女形 坂東玉三郎に関するニュース

大和撫子必須の条件!坂東玉三郎が教える日本の美3つ

Woman Insight / 2013年11月12日21時00分

歌舞伎の女形として数々の古典の大役を務めている坂東玉三郎さんに日本の美について語っていただいた『和樂』12月号の特集から、日本人女性として恥ずかしくない、凛とした大和撫子になるために覚えておきたい、「日本の美」の中から3つご紹介します! ■「繊細さ」 歌舞伎では鬘(かつら)をかぶるが、その生え際の形(くり)や毛の生え方で登場人物の性格や年齢がほぼ決まるとい [全文を読む]

平幹二朗 狂気につかれた異形の人間を「好きな役」と演じる

NEWSポストセブン / 2014年07月13日07時00分

人形作家の辻村ジュサブローがデザインした、乳房を剥き出しにしたような毒衣装に身を包んだ異形の女形の姿は、観客に衝撃を与えている。 「その前に坂東玉三郎さんと『マクベス』をやりましてね。僕がマクベスで玉三郎さんがマクベス夫人でした。その時、僕は一生懸命に台詞を言っていたのですが、前の客席に目が行ったらご婦人方が台詞を言っている僕を見ないで、ジッと耐えている玉 [全文を読む]

明治大学公開講座「坂東玉三郎講演会―演じるということ2017―」人間国宝・坂東玉三郎氏(歌舞伎俳優)× 土屋恵一郎学長 特別対談

@Press / 2017年07月05日14時00分

坂東玉三郎氏の舞台を50年以上観てきたという土屋学長が、歌舞伎界を代表する女形である同氏の魅力に迫る内容となっております。 明治大学は地域社会に開かれた大学を目指し、本講座のような「社会への知の還元」を目的とした社会連携にも力を入れており、生涯学習の拠点として『リバティアカデミー』を整備・運営しております。 ■ 明治大学公開講座 ■ 「坂東玉三郎講演会―演 [全文を読む]

歌舞伎界キーマン 福助、獅童、橋之助、三津五郎らの秘話

NEWSポストセブン / 2013年03月31日07時00分

戦後、女形の最高峰といわれた中村歌右衛門の直系男子で、襲名が近いとの噂も。女形の地位を高めた坂東玉三郎の次を担っていくべき立場にある。弟に中村橋之助。姉は勘三郎さん未亡人の好江さん。勘三郎さんの生前は中村座などでの共演も多かった。若手からは教え上手と評判。飲酒運転で事故を起こしたり、市川海老蔵の長女の名前をブログで明かしたりして芸能ニュースに登場している [全文を読む]

“ご意見番”梅沢富美男が35年前にもみ消した、ワイドショーでも扱えない「爆弾スキャンダル」

日刊サイゾー / 2017年03月20日12時00分

大衆演劇全盛の1970年代後半、「梅沢劇団」を主宰していた梅沢は、女形としておばさんたちから脚光を浴び、歌舞伎界の坂東玉三郎にあやかって、“下町の玉三郎”と呼ばれていたが、世間一般の知名度は低かった。その梅沢がメジャータレントとして頭角を現したのが、82年に西田敏行と木の実ナナが主演したドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』(TBS系)に出演し、同年にリリ [全文を読む]

生田斗真、トランスジェンダー役で女らしさを追求!

Movie Walker / 2017年02月24日15時36分

精神性などいろいろと学ぶところはあったのですが、結局、取り入れていったのは坂東玉三郎さんなど歌舞伎の女形や日本舞踊、マナーなどです」。 また、トランスジェンダーの友人からもいろんなヒントを得たようだ。「彼女たちはどうやったら女性らしく見えるかを日々研究しています。ある種、女性に対して憧れを抱いているし、心血を注いでいるからとても洗練されているんです。僕もそ [全文を読む]

中国京劇界の名優、梅葆玖氏死去、82歳=梅蘭芳氏の末子―中国

Record China / 2016年04月25日15時20分

梅氏は、「史上最高の女形」と評された京劇界の巨星、梅蘭芳(メイ・ランファン)氏の末子(第9子)として上海に生まれた。10歳から京劇を習い始め、梅派芸術の継承者として活躍。2010年には歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏、能楽の関根祥六氏と一つの舞台に集い、楊貴妃の物語を演じた。 梅氏は先月31日、食事中に気管支喘息を起こし脳が酸欠状態となり、北京の協和医院で治療を [全文を読む]

香川照之が悩む家族問題 妻は梨園妻拒否、父は家を飛び出す

WEB女性自身 / 2015年12月11日06時00分

「市川中車(香川)は、坂東玉三郎から勧められ、今回初めて女形に挑戦しました。また同じく夜の部には、彼の長男である市川團子(11)が丁稚役で登場し、場内は拍手と掛け声で湧きました」(歌舞伎座関係者) 12年6月、市川中車・團子の襲名披露公演が行われたから、すでに3年半。12月7日に50歳の誕生日を迎えた香川だが、最近、新居に引っ越していた。都心の高級マンシ [全文を読む]

岡村隆史がリポーター!「プロフェッショナル」特別編

Smartザテレビジョン / 2015年10月23日05時00分

当代きっての女形で人間国宝の玉三郎からは芸道を学ぶ。玉三郎が舞台に咲かせる美も、岡村が追究する笑いも、生み出した瞬間に消えていくもの。その一瞬のために“暗い”と言われるほど悩みぬくという二人は、ゴールのない芸道を歩む覚悟について語り合う。 木村氏から学ぶのは、“生き抜く力”。不可能と言われたリンゴの無農薬栽培成功の裏には、10年にわたる収入ゼロの生活があ [全文を読む]

フォーカス