最近 香川真司に関するニュース

ドルトムント・香川慎司が無双すぎる!ブンデスリーガ公式がゲーム「FIFA2016」でシュミレーション、実際の試合結果はそれ以上だった!

AOLニュース / 2015年09月21日08時00分

その後も最近のアシストマシーンぶりを象徴するような活躍で、パスを供給し時にはゴール前に切れ込みと香川劇場という映像。あまりにも香川びいきが過ぎて日本人の目からみても「ブンデスリーガ公式の中の人は日本人ファンの回し者じゃないのか?」と言いたくなるような無双ぶりだが試合は1-0でドルトムントのリーグ5連勝と予想。 このゲームの開発段階ではこのドルトムントの快進 [全文を読む]

“あざとい”紗栄子、意味不明な下着姿投稿連発に「露出狂」「子供はどう思う」と反感殺到

Business Journal / 2015年06月17日06時00分

最近の紗栄子は、このほかにもセクシーな水着姿や露出度の高い下着姿などを投稿することが多く、「なぜ、わざわざ公開するのか」「この人はなにがしたいの?」という声が高まっている。テレビ局関係者が語る。 「紗栄子は下着通販会社のピーチ・ジョンのイメージキャラクターとしてCMに出演しており、いわば『下着になるのも仕事のうち』なのです。最近は下着姿を頻繁に公開してい [全文を読む]

<Wコラム>香川真司の良きライバル、 韓国のソン・フンミン

Wow!Korea / 2014年11月12日08時55分

一方、最近の活躍ぶりでチームの仲間からは「ソンナウド」(ロナウドの名前を掛けあわせたもの)と呼ばれるようになったという。現地のメディアも彼が活躍した日には、 「Sensational」ではなく、「Sonsational」と、苗字にちなんだ見出しを書いているほどだ。また、ドイツサッカー界のレジェンド、フランツ・ベッケンバウアーは「彼はスーパー選手。私は彼のプ [全文を読む]

ドルト指揮官は“独裁者”…かつての教え子が吐露「気まぐれで奇妙」

サッカーキング / 2017年05月12日09時38分

彼は気まぐれで奇妙な人だからね」と、ドルトムントで最近起きている問題は、トゥヘル監督の性格を考えると起こるべくして起こったことだと指摘している。 ドルトムントで2年目の指揮を終えようとしているトゥヘル監督だが、最近では今シーズン限りで退任となる可能性も浮上。果たして、一連の騒動に終止符を打ち、信頼を取り戻すことはできるだろうか。 (記事/Footmedia [全文を読む]

【コラム】香川真司、逆襲のとき…自分らしく輝くために示した存在価値と責任感

サッカーキング / 2017年03月29日07時59分

ここ最近の香川はそれだけ大きな重圧を感じていたのだろう。 実際、2011年アジアカップ(カタール)でエースナンバー10をつけるようになって以来、代表でここまで微妙な立場に追い込まれたのは初めてと言っても過言ではなかった。苦境に追い打ちをかけるようにクラブでも、右足首のケガやウスマン・デンベレ、ラファエル・ゲレイロなど新戦力加入で出番が激減。今シーズン終了後 [全文を読む]

【前日会見】サウジ戦に闘志を燃やすハリルホジッチ、FW本田圭佑とMF香川真司の起用に「彼らもロボットではない」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年11月14日18時40分

強い気持ちを持ち、集中、無駄なファウルをしない」「彼らは最近の日本が使いきれていないフットボールインテリジェンスを持っている。ディティールに関してはあえて触れないが、プレッシャーにも、罠にもかからないようにしないといけない」「難しい試合だと認識しているが、勝つためのクオリティはあると思っている」──オマーン戦から得た手応えは「この合宿でかなりのトレーニング [全文を読む]

サウジ戦を重要視のMF香川真司「勝ち切れたら自信になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年11月13日23時21分

チームの狙いとしては前から行くと思うんですけど、その中で相手に持たせる時間帯もあると思いますけどそこの狙い目はチャンスになると思っているのでショートカウンターがはまればチャンスだと思います」 ──最近清武選手が調子が良いが、改めて自分のどういうところで違いを出したいか 「キヨ(清武弘嗣)はキックの精度であったり、アシストできる能力が高いなと改めて感じました [全文を読む]

香川真司似芸人がうどん紹介 本人と対面時「一切ボケなし」

NEWSポストセブン / 2015年10月17日07時00分

実は最近彼女ができたんですけど…(照)。えび天とかうどんの具を作ってもらえる関係に早くなりたいっすね」 ちなみに、香川選手本人と対面した時は「緊張して一切ボケなしでした」とのこと。 ■香川県/讃匠(さんしょう) 亀城庵(きじょうあん) 豪華福福讃岐うどん(本格だし付き セット・10人前) 2段階熟成を経て、みずみずしさとコシのある麺ができあがる。並切讃岐う [全文を読む]

イラン戦に柴崎、米倉ら先発!!シリア戦からスタメン5人変更

ゲキサカ / 2015年10月14日00時23分

最近では05年3月と8月に行われたドイツW杯のアジア最終予選で対戦し、3月のアウェーは1-2、8月のホームは2-1だった。 [日本代表] 先発 GK 12 西川周作 DF 2 米倉恒貴 DF 6 森重真人 DF 21 酒井高徳 DF 22 吉田麻也 MF 7 柴崎岳 MF 10 香川真司 MF 17 長谷部誠(Cap) FW 4 本田圭佑 FW 11 宇佐 [全文を読む]

W杯代表 「ザックは温情主義で選んだと思う」と釜本邦茂氏

NEWSポストセブン / 2014年05月19日07時00分

最近頑張っているから選ばれたのかもしれない。 しかしそうであれば、ケガなどでまったく結果を残していない選手を選ぶのはおかしな話だ。プレミアリーグで無得点の香川真司や、Jリーグでわずか1得点の柿谷曜一郎の選出のほうが、私にとってはよっぽどサプライズだった。 それに大久保については気になる点もある。大久保の活躍は、川崎Fにおいて、絶妙なパスと高い連携能力のある [全文を読む]

松木安太郎氏が「ループシュート」を擬音で表現した深い理由

NEWSポストセブン / 2013年06月11日07時00分

最近の野球中継は、野球好きのための情報しか流さなくなっている。たとえば、『得点圏打率3割5分』といわれても、野球に詳しくない人は何をもって得点圏とするのかわからない。最近の中継では『このコースの打率は4割』などとあまりにもデータが細か過ぎて、マニア向けの傾向が強い。『興味のない人は見なくていい』という意見もあるかもしれませんが、それは人気低下に拍車をか [全文を読む]

地元の期待も沸騰中! ビッグすぎる契約の"次なるキャプテン翼"マンU・香川真司は大丈夫か

日刊サイゾー / 2012年06月17日08時00分

スペインのレアル・マドリードやFCバルセロナと並んで、世界最高のクラブチームの1つです」(サッカーライター) 数ある世界の名門クラブの中でもとりわけマンUの人気は高く、最近の調査によると世界中で約6億5,900万人ものファンが存在することが判明した。まさに世界一の人気クラブといっていい。「そんな世界一のクラブでレギュラーを期待されている香川は、世界的選手の [全文を読む]

「中盤に難しさがある」負傷者続出のMF陣に嘆きも…ハリルがイラク戦へ会見

ゲキサカ / 2017年06月12日16時01分

ここ2日は非公開で調整したが、「最近2回の練習では素晴らしい戦術トレーニングができた。グラウンドで良い現象が見られた」と、自信を見せた。 (取材・文 西山紘平) ●ロシアW杯アジア最終予選特集 ●ロシアW杯各大陸予選一覧 [全文を読む]

“仮想イラク”FIFAランク77位シリア代表メンバー21人が来日

ゲキサカ / 2017年06月06日19時35分

最近では昨年3月のW杯2次予選で対戦し、MF香川真司の2ゴールなどで5-0で大勝をおさめた。 以下、シリア代表の来日メンバー ▽GK マハムード・アルユーセフ アハマド・マダニエ イブラヒム・アルマ ▽DF アハマド・ディーブ アラー・アルシュブリ アハマド・アルサレハ フセイン・アルジワイド ムアイアド・アルアジャン アムロ・ジェニアト オムロ・アルミダ [全文を読む]

フル出場で“ポカール獲得に貢献”の香川に合格点…地元紙「非常に目立つ動き」

サッカーキング / 2017年05月28日15時51分

ただ、寸評は「素晴らしいドリブラーは、ここ最近は飛び抜けた好調ぶりだったが、決勝ではその調子を発揮できず。前半は消えてしまうことも多く、早々の先制点(8分)にもかかわらずチームの攻撃が停滞する要因となった。後半は存在感も増し、ペナルティエリアに顔を出すこともあった」と記され、高い期待値もあっての辛口採点だったことがうかがえる。 [全文を読む]

絶好調の反動か…? フル出場も「地味なパフォーマンス」の香川に低評価

サッカーキング / 2017年04月16日18時08分

ここ数試合に比べると地味な出来」と、それほど厳しい内容ではなく、最近のプレーと比較して低調だったことが低評価につながったことがうかがえる。 なお同紙は、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスにチーム単独最高の「1」をつけている。 ドルトムントは次戦、19日にチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでモナコとのアウェイゲームに臨む。 [全文を読む]

<サッカー>香川真司の今季初ゴールに中国メディアが注目!ネットからも称賛の声

Record China / 2017年04月05日17時00分

意識も技術も一流だ」「最近香川のアシストが多くなってる」「香川のサッカーは合理的。長年相当高いレベルを保っている。われわれは彼に学ぶべきだ」と活躍を評価するコメントが寄せられた。(翻訳・編集/川尻) [全文を読む]

香川が築く新たな10番像…AFCがUAE戦のプレーを絶賛

ゲキサカ / 2017年03月29日08時09分

以前はアタッキングサードでゴールに絡むプレーを持ち味としていた香川だが、最近は所属のドルトムントも含め、中盤で攻撃の起点となって周囲を生かすプレーが増えている。実際にUAE戦でも、低い位置に降りた香川がDF酒井宏樹につないだパスから先制点が生まれた。 香川は本日28日に埼玉スタジアムで行われるタイ代表戦でも中盤でスタメン入り。新たな10番像を築きつつある [全文を読む]

日本代表6月イラク戦直前に“仮想イラク”シリアと対戦決定 ハリル「良い準備」

ゲキサカ / 2017年03月15日17時04分

最近では昨年3月のW杯2次予選で対戦。MF香川真司の2ゴールなどで5-0で大勝している。 ●ロシアW杯アジア最終予選特集 ●ロシアW杯各大陸予選一覧 [全文を読む]

ポドルスキだけじゃない? Jリーグにあの超大物が…の噂は実現するのか

週プレNEWS / 2017年02月27日15時00分

もちろん、G大阪に戻ってくるのもひとつの選択ですが、最近の彼は少しずつではあるけれど、出場機会を与えられている。精神的成長の期待も込め、タフな環境下でもう少し頑張ってみるのもいいかも。 むしろ心配なのは香川真司(ドルトムント)のほうです。監督からの信頼を得られていない上、かつてのキレを失っている。いっそのことC大阪に復帰すれば、チームは一気に優勝を狙える選 [全文を読む]

フォーカス