家族 高倉健に関するニュース

佐々部清監督よ、なぜそこまでやる。12年の介護生活を描く自主的映画

まぐまぐニュース! / 2017年05月01日21時00分

ガンに冒された夫がアルツハイマー病にかかった妻を12年間介護し、家族と一緒に寄り添う日々を綴った感動のヒューマンドラマ。MAG2 NEWS世代にもリアルな問題とも思える介護を取り扱った作品ということで、早速、佐々部清監督を直撃取材してきました。 構想9年、陽信孝の原作を命懸けで映画化 原作は若年性アルツハイマーの妻に寄り添う夫の12年間を綴った陽信孝のノン [全文を読む]

『噓の戦争』草なぎが好評「高倉健に見える」

日刊大衆 / 2017年02月11日10時00分

『嘘の戦争』は30年前に家族を殺された一ノ瀬浩一(草なぎ剛)が、天才詐欺師となり犯人たちに復讐を果たしていくサスペンスドラマ。第5話では、30年前のOL殺しの主犯で、今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大・42)を標的に、一ノ瀬が相棒のハルカ(水原希子・26)とともに、パイロットとキャビンアテンダントにふんして九島に接触する展開が描かれた。 この日の放送中に [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

「『3月のライオン』では、小学生にして家族を失ってしまった主人公が、父親の友人である棋士に『君は、将棋好き?』と聞かれて、一縷(いちる)の望みをかけて『好きです』と嘘をつく。生きていくための嘘ですよね。でも、その嘘が真になっていく。つまり、『3月のライオン』は生きるための『将棋が好きです』という嘘が、本当になっていくまでの話なんです。原作を映画化する上では [全文を読む]

金正男 元女優にCAも…“妻は4人”の知られざる逃亡生活

WEB女性自身 / 2017年02月23日17時00分

『前の奥さんが』という言い方をしていたので、恵里さんとは離婚していたかもしれません」(マカオ在住・ジャーナリスト) 正男氏の生活はブラリと買い物に出たり、家族で高級レストランに頻繁に食事に行ったりと、セレブらしい暮らしぶりだった。 「話し方もおだやかで、政治や社会情勢にあまり興味がなく、テレビのニュースもあまり見ていませんでした。食事の後はスパに行ったり、 [全文を読む]

阿藤快さん「アニキ」と慕った高倉健さんにエルボーの武勇伝

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

突然連絡の取れなくなった阿藤さんを心配したスタッフと家族が自宅マンションを訪れると、ベッドの中で眠るように倒れていたという。死因は大動脈破裂胸腔内出血。14日に69才の誕生日を迎えたばかりだった。 「奥さんとお子さんは別宅で暮らしており、誰も異変に気づかなかったそうです。健康には気を配るかたで、食事は魚中心、カルシウムやビタミンのサプリを毎日のんで、ここ数 [全文を読む]

老人ホームでリハビリの田中邦衛 家族もほぼ毎日お見舞いに

NEWSポストセブン / 2015年10月22日11時00分

老人ホームへの入居は、自宅はバリアフリーになっていなかったし、“ここで生活したら家族に迷惑がかかるから”といって自分で決められたそうです。奥さんとふたりの娘さんと何度も話し合ったそうです」(田中の知人) 田中が入居した老人ホームは、家賃や食費を含めて月額20万円ほどで、有名俳優が入居するような特別に豪華な施設ではない。 個室は用意されているものの、介護士の [全文を読む]

岡田准一、高倉健とイメージを重ねられ恐縮 「背中を追い掛けて精進していけたら」

エンタメOVO / 2017年04月04日20時33分

それぞれが家族を持ち、歩んできた人生が再び交差し、運命の歯車が回り始める。 これまで時代を代表する多くの映画俳優を撮り続けてきた降旗監督は、岡田について「高倉健を継ぐような俳優さんになっていただけたらいいなと思って仕事をしていました」と告白。「どうか、これからもそんな気持ちを思い起こして(役者をやって)いっていただけたらありがたい」と呼び掛けた。 これに対 [全文を読む]

草なぎ剛「もう帰りません」水原希子らと波乱の幕開け 新キャストも発表

モデルプレス / 2016年11月26日05時00分

30年前に浩一の家族を殺した“傷のある男”に偶然遭遇したことで、30年間眠っていた“怒り”という感情を取り戻し、日本に帰国し、復讐を決意するというドラマの肝となるシーンも撮影した。 初日は、1時間以上続くスコールが3回も降るハプニングなど波乱の幕開けとなった一行。しかし、朝から晩まで、丸々3日間のタイでのハードスケジュールを無事にこなした。 ◆草なぎ剛「も [全文を読む]

織田裕二「夫婦二人でご飯を」貴重なノロケ話を披露

日刊大衆 / 2016年10月26日20時30分

バラエティ番組にゲスト出演するたび、家族や恋人の話題を広げようと司会者から話を振られるのですが、サラリとかわされてしまうことがほとんどなんです」(女性誌記者) しかし、これまで謎に包まれていた織田裕二の私生活が、少しずつ明かされ始めている。この日、映画の内容にちなみ、観客から“夫婦円満の秘訣”を聞かれた織田は「たまには夫婦二人でご飯を食べに行くことかな」と [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「舛添さんなんか、男の風上にもおけないなとか思っちゃうじゃない!」

週プレNEWS / 2016年07月03日12時00分

「そうだ、私はこれ抜け出したくて死ねばいいけど、残された家族は飢え死にしちゃう。あー、死ぬこともできないのか!」って。もう、そんなんで初めてですよ、笑う稽古したのって。で、何事もなかったようにうちへ帰って。 ―自分が家族を支えてるからしっかりしないワケにはいかないっていう、それで頑張れたんですか。 木の実 本当にそうですね。今なんか責任感がなさすぎるんで [全文を読む]

フォーカス