結婚 三島由紀夫に関するニュース

三島由紀夫が美智子皇后とお見合いしていた!? 仰天秘話の真相

リテラ / 2014年09月19日08時00分

その第9回と10回(7月17日号・24日号)に美智子皇后が現在の天皇と結婚する直前、天皇とは"別の人物"と見合いをしていたとの記述があるのだ。 そして、そのお見合い相手はなんと作家の三島由紀夫──。 三島といえば、唯美的作風で戦後を代表する作家だが、晩年には民族主義的傾向を強め、1970年に市ヶ谷陸上自衛隊で決起を促した演説の末に自決したことで知られる。そ [全文を読む]

倉科カナ、交際中の竹野内豊との結婚に関する質問飛ぶ

モデルプレス / 2016年01月28日15時21分

交際中の俳優・竹野内豊との結婚に関する質問が飛んだ。◆竹野内豊との結婚質問に無言 倉科はホワイト×ブラックのシックなミニワンピ―ス姿で登壇。発表会の退出時、報道陣から「プロポーズは受けましたか?」と質問が投げられるも、無言でその場を立ち去った。 ◆念願の三島作品出演に感慨深げ 三島由紀夫最後の戯曲とも称される同作は、カンボジア最強の王として現代にも語り継が [全文を読む]

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

「6月1日に結婚し、今はハネムーン旅行中です。妻・瑶子は21歳の大学生。彼女はとてもかわいくて、いい子(very cute and sweet)です」 まさか三島が、妻のことを“かわいくて、いい子”などと言うとは思わなかった人は多いようで、世間からは「実は繊細で、優しい方だったことがよくわかる文面」「自分の妻を“cute”と言うなんて、微笑ましくていいじ [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

放送後には主人公はなの幼なじみ「朝市(あさいち)」が主人公の、彼の結婚をテーマとしたスピンオフドラマも放送され、ヒロイン役の吉高由里子が紅白歌合戦の紅組司会に選ばれるなど、年末に向けてさらに注目が高まっています。著者の一人・佐山真理子は、このドラマの舞台である東京・大田区の「馬込文士村」界隈の出身。本書は、同じく地元に馴染みのある書評家・作家の佐山一郎が、 [全文を読む]

福山雅治、共演女優を号泣させる リリー・フランキーが明かす

モデルプレス / 2017年05月20日10時50分

結婚には相当ショックを受けたようで「結婚の噂は信じてない」ときっぱり。とはいえ、「優香を抱きしめられる可能性が減った」と思い、映画監督に「優香に抱きつける役を書いて!」と懇願したとも告白した。 ◆「東京タワー」を書き上げるまで 雑誌の連載なども抱えるリリーは、編集者との関係も深く、番組は歴代の編集者たちからもリリーの素顔を取材。リリーは映画化もされた大ベス [全文を読む]

『M‐1グランプリ』でトレンド入り! 幼馴染の女芸人コンビ、Aマッソが語る「敗者復活戦のリベンジと結婚願望」

週プレNEWS / 2016年12月10日15時00分

―普通に結婚とか考えてもいい年齢ではあるじゃないですか。そのへんは? 村上 当分、ないなぁ。 加納 ほんまに結婚とか見えてないです、今は。食えてないし。もっかい言うけど(笑)。 ―ちなみに、ふたりの好きな男のタイプってどんな感じなんですか? 加納 何聞いとんねん、この流れで! ―いやいや、気になるじゃないですか。ネットの検索でAマッソって入れたら“Aマッ [全文を読む]

恋の“やめどき”はいつ? 嫉妬という魔物に飲み込まれる前に

ウートピ / 2016年06月08日20時29分

ヒロインに感じた「欺瞞」生まれも育ちも上流で、「何も考えずに」親の決めた男と結婚し、男の子をもうけた節子。日常生活に惰性を感じ、夫の感性の鈍さにうんざりもしている。ところが28歳で土屋というかつての知人と再会。彼は、彼女が結婚前に接吻(!)までした唯一の男で、再会したことで彼女の気持ちに変化が起こる。この関係は終始、彼女が「仕向けて」いくことで進んでいく。 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』 朝ドラ史上初の「生涯独身ヒロイン」に?

NEWSポストセブン / 2016年04月12日07時00分

星野は大阪の大学での勤務が決まると、常子に結婚を申し込む。 「星野と結婚するか、今まで通り働いて家族を支えるか、常子は悩みます。しかし、妹の美子(杉咲花)が常子のために編んでくれたマフラーがきっかけで、家族と一緒にいる道を選ぶ。史実では鎭子は一生独身を貫きますが、ヒロインが生涯独身を貫くとなれば、朝ドラ史上初です」(NHK関係者) 常子がタイピストをクビに [全文を読む]

結婚したDAIGOに祖父・竹下登の跡を継ぎ政界出馬説...でもDAIGOは竹下家の忌わしい過去を知っているのか

リテラ / 2016年01月12日12時30分

特にDAIGOは昨年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の100キロマラソンランナーを務めるなど老若男女に人気で、好感度も高く、結婚会見も2人の誠実な人柄や爽やかさが全面に押し出されて祝福ムード一色だ。 そんなDAIGOが最初に注目されたのは、第74代内閣総理大臣・竹下登の孫という"出自"だった。竹下登は代々続く島根県の酒蔵の御曹司で、作家 [全文を読む]

田中好子、越路吹雪、淡路恵子が人生の最期に遺した言葉とは

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

実業家の小達一雄氏と結婚してからは、子供を切望しながらも、乳がん発症。抗がん剤治療でかつら着用を余儀なくされるも、仕事を愛し、“日本のお母さん”と呼ばれた。 2011年4月21日死去。亡くなる23日前に、病室でメッセージを録音し、女優業への尽きぬ思いを明かした。さらに、義妹・夏目雅子さんが急性骨髄性白血病のため1985年に27才で亡くなった後、基金が設立さ [全文を読む]

フォーカス