作品 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

この作品で日比監督は人間・高倉健の魅力をどう描こうとしたのか? 独占直撃した。 ―国民的スターでありながら、限られたインタビューしか受けないなど、素顔や私生活は厚いベールに包まれていた健さんのドキュメントを作るのはたやすいことではなかったはず。プレッシャーは感じませんでした? 「なかったわけではない。でもオファーを引き受けるにあたり、ためらいは全くありませ [全文を読む]

錦織圭を育てた松岡修造の「褒める力」をビジネスシーンで活かす方法

まぐまぐニュース! / 2016年09月06日20時00分

高倉健さんの純朴でまっすぐで不器用で、時にはお茶目でいたずら心が垣間見える、情緒あふれる作品となっています。 私は特段の高倉健ファンではなく、昔に『南極物語』を見たことがある程度でした。ただ、高倉健さんの声望は見聞していましたので、何かの機会で別の作品も見てみたいとは思っていました。 そんなおり、街の書店をあてもなくぶらぶらとしていたときに、ふと目に留まっ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

また、65年から始まった「昭和残侠伝シリーズ」「網走番外地」シリーズなど多くの作品で高倉健と共演した。83年、「悪役商会」結成、演じた悪役は数知れず。現在公開中の長編ドキュメンタリー映画「健さん」(日比遊一監督)にも出演、また、監督・脚本・主演を務めた映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」を製作中。「悪役商会」のリーダーとして、数多くの作品で悪役を演じ [全文を読む]

佐々部清監督よ、なぜそこまでやる。12年の介護生活を描く自主的映画

まぐまぐニュース! / 2017年05月01日21時00分

MAG2 NEWS世代にもリアルな問題とも思える介護を取り扱った作品ということで、早速、佐々部清監督を直撃取材してきました。 構想9年、陽信孝の原作を命懸けで映画化 原作は若年性アルツハイマーの妻に寄り添う夫の12年間を綴った陽信孝のノンフィクション小説「八重子のハミング」。一度は大手映画会社で映画化が進むものの、原作者に伝えられることもなく製作は勝手に頓 [全文を読む]

「イケメン」よりも「いい男」!映画ファン必見の名著『ボンクラ映画魂』が復刊!

日本タレント名鑑 / 2016年03月30日11時25分

役者は東映所属の役者たちだけにとどまらず、刑事ドラマ『大都会PARTⅢ』(1978)で、ランニング一丁で東京タワーを登る凶悪犯を演じた歌手・三上寛や、内田裕也に勝新太郎など他社や他業種のスターが東映作品にゲスト出演していたものまでキチンと網羅されている。 梅宮辰夫、渡哲也……東映ファンも必見の『ボンクラ映画魂』 東映娯楽路線の黄金時代、それを彩った男たちの [全文を読む]

「戦国自衛隊」「野生の証明」…名優・夏八木勲の軌跡

NewsCafe / 2013年05月26日12時00分

個性派バイプレーヤーとして300本以上の作品に出演した夏八木勲、享年73歳。すい臓癌を患いながらも、周囲には病気を隠して仕事を全うしたという。夏八木は、一昨年に鬼籍に入った原田芳雄、昨年6月に世を去った地井武男とは俳優座養成所の同期という間柄。また先月14日には、大御所・三國連太郎が逝去したばかりである。各種メディアは"演劇人"の相次ぐ逝去を悼む声であふれ [全文を読む]

「高倉健への憧れ」から始まった!ジョン・ウー監督、福山雅治ら、映画「追捕 MANHUNT」をPR―中国

Record China / 2017年01月16日10時50分

高倉健への熱烈なファンを公言しているジョン・ウー監督は、憧れの人とぜひ一緒に仕事がしたいという思いから、ずっと彼にふさわしい作品を探していたという。ハリウッドに進出した時は、高倉健から心のこもった手紙とプレゼントを受け取ったことも明かしている。高倉健が2014年に他界したことで、残念ながら夢はかなわなかったが、「追捕 MANHUNT」の話が舞い込んだ時は運 [全文を読む]

高倉健のドキュメンタリー映画も撮影した日比遊一 写真展 神戸のギャラリーにて2月25日~3月5日開催

@Press / 2016年12月22日11時00分

URL: http://kobe819.net■写真展“A WEEKEND WITH MR.FRANK”について今回の写真展では、日比遊一が制作したドキュメンタリー映画『A WEEKEND WITH MR.FRANK』の撮影時に、日比自身が撮った写真作品を一堂に公開・展示いたします。<ドキュメンタリー映画『A WEEKEND WITH MR.FRANK』に [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「蛭子能収」健さんの後を継ぐのは蛭子さんだな

アサ芸プラス / 2015年10月30日17時57分

でも、これは別に阿部さんが悪いわけじゃなくて、この作品は誰の主演でリメイクしても、結局は高倉健版と比べられるんですよ。蛭子 それはそうでしょうねぇ。テリー ところが、蛭子さんは高倉健から最も遠いところにいるんですよ。だから、まず比較されようがないわけです。蛭子 ああ、それは‥‥ホメられてるのかな(笑)テリー ホメてますよ。だから高倉健作品のリメイクは、蛭子 [全文を読む]

「僕、皆さんが思ってるほど、カルトじゃないですよ!」俳優・佐野史郎が、独自の視点で今年の映画を総決算!『銀幕ラジオ』

PR TIMES / 2014年12月22日16時31分

◆生粋の映画好きが語り尽くす!2014年を彩った映画たち 2014年は、映画のヒット作品が次々と生まれた年でもありました。番組では「アナと雪の女王」「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」などの大ヒット作品から、新風を巻き起こしたセンセーショナルな作品、ミニシアターでロングランヒットした隠れた名作までご紹介します。 たとえば、センセーショナルな [全文を読む]

フォーカス