作品 黒木瞳に関するニュース

前田敦子、三浦友和&黒木瞳の娘役に「とても緊張」 “就活”ホームドラマ描く<コメント到着>

モデルプレス / 2016年11月10日06時00分

◆三浦友和×黒木瞳が夫婦役 テレビ朝日系では土曜ワイド劇場「はみだし弁護士・巽志郎シリーズ」や2夜連続ドラマスペシャル「最も遠い銀河」(2013)など数々の作品で主演を務めてきた三浦だが、連続ドラマとしては今作が初主演。そして三浦の妻役を演じる黒木は、2013年に同枠で放送された「おトメさん」で初めての姑役に挑んで以来の同局ドラマ出演となる。 映画「Mr [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。 今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、 [全文を読む]

石原さとみ、桐谷美玲、黒木瞳、剛力彩芽、AKB48島崎遥香らが“ほん怖”主演 コメント到着

モデルプレス / 2014年08月09日23時10分

Q:過去の作品で印象的なものは? Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが出演された『Xホスピタル』が怖くてもう無理でした(笑)。 Q:今回出演する『S銅山の女』の台本を読んでいかがでしたか? 最後のオチが本当に怖いので確実に(視聴者のみなさんは)ゾッとしてくれると思います。 Q:石原さんは過去に恐怖体験をされたことはありますか? 高校生のときに金縛りに遭 [全文を読む]

釜山国際映画祭で『嫌な女』上映!黒木瞳監督が記者会見&舞台挨拶に登壇!

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年10月15日14時27分

初監督作品が映画祭に出品ということで、当初は囲み取材と個別取材の予定だったが、20 を超える媒体からの取材オファーがあったために急遽記者会見に変更。日本の女優の監督デビューに韓国メディアからも注目が集まった。 また、韓国にもファンの多い黒木監督が参加するとだけあり、夜遅い上映会にもかかわらず100 人以上の観客が上映後Q&A に参加、終了後はサインを求めて [全文を読む]

『嫌な女』に惚れ込んだ黒木瞳が、ドラマ化で主演を務め、映画化ではメガホンをとった!著者・桂望実が振り返る当時の心境、黒木瞳への信頼

PR TIMES / 2017年05月16日18時00分

中でもドラマ化・映画化された『嫌な女』は一番認知度の高い作品といえる。堅物の女弁護士・徹子と、どこか憎めない女詐欺師・夏子のこの物語が、映像化が至った経緯について桂さんは語る。「この作品は、私としてはそんなに映像化しやすい作品だと思っていなかったんですね。どちらかというと地味ですし、(夏子が)騙す金額も小さいし。ところが出版社さんに映像化のお話がとても多く [全文を読む]

黒衣の吉田羊と木村佳乃を従え…黒木瞳、「白ドレス」で主張した「メインは私!」

アサジョ / 2016年06月17日18時00分

黒木瞳の初監督作品「嫌な女」の完成披露上映会が6月15日に行われ、黒木はダブル主演の吉田羊と木村佳乃を従えてステージに登場。その光景はまさに主役・黒木瞳だった。 記念撮影では映画初主演の吉田をセンター据えたものの、まぶしいほどの白いドレスを颯爽と着こなした黒木は、黒系の衣装を着用した主演の二人に背を向けるようにモデル立ちし、「主役は私よ」と言わんばかりの存 [全文を読む]

吉田羊&木村佳乃がW主演 監督・黒木瞳が期待

モデルプレス / 2015年08月18日08時00分

◆吉田羊&木村佳乃の意気込み 主演抜擢を受け、吉田は「共演すらまだない大先輩黒木瞳さんの初監督作品、しかも主演でというお話を頂いた時は自分の耳を疑いました」と率直な心境を明かし、「かつてない大役の重責に武者震いする一方で、瞳監督のこの作品に掛ける並々ならぬ情熱に身体を底から突き上げられ、女優が女優を撮る面白さを是非見たいとも思いました」と気合十分。 脚本 [全文を読む]

展開が気になって眠れない!最後はいったいどうなるの!?最終回が楽しみな2017冬ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年03月09日07時55分

今回は、そんな2017年冬ドラマの中から、特に最終回が楽しみな作品を5つ厳選して紹介させて頂きます。作品のチョイスに関しては、あくまで個人的主観による期待度ですのでご了承くださいませ。 『カルテット』松たか子さんと宮藤官九郎さんのリアルな夫婦のすれ違いっぷりや、巧妙に張られた伏線の見事な回収など、話題に事欠かないドラマ『カルテット』。今期もっとも話題とな [全文を読む]

“中村蒼史上1番”チャラくてハイテンション!『せいせいするほど、愛してる』関西弁が「新鮮」と話題に モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年08月02日23時00分

キラキラした作品を避ける役者さんもいると思うんですが、今は色々な役をやってみたいし、そういう作品だからこそ観てくださる方もいると思うんですよね。そのジャンルに飛び込んでみなきゃ分からないものがあるから、挑戦するって感覚だと思います。 ― キラキラしたドラマで言うと「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(2011年)以来でしょうか? 中村:そうですね [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】黒木瞳、大物女優の貫禄で幽霊も退散!? 「私は幽霊も見えない」

TechinsightJapan / 2015年11月13日14時18分

12日、都内にて『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015』の最終審査会が行われ、プロ・アマ問わず多くのクリエイターから応募のあった474作品のうち勝ち残った7作品がグランプリを目指して最後のプレゼンに臨んだ。ゲスト審査員の黒木瞳も真剣な眼差しで若きクリエイターたちの熱のこもった作品について聞き入った。 最終審査まで勝ち進んだ [全文を読む]

フォーカス