ドラマ 橋本愛に関するニュース

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

特に鈴木さんは『ロング・ラブレター~漂流教室~』『WARTER BOYS2』などドラマに多数出演、女優としても大人気になりました。 2000年代半ばから北川景子、榮倉奈々の活躍で“STモデル→女優”がブレイクの方程式に2000年代半ばから末にかけては、現在多くのドラマ、映画で主役を張る北川景子さん(ミスセブンティーン2003、2006年卒業)、榮倉奈々さん [全文を読む]

「AKB48最大のライバルは今や『あまちゃん』」と中森明夫氏

NEWSポストセブン / 2013年09月13日07時00分

* * * 『あまちゃん』はNHK朝ドラ史上初のアイドルドラマだ。4月1日の初回から毎朝、生視聴してツイッターで批評している(まとめサイトは40万人超が読んでくれた!)。 主人公のアキの前で親友のユイ(橋本愛)が「アイドルになりたい!」と叫んだ序盤の回に〈このドラマはアイドルの世界を変革する! これを批評しないで、私がアイドル評論家である意味がない〉とツ [全文を読む]

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

十代の高校生の中に、金星人や火星人が混じって同じ授業を受けることになったら?TBSドラマ「ごめんね青春!」(日曜・21:00〜21 :54)はそんなドラマである。仏教系の男子校(通称・東高[とんこー])と、カトリック系の女子校(通称・三女[さんじょ])が、「三女」の経営難から、合併することになる。本作は、そのドタバタを描いた青春学園コメディだ。脚本のクドカ [全文を読む]

橋本愛、背中ヌード&泡風呂の中で足を広げ…ドラマで“過激画像”を連発!!

メンズサイゾー / 2014年07月10日16時00分

続々と夏の新ドラマがスタートする中、『若者たち2014』(フジテレビ系)の初回が9日に放送された。妻夫木聡、瑛太、長澤まさみ、満島ひかり、蒼井優といった豪華な役者陣が共演することで、放送前から話題になっていた同ドラマは、1966年に放送された人気ドラマ『若者たち』の現代版。早くに両親を亡くした5人の家族を中心に青春群像劇が繰り広げられるという前作をベースに [全文を読む]

広瀬すず&二階堂ふみら最旬女優陣が集結! 奥山由之の写真集「君の住む街」発売

CinemaCafe.net / 2017年04月04日19時00分

4月放送の新ドラマ「フランケンシュタインの恋」で主演の綾野剛を初共演を果たす二階堂ふみ。『関ヶ原』『ナラタージュ』と出演作の公開が控える有村架純。豪華キャストが出演する『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』で主演を務め、近年歌手活動も注目を集める高畑充希。『湯を沸かすほどの熱い愛』で日本アカデミー賞助演女優賞をはじめ数々の映画賞を席巻した杉咲花。 そのほか [全文を読む]

NHK朝の連ドラ「まれ」が出してきた「主題歌の歌詞募集」という変化球

メディアゴン / 2015年05月05日10時23分

だが、作曲はドラマやゲーム音楽を多数手がけている売れっ子の澤野弘之。平凡な曲であるはずがない。ドラマが進むにつれて、視聴者は気付く。あれ、これ? 元気な主題歌をアレンジした、英語のスローバラードが女性の声で流れてくる。それも、演技に邪魔にならない程度の音量で、役者の陰からそっと。4月29日、「まれ」のサウンドトラックCDがソニー・ミュージックエンタテインメ [全文を読む]

橋本愛 能年玲奈より「脱あまちゃん」な妖艶演技をプレイバック

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時58分

ドラマのラインナップから、意外なダークホースが飛び出した。朝ドラ「あまちゃん」の美少女役で注目を浴びた若手女優の橋本愛(18)が妖艶変化を遂げたのだッ! 驚きを隠せない様子で語るのはスポーツ紙文化部記者だ。 「オンエアを見てビックリしました。まさかここまで過激な艶技をしているとは思わなかった」 視聴者によるネットの書き込みでも「橋本愛セクシー過ぎ」と称賛 [全文を読む]

“20世紀最後のアイドル”高橋由美子が語るアイドル論「『脱アイドル』なんて言わなくても、時代はどんどん変わっていく」

週プレNEWS / 2012年10月14日18時00分

ドラマの主演をやったときにプロデューサーの方がつけてくださって、気づいたらそう呼ばれるようになっていて。 ―このキャッチフレーズに対し、当時はどんな感じでしたか? 高橋 特に「そんなことないです」というつもりもなく。「でも、あと数年で21世紀来ちゃいますよね」とは正直思っていました(笑)。ちょっと化石チックな雰囲気かな、でもまあ、役職みたいなものかなと。 [全文を読む]

売れっ子の宿命か...有村架純に「暗い表情」「疲れてる?」と心配の声

メンズサイゾー / 2016年02月06日18時00分

今回の新人賞は、2014年12月1日から2015年11月30日に公開された映画やドラマで活躍した俳優・女優が対象。受賞者には、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務め、昨年の民放ドラマで年間トップの平均視聴率を獲得した『下町ロケット』(TBS系)に出演した土屋太鳳(21)をはじめ、映画『チョコリエッタ』やドラマ『民王』(テレビ朝日系)で存在感を示 [全文を読む]

綾野剛、栄誉ある賞獲得も冷静

モデルプレス / 2014年02月06日21時31分

明日も結構長いセリフのドラマがあるので、帰って早くセリフを覚えたいです」と語った。 ◆最も思い出深い作品は 現在出演中のドラマ「S -最後の警官-」(TBS系、日曜よる9時)をはじめ、多数の作品に引っ張りだこの綾野。昨年はドラマ「空飛ぶ広報室」(TBS系、2013年4月~6月)が思い出深いといい、「空自という非常に難しい題材でしたが、とにかく現場力があって [全文を読む]

フォーカス