文学 三島由紀夫に関するニュース

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

この発見をきっかけに今、あらためて三島由紀夫の文学の魅力を見つめなおすムードが高まっている。 [画像2: https://prtimes.jp/i/3065/746/resize/d3065-746-637921-1.jpg ] こうした三島由紀夫再評価の流れの中で、三島文学の最高峰「剣」のドラマ放送がある。 三島由紀夫が「端然たる見事な英雄像だった」と唸 [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

三島は太宰に喧嘩を売っているのか? というわけでもなく、「あなた(太宰)の文学が嫌いだ」という文学論争を吹っ掛けたのだとかいうのが事実らしい。しかし、文学について無知蒙昧な筆者はふとこんな妄想を抱いてしまった。 「文壇最強の男は誰か!?」 「三島由紀夫は果たして喧嘩が強かったのか?」三島由紀夫にボクシングジムを紹介したのは作家・安部譲二である。安部譲二のペ [全文を読む]

三島由紀夫『憂国』盗作事件 “韓国の吉本ばなな”はパクリの常習犯だった!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日22時00分

韓国文学界で15年以上も触れられなかった盗作問題が、最近になってネット上で炎上している。韓国を代表する女流作家・申京淑(シン・ギョンスク)の短編小説『伝説』が、三島由紀夫の短編小説『憂国』の一部を盗用している疑惑が浮上したのだ。 火をつけたのは、ハフィントンポスト韓国版に掲載された「偶像の闇、文学の堕落」というタイトルの記事。ある小説家による寄稿文だが、比 [全文を読む]

『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」開催のお知らせ

DreamNews / 2015年02月06日10時00分

このたび、作家のエージェント「アップルシード・エージェンシー」(東京都新宿区)では、『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(芸術新聞社)の刊行を記念して、「食の思ひ出 コンテスト」を開催いたします。◆企画主旨芸術新聞社刊行の『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』の刊行記念「食の思ひ出 コンテスト」では、食にまつわる思い出を描いた小説や随想を募集いた [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

<<目次>>一の章 ドラマ『花子とアン』の魅力を語り尽くす“重症”朝ドラマニアが見た『花アン』の魅力/あえて疑問点をさがすと…/韓流演出をうまく咀嚼した中園脚本/(人名解説)村岡花子/柳原燁子=百蓮/片山廣子/吉高由里子/中園ミホ/村岡恵理二の章 三島由紀夫はなぜ、馬込に居を構えたのか?環七は「谷中通り」だった/自決の日、馬込界隈にて/意外と付き合いの良か [全文を読む]

今でしょ先生「1ページ読むだけでガツンと来る本」を熱く語る

NEWSポストセブン / 2013年02月24日07時00分

そんな林氏に、専門である「文学」について語ってもらった。カリスマ現代文教師を形作った文学体験とは? * * *――先生はどんな本を読まれてきたんですか?林:僕の文学はもう、ある時点で止まっちゃってるんですよ。夏目漱石、芥川龍之介、志賀直哉、川端康成、三島由紀夫あたりの近代文学までですね。現代の作家さんにも素晴らしい方はたくさんいらっしゃると思うんですけど、 [全文を読む]

三島由紀夫の近代能楽集を美輪明宏主演で上演 『葵上(あおいのうえ)・卒塔婆小町(そとばこまち)』

@Press / 2017年02月23日18時00分

これまでの三島戯曲に対するアプローチを覆す、三島由紀夫との交友も深く、彼の感性・文学の肌合いにも精通し、三島戯曲の行間を隈なく読み取る美輪明宏でしか成しえなかった演出で大好評を得て1998年、2002年、2010年と再演をしています。7年振りに上演する今回も美輪明宏の完璧なまでの演技術・技巧により三島戯曲の持つ日本語の美しさを余すことなく表現する<美しい日 [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

ここ数年、中国の読者が日本文学を語るときに、村上春樹と東野圭吾の名がよく挙がるようになってきている。中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーと [全文を読む]

三島由紀夫作品を盗作騒ぎの韓国女流作家、日本でも発刊の代表作も盗作か=韓国ネット「がっかり」「小説家になるのって簡単なんだね」

Record China / 2016年09月20日18時50分

世界各国で翻訳出版された韓国文学の大ベストセラーで、日本でも11年に翻訳出版されている。 韓国の法曹界関係者によると、今年6月、エッセイストのオ・ギルスン氏が『母をお願い』は自身の随筆を盗作したものだとし、申氏と出版社「創批」を相手取り各1億ウォン(約910万円)の損害賠償と同作品の出版差し止めを求める訴訟を起こした。1回目の裁判は今月8日、ソウル中央地裁 [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家、「嫌疑なし」処分に=韓国ネット「これが韓国の素顔」「韓国がノーベル文学賞を受賞できない理由」

Record China / 2016年04月01日17時20分

2016年3月31日、韓国・KBSによると、韓国ソウル中央地検は同日、文学作品の盗作疑惑が提起され、詐欺や業務妨害の疑いで告発された韓国の人気女性小説家・申京淑(シン・ギョンスク)氏について、「嫌疑なし」の不起訴処分とした。 検察は「申氏が三島由紀夫の短編小説『憂国』を盗作して出版社をだまし、印税などを不正に得た疑いがある」との告発者の主張に対し、「出版社 [全文を読む]

高校生のうちに読んでおくべき本3選

マイナビ進学U17 / 2016年03月28日12時01分

■ 『吾輩は猫である』は日本文学を代表する作家である夏目漱石の処女作『吾輩は猫である』は、日本を代表する小説家、英文学者である夏目漱石の処女作です。夏目漱石は千円札になった人物なので、知らない人はいないでしょう。『吾輩は猫である』も、「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」で始まる書き出しはあまりにも有名ですね。E.T.A.ホ [全文を読む]

三島由紀夫 「嫌い」と言うだけの為に太宰治を囲む酒席訪問

NEWSポストセブン / 2016年01月14日07時00分

三島由紀夫:「ぼくは太宰さんの文学は嫌いなんです」 太宰治:「嫌いなら来なけりゃいいじゃねえか」【出典:三島由紀夫著「私の遍歴時代」(ちくま文庫)、野原一夫著「回想 太宰治」(新潮文庫)】 1947年、太宰を囲む酒席を訪ねた三島は、あろうことか面と向かってこう言い放った。 虚を突かれたように三島を見た太宰は、吐き捨てるように「来なけりゃいい」とだけ言って [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

美輪明宏の芝居創りは まず第一に、渋澤龍彦、川端康成、安岡章太郎、三島由紀夫など文壇のトップと対等に渡り合ってきた美輪氏の文学センス、行間を的確に読み説く理解力の深さ・鋭さによる。第二に文学・演劇・音楽のみならず絵画・彫刻・映画など芸術全般にわたるその造詣の深さ。時代背景・社会背景をもとにしたファッション・風俗などの知識の豊富さ。すべての物事を、本質的に捉 [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

その内容はゴシップ的なものから文学的意義の高いものまで様々である。今から紹介する以下の3つのケースなどは、作家同士の複雑な関係を示す代表的な例と言えるだろう。(1)問題児「中原中也」と、お騒がせキャラ「太宰治」画像出典:Amazon太宰治は先ほどの川端康成の件だけではなく多くの作家との確執を持ち、作家人生から私生活に至るまでお騒がせキャラというべきか何かと [全文を読む]

三島由紀夫『金閣寺』の主人公は元祖ストーカー?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年08月01日07時00分

三島は何年にも渡りこの事件や修行僧について取材を重ね、そこに文学的モチーフを織り込み、遂にこの小説を発表することができたそうだ。■元祖ストーカー? 金閣寺に魅せられた「私」主人公・私は、過剰なまでに金閣の美しさに執着する。そしてそれに反するように自分の取り柄のなさ、コンプレックスの重さを疎ましく思う。金閣は常に神々しい「あちら側」の世界にあり、自分は世俗的 [全文を読む]

「誤配」という概念を鍵に近代文学の名作を解く。『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか』(集英社新書)、3月17日(火)発売!

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

夏目漱石『三四郎』『それから』、田山花袋『蒲団』、森鴎外『雁』、川端康成『雪国』、三島由紀夫『春の雪』…近代文学の名作の多くが「悲恋小説」なのはなぜなのか。哲学者ジャック・デリダが用いた「誤配」という概念を鍵にして、近代文学とは何かを浮かび上がらせる、画期的な文学論。はじめに、近代の恋愛小説を読むのになぜ「誤配」という概念が求められるのかを説明しておこう。 [全文を読む]

知っていないと赤っ恥!日本人が海外で聞かれる「日本のこと」3つ

WooRis / 2014年04月02日16時00分

■2:日本の文学 親日派の方はとくに、日本文学の話が大好きです。大学で日本文学を専攻した筆者ですら、高度な質問を受けてピンチに陥ることがしばしばありました。 『平家物語』『源氏物語』『枕草子』はもちろんのこと、森鴎外や三島由紀夫、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治から、村上春樹など現代の作家の作品についてまで、多岐にわたって聞かれることがあります。 それと、も [全文を読む]

「写真家 細江英公『薔薇刑』プリント販売展」開催!

@Press / 2013年11月22日10時30分

1階から4階まで、計6フロアでは、写真集・美術書・文学・哲学・歴史・文庫など幅広いジャンルの商品を取り扱っておりますが、近年は古本の買取・販売とともに、アート作品や写真・ヴィンテージプリントの買取と展示販売にも力を入れております。 また、三島由紀夫関係は、初版本、限定本、自筆原稿、署名色紙、ポスター、スチール写真など数多く取り揃えております。 写真家・細江 [全文を読む]

わたしの好きな佐藤正午──佐世保という文学の繭

文春オンライン / 2017年09月11日17時00分

佐藤謙隆とは、学年は同じでもクラスは別だったので、人生や文学について話した記憶はない。彼は、寡黙な優等生だった。その心に、彼が大きな「敵=自分自身」を抱えていたことは、わからなかった。 佐藤謙隆は、高校を卒業してから、北海道大学に進学したが、まもなく中退し、佐世保に戻ったと聞いた。佐世保を生活の本拠地と定めることで、日本と自分との本当の姿を知ろうとしたのだ [全文を読む]

東京大学 エリートはどこへ消えた?――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月21日07時00分

江戸末期になると外国からの開国圧力もあり、江戸以外の有力藩では藩校において洋学を導入して外国語、兵器・軍艦製造法、天文学、地理学なども教えて、幕府にとっては倒幕の脅威になる人材を育てていた。そこで江戸幕府は幕府の体制内に蕃書調所(ばんしょしらべしょ)をつくって、洋学を学ぶ学校にすることによって有力藩に対抗しようとしたのである。後に開成所と称されるこの学校 [全文を読む]

フォーカス