作品 今村昌平に関するニュース

台湾・高雄でPFFの特集上映 李相日、荻上直子、山戸結希らの11作品が上映

映画.com / 2017年04月07日18時30分

獨立時代 - PIA影展映畫大賞」と題し、高雄市が運営する映画の総合施設・高雄市電影館の企画で、PFFアワード入選作品やPFFスカラシップ作品など関連作品11本を特集する。 今回の特集企画は、PFFとベルリン国際映画祭、香港国際映画祭の共同プロジェクトとして世界巡回を行っている8ミリ映画特集「8ミリ・マッドネス!!」が昨年10月、高雄映画祭で上映されて盛況 [全文を読む]

プレイボーイ・プレミアムインタビュー<いきもん伝> 映画監督・三池崇史「僕はそこにいただけなんですよ、ただあたふたあたふたと」

週プレNEWS / 2013年09月18日12時00分

物書きっちゅうのは嘘つきじゃないと務まらん商売だけど、利己心がもたげたら納得のいく作品は書き上がらんね。読み手を泣かせてやろう、感動させてやろう、と気負うとロクなことがない(笑)。なんにせよ、指先が痺(しび)れようとも無我夢中で書き続けること。朝9時から書き出して気が付くと夜の8時になってるぐらいの無心さがなければ、物書きは自分の魂をさらけ出せない」 19 [全文を読む]

『逃げ恥』脚本家が小学生時代に書いた『スシヤーです物語』

文春オンライン / 2017年04月01日11時00分

作品の中でもテレビ愛を感じさせる描写が多い野木さんに、まずは子供の頃どんなテレビに親しんで来たのかを伺った。 『雷波少年』なぜか全部録画して見てました ――野木さんのTwitterなどを拝見していると、ご自分の作品はもちろんのこと、テレビドラマ全体に対する愛情が伝わってくるんですけど、子供の頃はテレビって好きでしたか? 野木 幼いころは、『カックラキン( [全文を読む]

話題の『この世界の片隅に』は戦争映画ファンでも楽しめるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年01月16日21時00分

ガチンコ!!シネマレビュー 『この世界の片隅に』 アニメや漫画が好きな方にはこうの史代原作で、『マイマイ新子と千年の魔法』の片渕須直監督の新作となるんだろうが、どちらも門外漢のボクにとっては能年玲奈改め「のん」として初めて世にでる作品を観る、という感覚で観た『この世界の片隅に』。なるほど、戦前・戦中・終戦直後の広島県の軍港・呉を舞台にし、主人公すずとその [全文を読む]

【江戸川乱歩】フェロモン香水を映画館でぶちまけた? 3ヴァージョン存在し、その全作がDVD化されない映画『RAMPO』の謎

tocana / 2015年11月15日17時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!今回の映画「映画誕生100年 江戸川乱歩生誕100周年記念 松竹創業100周年作品」『RAMPO』(94年)【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7417.html】 今年は江戸川乱歩没後50年(1965年7月28日 [全文を読む]

壁ドンの次は頭ポン?!「Renta!」、女優・麻生久美子さん出演CM第2弾放映開始

DreamNews / 2015年12月25日10時30分

また何度も読みたいお気に入りの作品は「無期限レンタル」することもでき、好みや気分に合わせた利用が可能です。 2015年から、より多くの方にサービスを知ってもらうために初のテレビCMも放映開始。マンガ好きなOLが会社の飲み会で勘違い上司に壁ドンされて憤慨するという展開は、多くのマンガ好きの方々の共感を得ました。この度、前CMの好評を受け、第2弾CMを制作・公 [全文を読む]

Netflix初のオリジナル映画がTIFFに登場!

Movie Walker / 2015年10月25日07時42分

キャリー・フクナガ監督は、「日本の人々にとって戦争は身近なものではないかもしれないけれど、アグーの姿を通して、アフリカや世界中で実際に起こっている戦争に目を向けていただきたい」と作品への思いを語った。 物語の中心となるアグーを演じたエイブラハム・アッターをはじめ、映画に登場する少年兵のほとんどが演技未経験の子どもたち。キャスティングについてキャリー・フクナ [全文を読む]

電子書籍レンタルサイト「Renta!」 女優・麻生久美子さん出演のテレビCM放映開始

DreamNews / 2015年01月26日13時00分

また何度も読みたいお気に入りの作品は「無期限レンタル」することもでき、好みや気分に合わせた利用が可能です。この度、マンガレンタルという新しい電子書籍の楽しみ方を一人でも多くの方にお届けするために、初のテレビCMを実施することになりました。■“マンガ好き女子”代表の麻生久美子さんを起用! CMキャラクターは、多彩な演技でシリアスからコメディまで幅広く活躍し、 [全文を読む]

故加藤武さん 笑わせる意識で芝居したら一巻の終わり

NEWSポストセブン / 2016年01月24日16時00分

2015年に亡くなった名優、故加藤武さんは文学座の舞台で役者デビューし、黒澤明監督作品や市川崑監督作品など多くの映画にも出演した。ヤクザなど怖いイメージの役柄が多かった故加藤さんが生前語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 2015年7月に亡くなった加藤武は、数々の名作映 [全文を読む]

西田敏行「映画が良すぎて長谷川博己と2人で飲んだ」『ラブ&ピース』に手応え

ソーシャルトレンドニュース / 2015年06月25日06時33分

園子温監督の25年前への原点回帰であり、新機軸でもある本作品。『ラブ&ピース』は6月27日(土)公開。(文:霜田明寛)■『ラブ&ピース』6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。©「ラブ&ピース」製作委員会配給: アスミック・エース [全文を読む]

フォーカス