最近 斎藤佑樹に関するニュース

斎藤&塩見&吉川&大野、初勝利狙う88年世代のドラ1 31日の交流戦予定

ベースボールキング / 2017年05月31日13時01分

【31日の試合予定】 日本ハム(斎藤佑樹)- DeNA(熊原健人) <札幌ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 日(パ5位):●○●●● ※3連敗中… De(セ3位):○○●○○ 楽天(塩見貴洋)- 巨人(吉川光夫) <Koboパーク宮城 18時00分> ・最近5試合の成績 楽(パ1位):○●○○○ ※3連勝中! 巨(セ4位):●●●●● ※5連敗 [全文を読む]

斎藤佑樹のおねだり疑惑で意外な事実…プロ野球界にベンツ離れが!?

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

でも最近は少ないね。主力でいうとポルシェ、ベントレー、アウディ、BMW。それとアルファードなどの高級ミニバンで運転手付きが多い。自分で運転しないほうが楽ですもんね」 なんと、球界の紳士たるジャイアンツではベンツはとっくに廃(すた)れていた様子。では他球団はどうなのか? 「かつて、ウチの球団は『ヤクルトレディが安い給料でがんばっているのに、球団選手が高価な外 [全文を読む]

ロッテ佐々木vsハム斎藤、注目のドラ1対決! 6日のパ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月06日11時18分

【6日の試合予定】 楽天(森雄大)- ソフトバンク(バンデンハーク) <Koboパーク宮城 13時00分> ・最近5試合の成績 楽(1位):○○○○● ソ(1位):○○○●○ ロッテ(佐々木千隼)- 日本ハム(斎藤佑樹) <ZOZOマリン 14時00分> ・最近5試合の成績 ロ(6位):●●●●○ 日(3位):●○●○● [全文を読む]

日本ハムの最近10年の開幕投手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月19日10時00分

日本ハムの最近10年の開幕投手をみると、ダルビッシュ有が5度、大谷翔平が2度、武田勝、斎藤佑樹、吉川光夫が1度務めている。 現在レンジャーズでプレーするダルビッシュは、07年から5年連続で大役を担っているが、勝ち星を挙げたのは小林宏之と投げ合った08年のロッテ戦のみ。この年は、9回を一人で投げ抜き完封勝利を収めた。しかし、その他のシーズンでは09年と10年 [全文を読む]

日ハム・斎藤佑樹がキャンプで活躍も“サンシャイン投球”は春先で終了?

アサ芸プラス / 2017年02月09日17時59分

その斎藤は最近、俳優・斎藤工になぞらえたニックネームで呼ばれているという。これは年末放送の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」(日本テレビ系)にて斎藤工が、お笑い芸人・サンシャイン池崎をベースにした“サンシャイン斎藤”に進化したというネタがきっかけ。そんな池崎や斎藤工にあやかって空前絶後の超絶孤高なピッチャーを目指しているようだが、お笑いに詳しいライ [全文を読む]

さんまにタモリも!才能がすでに枯れていると思う有名人は

しらべぇ / 2016年08月12日05時00分

最近の曲は、どれもピンと来ない。『恋するフォーチュンクッキー』のようにファンでない人が興味を持つような曲は、もう作れないのではと心配になる」(30代男性)・小室哲哉TRFやglobe、安室奈美恵など、小室ブームと呼ばれる一時代を築いた。TM NETWORKでの活動も評価が高い。「ちょうど世代で小室さんの曲をたくさん聴いていただけに、現在の姿が寂しく思える [全文を読む]

年間わずか1勝…斎藤佑樹の惨状 味方批判の「KY迷言」で失笑の的、チーム内から不満

Business Journal / 2015年11月10日22時00分

斎藤は2011年のプロ入り後、2年間で11勝をあげましたが、この3年間で3勝しかしておらず、最近はオフになるたびに『いよいよ戦力外か』とささやかれる始末です。 しかしながら、斎藤の“迷言”はこれだけではありません。13年、斎藤は右肩痛もあって登板1試合で0勝、防御率13.50という自己最低の成績に終わりました。一方、当時東北楽天ゴールデンイーグルスに所属し [全文を読む]

2月1日球春到来!海外挑戦確実の大谷翔平にファンは何を思う?

しらべぇ / 2017年02月01日06時30分

とくに最近は松坂大輔やダルビッシュ有、田中将大など肩や肘を故障することが多く、満足な成績を残せないことも。しかし大谷の場合、上記3人と比較すると高校時代酷使されていないため、怪我の可能性は低いといわれている。また、野手としてもイチローが認めるほどの打者であるため、「投げられないなら打撃で勝負」もできるだろう。メジャーリーグでも160キロを投げる投手は少なく [全文を読む]

「あるぞ!松坂大輔VS斎藤佑樹」甲子園を沸かせた「伝説」がパ・リーグの優勝を懸けて激突!注目の対決実現の「日取り」

Business Journal / 2016年09月08日10時00分

最近の試合では、安定していた中継ぎ陣が打ち込まれることも増えてきた。 従って、斎藤の出番はあくまで中継ぎが濃厚だが、シーズン終盤で首位と1ゲーム差。落とせる試合が1つもないような厳しい状況だけに、首脳陣の期待も大きい。夏場で徐々に調子を上げてきた斎藤も「与えられたポジションで出来ることをやっていくしかない。精一杯、自分の仕事が出来るように頑張ります」と力強 [全文を読む]

“おねだり王子”斎藤佑樹がファン離れ加速で「再就職」も暗雲?

アサ芸プラス / 2016年08月02日09時59分

入団当初から「引退後は局アナ内定」「将来は野球解説者で引っ張りだこ」など、甘いマスクで将来の安定を確実視されていた斎藤だが、引退が現実味を帯びてきた最近になって、「そんなに甘いものではない」という声が囁かれ始めているという。「昨年までの5年間、特別扱いされ続けながら14勝しか挙げていないという実績のなさが響いています。彼に解説されても、誰も聞く耳を持たな [全文を読む]

フォーカス