞かせください。同じ京都の撮影所で、ちょうど1年ぶりの撮影に入ったのですが、スタッフが前回と同じ大小(の刀)、雪駄、かつらを用意してくれていました。撮影は、長屋のオープンセットでのシーンから始まったのですが、そこに松坂慶子さん演じる煮売屋のお徳さんがいて。演じる [全文を読む]

フォーカス