演歌 五木ひろしに関するニュース

みんなの反対を押し切った――「富士そば」で常に演歌が流れている理由とは?

週プレNEWS / 2017年05月03日06時00分

その富士そばを語る上で、欠かせない大事なキーワードが「演歌」だ。24時間営業の店内には常に演歌が流れ、会長自身も「丹 まさと」の名で作詞家として活躍。五木ひろし、天童よしみ、水森かおりなど数々の歌手に歌詞を提供し、これまでに30曲以上が発売されている。 富士そば、そして丹会長がここまで演歌にこだわり、愛する理由――そして演歌から受けた影響について語っても [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

寒い故郷の冬景色が思い出される」(埼玉県・66歳) このあたりが演歌の王道と言われるゆえんか。 演歌といえば、デュエットソングを忘れてはならない。 今回も7位に狩人の「あずさ2号」、49位に五木ひろし(64)と木の実ナナ(66)が歌う「居酒屋」、64位には都はるみ(64)と宮崎雅の「ふたりの大阪」などがランクインしている。 前出の石川氏は、 「五木ひろしや [全文を読む]

五木ひろしがノリノリ 田原俊彦の曲をタップ踏みながら熱唱し番組カオス状態に

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月10日06時28分

五木ひろしを司会に据え、演歌勢を中心に2時間たっぷり、歌で魅せる番組だ。そもそも、“五木ひろし司会の演歌番組”という発想自体、地上波のゴールデン帯では生まれない。もしも会議で、「五木ひろしの司会で、レギュラーの歌番組をやりましょう」と提案したら、空気は凍り付き、桜庭あつこがリングに上がったときのような罵声が飛び交うだろう。この番組には、BSらしさが存分に現 [全文を読む]

第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲

okmusic UP's / 2016年12月29日18時00分

※ミュージックソムリエ・ベーシック講座第11期受講生募集中>優勝番組URLhttp://www.fujitv.co.jp/b_hp/161229chishikiou/■1.「心かさねて」/市川由紀乃●苦節24年超、ついに紅白初出場!苦節云年で紅白初出場……という演歌歌手は過去にもいますが、長い活動休止から復帰して紅白の舞台にまで辿り着いた演歌歌手は、市川由 [全文を読む]

1000人アンケート、見たくない紅白出場歌手ランキング

アサ芸プラス / 2012年12月11日10時00分

演歌世代ではない40~50代 合田氏が、今年の特徴についてこう解説する。 「演歌歌手が紅7人白5人に減ったことがあげられますね。なのに白組の『見たくない』には、そのうちの3人がベスト5に入っている。五木ひろしさん(64)なんて、去年より今年のほうが売れたんですけどね」 その五木に、〈面白みがない〉との直球が投げつけられれば、天下の北島三郎(76)には〈見 [全文を読む]

NHK『紅白』人事の癒着構造、極まれり! “芸能界の大物”がプロデューサーを接待漬けに……

日刊サイゾー / 2012年11月05日09時00分

今年のNHK『紅白歌合戦』の出場者発表が迫ったが、紅白に影響力を持つ“芸能界の大物”に、紅白担当プロデューサーと演歌担当プロデューサーが毎週のように高級料理店で接待漬けにされているという情報が寄せられて愕然とした。 今年の紅白は元事務所幹部の“泥沼解任騒動”で芸能界から総スカンを食った小林幸子と、ジャズアルバムの大ヒットで11年ぶりの紅白返り咲きを狙ってい [全文を読む]

なぜ現役プロ野球選手や力士はレコードを出していたのか?

NEWSポストセブン / 2017年02月05日07時00分

一番多いのが演歌調の曲。そして、アイドル的人気を誇った選手に多い、ポップス系の曲。最後に、球団歌や応援歌など野球と密接に関係した曲だ。 歴史を遡ると、1958年の豊田泰光(西鉄)を皮切りにプロ野球選手がレコードをリリースするようになる。その豊田は同年、『西鉄ライオンズの歌』の2番をソロで任されている。松岡弘が『とびだせヤクルトスワローズ』を、大洋の10選手 [全文を読む]

語っていいとも! 第29回ゲスト・山川豊「五木ひろしさんをTVで観た時に、まだ子供ですから衝撃でね」

週プレNEWS / 2016年08月28日12時00分

今年がデビュー35周年ということで、実兄の鳥羽一郎さんとともに演歌界を代表する顔となった今、最近ではバラエティ番組等でも素の魅力を発揮。後輩の氷川さんも絶大な信頼を置く、その男気とはーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―氷川きよしさんの御紹介ということで。事務所の大先輩であり、兄貴のような感じですかね。 山川 いや、そんな大したあれでは…芸 [全文を読む]

【紅白】五木ひろし「あと10年は紅白出られます」

Smartザテレビジョン / 2015年12月30日15時00分

あとこの曲は、歌謡曲や演歌からは超越した歌だと思っていますし、'14年に亡くなられた作詞家・山口洋子さんが一番好きな歌だったんですよ。だから、一番山口さんが喜んでくれているんじゃないですかね」とコメント。 '15年の出場で通算45回目の紅白となることについて「'13年、北島(三郎)さんは50回目の出場で紅白を卒業されて、いつか自分にもそんな日がくるのでは [全文を読む]

三代目JSB今市隆二、五木ひろしと“ランニングマン”を披露 奇跡のコラボに「光栄です」

モデルプレス / 2015年09月28日20時26分

五木との共演について、今市は「普段演歌というものに触れる機会がないので、こういった形でコラボレーションできて光栄です」と感激しきり。そんな今市に五木は「くれぐれも(EXILEの)HIROさんによろしく」と声をかけ、会場の雰囲気を和ませた。 同番組は、五木が先生役を務め、歌の世界のあれこれを熱血指導する音楽バラエティー番組。ポップス、演歌、俳優、お笑いと様々 [全文を読む]

フォーカス