出演 香川照之に関するニュース

西島秀俊、結婚後も人気衰えない理由は? エピソードからにじみ出る人の好さ

リアルサウンド / 2015年11月13日12時37分

というのも、西島は結婚した2014年11月以降も、連続ドラマ『流星ワゴン』(2015年1月~3月)、映画『脳内ポイズンベリー』(5月公開)、スペシャルドラマ『レッドクロス~女たちの赤紙~』)(8月1日・2日)、連続ドラマ『無痛~診える眼~』(10月~)、映画『劇場版 MOZU』(11月公開)と、ひっきりなしに出演し続けている。変わらぬ活躍は、結婚したなんて [全文を読む]

演技派俳優のCM出演増 「本人役」で生まれるギャップも好感

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

年末など区切りのよい時期になると、タレントや俳優のCM出演本数が話題になる。本数が多いほど人気を集めている証拠だとみられ、そのとき話題が集まる旬な人ほど数多く起用されるのは今も昔も変わらない。しかし「最近は、演技派俳優の皆さんが起用されることが多くなっています」とCM総合研究所代表の関根心太郎さんは分析する。 「複数のCMに起用されやすい男性タレントといえ [全文を読む]

香川ライブラリー全開! 毎日6秒 照之炸裂「のどごし顔」が来るぞ

ガジェット通信 / 2017年09月19日20時00分

また、香川氏は「100%、200%、いや500%の自信をもって」「ゼロを2倍してもゼロ、100倍してもゼロ」など、過去に出演したドラマの名台詞のオマージュとも思われる表現で発表を盛り上げます。 香川氏自身のビール体験なども盛り込みながら、コクとキレのある最高のプレゼンは盛況のうちに幕を閉じました。 毎日、違う“香川さん”がYoutubeで テレビCMと並 [全文を読む]

日曜劇場『小さな巨人』さすがの試写アンケ満足度95.1% 「香川照之の顔がやっぱりスゴい」「シンゴジラ オマージュ?笑」

ガジェット通信 / 2017年04月18日16時00分

そう、長谷川氏はじめ出演している役者さん全てに言えることですが、他の出演作品の印象が強くても、1話が終わるころには『小さな巨人』の登場人物になりきっている点が最高です。第2話以降も非常に期待が膨らみますね。 (c)TBS [全文を読む]

4月ドラマ「こじらせ系」「ドロドロ系」のハマれる一本

WEB女性自身 / 2016年04月11日06時00分

【こじらせ系】 ■4月15日スタート『私、結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系・金曜22時)出演/中谷美紀、藤木直人、瀬戸康史ほか。「40歳になった中谷美紀さんが、才色兼備な39歳の心の動きをナチュラルかつリアルに見せてくれそうですね。共感しながら勇気をもらえそうです」(木村さん)「女性から見ても憧れる中谷さんの強がりの奥に見える弱さがポイ [全文を読む]

日本映画支えるVシネ出身者 阿部寛、遠藤憲一、香川照之等

NEWSポストセブン / 2014年07月06日07時00分

そんな時代を脱するきっかけとなったのが、東映ヤングVシネマ第1弾『2人のマジカル・ナイト』(1991年)への出演だった。以降、『悪党図鑑』(1994年)でハード・バイオレンス作品に挑み、『拳鬼』(1995年)で格闘アクションを経験するなど、Vシネで役者としての幅を広げた。 高校中退後、18歳で役者の道に入った遠藤憲一(53)もまた、四畳半風呂なしアパート [全文を読む]

木村文乃に北川景子…ジャニーズ御用達女優の絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月13日12時23分

人気シリーズの続編決定にファンも盛り上がりを見せているが、ただひとつ前作でヒロインを演じた女優・榮倉奈々(29)の出演がないことに落胆の声も囁かれている。ネットでも「やっぱりちょっと寂しいなぁ…」「プロレス好きの奈々ちゃんは見れないのか…」といったコメントが寄せられていたようだ。榮倉は今年3月に第1子の妊娠を発表しているため、今回の出演は見送られたと思わ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

■映画スターが出演した台所事情 同ドラマの主役はご存知、映画界の大スター石原裕次郎。しかし、当初はテレビドラマの出演に消極的だったという。渋々「1クールのみ」と承諾したのは、時に映画界は斜陽となり、石原プロモーションも当時8億円とも言われる莫大な借金を抱えていたからである。同社の「コマサ」こと小林正彦専務に説得されてのことだった。まさか、この後14年間も続 [全文を読む]

芳根京子、三ツ矢サイダーCM中止にファンの心境は複雑? “土屋太鳳コース”歩みブレークに期待の声

おたぽる / 2017年04月22日12時00分

18日、俳優の神木隆之介と女優の芳根京子が出演するアサヒ飲料『三ツ矢サイダー』のCM『僕らの爽快編』の放送中止が発表された。トランペットを吹いている芳根の背後から友人らがぶつかるシーンに対して、「前歯が折れる危険性がある」と指摘されたことによる配慮となったのだが、芳根ファンは複雑な想いを抱いているようだ。 「CMは今月15日から放映開始されたのですが、芳根 [全文を読む]

「99.9」だけじゃない!TBS「日曜劇場」は“主演殺し”の「香川照之劇場」と化した

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時58分

香川は10年に「新参者」(TBS系)の第1話でゲスト出演して以来、日本を代表するドラマ枠の1つであるTBSの「日曜劇場」に出演し続けている。 11年には「南極大陸」、13年には香川を“怪優”にした「半沢直樹」、14年には「ルーズヴェルト・ゲーム」、15年には「流星ワゴン」と、もはや「日曜劇場」は「香川照之劇場」と化していると言えるほどの出演ぶりだ。「80 [全文を読む]

嵐メンバー、俳優として“転換点”へ それぞれの役柄の変化を読む

リアルサウンド / 2016年03月11日06時00分

二宮は、1945年の終戦から3年経った長崎を舞台に、亡霊として登場する吉永小百合の息子役として出演し、ユーモアを愛する明朗な青年を好演した。戦争を題材にした映画は『硫黄島からの手紙』(2006)以来の出演である。そのほか、昨年12月28日に放送された『赤めだか』(TBS)や今年1月3日に放送された『坊ちゃん』(フジテレビ)など、特に過去の時代を舞台にしたド [全文を読む]

春ドラマでかけもち多い理由 事務所とテレビ局の力関係崩壊

NEWSポストセブン / 2014年05月11日07時00分

今回の春ドラを2本以上見ている人ならば、俳優の「かけもち」出演の多さに気づくだろう。 オダギリジョー(38才)は、主演の『リバースエッジ 大川端探偵社』(テレビ東京系)以外にも、『アリスの棘』(TBS系)と『極悪がんぼ』(フジテレビ系)の計3本に出演。しかも『アリスの棘』は、主人公を陰ながら助ける新聞記者役で、主要キャストのひとり。 谷原章介(41才)も主 [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

香川照之、満島ひかり……豪華俳優陣が出演。永遠の青春文学が活字で、音で、映像で、色彩でよみがえる。 太宰の真骨頂は短編にあります。 2009~2010年にNHK-BSで放送されたドラマ「太宰治 短編小説集」は気鋭の映像作家10人(ユニット)が太宰の短編に挑み、それぞれ25分の作品として作り上げたドラマ・シリーズです。 「太宰の言葉を削ったり、脚色したり、余 [全文を読む]

香川照之「W杯出場決定」を“顔芸”で祝福!?

日刊大衆 / 2017年09月05日19時35分

この試合の終了直後には、史上初の試みとなる“結果連動型”の生CMが放送されたが、出演した俳優の香川照之(51)の迫力に、視聴者が驚いたようだ。 この日、香川はキリンビールが品川プリンスホテルで開催したパブリックビューイングに参加。日本が6大会連続となるワールドカップ出場を決める歓喜の瞬間を、多くのサッカーファンと一緒に見守った。さらに試合終了後はパブリック [全文を読む]

日テレ、次クールに綾瀬はるか人妻役「不倫&お色気モノ」連ドラ放送…夫役で船越英一郎か

Business Journal / 2017年08月12日13時00分

仮タイトルは『若奥様、取り扱い注意です!!』で、広末涼子や本田翼も出演する。 綾瀬が日テレの連ドラに出演するのは、『きょうは会社休みます。』以来、実に3年ぶりのこと。同作は全話平均視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率をマークし、さらに今クール同枠で放送されている高畑充希主演の『過保護のカホコ』が全話視聴率2桁台をキープしているだけに、 [全文を読む]

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

脇で出演してもその圧倒的な演技力で主役を食らうこともある、まさに怪優と呼ぶに相応しい俳優です。 歌舞伎の世界では芸名を統一すべきという仕来たりがあり、本来ならば襲名後、市川中車のみを名乗るべきところでした。しかし、俳優としての実績を考慮されたことで、ドラマや映画ではそのまま香川照之を名乗ることが許されたといいます。実はこれは歌舞伎界では特例の措置だとか。こ [全文を読む]

『ギャラ街』6位に大幅ダウン!! 『エベレスト 3D』『グラスホッパー』初登場注目組を破ったのは、スキンヘッドたけし!【週末映画興行成績】

おたぽる / 2015年11月10日18時00分

香川照之、真木よう子といったドラマ版のお馴染みキャストに加え、松坂桃李、伊勢谷友介なども出演する。そして、なんと言っても注目すべきは「日本事件史の闇」とも言われる“ダルマ”を演じるビートたけし。スキンヘッドのたけちゃん、怖すぎ! 『劇場版 MOZU』に敗れはしたものの、動員約14万7,000人、興収約1億9,200万円をあげ、初登場2位に輝いたのが、伊坂幸 [全文を読む]

TBS、ドラマ視聴率が軒並み1ケタの“お通夜状態”! 『東京スカーレット』は5%割れ

サイゾーウーマン / 2014年08月24日13時00分

倉本聰、山田太一、三谷幸喜ら有名脚本家が1話ごとに脚本を手がけ、毎話異なるキャストが出演するオムニバス形式のため数字の変化は予測されていたものの、尾野真千子主演で8月17日に放送された第6話は7.7%と、最低記録を更新した。 「小泉孝太郎主演で昨夏に放送された『名もなき毒』の続編で、月曜午後8時台の『ペテロの葬列』は6~9%を行き来し、7話までで2ケタに届 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】TBS×WOWOW共同制作ドラマ 木曜ドラマ劇場「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」を4月12日(土)よる10:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年04月11日18時25分

また、羽住監督演出、西島秀俊・香川照之出演のドラマ「ダブルフェイス 潜入捜査編/偽装警察編」も好評配信中。併せてTBSオンデマンドでお楽しみください! MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~【出演】西島秀俊、香川照之、真木よう子、生瀬勝久、吉田鋼太郎、伊藤淳史、有村架純、池松壮亮、奥貫薫、戸田昌宏、鶴見辰吾、染谷将太、田口浩正、田中要次、堀内敬子、杉咲花 [全文を読む]

「香川照之も出る……」TBS新ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』が“ほぼ半沢直樹”状態に!?

日刊サイゾー / 2014年03月05日09時00分

「昨年7月に同じ放送枠で大ヒットしたドラマ『半沢直樹』の制作スタッフが再集結してやるだけに、TBSとしてもかなり期待しています」(TBS関係者) 共演者は、同局の連ドラ初出演となる檀れい、『半沢』の浅野支店長がハマり役だった石丸幹二、連ドラ初出演となる落語家・立川談春のほかに、ドラマ『白い巨塔』(フジテレビ系)以来、10年ぶりに唐沢と共演する江口洋介。そ [全文を読む]

フォーカス