演劇 三谷幸喜に関するニュース

PARCO STAGEのスマホアプリ「パルステ!」に新サービス!「スマートフォン入場」でスマホ片手にかんたん入場!

PR TIMES / 2016年12月01日12時04分

スマートフォン入場は12月2日(金)12:00 三谷幸喜 作・演出『不信~彼女が嘘をつく理由』から実施株式会社パルコ(本部所在地:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三 以下パルコ)、ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、以下ぴあ)、株式会社Leonis&Co.(東京都新宿区、共同代表:伊藤圭史、上西培智、以下レオニス)は、パルコが企画 [全文を読む]

「音楽劇 ヴォイツェク」の白井晃がWOWOW主催「勝手に演劇大賞2013」で2冠達成。「自分でも達成感のあった作品を視聴者の皆さんに選んでもらえてうれしい」

PR TIMES / 2014年02月01日10時27分

チケット入手困難な話題のステージを放送しているWOWOWが、視聴者からの投票で2013年の演劇界で輝いていた人・作品を表彰する「勝手に演劇大賞2013」。今回は、作品賞に「音楽劇 ヴォイツェク」(赤坂ACTシアターほか)、演出家賞に同作の白井晃が選ばれた。2013年は計6本もの舞台に出演・演出し、演劇界を代表する存在となった白井に、受賞の感想を聞いた。 「 [全文を読む]

秋元才加、AKB48卒業後初の舞台決定 三谷幸喜氏作品に初参加

モデルプレス / 2013年09月11日13時34分

2012年に第19回読売演劇大賞、紀伊國屋演劇賞など数々の演劇賞に輝いた今作は、三谷幸喜氏が作・演出を担当。本公演は、2011年3月6日にプレビュー公演が始まったが、開幕直後に東日本大震災が発生。震災翌日、各劇場から上演中止の情報が入る中、三谷氏をはじめとするキャストスタッフの「こういう時だからこそ、劇場のあかりをともさなければならない」という熱い想いと [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

学生劇団のポテンシャル! 学生演劇から・・・という流れは意外に多く、厚木高校が母体の「劇団扉座」は、『相棒』でおなじみ六角精児さん、山中崇史さんが所属。早稲田大学の「第三舞台」(2012年解散)には筧利夫さん、勝村政信さん、仮面ライダーウィザードで白い魔法使い・ワイズマンを演じた池田成志さんも所属していました。同じく早稲田大学は「カムカムミニキーナ」など [全文を読む]

北村明子、『渡辺晋賞』女性で初の受賞! 大竹しのぶ&三谷幸喜が駆けつけお祝いメッセージ

Entame Plex / 2016年03月02日20時11分

3月2日、都内にて『第11回 渡辺晋賞 授賞式』が行われ、演劇プロデューサーの北村明子が同賞を受賞した。(※女性の同賞受賞は初) 北村は、蜷川幸雄、三谷幸喜、ケラリーノ・サンドロヴィッチなど日本を代表する演出家を次々に起用し、数々の作品を意欲的に制作。これまで、彼女のプロデュース作品は様々な賞を受賞するなどの活躍ぶりを見せている。 また、自身が代表取締役を [全文を読む]

大泉洋が語る、三谷幸喜との因縁 「三谷さんは、面倒くさい方ですよ(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月10日11時30分

北海道の人気演劇ユニット「TEAM NACS」の一員であり、いまや全国的な人気俳優となった大泉洋。そして今年、彼は「売れっ子作家」という新たな一面を獲得した。4月に発売した著書『大泉エッセイ』が26万部のヒットを記録。ファンのみならず、幅広い層から厚い支持を得た初のエッセイ集だ。そんな彼がみずから表紙の一員となった『ダ・ヴィンチ』11月号では、熱狂的な人気 [全文を読む]

WOWOW:「勝手に演劇大賞2016」受賞者コメント映像到着!!

PR TIMES / 2017年03月03日19時20分

視聴者の皆様からの投票によって、演劇界で“最も輝いていたと思う作品・演出家・俳優”を勝手に表彰する WOWOWの「勝手に演劇大賞」が7回目の開催となりました。 今回も、作品賞のストレートプレイ部門、ミュージカル部門、他に、演出家賞、男優賞、女優賞の5部門で投票を行い、大変多くの皆様にご協力いただき、ありがとうございました。 3月1日に結果発表をさせていただ [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

それは、小説にも漫画にも、映画にも演劇にもないものだ。現に、『空飛ぶ広報室』(TBS系/2013年)や『掟上今日子の備忘録』(日テレ系/2015年)、そして『逃げ恥~』と、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの脚本家・野木亜紀子サンの作品を見ていると、最新のクリエイティブがそこにはある。実は、低視聴率で打ち切られるドラマは案外、少ない。打ち切られるとしたら、それは志が足 [全文を読む]

“当て書きの達人”三谷幸喜が、ひそかに込めた『真田丸』での“高畑淳子イジリ”とは――

日刊サイゾー / 2016年09月06日11時00分

事実、高畑さんの息子(裕太容疑者)の父親が2番目の夫でないことは、演劇業界では知られた話でしたからね」(テレビ関係者) 業界向けの“遊び心”を入れるのが三谷流だが、今回は事件のせいで、それらすべてが皮肉に変わってしまったようだ。 [全文を読む]

大泉洋は神経質、竹内結子は…!? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

tocana / 2016年08月14日08時00分

当て書きとは、演劇や映画などでその役を演じる俳優をあらかじめ決めてから、脚本を書くことを指している。 宮藤官九郎の場合、NHKの朝ドラ『あまちゃん』で主人公・アキ(のん、本名・能年玲奈)の母・春子役を演じたのは小泉今日子だが、「役というより、完全にプライベートの小泉今日子そのものだった」(ドラマ関係者)とまで評されていた。 三谷の場合も同様で、『真田丸』で [全文を読む]

フォーカス