俳優 堺雅人に関するニュース

西島秀俊、堺雅人、長谷川博己……いまアラフォー俳優が女性の心を射止めるワケ

ウートピ / 2014年05月03日12時00分

現在、アラフォーの俳優の活躍が注目されています。ドラマ『MOZU』の西島秀俊(43)は熱愛の報道もあり、話題の人で、ネットニュースのアクセスが上昇中だそうです。バラエティーなど、マルチに活躍していた大泉洋(41)も、『探偵はBARにいる』シリーズで俳優としての魅力を開花させたほか、エッセーが20万部を超えるヒットしているとのこと。また、『半沢直樹』で大ブレ [全文を読む]

5歳にして既に“役者”だった! 堺雅人の「演じること」への思いとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月02日16時00分

俳優、堺雅人はどのような思いで役を演じているのだろうか。この本には彼の演技への思いがギュッとこめられている。 本の一部が読めるもっと詳しい記事はこちら 高校時代、官僚になるのを夢見ていたという堺だが、彼にとって役者以上の天職はあるまい。彼は生まれながらの俳優のようだ。堺が初めて演技をしたのは幼稚園のクラスで『みなしごハッチ』の劇をすることになった5歳のこと [全文を読む]

今、最も注目の俳優 堺雅人のエッセイ2冊が緊急電子化!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月29日12時00分

関連情報を含む記事はこちら 『半沢直樹』が大ブレイク、放送中の『リーガル・ハイ』も大人気、今最も旬の俳優、堺雅人氏。そのエッセイは日常を語るのではなく、「演じるときに考えていたこと」を綴るスタイルで読むと役者の頭の中をのぞき見るような感覚になるという。撮り下ろし写真やオフショット写真も満載のファン待望の1冊だ。 ■書誌情報■ 『文・堺雅人』(680円) [全文を読む]

市川紗椰ほか、“早慶出身”タレントはなぜ多い?

日刊大衆 / 2016年12月31日16時00分

イケメン俳優の藤木直人(44)もその一人だ。藤木は進学校として知られる千葉県立佐倉高等学校を卒業後、1年の浪人生活を経て、早稲田大学の理工学部に入学した。在学中に映画『花より男子』(東映配給)で俳優デビューし、芸能活動のために1年留年することになったが、無事に卒業を果たしている。 また、報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)でメインキャスタ [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

ドラマになったらあの俳優に演じて欲しいなあと思いながら小説を書くことはあるだろうが、これはドラマの原作にするための「当て書き」のような気がする。小説の倫太郎は「倍返し」とも発言する。TBSのドラマ「半沢直樹」で、上を目指すと公言する怖いもの知らずの銀行マン。フジテレビ「リーガルハイ」で、訴訟に一度も負けたことがない敏腕弁護士を演じた堺雅人は、次のドラマでど [全文を読む]

キムタクやジャニーズ俳優は「半沢人気」の堺雅人に勝てないのか?

東京ブレイキングニュース / 2013年12月28日16時10分

今年も師走となり一年の総計がまとめられるころでもあるが、なんといってもテレビではドラマの話題が豊富な年だった。とくに際立ったのがその内容より視聴率だった。今世紀最高の評価となった『半沢直樹』(TBS)は、1977年以降の民放テレビドラマで史上1位の高視聴率となり、瞬間最高では関東で46.7%、関西では50.4%(※ビデオリサーチ調べ)という驚異的な数字を叩 [全文を読む]

半沢直樹で盛り上がる“脇役陣”(1)一番の当たり役「片岡愛之助のオネエ口調」

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

ドラマの大ヒットを受けて、主演級の俳優たちの人気が急上昇するのは、当然の成り行きだ。しかし、「半沢直樹」が異色とも言えるのは、イメージを損ないかねない役柄を演じた俳優まで大ブレイクを果たしたことだろう。合言葉よろしく「倍返しだ」とばかりに、成り上がった脇役陣をランキングする! あるTBS関係者が言う。 「今回の『半沢直樹』では、制作費の大半が堺雅人(39) [全文を読む]

滝藤賢一 7月クール2作出演!名脇役が奮起の陰で抱く野望

WEB女性自身 / 2017年08月05日10時00分

そして、主人公の過去を知る元上司役を怪演しているのが俳優の滝藤賢一(40)だ。 「もともと俳優・仲代達矢さん(84)主宰の俳優養成所・無名塾・に在籍し、舞台を中心に活動し演技力を磨いてきました。その後、映像作品に幅を広げるために退所。コツコツ脇役をこなしてさらに演技力を磨き、13年放送のTBS系『半沢直樹』では堺雅人さん(43)演じる主人公と同期の銀行員を [全文を読む]

山下智久がなぜ!?「好きな男優」ランキング入りの怪

messy / 2017年03月31日00時00分

3月30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、同誌調査による『「好きな俳優」「嫌いな俳優」2017』を発表した。読者アンケートおよびメルマガ会員を対象に調査したもので、総投票数は6900通超だったという。 「好きな男優」1位に輝いたのは、昨年圏外から急上昇の玉木宏で票数107。「嫌いな男優」1位は、得票数647とダントツで木村拓哉。前々回からこの順位をキープ [全文を読む]

「右と左がわからない!」「計算が大の苦手!」 Dr倫太郎、堺雅人の発言が話題に!

ヘルスプレス / 2015年04月15日21時22分

この倫太郎役の俳優の堺雅人が、最近のトーク番組やバラエティで発言している内容に注目が集まっている。 「急に言われると右と左が分からなくなっちゃう」、「方向音痴で、テレビ局のトイレに行った後、楽屋に帰る道順にも迷った」などと話をしている。出演者たちは面白エピソードとして、驚きつつ笑っているが、ネットではやや違った捉え方をする人たちがいた。 「よくよく落ち着い [全文を読む]

『半沢』続編に興味なし!? NHK大河、三谷幸喜・堺雅人“最強”タッグ結成の舞台裏

日刊サイゾー / 2014年05月15日11時00分

話題性抜群の組み合わせだけに、NHKとしては独自に発表したかったみたいですが」(同) NHKの内情はともあれ、確かに今、一番数字が取れる俳優である堺を押さえられたのは大きい。 「三谷さんが脚本を担当することは年明けには決まっていたのですが、三谷さんは“当て書き”といって、先に役者を決めてからその役者をイメージしながら台本を書くので、早急に主演を決める必要が [全文を読む]

日本もアメリカもテレビドラマは”シナリオ”の時代へ?

ハリウッドニュース / 2013年10月15日18時30分

まず主演俳優を見てみると、「半沢直樹」は40歳の堺雅人、「ブレイキング・バッド」は57歳のブライアン・クランストン。華やかさはないものの、両者とも演技派俳優として知られており、本作の演技も絶賛された。ブライアンは同作品で3年連続主演男優賞を受賞しており、アカデミー主演男優賞のアンソニー・ホプキンスが「本当に素晴らしい俳優だ」というファンレターを送ったほどそ [全文を読む]

『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる

AOLニュース / 2013年08月19日12時01分

堺雅人にハマりすぎや」 「夏クールで半沢直樹が大ヒットしてるわけだが、秋クールでたしかリーガルハイあるよね?堺さんやばいな」 「半沢直樹が終わったらリーガル・ハイだということで半沢直樹と古美門研介を見比べて同じ俳優さんに見えない。これが俳優というお仕事なのだと改めて堺さんを見てて思う」 このように、堺の勢いに多くのユーザーが圧倒されている。また、古沢良太に [全文を読む]

映画『LUCK-KEY/ラッキー』、銭湯で転倒して記憶喪失に!? 特別映像公開!

THE FACT JAPAN / 2017年08月18日10時48分

韓国コメディ映画史上最速で観客動員数500万人を突破! 2週連続1位&697万人動員のメガヒット!日本発、韓国映画史を塗り替えた最高のエンタテインメント!『LUCK-KEY/ラッキー』銭湯で転倒して記憶喪失に!? 物語の起点となる特別映像解禁!!この度、映画『LUCK-KEY/ラッキー』の公開が2017年8月19日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて決 [全文を読む]

堀北真希ほか「“スピード婚”夫婦」は意外に順調だった!?

日刊大衆 / 2017年01月04日15時00分

2015年、女優の堀北真希(28)と俳優の山本耕史(40)の電撃入籍に、日本中が驚かされた。山本から堀北への40通にも及ぶラブレターが「ちょっと怖い」と話題になったが、この二人、交際期間はなんとわずか2か月である。一生の一大事をそんなすぐに決めちゃって大丈夫? と心配になるのはファンだけではないだろう。とはいえ、多忙を極める芸能人にはスピード婚が多いもの。 [全文を読む]

『真田丸』の隠し玉 「オフロスキー」キャラの小林顕作とは?

NEWSポストセブン / 2016年11月09日07時00分

これまで有名、無名問わず多くの俳優が出演し、注目を集めてきたが、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが着目したのは、明石全登(あかしてるずみ)役の小林顕作(こばやしけんさく・45才)だ。小林は意外な作品に出演しているようで…。その経歴と魅力について、ペリー荻野さんが解説する。 * * *『真田丸』では、ひげ面で一見、強面だが愛妻家の小山田茂誠役の高木 [全文を読む]

NHK大河『真田丸』を中小企業の“生き残り劇”として見る

HANJO HANJO / 2016年05月09日08時00分

主演の堺雅人は法廷ドラマ『リーガルハイ』(フジテレビ系)で性格の悪い天才弁護士や「倍返しだ!」で一世を風靡した『半沢直樹』(TBS系)で主演を務めた人気俳優だが、本作ではおとなしい存在で、ドラマを盛り上げるのは脇を固めるおじさん俳優たちだ。 信繁の兄・信幸を演じる大泉洋。父・昌幸を演じる草刈正雄。昌幸に惚れこみ臣下となった出浦昌相を演じる寺島進。上杉景勝 [全文を読む]

徹底検証!新垣結衣「身長サバ読み疑惑」 意外な検証結果で浮かび上がった“大物俳優”の存在とは……

日刊サイゾー / 2015年10月06日17時00分

身長が高すぎると、キャスティングの際に男性俳優の身長も考慮にいれなければならず“使いづらい”ため、新垣が身長を低くサバ読んでいるともっぱらの噂でした。最近の出演作でも共演者は向井理(182 cm)、綾野剛(180cm)、岡田将生(180cm)と全て大台を超えている俳優ばかり。ここまで徹底されると疑いたくもなりますね」(芸能記者) 謎が謎を呼ぶ新垣の身長。そ [全文を読む]

「初体験」はあの有名人だった?出産した菅野美穂の華麗なる男性遍歴

アサ芸プラス / 2015年08月18日17時59分

「菅野は1997年に発売された写真集のカメラマンや、俳優の岡田義徳、柏原崇など数々の交際がメディアで報じられてきました。そんな中で、世間から一番の注目を集めたのはやはりSMAP・稲垣吾郎との約8年間にも渡る交際でしょう。子供を欲しがった菅野に対し、稲垣は断固として子作りを拒否したことが、破局の原因だったようです」(芸能誌記者) 稲垣との長年の交際に終止符を [全文を読む]

ドラマスタッフがお笑いライブに殺到中!? キャスティングに“芸人枠”大幅増加のワケとは

日刊サイゾー / 2015年06月12日11時00分

すでにドラマに出ている人ではなく、手垢のついてない人を探すために、お笑いの劇場に足を運んでいるスタッフはかなりいますよ」(ドラマスタッフ) 今クールのドラマにも、数多くのお笑い芸人が俳優として出演している。 「堺雅人さん主演の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の大事な初回ゲストは、ハリセンボンの近藤春菜さんでした。演技も好評で、一部では堺さん自らのキャスティ [全文を読む]

フォーカス