作品 高倉健に関するニュース

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

週プレNEWS / 2016年08月20日06時00分

この作品で日比監督は人間・高倉健の魅力をどう描こうとしたのか? 独占直撃した。 ―国民的スターでありながら、限られたインタビューしか受けないなど、素顔や私生活は厚いベールに包まれていた健さんのドキュメントを作るのはたやすいことではなかったはず。プレッシャーは感じませんでした? 「なかったわけではない。でもオファーを引き受けるにあたり、ためらいは全くありませ [全文を読む]

錦織圭を育てた松岡修造の「褒める力」をビジネスシーンで活かす方法

まぐまぐニュース! / 2016年09月06日20時00分

高倉健さんの純朴でまっすぐで不器用で、時にはお茶目でいたずら心が垣間見える、情緒あふれる作品となっています。 私は特段の高倉健ファンではなく、昔に『南極物語』を見たことがある程度でした。ただ、高倉健さんの声望は見聞していましたので、何かの機会で別の作品も見てみたいとは思っていました。 そんなおり、街の書店をあてもなくぶらぶらとしていたときに、ふと目に留まっ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「八名信夫」(1)健さんが気配りで見せてくれたこと

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時57分

また、65年から始まった「昭和残侠伝シリーズ」「網走番外地」シリーズなど多くの作品で高倉健と共演した。83年、「悪役商会」結成、演じた悪役は数知れず。現在公開中の長編ドキュメンタリー映画「健さん」(日比遊一監督)にも出演、また、監督・脚本・主演を務めた映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」を製作中。「悪役商会」のリーダーとして、数多くの作品で悪役を演じ [全文を読む]

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

日本映画界最大のスター、三船敏郎の魅力がほとばしった作品であり、黒澤はユーモアを漂わせた語り口とリアルな描写を並立させ、新しいタイプの時代劇映画を創造した。映画のおもしろさ、楽しさという要素が徹底的に追究された。出演は、三船敏郎、山田五十鈴、仲代達矢、司葉子、東野英治郎など。 本作は佐藤勝の代表作となった。地の底から湧くかのような音群が押し寄せ、馬目の宿の [全文を読む]

佐々部清監督よ、なぜそこまでやる。12年の介護生活を描く自主的映画

まぐまぐニュース! / 2017年05月01日21時00分

MAG2 NEWS世代にもリアルな問題とも思える介護を取り扱った作品ということで、早速、佐々部清監督を直撃取材してきました。 構想9年、陽信孝の原作を命懸けで映画化 原作は若年性アルツハイマーの妻に寄り添う夫の12年間を綴った陽信孝のノンフィクション小説「八重子のハミング」。一度は大手映画会社で映画化が進むものの、原作者に伝えられることもなく製作は勝手に頓 [全文を読む]

「イケメン」よりも「いい男」!映画ファン必見の名著『ボンクラ映画魂』が復刊!

日本タレント名鑑 / 2016年03月30日11時25分

役者は東映所属の役者たちだけにとどまらず、刑事ドラマ『大都会PARTⅢ』(1978)で、ランニング一丁で東京タワーを登る凶悪犯を演じた歌手・三上寛や、内田裕也に勝新太郎など他社や他業種のスターが東映作品にゲスト出演していたものまでキチンと網羅されている。 梅宮辰夫、渡哲也……東映ファンも必見の『ボンクラ映画魂』 東映娯楽路線の黄金時代、それを彩った男たちの [全文を読む]

「戦国自衛隊」「野生の証明」…名優・夏八木勲の軌跡

NewsCafe / 2013年05月26日12時00分

個性派バイプレーヤーとして300本以上の作品に出演した夏八木勲、享年73歳。すい臓癌を患いながらも、周囲には病気を隠して仕事を全うしたという。夏八木は、一昨年に鬼籍に入った原田芳雄、昨年6月に世を去った地井武男とは俳優座養成所の同期という間柄。また先月14日には、大御所・三國連太郎が逝去したばかりである。各種メディアは"演劇人"の相次ぐ逝去を悼む声であふれ [全文を読む]

「高倉健への憧れ」から始まった!ジョン・ウー監督、福山雅治ら、映画「追捕 MANHUNT」をPR―中国

Record China / 2017年01月16日10時50分

高倉健への熱烈なファンを公言しているジョン・ウー監督は、憧れの人とぜひ一緒に仕事がしたいという思いから、ずっと彼にふさわしい作品を探していたという。ハリウッドに進出した時は、高倉健から心のこもった手紙とプレゼントを受け取ったことも明かしている。高倉健が2014年に他界したことで、残念ながら夢はかなわなかったが、「追捕 MANHUNT」の話が舞い込んだ時は運 [全文を読む]

高倉健のドキュメンタリー映画も撮影した日比遊一 写真展 神戸のギャラリーにて2月25日~3月5日開催

@Press / 2016年12月22日11時00分

URL: http://kobe819.net■写真展“A WEEKEND WITH MR.FRANK”について今回の写真展では、日比遊一が制作したドキュメンタリー映画『A WEEKEND WITH MR.FRANK』の撮影時に、日比自身が撮った写真作品を一堂に公開・展示いたします。<ドキュメンタリー映画『A WEEKEND WITH MR.FRANK』に [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「蛭子能収」健さんの後を継ぐのは蛭子さんだな

アサ芸プラス / 2015年10月30日17時57分

でも、これは別に阿部さんが悪いわけじゃなくて、この作品は誰の主演でリメイクしても、結局は高倉健版と比べられるんですよ。蛭子 それはそうでしょうねぇ。テリー ところが、蛭子さんは高倉健から最も遠いところにいるんですよ。だから、まず比較されようがないわけです。蛭子 ああ、それは‥‥ホメられてるのかな(笑)テリー ホメてますよ。だから高倉健作品のリメイクは、蛭子 [全文を読む]

「僕、皆さんが思ってるほど、カルトじゃないですよ!」俳優・佐野史郎が、独自の視点で今年の映画を総決算!『銀幕ラジオ』

PR TIMES / 2014年12月22日16時31分

◆生粋の映画好きが語り尽くす!2014年を彩った映画たち 2014年は、映画のヒット作品が次々と生まれた年でもありました。番組では「アナと雪の女王」「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」などの大ヒット作品から、新風を巻き起こしたセンセーショナルな作品、ミニシアターでロングランヒットした隠れた名作までご紹介します。 たとえば、センセーショナルな [全文を読む]

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(2)2作目の主演作で健さんがゲスト出演

アサ芸プラス / 2014年12月18日09時56分

シリーズ化される作品となるのだが、1作目に若山富三郎、藤純子がゲスト出演する豪華さで、新スターとして文太を売り出そうとする東映の力の入れようがうかがえる。 続いて文太2作目の東映主演作が「懲役三兄弟」(同年5月、佐伯清監督)で、文太の兄弟分に若山と待田京介が扮し、ゲスト出演したのが高倉健。若山、待田の兄弟分2人が殺され、ラスト、お決まりの殴り込みシーンは [全文を読む]

福山雅治主演『追捕』ついに完成!ジョン・ウー監督、日本の温かいサポートに感謝!【第74回ベネチア国際映画祭】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月09日03時38分

ウー監督は、この作品を捧げたという故・高倉健さんへの思いや、日本での撮影で受けた手厚いサポートに感謝を表した。 映画『レッドクリフ』などで知られるウー監督が、健さん主演映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1976)の原作小説を、再び映画化した超大作。無実の罪を着せられた国際弁護士(チャン)と、彼を追う敏腕警部(福山)がやがて製薬会社の闇に立ち向かうさまを描き出す。 [全文を読む]

石井輝男監督作「元禄女系図」「やくざ刑罰史」「恐怖奇形人間」が初DVD化!

映画.com / 2017年08月17日14時00分

[映画.com ニュース] 2005年8月12日に81歳で亡くなった石井輝男監督の13回忌追悼企画として「残酷・異常・虐待物語 元禄女系図」「やくざ刑罰史 私刑」「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の3作品が初DVD化され、10月4日に発売されることがわかった。 80作以上の劇場作品を手がけ、数々のジャンルを横断しながら徹底した娯楽主義を貫いた石井監督。新東宝 [全文を読む]

岡田准一が敬服する「降旗&木村」の深い魅力 高倉健作品手掛けた名コンビが「追憶」で復活

東洋経済オンライン / 2017年05月17日08時00分

彼らがこの作品の出演を決断したのは、ストーリーだけではない。『鉄道員(ぽっぽや)』『あ・うん』『駅 STATION』など数々の名作を世に送り出した、降旗康男監督&木村大作キャメラマンという、黄金コンビによる作品というのが大きい。9年ぶりにタッグを組んだ両氏の作品に参加したことは、とても特別な体験だったようで、4月に行われた完成報告会見では、主演の岡田准一が [全文を読む]

英国で小説化も! 世界が認めた“高倉健史上最異端の名作”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月30日11時30分

熱心な健さんファン及び日本映画愛好家の中には「何故、あの作品の話題が出てこないのかー!!」とヤキモキした人も多いはず。そう、【画像あり】世界が認めた映画『あなたへ』主演・高倉健の初コラム___人人人人人人人人___> 新幹線大爆破 < ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ ですよ! 1975年に公開された和製オールスター・パニック映画の傑作。公開当時、日本国内では [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

黒柳徹子が、砂漠や南極などで撮る作品が多く“極地俳優”と呼ばれていることに触れると、健さんは「本当は全然好きではない」と意外な本音を明かした。さらに、いつか実現したい夢は「温泉街でキレイな女優さんたちと撮って、2か月くらいで終わる映画。毎日、お風呂に入っているだけの映画」だと微笑んだ。 さらに、『ワイド!スクランブル』から石原慎太郎氏へのインタビューが放 [全文を読む]

崇拝する高倉健さんを「まねしない」チャン・ハンユー、福山雅治とダブル主演の映画「追捕 MANHUNT」―中国

Record China / 2017年09月09日18時30分

2017年9月8日、ジョン・ウー(呉宇森)監督作品「追捕 MANHUNT(原題)」に主演する中国の俳優チャン・ハンユー(張涵予)が、ニュースメディア・鳳凰網のインタビューに答え、少年時代の憧れが思わぬことから形になった夢のような経験だったことを語っている。 福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演する「追捕 MANHUNT」は、70年代に高倉健さんが主演した [全文を読む]

VODサービスの『ビデオマーケット』にて『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集本日開始~この機会に東映任侠作品を一挙にVODで鑑賞しよう~

PR TIMES / 2017年07月05日11時30分

株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、当社が運営する一般映像作品数No.1(※1)動画配信サービス『ビデオマーケット』(http://www.videomarket.jp)にて、『高倉健 菅原文太 銀幕の中の侠たち』特集を本日開始いたします。高倉健と菅原文太の数少ない共演作である『山口組三代目』配信開始を記念 [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

当時、若い野心のある写真家は競って作品撮りをしてカメラ雑誌で発表して、その流れで週刊誌にも掲載されることがあった。私たちの前の世代はヌードといえば顔のない、フォルムを強調した写真がほとんど。だから有名人が脱ぐこと自体が衝撃だったし、どこかでそんな現場があれば週刊誌がこぞって写真を奪い合った。どこも一誌独占で掲載したいわけだから。 1969年からフジテレビの [全文を読む]

フォーカス