舞台 堺雅人に関するニュース

半沢直樹派VS倫太郎派…女子の果てなき論争♡この10年から見る堺雅人の当たり役

ソーシャルトレンドニュース / 2015年07月24日19時16分

私も堺さんの握ったおにぎりをいただきたい!」(24歳 フリーター)■舞台 『蛮幽鬼』 サジ役 2009年「にっこりとしながら人を殺していく役柄です。堺さんって優しそうだけど何を考えているかわからない独特な笑顔も魅力だと思うので、敢えてその笑顔を殺し屋役として活かしていたのに役者魂を感じました」(22歳 学生)■ドラマ 『ジョーカー 許されざる捜査官』 伊達 [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

それはみんな「小劇場」の出身者で、舞台で育ってきている、ということです。 かつて、テレビの中の人気者は、演劇舞台とは離れた場所にいました。特に「アングラ」「小劇場」と呼ばれるマイナー系(テレビ的大御所に対して)は、触ってもいけないし踏み込んでもいけない、いわばアブナイ領域でした。もちろんその出身者が、メジャーなテレビドラマに出ることもごくごく限られていたの [全文を読む]

人気沸騰の高橋一生「普段はスタジオ入りも気づかないほど」

WEB女性自身 / 2017年01月25日06時00分

「彼は幼少期から映画やドラマに出演していましたが、主戦場は舞台でした。30代の舞台役者の中でいちばんの演技派といわれ、演出家から名指しでオファーされるほどです。高橋さんが出演する小劇場はいつも満席で、女性だけでなく男性の演劇ファンも多い。集中力が高く、圧倒的な存在感で活躍の場を広げてきたのです」(舞台関係者) 舞台での評判を聞いたNHKは、早くから高橋に [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに『HERO』が高視聴率を獲得したからなんですね。なんと、11話全て30%超え。これは日本の連ドラ史上、今もって唯一の快挙である。脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フ [全文を読む]

「右と左がわからない!」「計算が大の苦手!」 Dr倫太郎、堺雅人の発言が話題に!

ヘルスプレス / 2015年04月15日21時22分

堺雅人も舞台の下手と上手を映像や目印で判断すると話している。 この「左右盲」の症状を持つ人や知人や身内に「左右盲」がいる人たちが、堺雅人の発言に対して、ネット上で「それって、左右盲じゃないの?」と指摘したり、同じくテレビ番組で、「アルバイト時代つり銭を千円単位でよく間違えた」、「バイトが楽しすぎて"無断出勤"して首になった」などというエピソードから、発達障 [全文を読む]

半沢直樹「トリビア10連発」(1)堺雅人は学生時代から数字が苦手!?

アサ芸プラス / 2013年09月12日10時00分

ドラマでは半沢の気弱な同期・近藤をネチネチいびったものの、半沢に不正の証拠をつかまれたとたん、腰砕けになる情けない役柄だが、過去には、堺が、手塚主演の舞台に脇役で出演したことがあったのだ。 手塚は、83年、蜷川幸雄氏の舞台でデビューして以来、複数の有名劇団を経験した個性派実力俳優だが、95年に手塚が主演を務めた舞台「本牧マクベス」に、堺は早大の演劇研究会の [全文を読む]

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」と「真田丸」 相互に補完し合う戦国の大河ドラマ

エンタメOVO / 2017年04月28日17時03分

昨年の「真田丸」に続き、戦国時代が舞台の「おんな城主 直虎」。戦国時代は大河ドラマで人気の題材だが、ここ10年で5作が戦国ものだったこともあり、やや食傷気味…という視聴者もいるかもしれない。 だが、諦めるのはまだ早い。一口に“戦国時代”と言っても、歴史上では150年にも及んだことから、その内容はさまざま。2年連続とはいえ、「おんな城主 直虎」も「真田丸」と [全文を読む]

「原作への愛もリスペクトもなしに、なにがテレビだ…!」 堺雅人(そして杉村太蔵)がドラマ『弱ペダ』を援護射撃!

おたぽる / 2016年07月28日22時00分

これまでにアニメ化や舞台化もされた人気マンガのドラマということで、ファンの期待が高まっている中、あの名優・堺雅人が本作を援護射撃していると話題だ。 アニメやマンガの実写化といえば、批判がつきものであるが、ドラマ『弱虫ペダル』については「スカパー!申し込んだ!!」「普通に楽しみ」と、比較的好感を示す声が上がっている。というのも、本作は主人公・小野田坂道を演じ [全文を読む]

ゴメンつい…子持ち女性約6割が自覚!独女へのマウンティング発言TOP5

VenusTap / 2017年02月28日16時40分

舞台で共演後に山本耕史が堀北真希に好意を抱き、40通の手紙を書いて猛アタック。その後交際前にプロポーズした、という話は有名ですよね。出た! まさに典型的なマウンティング発言といえそうな、出産についてのお節介なアドバイス。山本耕史、堀北真希とは「仕事がなくなっても結婚してた」 – モデルプレス https://t.co/MztSd8vfsw #結婚 #出会っ [全文を読む]

高橋一生「オーディションでジャニーズに負け続けた」苦難の日々を乗り越え“第2の堺雅人”に!?

日刊サイゾー / 2017年02月04日09時00分

それでテレビの仕事はあきらめ、舞台で地道に実力をつけていこうと、マネジャーと二人三脚でやってきたようですよ」(舞台関係者) このマネジャーというのが50代くらいの女性で、高橋いわく「芸能界の母」だという。 「共演者の女性ともあまり話をしない高橋さんですが、共演歴のある田中麗奈さんや尾野真千子さんは『(高橋には)妙な色気があって惚れるよね~♪』って、口をそろ [全文を読む]

フォーカス