社長 見城徹に関するニュース

『報ステ』後任に宮根誠司“ねじ込み”ならず……バーニング周防郁雄と見城徹の黒いもくろみとは?

日刊サイゾー / 2016年01月09日09時00分

その宮根は昨年末、自身が司会を務めるフジテレビ系『Mr.サンデー』で、この後任問題について「ちょっと詳しいことは言えないんですけど、社長と大モメにモメました。社長とは、連絡が取れなくなっています。社長の行方がわからない」と、思わせぶりな発言をしていた。 それと時を同じくして、その「社長」こと、宮根が所属する芸能プロ「テイクオフ」の横山武社長の都内自宅前で [全文を読む]

少年Aの手記の仕掛人は幻冬舎・見城徹だった! 自社では出さず太田出版に押し付け!?

リテラ / 2015年06月17日22時00分

「こんな出版社潰せよ、犯罪幇助だろ」「出版したやつら全員地獄に堕ちる」「太田出版は許さん!」「太田出版不買運動」 こうした事態に6月17日には同社の岡聡社長が「釈明文」を発表する事態にまで至ったほどだ。 しかし、実はこの騒動には、出版の本当の仕掛人でありながら、太田出版に押しつけ、まんまと逃げ切ったご仁がいる。それが幻冬舎の見城徹社長だ。「実は『絶歌』は、 [全文を読む]

元愛人が「暴力」被害を告発! 安倍首相と親しいカリスマ起業家が自著で語っていた露骨すぎる処世術

リテラ / 2015年12月20日08時00分

「週刊文春」(文藝春秋)12月24日号で、元愛人から「不倫」「暴力」「会社乗っ取り」を告発されたベンチャー企業・ネクシィーズの近藤太香巳社長。 本サイトでも報じていたが、近藤社長は安倍首相とも親しく、半年前には総理公邸で幻冬舎の見城徹社長、作詞家の秋元康とともに「組閣ごっこ写真」におさまっていた。そんな人物が、愛人の女性に「左第七肋骨骨折」「外傷性くも膜下 [全文を読む]

電子雑誌『政経電論』7月号(第5号)公開

PR TIMES / 2014年07月10日17時36分

~政治・経済を武器にする“解説”メディア~ 表紙・巻頭インタビューは 幻冬舎社長・見城徹氏と作詞家・秋元康氏電子雑誌を展開する株式会社ブランジスタ(株式会社ネクシィーズグループ東証一部上場:4346、代表取締役社長 岩本恵了)は、7月10日に政治・経済を武器にする“解説”メディア 電子雑誌「政経電論」7月号(第5号、発行元:株式会社損得舎)を公開いたしまし [全文を読む]

「友人・見城徹君に告ぐ! 元少年Aのような三流チンピラに関わると狂猿病になるぞ」怪人・康芳夫が、幻冬舎社長(怪人)にメッセージ!!

tocana / 2015年09月19日08時00分

そこでは、自らの公式HPを開設したという告知文以外に、当初手記を出版予定だった幻冬舎の見城徹社長とのやりとりを暴露。週刊文春が行った『絶歌』をめぐる見城氏のインタビューが事実と異なる点などを指摘したうえで、その後の彼の態度に対する激しい激しい怒りをぶつけた。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/09/post_7365.htm [全文を読む]

オセロ・中島知子の動向は“ビジネス”!? スクープを裏で操る芸能界のドン

サイゾーウーマン / 2013年03月29日13時00分

同番組では、中島が今月5日、古くから知る某出版社社長に電話をしてきて、以前同居していた自称占い師を擁護する発言をしたと解説。さらに、「彼女(自称占い師)を歌手デビューさせたい」と懇願してきたとも明かした。 「ネタを提供した人物について、オンエア上では『出版社の某社長』となっていましたが、幻冬舎の見城徹氏のことですよ。よく知られている通り、見城氏は“芸能界の [全文を読む]

安倍首相がお友達の秋元康、見城徹と撮った「組閣ごっこ」写真が流出! 憲政冒涜の声

リテラ / 2015年06月27日08時00分

右隣には、幻冬舎社長で、神戸連続児童殺傷事件の加害男性の著書『絶歌』(太田出版)の仕掛人として話題の見城徹氏。後列には、ネクシィーズの近藤太香巳社長、GMOインターネットの熊谷正寿社長、損得舎の佐藤尊徳社長。いずれも、最近、安倍首相とゴルフや会食をともにし、親しくつきあっている面々だ。 そう、この写真、安倍首相がオトモダチと「組閣ごっこ」をしているのを撮影 [全文を読む]

酒鬼薔薇 1冊目はノンフィクション、次は小説と出版社に提案

NEWSポストセブン / 2015年06月22日16時00分

2012年冬、Aは大手出版社・幻冬舎の見城徹・社長に宛てて自筆の手紙を出した。関係者が話す。 「手紙には社長へのラブコールとともに“自分の本を出したい”との強い思いが綴られていたそうです。社長は、過去に殺人犯の手記を編集した経験のある編集者ら数人のチームを立ち上げた。2013年にはAが会社を訪れ、社長らと直接打ち合わせもしています。そのなかで、Aから“1 [全文を読む]

【清水富美加問題】今後、メディアはレプロ擁護にまわる!? 完全に“芸能界”vs“幸福の科学”という図式へ

tocana / 2017年02月22日09時00分

「今回は、幻冬舎の見城徹社長、田辺エージェンシーの田邊昭知社長を中心とした連合ができているようで、週刊誌での本間社長のインタビューやスポーツ新聞の情報統制など、完璧な状況を整えているというウワサがあります。父親の会社倒産や借金、安すぎると話題になった給料に対しての反論は完璧。今週以降はテレビ各局もレプロ擁護の体制となるでしょうね。今回の騒動は、近年稀に見 [全文を読む]

幻冬舎 見城社長流・人脈整理術「SNSはムダ! 大切なのは、義理・人情・恩返し」

プレジデントオンライン / 2017年01月03日11時15分

(吉田彩乃=文 澁谷高晴=撮影) [全文を読む]

「経験はありません。処女です」...幻冬舎社長・見城徹との枕営業疑惑をかけられたNMB48須藤凜々花の返しがスゴい!

リテラ / 2015年09月04日12時00分

現役の48グループ所属メンバーから「処女」「枕」といった直接的過ぎるワードが出てきたことに驚きが隠せないが、ここで彼女が「枕」という言葉を用いて指しているのは、先日当サイトでも報道した、幻冬舎代表取締役社長・見城徹との関係についての噂なのは間違いない。 彼女が一気に注目を集めたきっかけとなった見城徹との出会いについて、事情に詳しくない方のために軽くおさら [全文を読む]

安倍政権の疑惑を追及していた「週刊ポスト」編集長が突如の更迭! 背後に官邸の圧力

リテラ / 2015年07月13日13時00分

最初に行われたのは、安倍首相との蜜月ぶりがすっかり有名になった幻冬舎の見城徹社長から「ポスト」発行人・森万紀子氏へのプレッシャーだった。 「森さんは同じく小学館の『女性セブン』編集長を務めていた人物ですが、夫がバーニング系の事務所の社長を務めていることもあり、バーニングべったりで知られています。もちろん見城社長とも昔から仲がよく、『セブン』時代には見城社 [全文を読む]

~政治・経済を武器にする“解説”メディア~電子雑誌『政経電論』9月号(第6号)公開

PR TIMES / 2014年09月11日09時28分

表紙・巻頭インタビューは、衆議院議員 野田聖子氏とワーク・ライフバランス社長 小室淑恵氏電子雑誌を展開する株式会社ブランジスタ(株式会社ネクシィーズグループ東証一部上場:4346、代表取締役社長 岩本恵了)は、9月10日に政治・経済を武器にする“解説”メディア 電子雑誌「政経電論」9月号(第6号、発行元:株式会社損得舎)を公開いたしました。▽政経電論htt [全文を読む]

秋元康とまゆゆが氷水まみれ、アイス・バケツ・チャレンジにトライ

エンタメNEXT / 2014年08月21日06時00分

日本でもソフトバンクの孫正義氏や、ホリエモンこと堀江貴文氏、LINE社長の森川亮氏などが参加している。 秋元康氏は今回、幻冬舎の見城徹社長から指名を受け、寄付とともに氷水をかぶることを決意。メンバー300人が見守るなか、高橋と指原に頭から豪快に氷水を浴びせられた。 秋元氏は「ALSアイス・バケツ・チャレンジを支援します」と笑顔で宣言し、「アイス・バケツ・チ [全文を読む]

トヨタ元取締役、岸恵子の不倫暴露が社内で話題? 過去にも社内不倫で出世逃す

Business Journal / 2013年05月09日07時00分

なぜ、トヨタグループで話題になっているかといえば、主人公と恋仲になるビジネスマンのモデルが、元トヨタ取締役・元デンソー副社長の岩月伸郎氏だからだ。岸恵子の新作の内容については「週刊文春」(文藝春秋)がいち早く報じ、岩月氏に突撃取材も敢行している。その一問一答を見る限り、本人もまんざらではなさそうだ。「週刊文春」にはトヨタやデンソーという社名も岩月氏の個人 [全文を読む]

幻冬舎が「NewsPicks」と書籍レーベル「NewsPicks Book」を創刊! 書籍とイベントとWEBコンテンツを「NewsPicksアカデミア」会員向けに提供する協業プロジェクトが始動!

PR TIMES / 2017年04月01日13時02分

【株式会社幻冬舎 代表取締役社長 見城徹のコメント】幻冬舎は既成の概念にとらわれず、自由な発想で新しい挑戦を続けてきました。今回なぜ佐々木編集長率いるNewsPicksと組むか。それはアナログとデジタル、紙とスマホという極端と極端の両方をやらないと出版社としての厚みが出ないと考えているからです。オーソドックスを極めないと新しいものは出てこない。本という最も [全文を読む]

『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2017 Presented by GOETHE』の受賞者は、中田英寿氏、ユーグレナ 出雲充氏、スノーピーク 山井太氏の3名が受賞!

PR TIMES / 2017年01月20日09時13分

授賞式にて、安藤忠雄氏と幻冬舎 見城徹社長と共にビジネスや社会貢献への思いを語るペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開するスコッチウイスキー「シーバスリーガル」と、株式会社幻冬舎が発行する雑誌「GOETHE(ゲーテ)」は、『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2017 Presented by GOETHE』の授賞式を2017年1月1 [全文を読む]

大人気企画「秘書特集号」ついに解禁!東レ、SMBCをはじめ日本を代表する企業の秘書や、美しすぎる12名の秘書が大終結。超絶すぎる秘書たちの妙技を、とくとごらんあれ。

PR TIMES / 2016年12月23日10時36分

リオ五輪の閉会式セレモニーで話題となったメディアアーティストの真鍋大度氏の相棒、千葉秀憲氏や、アストンマーティン社長兼CEOのアンディ・パーマー氏の秘書、ジュリィ・ダルトン氏など、世界と戦うトップの秘書も参戦。 もちろん、今年もやります。ツンデレ系、クール系、ふんわり天然系などなど、妄想がとまらなくなりそうな美人秘書12名がページを彩ります。 麗しい秘書 [全文を読む]

東野圭吾氏が猛反発!? 元少年A『絶歌』が幻冬舎から出版されなかった本当の理由

tocana / 2016年02月18日15時00分

「昨年6月に突如発売された『絶歌』の出版に関しては、かねてから幻冬舎の見城徹社長が暗躍し、当初は幻冬舎から発行される予定だったことも各報道で明らかとなっています。最終的に『絶歌』は太田出版から発行されることとなり、同社には批判が殺到。各書店の販売拒否も話題になりました。そしてこの“発行元鞍替え”については、幻冬舎が前年に出版した『殉愛』によって発生した騒 [全文を読む]

『報ステ』降板、古舘伊知郎を追い詰めた安倍政権とテレ朝上層部の癒着!「原発のゲの字もいえない」と不満を

リテラ / 2015年12月24日15時00分

「昨晩は年内放送の最終日で、番組終了後に納会が開かれ、早河洋会長、吉田慎一社長、そして古舘さんも挨拶したのですが、まったくそういうそぶりはなかった。鋭気を養って来年も頑張ろう、みたいな感じで。プロデューサーも知らされていなかったようで、会がお開きになった後、降板が伝えられたそうです」(テレ朝関係者) つまり、今回の番組降板は、ごく一部のテレ朝上層部と古舘の [全文を読む]

フォーカス