家族 高倉健に関するニュース

佐々部清監督よ、なぜそこまでやる。12年の介護生活を描く自主的映画

まぐまぐニュース! / 2017年05月01日21時00分

ガンに冒された夫がアルツハイマー病にかかった妻を12年間介護し、家族と一緒に寄り添う日々を綴った感動のヒューマンドラマ。MAG2 NEWS世代にもリアルな問題とも思える介護を取り扱った作品ということで、早速、佐々部清監督を直撃取材してきました。 構想9年、陽信孝の原作を命懸けで映画化 原作は若年性アルツハイマーの妻に寄り添う夫の12年間を綴った陽信孝のノン [全文を読む]

『噓の戦争』草なぎが好評「高倉健に見える」

日刊大衆 / 2017年02月11日10時00分

『嘘の戦争』は30年前に家族を殺された一ノ瀬浩一(草なぎ剛)が、天才詐欺師となり犯人たちに復讐を果たしていくサスペンスドラマ。第5話では、30年前のOL殺しの主犯で、今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大・42)を標的に、一ノ瀬が相棒のハルカ(水原希子・26)とともに、パイロットとキャビンアテンダントにふんして九島に接触する展開が描かれた。 この日の放送中に [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「谷 隼人」(1)とにかく俺の原点は高倉健さんなんです

アサ芸プラス / 2017年08月03日05時57分

2人で一緒に衣装を選んで写真を撮って、そのあとは家族や仲間と御飯を食べてね。テリー さすが、ちゃんとしてますねェ。谷 いや、この年になるとさすがに恥ずかしいけど、年に一度ぐらいは、そういう雰囲気があってもいいのかなと思ってます。テリー 相変わらずのおしどり夫婦ぶりで、本当に羨ましい。谷さん、きっといい旦那さんなんだろうな。谷 そんなことはないんですけど、人 [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

「『3月のライオン』では、小学生にして家族を失ってしまった主人公が、父親の友人である棋士に『君は、将棋好き?』と聞かれて、一縷(いちる)の望みをかけて『好きです』と嘘をつく。生きていくための嘘ですよね。でも、その嘘が真になっていく。つまり、『3月のライオン』は生きるための『将棋が好きです』という嘘が、本当になっていくまでの話なんです。原作を映画化する上では [全文を読む]

金正男 元女優にCAも…“妻は4人”の知られざる逃亡生活

WEB女性自身 / 2017年02月23日17時00分

『前の奥さんが』という言い方をしていたので、恵里さんとは離婚していたかもしれません」(マカオ在住・ジャーナリスト) 正男氏の生活はブラリと買い物に出たり、家族で高級レストランに頻繁に食事に行ったりと、セレブらしい暮らしぶりだった。 「話し方もおだやかで、政治や社会情勢にあまり興味がなく、テレビのニュースもあまり見ていませんでした。食事の後はスパに行ったり、 [全文を読む]

阿藤快さん「アニキ」と慕った高倉健さんにエルボーの武勇伝

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

突然連絡の取れなくなった阿藤さんを心配したスタッフと家族が自宅マンションを訪れると、ベッドの中で眠るように倒れていたという。死因は大動脈破裂胸腔内出血。14日に69才の誕生日を迎えたばかりだった。 「奥さんとお子さんは別宅で暮らしており、誰も異変に気づかなかったそうです。健康には気を配るかたで、食事は魚中心、カルシウムやビタミンのサプリを毎日のんで、ここ数 [全文を読む]

老人ホームでリハビリの田中邦衛 家族もほぼ毎日お見舞いに

NEWSポストセブン / 2015年10月22日11時00分

老人ホームへの入居は、自宅はバリアフリーになっていなかったし、“ここで生活したら家族に迷惑がかかるから”といって自分で決められたそうです。奥さんとふたりの娘さんと何度も話し合ったそうです」(田中の知人) 田中が入居した老人ホームは、家賃や食費を含めて月額20万円ほどで、有名俳優が入居するような特別に豪華な施設ではない。 個室は用意されているものの、介護士の [全文を読む]

織田裕二「夫婦二人でご飯を」貴重なノロケ話を披露

日刊大衆 / 2016年10月26日20時30分

バラエティ番組にゲスト出演するたび、家族や恋人の話題を広げようと司会者から話を振られるのですが、サラリとかわされてしまうことがほとんどなんです」(女性誌記者) しかし、これまで謎に包まれていた織田裕二の私生活が、少しずつ明かされ始めている。この日、映画の内容にちなみ、観客から“夫婦円満の秘訣”を聞かれた織田は「たまには夫婦二人でご飯を食べに行くことかな」と [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「舛添さんなんか、男の風上にもおけないなとか思っちゃうじゃない!」

週プレNEWS / 2016年07月03日12時00分

「そうだ、私はこれ抜け出したくて死ねばいいけど、残された家族は飢え死にしちゃう。あー、死ぬこともできないのか!」って。もう、そんなんで初めてですよ、笑う稽古したのって。で、何事もなかったようにうちへ帰って。 ―自分が家族を支えてるからしっかりしないワケにはいかないっていう、それで頑張れたんですか。 木の実 本当にそうですね。今なんか責任感がなさすぎるんで [全文を読む]

「永遠の二枚目」三浦友和が他の俳優に嫉妬する瞬間とは

NEWSポストセブン / 2016年06月03日07時00分

家族を抑圧し、行動を強制する。口答えすれば殴る。家族は崩壊の一途を辿り、妻は精神を病み、長男は行き場をなくし追い詰められる。引きこもりだった次男は無差別殺傷事件を起こし、死刑囚に──。「なぜこんなひどい父親を演じたのかと、よく質問されるんですが、一言でいうと、弱くてダメな人間を演じるほうが面白いからですよ。むしろ『ロクヨン』の刑事役のほうが難しい。あの役は [全文を読む]

シアタールームより、ミニシアターを買いましょう![小山薫堂の妄想浪費vol.10]

Forbes JAPAN / 2016年05月14日12時00分

前者は熊本に暮らす無名の5組の家族の、なんでもない日常を映し出した11年のドキュメントショートフィルムで、「人が待つ」という行為をストーリーの軸にしており、「あなたを熊本で待っているよ」というオチになっている。これが非常に好評だったため、続編をつくった。それが後者で4年後の5組の家族をくまモンが訪ね、四季折々の風景とともに紹介している。最終ロケはくまモンと [全文を読む]

ピース・又吉より異色? 直木賞受賞作家・東山彰良を直撃!「自分の価値観を持っていれば人種差別なんかしないですよ」

週プレNEWS / 2015年08月29日06時00分

―ご家族の反応は? 東山 次男が中学3年生なんですが、友達の親からサインを頼まれたりしているようですね。ただ、彼自身は僕の本にまったく興味がなく、見向きもしませんが(笑)。 妻のことは、受賞してから常に忙しくさせてしまっています。こうして取材のために上京する時は、妻が手配してくれてるんです。だから、彼女は僕のマネジャーですね。 ―この『流』という小説は、 [全文を読む]

理想の父親像ランキング、第1位は俳優の……

Entame Plex / 2015年01月18日20時21分

さらに、父親に求めるものについて聞いたところ、男性・女性ともに第1位が「信頼感」、第2位は「家族との時間を大切にする」という回答結果となった。また、男性の第3位は「優しさ」、第4位には「威厳」という意見もあり、男性は父親に内面的なものを求める傾向にあることが分かった。その一方で、女性からは第3位「家族を養える経済力」、第5位「仕事ができる」などといったシビ [全文を読む]

故高倉健さんの遺産 遺言によってそのほとんどを養女が相続

NEWSポストセブン / 2015年01月07日07時00分

いつも家にいて献身的に支えたTさんは、彼にとって唯一の救いとなり、いつしか家族以上の存在になっていたんでしょうね。でも健さんが亡くなってから後のことは拙速すぎるのではないでしょうか。もう少し周囲と話し合いながら進めてもいいのではと思うんです」(前出・芸能関係者) ※女性セブン2015年1月22日号 [全文を読む]

<追悼・高倉健さんに想う>「当局の犬」と呼ばれた「鉄道員(ぽっぽや)」がいた

メディアゴン / 2014年11月23日01時01分

戦後、<彼>は復員するとすぐ家族の生活の為に国鉄に就職した。しかし、<彼>の職場は、駅でも工場でも列車の上でもなかった。経営当局の為に、労働組合から情報収集することが彼に与えられた任務だった。労組の過激分子は<彼>を「当局の犬」「裏切り者」と蔑んだ。しかし、労組の委員長、執行部幹部連中は<彼>をかばい、可愛がった。彼の明るい性格とお人好しを愛した。酒を飲め [全文を読む]

散骨した深浦加奈子さん父「海に行けば加奈子に会える」と談

NEWSポストセブン / 2012年08月25日07時00分

年に1度、命日には家族で海に手を合わせています」 それは有名人でも同じだ。一昨年亡くなった芸能レポーター・梨元勝氏(享年65)は、昨年8月、妻・玲子さんが東京湾で散骨した。玲子さんの話。 「散骨は家族の想いで行ないました。こんなに早く亡くなるとは思っておらず、散骨の遺志は聞いていませんでした。でも、芸能レポーター仲間でクルーザーを共同所有するほど海が好きだ [全文を読む]

散骨費用は個人単位で約20万円前後 代行散骨なら5万円から

NEWSポストセブン / 2012年08月24日16時00分

ある家族の散骨式を取材した。8月上旬、関東地方の港に集まった都内在住の家族連れ。服装はなんと短パンにアロハ姿だ。「港に来ているレジャー目的の人たちの気分を害さないよう、喪服は着てこないで下さいといわれました。じゃあむしろ海を楽しもうと、気楽な恰好にしました」(遺族の一人) 小型のクルーザーで、沖合に出ること30分、散骨ポイントに到着。70代の男性故人の遺骨 [全文を読む]

「道」はもっと活用できる キャンピングカーで地方創生

Forbes JAPAN / 2017年09月10日17時30分

車のトランクから見る”バケーションビューポイント”は、インスタ映えもするし、家族だけの絶景の宿泊施設になるかもしれない。ただ、いきなり知らない場所や普通の駐車場に車を停めて寝るのはさすがに怖いので、車版民泊として個人や行政の未活用地を利用させていただこうと思い、いま関係各所に交渉中だ。例えば、ある港町に「海月(くらげ)」という鮨屋があるのだが、車は店舗前空 [全文を読む]

中国でドキュメンタリーを製作する日本人「僕は南京大根」―中国メディア

Record China / 2017年06月06日08時40分

しかし、中国でドキュメンタリーを撮影することに、家族は当初反対だったという。そして、2年間の説得を経て、竹内さんと妻は日本の安定した仕事と生活を捨てて、一家で中国の南京へと引っ越してきた。 「当初、日本の友達の多くは、歴史のことが原因で、殴られることもあるのではと心配していた。でも、僕は何度も南京に来たことがあり、そんな心配はいらないことを知っていた。僕は [全文を読む]

35周年『北の国から』、通学シーンは毎回1km走っていた

WEB女性自身 / 2017年05月06日06時00分

北海道の富良野の美しい自然と、黒板家の小さな家族の大きな愛の物語が、国民的人気を博した倉本聰脚本のテレビドラマ『北の国から』。放送開始35周年のこの春、フジテレビが全面監修し、 81~ 82年までの同ドラマシリーズとスペシャル8作の全作を完全収録したDVDマガジンが創刊、話題となっている。 不器用だけど心揺さぶられる黒板五郎(田中邦衛)の生き方、愛らしい純 [全文を読む]

フォーカス