作品 高良健吾に関するニュース

「本当の高良健吾さんがわからない」瀧内公美さんとお互いの印象は?

ananweb / 2017年07月13日20時30分

その作品とは……。■ 自分の居場所を求めてもがく人々を描いた『彼女の人生は間違いじゃない』!【映画、ときどき私】 vol. 101 震災で母を亡くし、父親と2人で仮設住宅に暮らしていたみゆき。平日は福島にある市役所に勤めていたが、週末になると東京の英会話教室に通うためだと嘘をついて高速バスに乗り、渋谷でデリヘルのアルバイトをしていた。福島と東京を行き来する [全文を読む]

真木よう子、二階堂ふみに「自分にはないものを持っている」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年04月03日19時30分

そして監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け精力的に作品を創りつづけている石井岳龍監督が務めました。 今回Woman Insightでは、そんな『蜜のあわれ』にて、金魚の少女・赤子を演じる二階堂ふみさんと、幽霊であり、おじさまこと老作家の過去の女・ゆり子を演じる真木よう子さんのおふたりにインタビューしました! 今回はその後編。 ★前編 [全文を読む]

高良健吾“借金を抱えた5股男”役で主演 城田優は金髪“女性”役でヒロイン怪演<バイバイ、ブラックバード>

モデルプレス / 2017年08月30日08時00分

「ゴールデンスランバー」 「グラスホッパー」 「死神の精度」 「重力ピエロ」 など、これまで数多くの名作が映画化されてきたが、意外なことに伊坂作品の連続ドラマ化は今回が初めてとなる。 同作は、多額の借金を抱えた5股男の高良&謎の組織から見張り役として送り込まれた城田の凸凹コンビが、テンポよくトップギアで繰り広げる会話劇となっている。 ◆高良健吾&城田優の役 [全文を読む]

真木よう子、「必死でウグイスのフォローしてました(笑)」【二階堂ふみ&真木よう子インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年04月02日21時00分

そして監督は、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け精力的に作品を創りつづけている石井岳龍監督が務めました。 今回Woman Insightでは、そんな『蜜のあわれ』にて、金魚の少女・赤子を演じる二階堂ふみさんと、幽霊であり、おじさまこと老作家の過去の女・ゆり子を演じる真木よう子さんのおふたりにインタビューしました! Woman Insigh [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付)

ガジェット通信 / 2017年07月13日19時50分

本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです ■【7月13日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:7月10日(月)〜7月16日(日)劇場公開作品 小栗旬主演・大ヒットコミックの実写映画化『銀魂』が第1位! 『カーズ/クロス [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

女性ばかりの捜査課でぶつかり合いながらも成果を上げていく、設定だけでもワクドキな作品です。人妻となった堀北さんを堪能したい。それだけでも視聴の価値があるでしょう。 4本のスペシャルドラマも好評だった『スペシャリスト』も気になる作品です。冤罪で逮捕され、犯罪者の心理を理解出来るようになった警察官・宅間を草なぎ剛さんが演じます。草なぎさんの淡々とした話し方が、 [全文を読む]

「等身大の救い」を描く、世界が注目する映画監督・呉美保【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2015年06月19日21時15分

見終えた時には、胸に温かい感情がこみ上げるような、やさしさに満ちた作品だ。 原作を読んだ時に「まず一読者として、作品の世界に引き込まれた」という呉監督。映画で扱う現代社会の問題については「例えば『虐待』と言っても、昔は暴力、せっかん、躾とか別の言葉で表現されていましたよね。一括りに『虐待』と言語化されることで、意味を限定してしまい、ある種の閉鎖感に繋がって [全文を読む]

第5回 京都ヒストリカ国際映画祭 開催決定! <2013年11月30日(土曜)~12月8日(日曜)>

PR TIMES / 2013年10月31日10時35分

今年は、京都・太秦の撮影所で製作されたお正月映画、東映の『利休にたずねよ』(監督:田中光敏、出演:市川海老蔵 中谷美紀)がオープニング上映を、松竹の『武士の献立』(監督:朝原雄三、出演:上戸彩 高良健吾)がクロージング上映を彩ります!また、この2作品は、京都北部の丹後地方がロケ地として使用され、その自然美を作品を通じて堪能していただけます。さらに、復元で蘇 [全文を読む]

『いつ恋』『わたしを離さないで』が、ドラマ好きから高く評価される理由

リアルサウンド / 2016年03月04日07時00分

しかし、少し見方を変えて傍観者にさえなれれば、これほど面白い作品はない。 どちらも“特定の誰かが敵”ではなく、「“見えない巨大な敵”に立ち向かう」という難しい状況だからこそ、魂から絞り出すようなセリフが次々に紡がれていく。脚本家が「その難しい状況や魂のセリフをどう受け取りますか?」と視聴者に投げかけているのだ。 最近の連ドラは、「見るからに正義」と「見るか [全文を読む]

天童荒太も絶賛の完成度!「必ずハンカチのご用意を」

Movie Walker / 2015年01月26日21時59分

「スタッフ、キャスト全員が全身全霊で取り組んだ作品」と語った堤監督の言葉通り、出席者が本作への愛情を熱く語った。 不慮の死を遂げた人を“悼む”ため、日本全国を旅する坂築静人を演じた主演の高良。「俳優デビュー10年目の節目にこの役を演じられて嬉しかったです。映画は見ていただかないと存在していないようなものなので、ぜひ一人でも多くの人に見てもらいたい」と観客に [全文を読む]

高良健吾、「どの作品もどの役も、この役に必要だったと思えた」と『悼む人』への手応えを語る

Movie Walker / 2014年12月01日13時17分

2015年で俳優デビュー10周年となる高良は「いままで自分がやってきたことが全部つながったというか、どの作品もどの役も、この役に必要だったと思えた作品です」と手応えを口にした。 主演の高良が演じたのは、縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年・坂築静人役。「10代後半から、20代中盤くらいまで、自分が死んだり、人を殺してしまったりする役が本当 [全文を読む]

アジカンが高良健吾主演作と再タッグ 映画『横道世之介』に主題歌提供

リッスンジャパン / 2012年10月02日19時00分

同じく高良健吾が主演を務めた2010年公開作品『ソラニン』でメインテーマを手掛け、それ以前にも2009年発表のシングル「新世紀のラブソング」ミュージックビデオ(監督:大宮エリー)に高良健吾が出演している。今作についてASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Vo&G)は、「映画を観て、今このときを生きていることを、もっと喜びたいなと思いま [全文を読む]

高良健吾の“人生を変えた”廣木監督!2人の歩んできた軌跡を振り返る!

dmenu映画 / 2017年07月08日07時00分

『ストロボ・エッジ』(2015年)や『PとJK』(2017年)といった人気作を手がける廣木監督ですが、なぜ高良は廣木の作品に出演し続けるのでしょうか? これまでの軌跡を振り返りながら、考察してみました。 高校生の高良健吾に「お前のやることが正解だ」とゲキ! 高良がこれまで出演してきた廣木作品は、2007年の『M』から順番に『僕らは歩く、ただそれだけ』(20 [全文を読む]

<女性チャンネル♪LaLa TV>8月9月2か月連続企画【追悼】蜷川幸雄ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」他故・蜷川幸雄氏 演出・監督の舞台、映画、関連作品を一挙放送

PR TIMES / 2016年07月26日11時08分

CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)では、8月9月の2カ月連続企画特集【追悼】蜷川幸雄として、2014年から1年半に渡り蜷川幸雄氏を追ったドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」から、世界を魅了し続けた映画・舞 [全文を読む]

行定勲監督「美しい熊本を取り戻したい」映画の力で復興誓う

Movie Walker / 2016年04月19日17時20分

今年のクロージング作品として、行定監督が、高良健吾をはじめとする熊本にゆかりのある俳優、著名人とともに作った映画『うつくしいひと』の上映が決定している。昨年10月に撮影が敢行され、地震で倒壊した熊本城のかつての姿も映し出されている。行定監督は「熊本のよさを知らせたいと初めて自分の地元で撮った作品。まさかあの強靭なイメージのある熊本城が崩壊するとは思ってい [全文を読む]

二階堂ふみ主演『蜜のあわれ』が描く、エロスとタナトスの相克ーー石井岳龍監督の新境地を探る

リアルサウンド / 2016年04月01日06時10分

叙情的な作風として知られる室生作品の映画化といえば成瀬巳喜男、今井正といった名匠によって何度もリメイクされた家族ドラマの名作『あにいもうと』が思い浮かぶが(個人的には秋吉久美子が主演した1976年今井正版が印象深い)、この作品はまったく趣が異なる。金魚の化身である少女・赤井赤子と、70歳になる老作家・上山、そしてかって作家を愛していた女性・田村ゆり子の幽霊 [全文を読む]

一番人気は「いつ恋」と「ダメ恋」!?視聴率とネット人気が比例しない謎とは?

アサジョ / 2016年02月22日09時59分

作品が第5話の放送を終えた2016年の冬ドラマ。現時点で平均視聴率が10%を超えるのは4作品に絞られており、SMAP草なぎ剛の「スペシャリスト」(テレビ朝日系)と、KAT-TUN亀梨和也の「怪盗 山猫」(日本テレビ系)のジャニーズ対決が、視聴率トップを争っている。 だが、ドラマの話題性に注目すると、意外な作品の名前が浮上するのだという。テレビ誌のライター [全文を読む]

高畑充希の「手ブラ好きと?」にAAA西島が挙手!?

Smartザテレビジョン / 2016年01月14日02時31分

ですが、(作品を)見てくださった皆さんがうれしいお言葉をかけてくださったりして、ちょっとだけホッとしたりして、今ここに立っています。この作品を、最後まで素晴らしい作品にするんだという気持ちで撮影に臨んでいます。その思いが、このドラマに詰まっていたらいいなと思います」とあいさつした。 高良は「“月9”という作品に参加させてもらっていること自体がチャレンジだっ [全文を読む]

高良健吾「今やりたいことができた」、映画「悼む人」の完成度の高さに一同大満足

Entame Plex / 2015年01月27日12時03分

「包帯クラブ」に続いて天童作品の監督を務めた堤も「この小説に出会い、世に問いたいと思った。全身全霊で取り組みました。僕の中では再デビュー作と言ってもいい作品」と熱く語ると、過去堤作品に多々参加してきた貫地谷は「こんなに堤監督の気合いを感じたのは初めて」と撮影時の様子を暴露。すると堤は「それはいろいろ語弊が……」と一時恐縮しつつ「今までにないものが撮れた」 [全文を読む]

城田優が女性役!“5股男”高良健吾と「夫婦漫才みたいに」伊坂作品初の連ドラ化

CinemaCafe.net / 2017年08月30日17時00分

主人公の“5股男”役に高良健吾、そのお目付け役として城田優を迎え、伊坂作品としては初の連ドラ化が実現する。“ある組織”への多額の借金の清算として、「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に“あのバス”で連れ去られるという運命が待ち受ける星野一彦(高良健吾)。そんな星野の願いは、“あのバス”で連れて行かれる前に、5股をかけていた5人の恋人たちに会って別 [全文を読む]

フォーカス