ドラマ 高橋克実に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

正月休みはスペシャルドラマで楽しもう!2017年始に観たいお薦めのスペシャルドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月28日11時40分

さて、12月で秋ドラマが続々と最終回を迎え、1月からは新たに冬ドラマが始まります。これまた楽しみで仕方ありませんが、今回は連続ドラマではなく、秋ドラマと冬ドラマの間に放送される、年始スペシャルドラマにフォーカスしてみたいと思います。お正月休みくらいしかゆっくりとテレビを観る事が出来ない・・・そんな方もたくさんいるのではないでしょうか?是非、この機会に20 [全文を読む]

テレビ東京 金曜8時台におじさんドラマを送り出す狙いとは

NEWSポストセブン / 2015年07月24日07時00分

7月17日にスタートしたテレビ東京系『金曜8時のドラマ「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」』(毎週金曜日午後7時58分~)は、高橋克実、石田純一、笹野高史、角野卓造、伊東四朗という5人のおじさん探偵が活躍する作品だ。同じ放送枠で放送された『三匹のおっさん』も人気となっていたが、テレビ東京が“おじさんドラマ”を送り出すのはどうしてなのだろうか? 『僕らプレイボ [全文を読む]

いつも厳しい顔の北川景子 全身に怒り、容易に他人を寄せつけず

Business Journal / 2015年09月07日22時00分

9月に入って、今期の連続テレビドラマも終盤に差しかかってきた。“異色の探偵”が活躍する2本の探偵ドラマにも、ラストが近づいている。彼女、彼らの異能ぶりを見ておくなら、今のうちだ。 ●『探偵の探偵』(フジテレビ系) 『万能鑑定士Q』シリーズ(角川文庫)などで知られる、松岡圭祐の同名小説が原作。まず、「探偵の悪事を暴く探偵」という設定がなんともユニークだ。確か [全文を読む]

SMAPの主題歌が「ドラマに合わなすぎ」!? 『梅ちゃん先生』への意外な反応

サイゾーウーマン / 2012年04月06日08時00分

脚本はドラマ『結婚できない男』(フジテレビ系)などをヒットさせた尾崎将也が担当、ヒロインをつとめる堀北真希や高橋克実、小出恵介、ミムラなど共演陣の安定した演技力もあり、ドラマ自体の評価はまずまずなのだが、ある点に視聴者が違和感を持っているようで……。「それはずばり、SMAPが担当する主題歌です。ヒロインの梅子、そしてドラマ視聴者に向けての前向きな応援歌…… [全文を読む]

「芸人並に仕事選ばないよね」!? 作家・羽田圭介の俳優デビューに期待!! 羽田がドラマに出演するイケメンな理由とは?

messy / 2016年08月07日17時00分

羽田は来年正月に放送されるドラマ『富士ファミリー2017』(NHK)に出演。同ドラマは今年の正月に放送された『富士ファミリー』(NHK)の続編で、薬師丸ひろ子と小泉今日子がW主演、ミムラ、マキタスポーツ、片桐はいり、仲里依紗、高橋克実、吉岡秀隆らが引き続き出演することが決定している。羽田は今回、ナスミ(小泉)と知り合う謎の男・テッシン役で出演する。「羽田 [全文を読む]

ミムラ憧れの作品に再び! 「木皿作品に出られる役者になりたかった」

anan NEWS / 2016年01月05日20時00分

ミムラさんを訪ねたのは、ドラマ『富士ファミリー』のロケ現場。 「いまドラマ全体が刺激の強い色調になっている風潮のなかで、すごーく丁寧に薄い色が塗り重ねられているのが木皿さんの作品だと思うんです。普通の人々の日常のなかの、些細だけれどドラマティックな瞬間が抽出されていて、演じながらも、ハッとする瞬間があるんです」 脚本を手がけているのは、ドラマ『すいか』や『 [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

水谷豊さんの人気作品『相棒』、2時間ドラマから連続ドラマとなり、次回作からは相棒も4代目、今年で15年目の長寿番組となりました。人気になる作品には主演やヒロイン、敵役だけではなく、ドラマに奥行きを持たせる名脇役が必ず存在します。プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている [全文を読む]

春ドラマ視聴率、『ガリレオ』が独走! TBSはワースト作品続きで低迷

サイゾーウーマン / 2013年04月27日13時00分

2013年春の連続ドラマ(午後8~10時台)がスタートした。今期は福山雅治、米倉涼子、篠原涼子ら視聴率では “実績”のある役者が顔を揃えているが、初回放送の視聴率はどのような結果が出たのか? ベスト3位&ワースト3位を中心に取り上げる。 ベスト1位に輝いたのは、2007年秋の第1シーズン以降、SPドラマ・映画版が制作された人気シリーズ『ガリレオ』(フジテレ [全文を読む]

【フジテレビ】1月14日放送開始フジテレビ月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』タイアップ 「レーズンクリームサンドメロンパン」 1月14日(月)山崎製パンより発売開始

PR TIMES / 2013年01月11日16時49分

==================================================1月14日放送開始フジテレビ月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』タイアップ「レーズンクリームサンドメロンパン」1月14日(月)山崎製パンより発売開始http://www.fujitv.co.jp/biblia/======================= [全文を読む]

三浦春馬主演「オトナ高校」追加キャスト発表で期待の声

モデルプレス / 2017年09月18日05時30分

同作は、深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験のない30歳以上の男女=「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。 三浦が東大卒エリートの童貞=“チェリート”を演じるほか、高橋克実が“55歳童貞部長”役を務めることが決定。 [全文を読む]

高橋克実、55歳の童貞役「初めての役柄です」 竜星涼は毒舌キャラで新境地

ORICON NEWS / 2017年09月17日06時00分

俳優の三浦春馬が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『オトナ高校』(10月14日スタート、毎週土曜 後11:05~11:59)の主な出演者が発表された。高橋克実が55歳童貞部長役に決まり、かつて親子を演じたこともある三浦と“同級生”に。三浦たちを指導するオトナ高校の教師役に竜星涼と松井愛莉の出演も決定。竜星は毒舌スパルタ教師、松井は経験豊富なエロ小悪魔教師 [全文を読む]

松井愛莉、百戦錬磨の“エロ小悪魔教師”に オトナな単語も連発<オトナ高校>

モデルプレス / 2017年09月17日06時00分

同作は、深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験のない30歳以上の男女=「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。 三浦が東大卒エリートの童貞=“チェリート”を演じるほか、高橋克実が“55歳童貞部長”役を務めることが決定。 [全文を読む]

『西郷どん』の配役発表 過去には西田敏行から響・長友まで

しらべぇ / 2017年03月29日10時00分

(©写真AC)来年2018年の大河ドラマは『西郷どん』である。これはタイトルの通り、幕末から明治にかけての人物である西郷隆盛を主人公にした作品だ。現代においても西郷隆盛は非常に人気のある人物だが、此度の作品では鈴木亮平が西郷を演じることになった。また、それ以外のキャストもすでに発表されている。その顔ぶれを見てみよう。■「西郷の家族」の顔ぶれも3月27日、N [全文を読む]

視聴者層狭すぎ! 黒島結菜主演『時をかける少女』が大爆死も、当然の結果か……

日刊サイゾー / 2016年07月26日21時00分

日テレの「土9」ドラマで、視聴率が5%を切るのは異例中の異例だ。 裏では、フジテレビ系『FNS27時間テレビフェスティバル!』が同日午後9時~11時までの枠で13.3%の番組最高視聴率をマーク。その影響も多少はあったかもしれないが、同枠ドラマでこの低視聴率には絶句する。 初回は9.4%で許容できる範囲だったが、第2話では6.6%と急降下。第3話では初回の半 [全文を読む]

『時をかける少女』4.6%の“歴史的大爆死”! 「棒演技」「脚本めちゃくちゃ」とツッコミの嵐

サイゾーウーマン / 2016年07月25日16時40分

23日、連続ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)の第3話が放送され、平均視聴率が4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回、第2話からさらに数字を下げ、“大惨敗”ともいえる結果となった。 第3話は、黒島結菜の演じる主人公・未羽のクラスが文化祭で演劇を披露するという内容だった。文化祭が終わった後に、浜辺で打ち上げが行われる [全文を読む]

西田敏行がスーさん、濱田岳がハマちゃんの『釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~』 意外にも評価は上々!?

日刊サイゾー / 2015年11月05日13時00分

映画ではハマちゃん役だった西田敏行がスーさん役を演じるという破天荒なキャスティングで、放送開始前はファンから批判もあった連続ドラマ『釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~』(テレビ東京系/金曜午後8時~)の評価が、意外にも上々のようだ。 『釣りバカ日誌』は1979年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載を開始した人気漫画で、88年12月に映画化され、2 [全文を読む]

ウルフルズ、ソウルフルでファンキーな新曲がテレビ東京「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年06月13日00時00分

そのアルバムに収録される新曲「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」が、テレビ東京『金曜8時のドラマ「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」』の主題歌に決定した。【その他の画像】ウルフルズ7月17日からスタートする新ドラマ「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」はメンバー全員が55歳以上で、様々な問題を明るく解決していく爽快なドラマ。そして、そんなドラムの主題歌となる「ロッ [全文を読む]

平均年齢65歳! 異色の探偵ドラマが7月スタート

Smartザテレビジョン / 2015年06月02日06時00分

テレビ東京系にて、7月にスタートする「金曜8時のドラマ『僕らプレイボーイズ 熟年探偵社』」の追加キャストが決定した。 同ドラマは、高橋克実演じる主人公・岩瀬厚一郎を中心に、異色の経歴を持った探偵たちが集う「プレイボーイズ探偵社」の面々が、中高年の難問を解決する探偵ドラマ。 高橋の他、射撃の元オリンピック選手・由井虎次役を石田純一、タクシー運転手との二足のわ [全文を読む]

松ケン ドラマ「紅白が生まれた日」で紅白の熱気を体現

Smartザテレビジョン / 2015年01月31日15時31分

NHK総合で3月21日(土)に放送する「放送90年ドラマ『紅白が生まれた日』」の取材会が行われ、出演する松山ケンイチ、本田翼、miwa、小林隆、六角精児、大空祐飛、星野源、高橋克実が登壇した。 今作は、NHKが放送90年を迎える'15年を記念して放送されるドラマの第1弾。終戦を迎えた昭和20年、終戦からわずか4カ月後の大みそかに、のちに国民的行事となる「紅 [全文を読む]

フォーカス