作品 阪本順治に関するニュース

UULA「I LOVE YOU」スマートフォン向け配信ドラマが国際映画祭の舞台で大喝采!

WEB女性自身 / 2013年11月12日00時00分

UULA「I LOVE YOU」スマートフォン向け配信ドラマが国際映画祭の舞台で大喝采!ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULA(読み:ウーラ)で、戸田恵梨香、多部未華子、真木よう子といった豪華女優陣を主演に迎え、UULA視聴数ランキング歴代1位を記録するなど大ヒットしたオリジナルドラマ「I LOVE YOU」が、山形国際ムービー [全文を読む]

【2016年8月】アトリエ・センターフォワード「矢内文章」の『動詞で考える』演技・演出トレーニングマッチ【全4回】

DreamNews / 2016年06月06日09時00分

今、なにをしているのか? それはなぜか? どうやってするのか? これを問いかけ続けることで、作品や役への理解を深め、舞台上で「生きる」ことができます。 動詞をテコにして奥行のある力強い表現を創りだす方法です。 より豊かな表現のために。 より深い準備のために。 なにより、 生きるために。 動詞で考えてみませんか?□参考資料:【ちょっと解説! 「動詞で考える [全文を読む]

アトリエ・センターフォワード第13回公演『あじわうとき』ポストパフォーマンストークのゲスト決定!(林英世氏・タカイアキフミ氏・横田修氏)

DreamNews / 2016年06月06日09時00分

劇場にこだわらず、ギャラリーや幼稚園を会場に演劇作品を発表。2007年には国際演劇フェスティバル・第14回BeSeTo演劇祭やフジテレビ主催・T★1演劇クランプリに参加するなど幅広い活動を展開する。桜美林大学総合文化学群助手を経て、2015年度より追手門学院大学社会学部専任講師。 アトリエ・センターフォワード 第13回公演『あじわうとき』 作・演出 矢内文 [全文を読む]

【公開生放送】アトリエ・センターフォワード新作プロデュース公演『あじわうとき』の主演「大手忍」「矢内文章」が Shibuya Cross FM に生出演

DreamNews / 2016年05月23日09時00分

→ https://www.facebook.com/shibuyacrossfm●アトリエ・センターフォワードについて 2008年、矢内文章のオリジナル作品を上演するために結成。年2回程度の公演で様々な角度から「個人では抗えない大きな流れのなかで必死に闘う人々」を描く。2013年には海外戯曲シリーズも創設し、挑戦の幅を広げている。“センターフォワード”は [全文を読む]

そこは昭和。阪本順治はなぜ「団地」を舞台にした映画を作ったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月31日13時00分

最後の一行で常識や日常を引っ繰り返す星新一さんや筒井康隆さんの作品、アーサー・C・クラーク、フィリップ・K・ディックなどのSF小説を読むには最適な環境で、目の前の現実より空想や妄想のほうにリアリティを感じる時期ってあるじゃないですか。もちろん年齢が上がるにつれてだんだんと、現実と対峙せねばならなくなるわけですけれど。 ――その現実と向き合っていく中で、転機 [全文を読む]

【江戸川乱歩】フェロモン香水を映画館でぶちまけた? 3ヴァージョン存在し、その全作がDVD化されない映画『RAMPO』の謎

tocana / 2015年11月15日17時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!今回の映画「映画誕生100年 江戸川乱歩生誕100周年記念 松竹創業100周年作品」『RAMPO』(94年)【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_7417.html】 今年は江戸川乱歩没後50年(1965年7月28日 [全文を読む]

「観ながらこれほどに混乱して困惑した映画は他にない」佐村河内『FAKE』の森達也監督が語る、衝撃のドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』とは

ニコニコニュース / 2017年09月16日10時00分

そんなニコニコドキュメンタリーの新たな企画として、著名人がお勧めのドキュメンタリー作品を紹介する企画を開始。第一弾は、ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守氏を追った『FAKE』や、オウム真理教の真実に迫った『A』『A2 完全版』などのドキュメンタリー作品を制作してきた森達也氏が、過去にインドネシアで行われた100万人規模の大虐殺を描いた『The [全文を読む]

「エルネスト」主演のオダギリジョー「一生に一度の作品」を大阪でアピール

スポーツ報知 / 2017年09月21日19時52分

キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラとボリビア戦線で共に行動した唯一の日系人・フレディ前村ウルタード(オダギリ)の生涯を描く作品。ゲバラ、フレディの没後50年に合わせて公開される。オダギリは、舞台あいさつで「一生に一度出合えるかどうかの作品。財産になる確信がありました」と自信満々。「日本映画がどうしても漫画原作、テレビの映画化に流されやすく、一映画ファンとし [全文を読む]

旦那が床下に隠れちゃう! 映画『団地』に笑いが止まらない~

anan NEWS / 2016年06月10日20時00分

オフビートの笑いがずっと続くもんだから、一度観たら忘れられない作品に仕上がっていると思うわ。 なにはともあれ、この作品で一番スゴイのは藤山さんをはじめとする日本の俳優界の重鎮たちによるクソマジメな演技合戦よ。こんなキテレツなストーリーを、大マジメにやってのけてるから、余計におもしろおかしく見えるのよね。普通コメディ映画ってど派手な笑いのシーンがあったり、肉 [全文を読む]

ヘアヌードあり!?『団地』撮影現場で藤山直美がビックリ

Movie Walker / 2016年06月04日11時52分

阪本監督は「(以前は自分の作品のことを)藤山さんに『変態テイメント』と言われていました(笑)」と苦笑していた。 ちなみに、本作の主要キャラクター4人は、第1稿の段階から“アテ書き”されている。それについて大楠は「私のどこをどう見てアテ書きされたのか…。監督は、頭がおかしくなったんじゃないかと思いました」と、ぶっちゃけトーク。すると岸部も「密かに僕もそう思っ [全文を読む]

長谷川博己、二階堂ふみの成長に感動「大人っぽくなった」

Movie Walker / 2015年07月16日19時39分

二階堂は「戦後70年という年に、この作品を撮れて、胸に来るものがあります」と、熱い思いを口にした。 芥川賞作家・高井有一の同名小説を映画化した『この国の空』は、戦時下の激しい空襲と飢餓が迫る恐怖のなかで懸命に生きる人々を描いた人間ドラマ。主人公の里子(二階堂ふみ)は、既婚者である市毛に惹かれていく。二階堂と長谷川は『地獄でなぜ悪い』(13)以来、2年ぶり2 [全文を読む]

藤原竜也 「自分の知らない世界を覗ける、紀行ものに強く心惹かれています」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月08日11時30分

藤原竜也さんが最終的に選んだ1冊は? 仕事柄、演じる作品の原作を読んだり、時代ものであれば資料となる文献を読んだりと、本に触れる機会は多いんです。そんななかで、完全に趣味として読んでいるのが紀行もののジャンル。 数年前から、見つけたら買うという感じで、けっこう読み漁っています。アウトローというか、アンダーグラウンドというか……、そんな世界にとても興味があ [全文を読む]

オダギリジョー、主演映画『エルネスト』で「甘えや慣れを排除したかった」

マイナビニュース / 2017年09月14日10時00分

阪本順治監督の最新作となる同映画は、キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの没後50周年を記念して日本とキューバ合作の作品。ゲバラの意志に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を描く。 主人公のフレディ前村ウルタードを演じたオダギリは「監督から初めてこの作品の話を [全文を読む]

DVD『西部邁ゼミナール』Vol.9【ゲスト:阪本順治】&Vol.10【ゲスト:クライン孝子】が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2017年06月23日16時00分

作品概要1>■西部邁ゼミナール Vol.9 【ゲスト:阪本順治】「ジョーのあした」辰吉丈一郎とは何者か出演:西部 邁、阪本順治◆Amazon DODストアリンク:http://amzn.to/2rmWJ0h <内容紹介>このDVDには2016年3月20日、2016年3月27日のTOKYO MX『西部邁ゼミナール』で、阪本順治監督をゲストに迎え放送された [全文を読む]

日本人俳優に初の快挙!上海国際映画祭で藤山直美に最優秀女優賞―中国

Record China / 2016年06月20日10時30分

「団地」は阪本監督にとって最も実験的な作品で、藤山直美の演技があってこそ、その実験に挑戦できたことを語っている。 最優秀男優賞に選ばれたのは、映画「追凶者也(COKE AND BULL)」から中国の人気俳優リウ・イエ。ツァオ・バオピン(曹保平)監督の作品であり、昨年の上海国際映画祭では、監督の「烈日灼心(The Dead End)」に主演した俳優3人に最優 [全文を読む]

20年間、1人の天才ボクサーを追い続けた奇跡のドキュメンタリー映画 阪本順治監督作品『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年』完成披露試写会レポート

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

作品概要『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-』天才ボクサー・辰吉丈一郎の25歳から44歳までの20年間、様々な出来事の中で父と子の絆、家族への愛、親としてそして1人のボクサーとしての心境の変化を、インタビューを中心に追い続けた魂の記録。ナレーションは阪本監督の数々の作品に出演し、辰吉とも親交のある豊川悦司が担当する。■スタッフ・キャスト企画・監督:阪 [全文を読む]

J:COM×時代劇専門チャンネル『池波正太郎時代劇スペシャル 顔』制作発表 / 日本映画専門チャンネル 阪本順治監督作品『ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-』完成発表を実施

PR TIMES / 2016年01月18日18時46分

今まさに撮影中の主演 松平健も駆けつけ、作品に対する熱い思いを語りました。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7676/188/resize/d7676-188-202448-1.jpg ] [画像2: http://prtimes.jp/i/7676/188/resize/d7676-188-895498-2.jpg ] ◆コメント / [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(1)原田芳雄「喪失感」を遺作監督が激白

アサ芸プラス / 2012年02月21日10時54分

病院の廊下で歩行練習もしていましたし、亡くなる前日も見舞いに訪れた石橋蓮司さんを相手に、次の作品について語り合っていました」 原田同様に家族も、病気の経験がのちの俳優人生に生かされることを信じて疑わなかったという。 その遺作の監督を務めた阪本順治氏も、突然の最期だけに喪失感は大きい。 「芳雄さんのお宅に伺って一献傾けることで、ふだんのモヤモヤみたいなものが [全文を読む]

オダギリジョー 財産になる「挑戦的な予測のつかない、一生に一度出会えるかどうかの作品」

スポニチアネックス / 2017年09月21日19時49分

映画ファンとして、この先を心配してしまう気持ちがある」と日本映画の現況を憂いたが、「これは挑戦的な予測のつかない、一生に一度出会えるかどうかの作品。必ず(演じた)自分の財産になると確信してます」と充実感たっぷりに映画をPRした。 映画は日本とキューバの合作。キューバ革命の英雄として知られるチェ・ゲバラのゲリラ部隊に所属し、ゲバラから「エルメスト」と名付けら [全文を読む]

安藤政信「ドラマなんてと思っていた時期もあった」 “拒絶心”からの心境の変化とは

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年08月20日06時50分

…あ、でも作品の話はあまりしないかも(笑)」と、オフスクリーンでの和やかな様子を伝える。「今までの作品でも、『相手役を食ってやろう』と思って入ることはなくて。僕は、いつだって相手を愛したり、尊敬したいと思ってやっています」。そうして熱を帯びて伝える様子は、視野を広げた安藤の、より豊かな俳優人生を示しているようだった。(取材・文・写真:赤山恭子) 『コード・ [全文を読む]

フォーカス