現在 高倉健に関するニュース

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

現在公開中の長編ドキュメンタリー映画「健さん」(日比遊一監督)にも出演、また、監督・脚本・主演を務めた映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」を製作中。「悪役商会」のリーダーとして、数多くの作品で悪役を演じ続けた八名信夫。現在も個性派俳優として活躍中だが、このたび、高倉健のドキュメンタリー映画に出演。あらためて健さんとのエピソードや、被災地復興を願って取 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高倉健さんは「俳優として素晴らしい人だった」。『ブラック・レイン』リドリー・スコット監督がコメント。

TechinsightJapan / 2014年12月05日15時55分

」リドリー・スコット監督は現在77歳。高倉健さんは83歳で亡くなったが、自分よりも若い監督の健康を親身に気遣う人柄が偲ばれる。また、監督は高倉さんと「お互いにクリスマスカードを送ったり、毎年連絡を取りあう仲だった」と明かし、「『ブラック・レイン』の撮影の終わりに、彼から貰った編み細工の美しい籠は今でも大事にとってあるよ。それを見るたびに“ケン・タカクラ”を [全文を読む]

ジョン・ウー監督、福山雅治を主演起用したワケ明かす!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年04月26日20時41分

俳優の福山雅治が主演を務めるアクション超大作『追補 MANHUNT(原題)』でメガホンを取っているジョン・ウー監督が26日、青山で行われた「2017-2018ギャガ株式会社ラインアップ発表会」に来場、福山を起用した理由や、現在制作中の同作を「自信作」と語る一幕もあった。 故・高倉健さん主演の映画化作品(1976年)が中国においても絶大なる人気を博したことで [全文を読む]

高倉健さん 三回忌前に進められていた「4億円豪邸」極秘改築

WEB女性自身 / 2016年11月04日12時00分

工期は7月16日までの予定だったが、現在も続いている。じつは養女は解体だけでなく、この地に新たな豪邸を建設していたのだ。 「正式には増改築ですが、これまでの自宅とはまったくの別物。以前は、庭に竹林や石灯籠や鶴の像などが配された昭和の風情が漂うご自宅でした。しかし、そんな和風庭園もクヌギの巨木も撤去され、鉄筋コンクリート造の洋風リゾートホテルのような豪邸に変 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

「NHKはモノを作るところじゃない」 最後まで不満タラタラだったが、ここで共演した仁科明子(現在は亜希子)と不倫から再婚へと発展している。 不祥事による交代は、現在の高畑裕太を見てもわかるが、中村獅童は飲酒運転事故で「ハゲタカ」(07年、NHK)を降板し、松田龍平に交代。獅童は岡本綾との不倫も発覚し、竹内結子との離婚につながった。 8月にテレビ復帰を果たし [全文を読む]

何人の「福原愛」がいれば日中の黄金時代を取り戻せるのか―中国紙

Record China / 2016年08月18日18時20分

残念ながら、京都の唐風の雰囲気は日本人の現在でもなければ未来でもない。流暢な中国の東北方言を話し、中国人が一番得意とする卓球の試合で、負けても泣いているだけの福原愛選手も日本人のほんの一部でしかないのだ。中国人が語る日本はとても近いようで、実は日本はすでに中国から遠く「西方」へと離れてしまっているのだ。 日中関係が良好だとどんなに強く信じている人でも、政 [全文を読む]

高田明氏 「世話好きの母から商売人の感覚を受け継いだ」

NEWSポストセブン / 2016年07月19日16時00分

現在92歳となった母の思い出を、ジャパネットたかた創業者の高田明氏(67)が語る。 * * * 父のカメラ好きが高じて夫婦で写真屋を開き、それがカメラ店「カメラのたかた」となって、僕らきょうだいも入ったわけですが、商売を支えていたのは母の存在。おふくろの実家は平戸で古くから商家をしていて、根っから商売人の感覚を持っているんです。 店では近所のお年寄りが来た [全文を読む]

福山雅治、高倉健主演映画リメイクに「ミスキャスト!」と批判殺到! 吹石一恵の“ゴージャス路線”に「踏み台にされた?」の声も

おたぽる / 2016年06月10日12時00分

現在放送中の主演月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)が、絶望的な視聴率を叩き出している福山雅治だが、今夏オール日本ロケで撮影が行われる、香港・中国合作映画『追捕 MANHUNT』への出演に関しては、「ミスキャスト!」と、今年3月に出演が発表されてから、批判の声が絶えないようだ。 「『追捕 MANHUNT』は、西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書 [全文を読む]

北海道に住む人も、北海道観光に行く人も。観ておきたい北海道映画3選

TABIZINE / 2015年12月20日13時00分

現在の夕張駅には、駅のホームに黄色いハンカチが見られます。映画の登場人物のように、実際に確かめに行ってみては? 2:「鉄道員」降旗康男監督 廃線になる鉄道の終着駅で、間もなく定年を迎える駅長(高倉健)の物語。仕事一筋で、娘や妻の亡くなった日ですら駅に立ち続けた主人公に、ある奇跡が起こります。 この映画の物語は架空の駅で進みますが、実際にロケが行われた場所 [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

現在でもバラエティ番組などで乱闘が始まると「パララーー♪」というメインテーマがBGMとして流れるほど有名となった『仁義シリーズ』、「実録」と謳うだけあって、現実の暴力団よろしく非常に多くの登場人物がおり、菅原文太の他にも、梅宮辰夫、松方弘樹、田中邦衛など、のちに大物俳優と呼ばれるようになる面々が数多く出演しました。 Vシネ、アウトレイジ……現代に受け継が [全文を読む]

フォーカス