文学 三島由紀夫に関するニュース

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

この発見をきっかけに今、あらためて三島由紀夫の文学の魅力を見つめなおすムードが高まっている。 [画像2: https://prtimes.jp/i/3065/746/resize/d3065-746-637921-1.jpg ] こうした三島由紀夫再評価の流れの中で、三島文学の最高峰「剣」のドラマ放送がある。 三島由紀夫が「端然たる見事な英雄像だった」と唸 [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

三島は太宰に喧嘩を売っているのか? というわけでもなく、「あなた(太宰)の文学が嫌いだ」という文学論争を吹っ掛けたのだとかいうのが事実らしい。しかし、文学について無知蒙昧な筆者はふとこんな妄想を抱いてしまった。 「文壇最強の男は誰か!?」 「三島由紀夫は果たして喧嘩が強かったのか?」三島由紀夫にボクシングジムを紹介したのは作家・安部譲二である。安部譲二のペ [全文を読む]

平松洋子さんが今月買った本

文春オンライン / 2017年03月17日17時00分

しかし、数々の事実を暴いてなお両者の文学性や人間性は尊厳を奪われない、その奇跡。極めて魁偉な存在を描きつつ、〈書く〉という業から一歩も退かぬ著者の姿に畏敬の念を抱いた。 『在りし、在らまほしかりし 三島由紀夫』。最晩年の六年間、身近に接した著者は、自身の人生において「最重要の他者」こそ三島由紀夫と断じる。その人物を、自分の存在は虚妄ではないかという「冷え冷 [全文を読む]

三島由紀夫『憂国』盗作事件 “韓国の吉本ばなな”はパクリの常習犯だった!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日22時00分

韓国文学界で15年以上も触れられなかった盗作問題が、最近になってネット上で炎上している。韓国を代表する女流作家・申京淑(シン・ギョンスク)の短編小説『伝説』が、三島由紀夫の短編小説『憂国』の一部を盗用している疑惑が浮上したのだ。 火をつけたのは、ハフィントンポスト韓国版に掲載された「偶像の闇、文学の堕落」というタイトルの記事。ある小説家による寄稿文だが、比 [全文を読む]

読書の必要なしッ!「文学男子」をビンビンに反応させる言葉7つ

Menjoy / 2015年05月25日21時30分

文学をこよなく愛する彼の姿に、胸の鼓動が高鳴ってしまう女性も多いことでしょう。 そこで今回は、作家である筆者が、又吉直樹のような“文学男子”を落とす言葉を7つご紹介します。 ■1:ドストエフスキー的人物・・・(使いやすさ★★☆☆☆) ロシアの大作家、ドストエフスキーの書く人物のこと。主に、おかしな思想に取り憑かれてしまった人のことを指します。“サイコ系”と [全文を読む]

『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」開催のお知らせ

DreamNews / 2015年02月06日10時00分

このたび、作家のエージェント「アップルシード・エージェンシー」(東京都新宿区)では、『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)の刊行を記念して、「食の思ひ出 コンテスト」を開催いたします。◆企画主旨芸術新聞社刊行の『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』の刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」では、食にまつわる思い出を描いた小説や随想を募集いた [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

<<目次>>一の章 ドラマ『花子とアン』の魅力を語り尽くす“重症”朝ドラマニアが見た『花アン』の魅力/あえて疑問点をさがすと…/韓流演出をうまく咀嚼した中園脚本/(人名解説)村岡花子/柳原燁子=百蓮/片山廣子/吉高由里子/中園ミホ/村岡恵理二の章 三島由紀夫はなぜ、馬込に居を構えたのか?環七は「谷中通り」だった/自決の日、馬込界隈にて/意外と付き合いの良か [全文を読む]

今でしょ先生「1ページ読むだけでガツンと来る本」を熱く語る

NEWSポストセブン / 2013年02月24日07時00分

そんな林氏に、専門である「文学」について語ってもらった。カリスマ現代文教師を形作った文学体験とは? * * *――先生はどんな本を読まれてきたんですか?林:僕の文学はもう、ある時点で止まっちゃってるんですよ。夏目漱石、芥川龍之介、志賀直哉、川端康成、三島由紀夫あたりの近代文学までですね。現代の作家さんにも素晴らしい方はたくさんいらっしゃると思うんですけど、 [全文を読む]

三島由紀夫の近代能楽集を美輪明宏主演で上演 『葵上(あおいのうえ)・卒塔婆小町(そとばこまち)』

@Press / 2017年02月23日18時00分

これまでの三島戯曲に対するアプローチを覆す、三島由紀夫との交友も深く、彼の感性・文学の肌合いにも精通し、三島戯曲の行間を隈なく読み取る美輪明宏でしか成しえなかった演出で大好評を得て1998年、2002年、2010年と再演をしています。7年振りに上演する今回も美輪明宏の完璧なまでの演技術・技巧により三島戯曲の持つ日本語の美しさを余すことなく表現する<美しい日 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

ここ数年、中国の読者が日本文学を語るときに、村上春樹と東野圭吾の名がよく挙がるようになってきている。中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーと [全文を読む]

フォーカス