映画 佐藤江梨子に関するニュース

伊藤英明、山田孝之も?2016年の”大コケ映画”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日12時05分

2016年の映画界は、15年ぶりに興行収入200億円を突破した『君の名は。』を筆頭に大いに盛り上がった。しかし影ではファンや評論家からの酷評だらけとなった“爆死映画”もやはり相次いだ。その背景には、企画やPR内容などがもたらした“爆死の悪循環”もあるようだ。今回は、今年の主だった爆死映画を4本振り返る。 ■“大根演技”も爆死に影響?評価落とした役者陣 ●橋 [全文を読む]

松本人志監督最新作『R100』 ネット上でファンとアンチで祭り状態に

AOLニュース / 2013年05月14日18時17分

ついに、あの松本人志が4作目となる新作映画を公開する。刀を捨てた侍の悲哀を描いた前作『さや侍』から約2年、その仕事の速さは現在の松本の充実ぶりを物語っているといえるだろう。 それに伴い昨日16時から行われた緊急記者会見では、記者たちから『R100』という意味深なタイトルや気になるストーリーについて質問が飛び交ったが、その内容は謎に包まれたまま。さらに、松本 [全文を読む]

【動画】大野拓朗に抱かれた巨大猫の「金時」に会場うっとり『猫忍』初日舞台挨拶レポ

ガジェット通信 / 2017年05月22日17時08分

5月20日、角川シネマ新宿にて映画『猫忍』の初日舞台挨拶が行われ、大野拓朗、佐藤江梨子、藤本泉、船越英一郎、麿赤兒、渡辺武監督、そして「日本猫」の金時が登壇した。撮影時の体重が8.5キロという巨大な猫の金時が登場すると、駆けつけたファンたちからは盛大な歓声が送られた。 動画:「金時」登場で会場メロメロ! 大野拓朗、佐藤江梨子ら映画『猫忍』初日舞台挨拶 早く [全文を読む]

「人は変われる」大野拓朗が振り返るデビューからの7年

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月19日17時02分

映画初主演 猫忍・大野拓朗が語る自身の“変化”朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演や、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のロミオ役、そして水野敬也原作のテレビ東京系連続ドラマ『LOVE理論』での主演など、若手俳優の中でも近年、着実にその存在感・実力ともに増してきている俳優・大野拓朗。今年1月クールに放送され人気をよんだドラマ『猫忍』の映画版(5月 [全文を読む]

西内まりや“脱がない”キューティーハニーに「会社潰す気?」 橋本環奈にはサカナクション・ファンから批判の声も…

おたぽる / 2016年03月09日19時00分

3日、女優の西内まりやが、今秋公開予定の映画『CUTIE HONEY -TEARS-』で主役の如月ハニー役を務めることが発表されたのだが、ネット上では「ミスキャスト!」「ゴリ押し感ハンパない!」など、否定的な意見が上がっている。 「永井豪の原作コミック『キューティーハニー』(秋田書店)を一目見ればわかるように、如月ハニーはグラマーな体の持ち主。以前、映画[全文を読む]

「デビルマン」の二の舞?西内まりや「キューティーハニー」で女優生命終了か

アサジョ / 2016年03月07日17時59分

CGを駆使したアクション映画として生まれ変わるそうです」(映画ライター)「キューティーハニー」といえば胸元が大きく開いたコスチュームで、悪と戦う姿が男性たちの心を鷲掴みにした。しかし、今回公開されたメイキング映像は、西内が大きな布を体に巻き、肌露出ほとんどなしの衣装でアクションを披露している。 これには“新生キューティーハニー”を期待していたファンから、「 [全文を読む]

小泉今日子書評集に高評価! 一方、佐藤江梨子と前田敦子は……“アイドルと文章”の系譜

おたぽる / 2015年11月12日12時00分

太宰治好きを公言し、太宰を原作とする映画『斜陽』にも出演。エッセイ集として『気遣い喫茶』(扶桑社)を出版しているが、あまり話題にならなかった。 「『気遣い喫茶』を読めばわかりますが、サトエリの文章は、良く言えば詩的、悪くいえば不思議ちゃんです。読書経験が豊富であることはわかるんですが、文学少女っぽさが抜けない。当時はアイドルがちょっと変わった文章を書いてい [全文を読む]

【SPインタビュー】大野拓朗が“親バカ”の本領発揮!? 劇場版「猫忍」でのイチャラブエピソードを披露!

Smartザテレビジョン / 2017年05月19日20時58分

そのスタッフが再集結し、“猫×忍者”の新たな世界観を描いた映画「猫忍」が、ドラマ放送を経て5月20日(土)に公開となる。ドラマ版から引き続き、主人公・久世陽炎太役を務めた大野拓朗に今作の見どころや、ぞっこんだという金時への“親子愛”、そして映画初主演を経て学んだ心構えを聞いた。──ドラマから続き、「猫忍」が劇場版としてスクリーンに帰ってきます。劇場版では物 [全文を読む]

「仮面ライダーゴースト」大沢ひかる、時代劇に初挑戦

Smartザテレビジョン / 2016年12月08日19時59分

本作は、'17年1月スタートのドラマ「猫忍」と17年公開の映画「猫忍」との連動プロジェクト。幼い頃に父と生き別れになり愛を知らずに生きてきた主人公・陽炎太(大野)が、父そっくりでミステリアスな猫と出会い、共同生活を始めることで成長していく“猫萌え忍者アクション時代劇”。主演の大野のほか、陽炎太の父で伝説の忍者・剣山(けんざん)役で船越英一郎、幼少期の陽炎 [全文を読む]

西内まりや、超勘違い戦略の行く先

NewsCafe / 2016年10月07日12時02分

10月1日公開の映画「CUTIE HONEY -TEARS-」がまったく話題にならないという。 「往年のセクシーキャラを西内まりや(22)が演じていますが、映画館はどこもガラガラの状態です」とは映画ライター。 セクシーさが足りない? 「キューティーハニーの最大の魅力はヒロインが一度全裸になった後、大胆なコスチュームに変身する『ハニーフラッシュ』でしょう。と [全文を読む]

西内まりや『CUTIE HONEY』大コケ危機で、異例の“撮影OK”ライブも……

日刊サイゾー / 2016年09月27日11時00分

歌手の西内まりやが9月21日、10月公開の映画『CUTIE HONEY TEARS』のPRで、池袋のサンシャインシティ噴水広場で主題歌「BELIEVE」などを歌うミニライブを行ったが、「動画・撮影OK」という、異例なものだった。「所属するエイベックス系のイベントで撮影規制がないなんて、珍しいこともあるもんだ」と顔を見合わせた現場記者の面々だが、一部からは「 [全文を読む]

松本「R100」 大コケ報道続出で「むしろ興味出てきた」の声

NEWSポストセブン / 2013年11月08日07時00分

ダウンタウンの松本人志が監督・脚本を担当した映画『R100』が現在、全国公開されているが、マスコミ各社が客入りの悪さを次々と記事化する一方、各種映画評サイトにも酷評レビューが殺到。それゆえ、“怖いもの見たさ”で客が増えるという謎の現象が発生している。 『R100』は、『大日本人』『しんぼる』『さや侍』に次いで、松本人志が監督・脚本を担当した4本目の映画作品 [全文を読む]

佐藤江梨子の“無駄”巨乳は「毎日牛乳1リットル」の賜物!?

メンズサイゾー / 2013年10月01日18時00分

パーフェクトとも称されるボディを生かしてグラビアで名を上げた佐藤ですが、最近は女優として順調にキャリアを積んでいますしね」(芸能ライター) 佐藤は主演映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で強烈な“勘違い女”を演じてヨコハマ映画祭で主演女優賞を受賞。戦後の没落貴族を描いた映画『斜陽』や、柳楽優弥と共演した映画『すべては海になる』にも主演するなど、グラビア出 [全文を読む]

佐藤江梨子 映画プロデューサーが「今なら脱がせられる!」続ヘルタースケルター「第二の沢尻エリカ」濡れ場計画

アサ芸プラス / 2012年09月06日11時00分

今年の上半期で大いに物議を醸し‥‥いや、話題をさらった芸能ニュースといえば、映画「ヘルタースケルター」での、沢尻エリカ(26)の全裸濡れ場だろう。これだけ注目を浴びる問題作となれば、「ぜひ、続編も」となるのは必然的な流れのようで─。 現在、興行収入約20億円と大ヒット中の「ヘルタースケルター」。沢尻は冒頭から乳首全開で、立ちバック、レズクンニ、3Pと、みご [全文を読む]

瑛太、武尊からK-1に誘われる

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月06日21時11分

俳優の瑛太が6日、都内で行われた主演映画『リングサイド・ストーリー』(10月14日公開)の完成披露イベントに出席。本作の格闘シーンのため肉体改造を経て、ハードな格闘シーンに挑戦しているが、共演したキックボクサーの武尊は「めちゃくちゃ蹴りが重くて……」と瑛太のアクションを絶賛。「ぜひK-1に」と誘って瑛太を恐縮させた。 プロレス好きの売れない俳優・村上ヒデオ [全文を読む]

中山美穂や菊池桃子も!? 男の子を夢中にさせた、エッチな“寸止め”青春ラブコメの歴史

dmenu映画 / 2017年06月22日07時00分

6月17日公開された『教科書にないッ!4』(2017年)は、漫画『いっツー』や『すんドめ』などでも知られる岡田和人原作の人気ラブコメディーを、元AKB48・森川彩香の主演で実写映画化。R指定ではない“寸止めエロチズム”が人気となり、本作でシリーズ4作目を迎えました。 過去にもこうした“ちょいエロ”青春ラブコメディーの名作が数多く存在し、性のエネルギーに満ち [全文を読む]

“ゴリ押し”爆死確定の西内まりや実写版『キューティーハニー』が、まったくセクシーじゃない件

おたぽる / 2016年05月12日19時00分

キューティーハニーといえばお色気が売りだけに、過去に主役のハニーを演じたのも映画版では佐藤江梨子、テレビドラマ版で原幹恵といった巨乳自慢の美女たち。しかし、新作の“西内版ハニー”は過去の作品とは打って変わって、お色気シーンが皆無の近未来を舞台にした激しいアクションもの。これじゃない感がそこはかとなく漂う同作だが、果たして内容のほどは……。 「トレーラーなの [全文を読む]

小池栄子と佐藤江梨子にAV出演という"トンデモ情報"浮上!

メンズサイゾー / 2012年03月29日20時45分

しかし、この二人はいまや多くのCMに出演し、映画、ドラマ、舞台などで活躍する女優としての一面も持ち合わせている。特に小池はビジネス色の強い番組『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でサブMCとして作家・村上龍とともに番組を進行。毎回、名だたる企業経営者などに鋭い質問を飛ばしており、最近は文化人としての枠にも入りつつあるように見える。映画では現在公開中の『ライ [全文を読む]

大野拓朗は浮気する!? 佐藤江梨子「不届き者!」

Smartザテレビジョン / 2017年05月20日14時54分

動物ドラマの金字塔「猫侍」のスタッフが再集結して制作された映画「猫忍」の初日舞台あいさつが5月20日に行われ、大野拓朗、佐藤江梨子、藤本泉、麿赤兒、船越英一郎、渡辺武監督が登壇した。 映画初主演を務めた陽炎太役の大野は「忍術があまり種類は出てこないんですけど、僕はこの映画のすいとんの術が大好きなんです。あからさまに、その竹筒の下に人はいないでしょって。クラ [全文を読む]

瑛太・佐藤江梨子主演の映画『リングサイド・ストーリー』に異変「ギャラ未払いで公開できない!?」

日刊サイゾー / 2017年03月22日07時00分

ギャラの未払いもウワサされてますし、本当に公開されるのか不安に思っている事務所は結構あるみたいですよ」(芸能事務所関係者) 瑛太と佐藤江梨子が主演を務める映画『リングサイド・ストーリー』をめぐって、さまざまな臆測が飛び交っているという。 「この映画は『百円の恋』で賞を総ナメにした武正晴さんが監督を務めるとあって、前評判はものすごく高かったのですが、いまだに [全文を読む]

フォーカス