記事 斎藤佑樹に関するニュース

里田まい絶句! NYで「タナカの妻はおバカな2流タレント」報道

WEB女性自身 / 2014年04月16日07時00分

この記事を担当したのは、バリー・ベアラク記者(64).’02年にアフガニスタン紛争のリポートで、アメリカで最も権威のある「ピューリッツァー賞」を受賞した有名ジャーナリストだ。全米屈指の名門校・コロンビア大学で教授も務めている。《日本、伊丹市ーー、ヤンキースに160億円で移籍した田中将大、その才能はこの国特有の規則正しい組織のなかで育まれていた》という書き [全文を読む]

野球記者同士の隠語「チャンシ」多用で紙面が同記事ばかりに

NEWSポストセブン / 2014年02月15日07時00分

春季キャンプが始まったプロ野球だが、どの新聞を開いても似たような記事が並んでいる。在版紙Aデスク、スポーツジャーナリストのB氏、在京紙C記者に在阪紙D記者が、涌井秀章や斎藤佑樹を見習って、メディアももっと必死になるべきだと語り合った。 A:必死、という意味ではロッテの涌井秀章や日本ハムの斎藤佑樹も同じだね。最近ブクブク太ってばかりだった涌井はかなり絞ってき [全文を読む]

スポーツ紙の芸能はバーターばかり「ン万円もらえるからやる」

NEWSポストセブン / 2012年09月04日16時00分

欧米ではこんな時、「お前が負けた時はどうする」なんて記者が食いついて、派手に記事にするのが常なんですが、日本の記者は知らないのかポカンとしていた。後で挑戦者は、「せっかくリップ・サービスをしたのに、日本の記者は仕事をしないのか」と不思議がっていたらしい(笑い)。 Cデスク:異動の多さは取材力不足にも繋がっている。事件記事だって、結局通信社頼りになっている現 [全文を読む]

東大野球部の補欠、法政野球部のマネージャー…感涙必至の東京六大学野球小説!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

特に、各話の最後に掲載されている新聞記事がポイントだ。各話の「結末」がこの記事にある。クスリと笑ってしまう記事、ああよかったと安心する記事、そしてしみじみ味わう記事。結末を新聞記事に委ねるという、この構成も巧みで、余韻があって素晴らしい。野球ファンだけが読むにはもったいない青春小説の佳作である。 神宮球場に行きたくなる。そこには野球だけではない、さまざまな [全文を読む]

小林麻耶がハンカチ王子と結婚秒読み? 秋にも正式発表とのウワサが…

メンズサイゾー / 2012年08月13日16時00分

また斉藤は、早稲田大学時代に交際していたという一回り年上の元キャバクラ嬢が、週刊誌に「ラブホ写真」を流出させ、「私を抱いた佑ちゃん」と題した記事が掲載されたことも有名。斉藤が早大入学したての頃に女性が携帯電話の番号を添えたファンレターを出したのがきっかけとなり、体の関係を持ったという。純情そうなイメージとは裏腹に、年上女性を転がすテクニックは十分なのかもし [全文を読む]

“カイエン青山”から”マカン鎌ヶ谷”に!? ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に文春砲が炸裂

ガジェット通信 / 2016年07月13日18時00分

ハンカチ王子・斎藤佑樹がポルシェを提供されていた(週刊文春WEB) http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6362[リンク] 明日発売の週刊文春本誌に先立った速報記事によれば、斎藤投手がベースボール・マガジン社の社長に車をねだり、800万円をこえるポルシェのマカンを提供されたとのこと。斉藤投手は2000万円を超えることも [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

文=落合初春(おちあい・もとはる) スマホマガジン『週刊野球太郎』 『週刊野球太郎』はオフシーズンも毎日更新中!相次いで引退した大物選手の野球人生を綴った特集「プロ野球引退物語2015」がスタート!トップアスリートが野球をやったらどうなるか?を検証する「プロ野球界にコイツが欲しい!」も必読! 公式サイト/ 【関連記事[全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「斎藤佑樹」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時56分

「それはズバリ、ネット記事の人気です。斎藤のことを書いた記事がネットにアップされると、ものすごいアクセス数を稼ぐんです。それは例えばイチローやマー君などの比ではなく、西武・秋山翔吾が32試合連続安打を記録した時の記事よりもはるかに上。日本人選手ではダントツと言っていい。読売新聞やスポーツ報知などをグループ会社に持つ巨人は、そこに注目したんです」 トレードの [全文を読む]

里田まいと結婚を決めた楽天・マー君に「ダルビッシュの二の舞」の声

メンズサイゾー / 2012年01月27日21時15分

です』より)【関連記事】福山雅治の本命は"スキャンダル処女"女優・吹石一恵だった!?【関連記事】ナンチャン・恵・加藤、勝ち組芸人に見る二番手の法則【関連記事】AKB48の曲が過去の名曲に似ているとのウワサ!? [全文を読む]

亀梨和也と深田恭子、山下智久と石原さとみの“一途な恋愛”はPRでしかない?

messy / 2017年04月28日02時00分

記事には、現在放送中の亀梨主演ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)にて共演している山下智久(32)のスクープも小さく報じられた。こちらも昨年10月に熱愛が報じられた石原さとみ(30)と自身の誕生日4月9日の夜10時前に都内高級マンションからタクシーに乗り込み、山下が石原にもたれ掛かるように座席に座る写真が掲載されている。その後2人は原宿駅付近 [全文を読む]

【プロ野球】「投手・大谷」が出遅れても安心!? 連覇を目指す日本ハムのローテーション投手たち

デイリーニュースオンライン / 2017年04月04日16時05分

文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事[全文を読む]

【プロ野球】斎藤佑樹(日本ハム)の背番号が「18」から「1」へ変更! 日本ハム歴代「背番号1」を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月10日16時05分

文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事[全文を読む]

【プロ野球】神ってるだけじゃない?流行語大賞に選ばれた野球用語…トラキチ、イチローも

デイリーニュースオンライン / 2016年12月06日16時45分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事[全文を読む]

斎藤佑樹「人命救助」でなぜか炎上 「野球以外で役に立つ」との声も

しらべぇ / 2016年11月23日11時30分

斎藤佑樹が人命救助しただけで叩かれてて笑う— まーちゃん (@ma3avvv) 2016年11月23日斎藤佑樹選手が横転したミニバンから人を救出したという記事に対して「プロ初白星が人命救助」とか「正直言って斎藤佑樹に助けられてまで生きたいとは思わない」とか辛辣すぎるコメントばっかりで笑った— 死体寝取りマン (@misokatsu2) 2016年11月23 [全文を読む]

KAT-TUN・亀梨和也&深田恭子、熱愛スクープ! 「祝福ムード」の報道に疑問の声も

サイゾーウーマン / 2016年11月17日19時00分

しかし、“ジャニーズ御用達”といわれる『女性セブン』が記事を出したことから、何らかの確固たる証拠をつかんだとみられています。それがなければ、ジャニーズの手前、記事を出せなかったはずです」(スポーツ紙記者) その一方で、深田の“男性遍歴”に鑑みると、たとえ2人が男女の仲になっていたとしても、そのままゴールインする可能性は果てしなく低そうだ。 「これまで深田と [全文を読む]

今年は何が流行った? 『ネット流行語・アニメ流行語大賞2016』ノミネートワード募集!

ガジェット通信 / 2016年11月08日18時00分

“ネット流行語大賞・アニメ流行語大賞2016”候補のノミネートワードを大募集! 以下のノミネートワードに入っていないもので、「あのワードは候補に入れるべき!」というものを記事内の応募フォームから送ってください。 ノミネートワードを見るだけでも今年1年を振り返ることができますね……、感慨深い。11月中旬より大賞の投票を実施予定です。みなさま、ご協力よろしく [全文を読む]

日本ハム・斎藤佑樹への“ポルシェ接待”に、ベーマガ社内から怒りの声「やってられねぇ!」

日刊サイゾー / 2016年07月28日13時00分

斎藤にポルシェを買ってやっても、せいぜい雑誌のインタビュー記事に応じてくれるぐらいで、そんなものは車を買わずともやれるもんですからね」(同) 聞けば、社員の中には生活苦に陥っている者もいるというから、こうなると「おねだり王子」の斎藤にまで恨み節が届きそうだ。 (文=ハイセーヤスダ/NEWSIDER Tokyo) [全文を読む]

ポルシェおねだりの日ハム・斎藤佑樹、記者間では「バカ殿」呼ばわりの悪評ぶり

日刊サイゾー / 2016年07月21日11時00分

文春の記事では、昨年夏ごろ、斎藤が野球専門誌などを発行するベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に高級車のポルシェ・カイエンなどをおねだり、結局はワンランク落ちる約800万円相当のポルシェ・マカンを提供されたというが、ほかにも日ごろから財布やバッグ、都内マンションなどを無償提供されていたという話だ。 それ自体は罪ではないが、平然と高価なモノを受け取る「ご [全文を読む]

何が甲子園のスター斎藤佑樹を「ダメ」にしたのか? 老舗野球メディアとの癒着、業界に波紋

Business Journal / 2016年07月17日17時00分

その象徴が、今回のスキャンダルではないでしょうか」 ●選手の顔色ばかり窺うメディア 長嶋茂雄は巨人の監督時代、采配批判の記事を書かれても、取材拒否をするどころか「どんどん書きなさい」と懐の深さを見せていた。 「安倍政権やジャニーズ事務所のメディアに対する圧力にしてもそうですが、今はメディア側が弱くなったと感じます。昔は圧力があっても、うまく乗り切っていた。 [全文を読む]

日ハム・斎藤佑樹が女子アナと合コン?“夜遊び王子”へ向けられる冷視線

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日09時05分

佑ちゃんが夜遊びを楽しんで話題を振りまいてくれれば、我々も記事で盛り上げられます。これぞWin-Winの関係ですよ」(前出・関係者) 話題性なら大谷すら凌ぐ斎藤。かつて甲子園を盛り上げた夏の季節は、夜遊びで話題作りに奔走か。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブ [全文を読む]

フォーカス