俳優 三谷幸喜に関するニュース

三谷幸喜、最も嫌う俳優は?

NewsCafe / 2016年09月30日00時00分

脚本を担当している三谷幸喜(55)の評価も高まっているが、そんな彼は意外にも俳優の好き嫌いが激しいという。 「もともと三谷は脚本を書くときは俳優をイメージしてストーリーを作ってゆくタイプです。彼は自分が好きになった俳優は継続して主演させる傾向があり、選ばれたメンバーを業界では『三谷組』と呼んでいます」(映画関係者) どんな俳優が好きなの? 「彼が監督した [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

ドラマ見ていると、「やけに共演の多い俳優さんたち」がいる事に気が付きませんか?ドラマは基本的に「オファー」か「オーディション」でキャスティングが決まります。オーディションといっても、俳優であれば誰でも受けられるというわけではなく、事務所や劇団にオーディションの案内が来て、初めて出演のチャンスを得られるのです。 そんな少ないチャンスだからこそ、事務所や劇団側 [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「イイ声って言われたこと、本当に1回もないです!」

週プレNEWS / 2015年10月25日12時00分

おかげで表現すること、演じることの楽しさを知って、そんな芝居を見たこともないのに俳優養成所に入ることになったんですよ。 ―まずは俳優の道なんですよね。今なら最初から声優を目指すっていうのも普通で。もういろんな声優さんがいて、華やかな憧れみたいなものもありますけど。 山寺 そうですね。何回か声優ブームみたいなのはきたらしいですけど、あんまり僕もわからずに。た [全文を読む]

『半沢』続編に興味なし!? NHK大河、三谷幸喜・堺雅人“最強”タッグ結成の舞台裏

日刊サイゾー / 2014年05月15日11時00分

話題性抜群の組み合わせだけに、NHKとしては独自に発表したかったみたいですが」(同) NHKの内情はともあれ、確かに今、一番数字が取れる俳優である堺を押さえられたのは大きい。 「三谷さんが脚本を担当することは年明けには決まっていたのですが、三谷さんは“当て書き”といって、先に役者を決めてからその役者をイメージしながら台本を書くので、早急に主演を決める必要が [全文を読む]

三谷幸喜、小日向文世にブチギレた過去を暴露

日刊大衆 / 2016年12月22日15時00分

12月18日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、俳優の小日向文世(62)が出演。脚本家の三谷幸喜(55)が小日向の意外な素顔を暴露し、くりぃむしちゅーの上田晋也(46)、俳優の藤木直人(44)らを驚かせる場面が見られた。 この日は小日向のさまざまなプライベートの姿が紹介されたのだが、その中で三谷がVTRで小日向の素顔を明かすことに。三谷は俳優とは個 [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「俺たちは声だけでも命かけなきゃいけないんじゃないかと…」

週プレNEWS / 2015年11月15日12時00分

僕は普段、声優の仕事をしないタレントさんとか俳優さんと作品を一緒にやることが結構多いから。知ってるつもりなんですよ、スゴさとか魅力も。 だから、その芝居を否定してるわけじゃなくて、その時1回だけ劇場版で花火打ち上げたいから、ずっとレギュラーでやってた人たちを急に変えるってのをね。変えられた人達も納得してないのかなってのがあって。そういうやり方だと、じゃあ何 [全文を読む]

NHK大河の会見に乱入の三谷幸喜 本編にも出演する説出る

NEWSポストセブン / 2015年10月07日16時00分

ひとりの俳優が、いろんな職業に扮するCMといえば、『つむぎ』と同じ日本コカ・コーラの山田孝之の『ジョージア』がある。山田はこのシリーズで、ざっと思い出せるだけでも、大工、営業マン、警官、ラーメン職人、バイク便ライダー、トラック野郎、海の家のお兄さんなどに次々変化。ついにはコロンビアで原料のコーヒー豆を収穫する現地の人にも扮して、「さすが俺の豆だ…」と真っ [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

主人公「財前五郎」の名前の元となった俳優「田宮二郎」さんが主演をつとめました。出世欲があり、時には弱者を権力でねじ伏せる財前を、あえて主人公に据えた原作も素晴らしいのですが、1966年の田宮二郎さんの映画版と1978年のドラマ版は、特にその迫力がすさまじいのです。田宮さん演じる財前という人間のすごみが画面からあふれ出て、体が震えるほどでした。 何度もテレビ [全文を読む]

脚本家・三谷幸喜が役者業に本格転向!? シス・カンパニー移籍でささやかれる驚きのウワサ

日刊サイゾー / 2014年01月28日13時00分

そのため、いろいろな臆測が飛び交っているのが現状です」(芸能事務所関係者) 普通、俳優や女優が事務所に所属するのは、営業をしてもらったり何かあったときのフォローをしてもらいたいからというのが理由だが、こと三谷に至っては、すでに知名度は抜群で営業の必要性はない。 「もしかしたら、結婚したことが理由かもしれませんね。相手は一般人なので、今後、例えば妊娠、出産す [全文を読む]

藤原竜也の魅力全開!映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』に酔う

citrus / 2017年07月12日06時00分

■ひとりの少年が俳優になるまで藤原竜也という演技者を観るたびに、何とも言えない感覚に襲われる。藤原は1997年、15歳にして蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』でデビューし、2003年には蜷川演出『ハムレット』のタイトルロールを演じている。21歳にして大劇場でのハムレット…これは日本の演劇界でも稀なことだ。が、彼は世に出る前に演劇教育を受けた俳優ではない。デビュー [全文を読む]

草刈正雄、写真集1位に『真田丸』『イッテQ!』……空前の大ブレークのワケは?

サイゾーウーマン / 2017年06月17日15時00分

さらに、ここ10年ほどは小日向文世や八嶋智人、遠藤憲一など、あらゆる役柄をこなす脇役俳優に押されて、2時間ドラマや連ドラのゲスト的な扱いが多かった印象があります」(芸能記者) さらに、その存在について「気にもかけてなかった」(制作会社スタッフ)という声もある。 「テレビ番組制作時のリサーチ資料にあった、福岡の農業機械メーカーが発売している『草刈機MASAO [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

それが今や、今クールだけでも捜査一課長を内藤剛志、香川照之、三上市朗の3人の俳優が演じている(ちなみに『警視庁捜査一課9係』は昔から一貫して捜査一課長が登場しない)。これじゃ、まるでパラレルワールドだ。■刑事ドラマは時代の鏡 俗に、テレビは時代の鏡という。刑事ドラマが警視庁捜査一課モノばかりになってしまった背景には、現代の世相が何かしらの影響を与えている [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

そして何より――人気俳優や人気女優が次々に誕生した。90年代、ドラマの主題歌はヒットチャートを席巻してミリオンセラーとなった。劇中に登場した小道具やファッションは、翌日には店頭から姿を消した。その全ては、『東京ラブストーリー』から始まったのだ。■女子アナはフジテレビの発明ここで、ちょっと視点を変えて、いわゆる「女子アナ」について考察してみたい。「女子アナ」 [全文を読む]

映画俳優の序列は間違えたら揉めるもの 厄介なのはW主演

NEWSポストセブン / 2015年12月20日07時00分

華やかな「銀幕」の裏には、俳優たちを格付ける明確な序列がある。浮き沈みの激しい人気商売ならではのシビアなしきたりを、映画批評家の前田有一氏が有名作品の事例を通して繙く。 * * * 日本の映画界では、伝統的に俳優の序列が厳しく守られてきた。高倉健や菅原文太が大活躍した1950~1960年代は、東映や松竹などの映画会社に、俳優が所属していた時代。 当時は会社 [全文を読む]

語っていいとも! 第12回ゲスト・山寺宏一「ネットの評判とか打ちひしがれることがあるんです(笑)」

週プレNEWS / 2015年11月01日12時00分

それで上京して俳優養成所に行かれて、声優は潰(つぶ)しがきかないと言われる中、表面的にはずっとトントン拍子のような…。生活ができねぇみたいな下積みとかは? 山寺 いや、下積みなんてないですよ。当然、月謝払わないといけないし、バイトしてましたけど。事務所にそのまま入って、さすがに最初の3年ぐらいはちょっとまだ食べるのにはあれだったんですけど、毎年のようにギャ [全文を読む]

若手俳優が“男惚れ” 恋多き男、西田敏行の魅力

anan NEWS / 2015年10月26日20時00分

共演する若い俳優たちが“男惚れ”する俳優・西田敏行さん。その魅力は、これを読めばわかります。 おもしろいと評判のドラマや映画には、必ず重要な役で出演している…と言っても過言ではない、俳優・西田敏行さん。あるときはドスの利いたヤクザ、またあるときは腹に一物ありそうな会社員…。政治家、医者、徳川家康など、西田さんに演じられない役は、もはやこの世にはないような気 [全文を読む]

“いじられ上手”長澤まさみ、年上俳優を次々と虜に! 「長澤組」の勢力が「沢尻会」を凌駕する日

おたぽる / 2015年10月20日19時00分

長澤は先輩俳優にかわいがられるタイプ。今までに熱愛のウワサが上がったのも、嵐の二宮和也、EXILEのAKIRA、小栗旬、伊勢谷友介など、年上俳優ばかり。長澤には“いじられ上手・甘え上手”なところがあるんですよ。以前、映画『モテキ』の大根仁監督がTwitterに、長澤の酔っ払った姿を投稿して『カワイイ!』と話題になったことがありましたけど、映画やドラマの打ち [全文を読む]

西村まさ彦の悪評…相次ぐ不倫報道、事務所独立&移籍騒動でトラブルメーカー扱い

Business Journal / 2017年06月28日20時00分

5月、週刊誌の報道で改名したことが世間一般に広まった俳優の西村まさ彦(旧名・雅彦)。実は、それより前に西村はツイッター上で改名の報告をしていたのだが、報道がなければ知る人は少数派だった。 「ちょうど西村が出演している山田洋次監督映画『家族はつらいよ2』(松竹)が公開中だったこともあり、耳目を集めました。週刊誌の報道では改名について“スピリチュアルな理由では [全文を読む]

『花戦さ』で千利休演じた佐藤浩市 「静」の眼力を表現

NEWSポストセブン / 2017年06月07日07時00分

利休俳優たちに共通するのは、「眼力」だ。茶道具はじめ、「美」を見極める眼力と、俳優としてカメラ目線の眼力の強さ。海老蔵の「美はわたくしが決めること」というセリフの場面など、眼力がありすぎて、見つめられた茶碗がパリンと割れるんじゃないかと心配になるくらいだった。 もちろん、佐藤浩市にもすごい眼力がある。しかし、それはギラギラと突撃していく「動」の眼力だった [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

そう、稲垣吾郎という俳優は、日本が誇る貴重なバイプレイヤーでもある。 SMAPで最初に連ドラで顔が売れた彼だが、ひょっとすると――かつてSMAPと呼ばれたメンバーの中で、最後までドラマで活躍し続けるのも、彼かもしれない。■作り手たちが最も使いたい役者、草彅剛 俗に、今、テレビドラマの作り手たちが最も起用したい役者が草彅剛といわれる。それは、「草彅剛」という [全文を読む]

フォーカス