俳優 堺雅人に関するニュース

キムタクは何位? 2位は西島秀俊「医師役がハマる俳優」納得の1位は…

VenusTap / 2017年02月19日20時40分

多くの名優が医師を演じてきましたが、あなたは誰が最も医師を上手に演じていたと思いますか?そこで今回は、『VenusTap』が全国の男女500人に「白衣も似合う! 医師役がハマっている俳優といえば?」という独自アンケートを実施。結果をランキング形式で紹介しますので、ぜひともチェックしてみてくださいね。とくにTOP3の3人は、群を抜く票を集めましたよ。■同票5 [全文を読む]

西島秀俊、堺雅人、長谷川博己……いまアラフォー俳優が女性の心を射止めるワケ

ウートピ / 2014年05月03日12時00分

現在、アラフォーの俳優の活躍が注目されています。ドラマ『MOZU』の西島秀俊(43)は熱愛の報道もあり、話題の人で、ネットニュースのアクセスが上昇中だそうです。バラエティーなど、マルチに活躍していた大泉洋(41)も、『探偵はBARにいる』シリーズで俳優としての魅力を開花させたほか、エッセーが20万部を超えるヒットしているとのこと。また、『半沢直樹』で大ブレ [全文を読む]

5歳にして既に“役者”だった! 堺雅人の「演じること」への思いとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月02日16時00分

俳優、堺雅人はどのような思いで役を演じているのだろうか。この本には彼の演技への思いがギュッとこめられている。 本の一部が読めるもっと詳しい記事はこちら 高校時代、官僚になるのを夢見ていたという堺だが、彼にとって役者以上の天職はあるまい。彼は生まれながらの俳優のようだ。堺が初めて演技をしたのは幼稚園のクラスで『みなしごハッチ』の劇をすることになった5歳のこと [全文を読む]

今、最も注目の俳優 堺雅人のエッセイ2冊が緊急電子化!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月29日12時00分

関連情報を含む記事はこちら 『半沢直樹』が大ブレイク、放送中の『リーガル・ハイ』も大人気、今最も旬の俳優、堺雅人氏。そのエッセイは日常を語るのではなく、「演じるときに考えていたこと」を綴るスタイルで読むと役者の頭の中をのぞき見るような感覚になるという。撮り下ろし写真やオフショット写真も満載のファン待望の1冊だ。 ■書誌情報■ 『文・堺雅人』(680円) [全文を読む]

堺雅人「僕は理想の俳優がウォーズマンなんですよ」発言を考える

文春オンライン / 2017年03月12日17時00分

彼の理想の俳優像が「ウォーズマン」だと言うのだ。 堺雅人は本当に変わった男である。この番組でも彼は、バイトを無断“出勤”してクビになったことがあるだとか、空間認識が苦手で「右・左」が咄嗟に分からないだとか、美術のヌードモデルをやったことがあるだとか、“変人”エピソードを連発していた。 そんな堺は「リーガルハイ」(フジテレビ)と「半沢直樹」(TBS)という彼 [全文を読む]

市川紗椰ほか、“早慶出身”タレントはなぜ多い?

日刊大衆 / 2016年12月31日16時00分

イケメン俳優の藤木直人(44)もその一人だ。藤木は進学校として知られる千葉県立佐倉高等学校を卒業後、1年の浪人生活を経て、早稲田大学の理工学部に入学した。在学中に映画『花より男子』(東映配給)で俳優デビューし、芸能活動のために1年留年することになったが、無事に卒業を果たしている。 また、報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)でメインキャスタ [全文を読む]

土屋太鳳・有村架純・長澤まさみら「第66回 NHK紅白歌合戦」ゲスト審査員に決定

モデルプレス / 2015年12月25日15時37分

(modelpress編集部) ■ゲスト審査員(五十音順) 有村架純(俳優) 上橋菜穂子(作家・川村学園女子大学特任教授) 大泉洋(俳優) 堺雅人(俳優) 土屋太鳳(俳優) 所ジョージ(タレント) 長澤まさみ(俳優) 羽生結弦(フィギュアスケート選手) 又吉直樹(お笑い芸人・作家) 三宅宏実(ウエイトリフティング選手) [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

ドラマになったらあの俳優に演じて欲しいなあと思いながら小説を書くことはあるだろうが、これはドラマの原作にするための「当て書き」のような気がする。小説の倫太郎は「倍返し」とも発言する。TBSのドラマ「半沢直樹」で、上を目指すと公言する怖いもの知らずの銀行マン。フジテレビ「リーガルハイ」で、訴訟に一度も負けたことがない敏腕弁護士を演じた堺雅人は、次のドラマでど [全文を読む]

キムタクやジャニーズ俳優は「半沢人気」の堺雅人に勝てないのか?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月28日16時10分

今年も師走となり一年の総計がまとめられるころでもあるが、なんといってもテレビではドラマの話題が豊富な年だった。とくに際立ったのがその内容より視聴率だった。今世紀最高の評価となった『半沢直樹』(TBS)は、1977年以降の民放テレビドラマで史上1位の高視聴率となり、瞬間最高では関東で46.7%、関西では50.4%(※ビデオリサーチ調べ)という驚異的な数字を叩 [全文を読む]

半沢直樹で盛り上がる“脇役陣”(1)一番の当たり役「片岡愛之助のオネエ口調」

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

ドラマの大ヒットを受けて、主演級の俳優たちの人気が急上昇するのは、当然の成り行きだ。しかし、「半沢直樹」が異色とも言えるのは、イメージを損ないかねない役柄を演じた俳優まで大ブレイクを果たしたことだろう。合言葉よろしく「倍返しだ」とばかりに、成り上がった脇役陣をランキングする! あるTBS関係者が言う。 「今回の『半沢直樹』では、制作費の大半が堺雅人(39) [全文を読む]

フォーカス