現在 高倉健に関するニュース

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

現在公開中の長編ドキュメンタリー映画「健さん」(日比遊一監督)にも出演、また、監督・脚本・主演を務めた映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」を製作中。「悪役商会」のリーダーとして、数多くの作品で悪役を演じ続けた八名信夫。現在も個性派俳優として活躍中だが、このたび、高倉健のドキュメンタリー映画に出演。あらためて健さんとのエピソードや、被災地復興を願って取 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高倉健さんは「俳優として素晴らしい人だった」。『ブラック・レイン』リドリー・スコット監督がコメント。

TechinsightJapan / 2014年12月05日15時55分

」リドリー・スコット監督は現在77歳。高倉健さんは83歳で亡くなったが、自分よりも若い監督の健康を親身に気遣う人柄が偲ばれる。また、監督は高倉さんと「お互いにクリスマスカードを送ったり、毎年連絡を取りあう仲だった」と明かし、「『ブラック・レイン』の撮影の終わりに、彼から貰った編み細工の美しい籠は今でも大事にとってあるよ。それを見るたびに“ケン・タカクラ”を [全文を読む]

高倉健さん 三回忌前に進められていた「4億円豪邸」極秘改築

WEB女性自身 / 2016年11月04日12時00分

工期は7月16日までの予定だったが、現在も続いている。じつは養女は解体だけでなく、この地に新たな豪邸を建設していたのだ。 「正式には増改築ですが、これまでの自宅とはまったくの別物。以前は、庭に竹林や石灯籠や鶴の像などが配された昭和の風情が漂うご自宅でした。しかし、そんな和風庭園もクヌギの巨木も撤去され、鉄筋コンクリート造の洋風リゾートホテルのような豪邸に変 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

「NHKはモノを作るところじゃない」 最後まで不満タラタラだったが、ここで共演した仁科明子(現在は亜希子)と不倫から再婚へと発展している。 不祥事による交代は、現在の高畑裕太を見てもわかるが、中村獅童は飲酒運転事故で「ハゲタカ」(07年、NHK)を降板し、松田龍平に交代。獅童は岡本綾との不倫も発覚し、竹内結子との離婚につながった。 8月にテレビ復帰を果たし [全文を読む]

何人の「福原愛」がいれば日中の黄金時代を取り戻せるのか―中国紙

Record China / 2016年08月18日18時20分

残念ながら、京都の唐風の雰囲気は日本人の現在でもなければ未来でもない。流暢な中国の東北方言を話し、中国人が一番得意とする卓球の試合で、負けても泣いているだけの福原愛選手も日本人のほんの一部でしかないのだ。中国人が語る日本はとても近いようで、実は日本はすでに中国から遠く「西方」へと離れてしまっているのだ。 日中関係が良好だとどんなに強く信じている人でも、政 [全文を読む]

高田明氏 「世話好きの母から商売人の感覚を受け継いだ」

NEWSポストセブン / 2016年07月19日16時00分

現在92歳となった母の思い出を、ジャパネットたかた創業者の高田明氏(67)が語る。 * * * 父のカメラ好きが高じて夫婦で写真屋を開き、それがカメラ店「カメラのたかた」となって、僕らきょうだいも入ったわけですが、商売を支えていたのは母の存在。おふくろの実家は平戸で古くから商家をしていて、根っから商売人の感覚を持っているんです。 店では近所のお年寄りが来た [全文を読む]

福山雅治、高倉健主演映画リメイクに「ミスキャスト!」と批判殺到! 吹石一恵の“ゴージャス路線”に「踏み台にされた?」の声も

おたぽる / 2016年06月10日12時00分

現在放送中の主演月9ドラマ『ラブソング』(フジテレビ系)が、絶望的な視聴率を叩き出している福山雅治だが、今夏オール日本ロケで撮影が行われる、香港・中国合作映画『追捕 MANHUNT』への出演に関しては、「ミスキャスト!」と、今年3月に出演が発表されてから、批判の声が絶えないようだ。 「『追捕 MANHUNT』は、西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書 [全文を読む]

北海道に住む人も、北海道観光に行く人も。観ておきたい北海道映画3選

TABIZINE / 2015年12月20日13時00分

現在の夕張駅には、駅のホームに黄色いハンカチが見られます。映画の登場人物のように、実際に確かめに行ってみては? 2:「鉄道員」降旗康男監督 廃線になる鉄道の終着駅で、間もなく定年を迎える駅長(高倉健)の物語。仕事一筋で、娘や妻の亡くなった日ですら駅に立ち続けた主人公に、ある奇跡が起こります。 この映画の物語は架空の駅で進みますが、実際にロケが行われた場所 [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

現在でもバラエティ番組などで乱闘が始まると「パララーー♪」というメインテーマがBGMとして流れるほど有名となった『仁義シリーズ』、「実録」と謳うだけあって、現実の暴力団よろしく非常に多くの登場人物がおり、菅原文太の他にも、梅宮辰夫、松方弘樹、田中邦衛など、のちに大物俳優と呼ばれるようになる面々が数多く出演しました。 Vシネ、アウトレイジ……現代に受け継が [全文を読む]

安藤政信すでに結婚で第2子妊娠に「福山より100倍ショック…」と女性ファン悲鳴

デイリーニュースオンライン / 2015年09月30日16時00分

現在公開中の映画『GONIN サーガ』に出演中の俳優・安藤政信(40)が結婚していたことが明らかになった。9月30日付の『日刊スポーツ』によると、安藤政信は2014年に一般女性と結婚して既に第1子が誕生しているほか、妻は現在第2子を妊娠中だという。この前日には福山雅治(46)が吹石一恵(33)との結婚を発表して世の女性達を騒然とさせたばかりだったが、続けて [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(10)23歳の松方が高倉と初共演

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時55分

映画賞を独占した「幸福の黄色いハンカチ」や遺作の「あなたへ」がラインナップされたが、残念なことに現在の地上波で任侠映画を観ることは不可能に近い。あの日、劇場に「健さん!」の声がこだましたのは、まぎれもなく任侠の傑作群ではなかったか──。 高倉健(享年83)、菅原文太(享年81)と続いた訃報に、同じ時代を生きた松方弘樹は、虚空を見つめながら語った。 「健さん [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

『三代目襲名』では、菅原文太の出演はないが、戦後混乱期の焼け跡を舞台に、「戦勝国」と称して略奪・暴力・婦女子強姦など傍若無人に振舞う三国人(中国人・台湾人・朝鮮人を指す蔑称として現在はメディアでの使用を控える)と呼ばれた不良外国人達。それらを義憤に駆られて叩きのめす高倉健扮する若き田岡一雄の姿が描かれている。 監督は1作目の山下耕作、続編の小澤茂弘と、い [全文を読む]

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(1)健さんは精神的に“男”

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時56分

かつて関東の有力組織に所属し、現在はアウトローの世界を取材、執筆している。さらにこう話す。 「私の父は漫画家でしたが、芸能人との交友も幅広く、東映極道映画に出ていた俳優ともつきあいがあった。それもあり、よけいに憧れた面もあります。で、私の周囲にも健さんに憧れて稼業入りした人は何人もいる。ただ、中には多額のカネを作るよう親分に命令されることが重なり、自分が憧 [全文を読む]

高倉健に森光子、森繁久彌……老舗芸能プロ幹部も震え上がる“11月10日の呪い”とは

日刊サイゾー / 2014年11月25日11時00分

現在、芸能界では「11月10日の呪い」として、にわかに話が広がり始めているという。音楽関係者は「3人とも私生活で交流があった。次はどんな昭和の“大物”が11月10日に……と心配する声が上がっている」という。 森さんは生前、森繁さんは死後に国民栄誉賞を授与されている。健さんにも現在、国民栄誉賞の機運が高まり、来年早々にも正式に授与が決まる見込みだ。つまり国 [全文を読む]

『ごちそうさん』トリビア5「焼氷を実際に味わえる店が…」

WEB女性自身 / 2014年02月14日07時00分

演じたのは現在6歳になる子役・豊嶋花ちゃんだが、じつは彼女、昨年公開の映画でも杏の幼少期を演じていた。それは『ガリレオ』劇場版第2作『真夏の方程式』。杏が演じた環境活動家・川畑成実の幼少期を演じていたのも花ちゃんだった。そんなに顔が似てるとも思えないけど!? 【トリビア4】今も味わえる店が……“焼氷”は実在する料理だった!“焼氷”は、め以子たちの憩いの場に [全文を読む]

元特攻隊員だけど何か質問ある? 【第1回】江名武彦さんの場合

週プレNEWS / 2014年01月01日21時00分

現在では神格化されたキーワードだけど、その身近にいた若者たちはちょっとリア充で、ユーモアもあり、今の若者と変わらない男たちだった。 ―昭和16(1941)年の12月8日。開戦の日は何をしていましたか? 江名 高等学校のときですね。新宿で映画を観ていました。ジェームズ・スチュアートが主演の『スミス都へ行く』を、今でも新宿にある武蔵野館で観ていました。 ―開戦 [全文を読む]

“あまちゃん効果”で再浮上した薬師丸ひろ子の、異質すぎる「アイドル女優」人生

日刊サイゾー / 2013年12月13日11時00分

そうした独特の歌唱法は、新作を聴く限り現在でも健在ですね(笑)」(芸能記者) 薬師丸は、78年に角川映画『野性の証明』でデビュー。主演の高倉健と共演し、注目を集めた。以後、『翔んだカップル』『ねらわれた学園』『セーラー服と機関銃』『探偵物語』などに主演し、80年代は当代随一のアイドルとして一世を風靡した。 「80年代は松田聖子や河合奈保子、中森明菜、小泉今 [全文を読む]

「鉄道員」極寒ロケで見た高倉健の役者矜持

アサ芸プラス / 2013年01月29日09時54分

コンプライアンスに毒された現在においては眉をひそめるアウトローたちに、サラリーマンも学生も自分たちの姿を投影し、スクリーンに向かって拍手喝采をした時代があった──。 「仁義なき戦い」「網走番外地」「トラック野郎」「昭和残侠伝」‥‥。高度経済成長期の日本の映画界を牽引してきたのは、まぎれもなく東映の作品群だった。 「荒磯に波」のクレジットでおなじみの同社は、 [全文を読む]

『網走番外地』という住所は実在するのか?

WEB女性自身 / 2017年05月16日06時00分

そのため正式な住居表示が実施できないまま現在まで来ているのです。銀座インズは『銀座西二丁目2番地先』という住所ですが、暫定的なもので、銀座西とは今は存在しない町名なんですね」 東京・銀座にも番地外があったとは驚きだが、知るほどに奥が深いのがこうした 番地の謎 だという。 ■意外と知らない身近な「番地外」 「他にも結構ありますよ。最も身近なところでは、前述し [全文を読む]

【書評】次々と鉄道が消えゆく北海道で生まれた物語『氷の轍』

NEWSポストセブン / 2016年12月23日16時00分

現在、一人暮しの老人は六百万人を超える。ミステリはつねに時代を反映する。 二人の刑事は事件を追って釧路から青森、八戸へと被害者が住んだ町を辿る。二人が見る町はかつての活気がない。そこに社会の底辺に生きてきた人間たちの悲しみが潜んでいる。東京のような大都市に住んでいると見えない日本の貧しい暮しが浮かびあがってくる。暗い過去のなかに事件の鍵がある。 桜木紫乃は [全文を読む]

フォーカス