早稲田 斎藤佑樹に関するニュース

元甲子園準優勝投手大越基氏「プロで7勝できる自信あった」

NEWSポストセブン / 2012年02月18日07時00分

早稲田にケンカを売った甲子園準優勝投手の凋落ぶりは、世間の耳目を引いた。 「天下の早稲田を批判し、敵に回した人間を助けてくれる人はいませんでした。それまで近くにいた人はすべて離れていき、マスコミにもダメ人間というレッテルを貼られた。甲子園で好転した自分の人生は、早稲田で暗転したんです」 大学の授業では白い目で見られ、放蕩生活にも飽きが来て大学2年で中退。「 [全文を読む]

東海大駅伝部監督 箱根の順位は1駒沢2東洋3早稲田と予想

NEWSポストセブン / 2012年01月01日07時00分

今回の箱根駅伝では、早稲田、東洋、駒澤の3強で優勝争いを展開すると予想される。前哨戦といわれる10月の出雲駅伝では優勝が東洋、2位駒澤、3位が早稲田だった。11月の全日本大学駅伝では、優勝が駒澤、2位東洋、3位が早稲田。そのため、この3強は揺るがないと誰もが言う。 だが、高校駅伝の時、各区間を1秒単位で正確に走らせた東海大学の両角速(もろずみ・はやし)監督 [全文を読む]

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

早稲田、慶應、明治、法政、立教、そして東大。年に2回、神宮球場でリーグ戦を行う。長嶋茂雄、怪童と呼ばれた江川卓、来季から巨人で監督を務める高橋由伸、そしてハンカチ王子こと斎藤佑樹――みんな、六大学で神宮を沸かせてきた錚々たるスターたちだ。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 早見和真『6(シックス)』(集英社)は、そんな六大学野球をモチーフにした6つ [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

関東大会ベスト8の実績で2004年に早稲田実に入学した斎藤。 2年次の2005年秋に東京都大会を制し、明治神宮大会ベスト4。翌年のセンバツでも関西高との引き分け再試合の熱闘を制し、全国ベスト8にまで駒を進めた。 しかし、それまでの斎藤は好投手のひとり。「高校野球ファンならば知っている」というレベルで、全国レベルの知名度はなかった。 斎藤の知名度が大きく上が [全文を読む]

早大生御用達『三品食堂』 ラテンアメリカ協会も早食い挑戦

NEWSポストセブン / 2012年01月23日16時01分

そんな「わが大学の人情定食屋」のひとつ、早稲田大学早稲田キャンパス近くにある『三品食堂』を紹介しよう。 応援部の学生が「先日の納会ではお世話になりました」と深々と礼をすると、「おお、いらっしゃい」と店主の北上昌夫さんが笑顔で出迎える。 早稲田大学西門そば、早大生御用達の牛めし屋『三品食堂』は昭和40年創業。もとは角帽店だったが学生が制服を着なくなり、北上さ [全文を読む]

進路に関する話題は絶対NG…「早実・清宮の進学説」は本当か?

週プレNEWS / 2016年11月24日06時00分

早稲田大学に進学するーー。 あるアマチュア野球関係者がこう証言する。 「清宮の父、克幸さんは早大ラグビー部出身で、かつて同部の監督も務めており、親子ともども早稲田と強いつながりがある。当然、早大野球部は次世代の球界スター候補、清宮がノドから手が出るほど欲しい。そこで今、関係者があの手この手で清宮親子に接触し、早大入りを強く働きかけているといわれているんです [全文を読む]

面倒くさくて痛々しいけど憎めない“早稲女”について綴った書

NEWSポストセブン / 2012年10月23日16時01分

早稲女とは早稲田大学に通う女子、もしくはOGのことを指す。性質としてプライドが高く負けず嫌い、自意識過剰で自虐ネタが大好物。この自虐グセで周囲を辟易させることも少なくない。 ガサツで男勝りだが世話好きで面倒見が良い。極めつきに、頭の良い酒豪ときている。面倒くさい、鬱陶しいと思う半面、1本ピシッと芯の通った早稲女のブレない生き方はうらやましく眩しく感じるのだ [全文を読む]

フォーカス