結婚 三島由紀夫に関するニュース

三島由紀夫が美智子皇后とお見合いしていた!? 仰天秘話の真相

リテラ / 2014年09月19日08時00分

その第9回と10回(7月17日号・24日号)に美智子皇后が現在の天皇と結婚する直前、天皇とは"別の人物"と見合いをしていたとの記述があるのだ。 そして、そのお見合い相手はなんと作家の三島由紀夫──。 三島といえば、唯美的作風で戦後を代表する作家だが、晩年には民族主義的傾向を強め、1970年に市ヶ谷陸上自衛隊で決起を促した演説の末に自決したことで知られる。そ [全文を読む]

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

「6月1日に結婚し、今はハネムーン旅行中です。妻・瑶子は21歳の大学生。彼女はとてもかわいくて、いい子(very cute and sweet)です」 まさか三島が、妻のことを“かわいくて、いい子”などと言うとは思わなかった人は多いようで、世間からは「実は繊細で、優しい方だったことがよくわかる文面」「自分の妻を“cute”と言うなんて、微笑ましくていいじ [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

放送後には主人公はなの幼なじみ「朝市(あさいち)」が主人公の、彼の結婚をテーマとしたスピンオフドラマも放送され、ヒロイン役の吉高由里子が紅白歌合戦の紅組司会に選ばれるなど、年末に向けてさらに注目が高まっています。著者の一人・佐山真理子は、このドラマの舞台である東京・大田区の「馬込文士村」界隈の出身。本書は、同じく地元に馴染みのある書評家・作家の佐山一郎が、 [全文を読む]

リリー・フランキー、最後の大物独身…

NewsCafe / 2017年06月02日12時15分

「他に舞台で共演した長澤まさみ(29)やタレント、優香(36)らの名前も挙がったことがありますが…」 長澤や深津以外は結婚している…。 「つまり、リリーは自分が結婚できない体質だと思っているんです。『東京タワー』で描いたとおり、彼の根っこにあるのはマザコンですから、芸能界で理想の女性に出会わないかとさすらい続けるということでしょう」(先のデスク) リリー [全文を読む]

『M‐1グランプリ』でトレンド入り! 幼馴染の女芸人コンビ、Aマッソが語る「敗者復活戦のリベンジと結婚願望」

週プレNEWS / 2016年12月10日15時00分

―普通に結婚とか考えてもいい年齢ではあるじゃないですか。そのへんは? 村上 当分、ないなぁ。 加納 ほんまに結婚とか見えてないです、今は。食えてないし。もっかい言うけど(笑)。 ―ちなみに、ふたりの好きな男のタイプってどんな感じなんですか? 加納 何聞いとんねん、この流れで! ―いやいや、気になるじゃないですか。ネットの検索でAマッソって入れたら“Aマッ [全文を読む]

恋の“やめどき”はいつ? 嫉妬という魔物に飲み込まれる前に

ウートピ / 2016年06月08日20時29分

ヒロインに感じた「欺瞞」生まれも育ちも上流で、「何も考えずに」親の決めた男と結婚し、男の子をもうけた節子。日常生活に惰性を感じ、夫の感性の鈍さにうんざりもしている。ところが28歳で土屋というかつての知人と再会。彼は、彼女が結婚前に接吻(!)までした唯一の男で、再会したことで彼女の気持ちに変化が起こる。この関係は終始、彼女が「仕向けて」いくことで進んでいく。 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

星野は大阪の大学での勤務が決まると、常子に結婚を申し込む。 「星野と結婚するか、今まで通り働いて家族を支えるか、常子は悩みます。しかし、妹の美子(杉咲花)が常子のために編んでくれたマフラーがきっかけで、家族と一緒にいる道を選ぶ。史実では鎭子は一生独身を貫きますが、ヒロインが生涯独身を貫くとなれば、朝ドラ史上初です」(NHK関係者) 常子がタイピストをクビに [全文を読む]

結婚したDAIGOに祖父・竹下登の跡を継ぎ政界出馬説...でもDAIGOは竹下家の忌わしい過去を知っているのか

リテラ / 2016年01月12日12時30分

特にDAIGOは昨年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の100キロマラソンランナーを務めるなど老若男女に人気で、好感度も高く、結婚会見も2人の誠実な人柄や爽やかさが全面に押し出されて祝福ムード一色だ。 そんなDAIGOが最初に注目されたのは、第74代内閣総理大臣・竹下登の孫という"出自"だった。竹下登は代々続く島根県の酒蔵の御曹司で、作家 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

実業家の小達一雄氏と結婚してからは、子供を切望しながらも、乳がん発症。抗がん剤治療でかつら着用を余儀なくされるも、仕事を愛し、“日本のお母さん”と呼ばれた。 2011年4月21日死去。亡くなる23日前に、病室でメッセージを録音し、女優業への尽きぬ思いを明かした。さらに、義妹・夏目雅子さんが急性骨髄性白血病のため1985年に27才で亡くなった後、基金が設立さ [全文を読む]

井上荒野の新作 不倫は嫌いな人も絶対しないとは言い切れぬ

NEWSポストセブン / 2015年02月08日16時00分

【著者に訊いてみました】『悪い恋人』井上荒野/朝日新聞出版/1728円 ※あらすじ 沙知は夫と結婚して8年。何一つ不自由のない満足した毎日を送ってきた。しかし、家の裏にある森の再開発を行う不動産業者として現れた中学の同級生と肉体関係をもってしまう。男は、沙知が家族と過ごす週末にも連絡してくるように…。著者は、「10人いたら10人が全員違う感想を抱く小説を書 [全文を読む]

恋愛は文豪に学べ! 恋愛体質になれる名言集

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月05日12時20分

「恋に効くコトバ」「愛に効くコトバ」「結婚の始まりと終わりに効くコトバ」などと分類されており、一生使えそうな1冊だ。名言の中でも恋愛のエッセンスになりそうなキーワードを○で隠しており、下記のように、想像しながら読み進められるようになっている。 ほんとうの女らしさというものは、 あたし、かえって、 男を○○○強さに在ると思うの。(『火の鳥』) みなさんおわか [全文を読む]

美輪明宏、赤木圭一郎との関係を告白

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

まるで三島が行くところに、美輪の姿があるような状態で、三島は58年に結婚したが、美輪が「愛人」であるのが公然の秘密かのように語られてきた。 「ところが、美輪さんはその話になると完全否定してきました。尊敬の対象であり、『セックスにつながる愛情を持つのは冒瀆だと思う』とまで話していた。三島が自害したあとには、生前に『キミの唯一の欠点は俺にほれないことだ』と言 [全文を読む]

満島真之介、離婚していた 所属事務所がコメント

モデルプレス / 2017年09月06日17時36分

満島は2014年末、当時姉で女優の満島ひかりのマネージャーを勤めていた年上の一般女性と結婚。 同日、「文春オンライン」が満島の離婚を報道。モデルプレスの取材に対し、所属事務所は「事実です」と認め、時期については「今年の6月です」とコメントした。(modelpress編集部) ◆満島真之介(みつしま・しんのすけ)プロフィール 沖縄県生まれ。高校卒業後の200 [全文を読む]

あなそれ 他の不倫ドラマとの違いは行動への後悔のなさ

NEWSポストセブン / 2017年06月14日07時00分

彼女が葛藤しているのは、異常な行動をとる涼太と結婚したことと別れられないことで、自分がしたことにはあまり後悔もない感じ。美都が次に何を言い出すのか?と目が離せない仕組みなのだ。 また、配偶者に裏切られた涼太と麗華の対応もすごい。事情がわかった後も美都に執着し、「みっちゃんはこんな汚いところで寝ちゃだめ」などと彼女を気遣い、責めない涼太。一方、無表情に「あた [全文を読む]

「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

サライ.jp / 2017年03月21日06時00分

結婚・離婚を経て、28歳で京都の老舗旅館「柊家(ひいらぎや)」の仲居となった。以降、60余年にわたる仲居生活を送り、仲居頭、女将代理を歴任。91歳の折に『おこしやす』と題する著書を刊行し話題となった。 上に挙げたのは、その著書よりのことば。さらに、つづけて、八重さんはこう綴る。 「ですから、難しいことにぶつかればぶつかるほど、とことんやる……。私が柊家とい [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

生者が死者と結婚する、いわゆる冥婚と呼ばれるものだ。下手すればネクロフィリア的に受け取られかねないクライマックスだが、ベテランの西河克己監督は山村での冥婚式を幽玄美あふれるシーンとして撮り上げている。死化粧に花嫁衣装を着た山口百恵の美しさが目に焼き付く。女優・山口百恵を代表する一本であり、彼女の類い稀な表現力のために、以降のアイドルたちは高いハードルを課せ [全文を読む]

創刊当時の「推しメン」は石坂浩二だった!? 46年前のananが面白い

anan NEWS / 2016年04月13日09時00分

ちなみにモデルを務めた立川ユリさんは、後に金子さんとご結婚されました。あらいい話ネ~。 ■創刊当時の推しメンはまさかの?石坂浩二さん! 昨今、“アンアンといえばイケメンが出てる雑誌”と言ってもらうことも多いですが、スタッフのイケメン好き精神は創刊号ですでに生まれていた模様。取り上げていたのは、高級住宅地の田園調布育ち、中学校から慶應という石坂浩二さん。ハン [全文を読む]

松田聖子ら命名した「名古屋の神様」 三島の死予見の逸話も

NEWSポストセブン / 2015年10月06日11時00分

当時は山口百恵が三浦友和と結婚、引退した直後。百恵という国民的アイドルを失い、日本中が沈んでいた。そんなところへ次代のスターとして現われたのが聖子だった。そのため、命名の際には“山口百恵を超えるように”という要望があったという。 沖氏は聖子の当時の所属事務所・サンミュージックから本名と生年月日のほか、デビュー前の写真1枚を渡された。沖氏は写真に写った幼い [全文を読む]

内田有紀と交際の柏原崇 杖つくも「内田のお陰で癒し」の声

NEWSポストセブン / 2012年11月21日07時00分

ともに結婚・離婚を経験したふたりは2009年末、友人を介して再会し、交際がスタートした。 「ふたりとも高校時代から芸能界で仕事をしてきたから、互いに同級生のような存在なんだそうです。何でも相談できるし、再会したときも、離婚のことを、“本当はこんな家庭が作りたかった”とか、本音で話せたそうです。真面目なふたりですから、交際を始めることにも慎重になっていました [全文を読む]

"男たち"から愛される映画界最注目のイケメン俳優・高良健吾に飛び交う"ゲイ"説

日刊サイゾー / 2012年09月29日08時00分

(文=須田林)【関連記事】・単なる都市伝説か? それとも......金城武の"ゲイ疑惑"に身内が重大証言!・「あの人もそろそろカミングアウト!?」海外で相次ぐゲイ告白、Jポップ界へも波及か・小橋建太結婚! "ホモ疑惑"はアノ美人キャスターのアタックをかわすためだった!? [全文を読む]

フォーカス