女優 山口智子に関するニュース

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

コメディアン(喜劇俳優)の女優版ですね。 とはいえ、“コメディ”と“シリアス”が明確に線引きされた大昔ならいざ知らず、現代では普通の役者が、コメディテイストな作品において、コメディ的な芝居をするケースをそう呼ぶことが多い。 そこで、『逃げ恥』である。 見ての通り、コメディテイスト全開のドラマだ。そしてガッキーは、天性のコメディエンヌとしての才能をいかんなく [全文を読む]

剛力彩芽は格安料金で使い放題!? 高額ギャラに現場で嘆き節の女優も…

メンズサイゾー / 2012年12月02日08時00分

来年1月スタートの月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)の主演に抜擢された女優の剛力彩芽(20)。昨年から今年にかけて民放の連ドラに7クール連続で出演していた彼女が、ついにゴールデン帯の連ドラ初主演を射止めた。 数多くのCMにも出演し、飛ぶ鳥を落とす勢いで露出しまくっている彼女。だが、巷では「ゴリ押し女優」と呼ばれ、過剰な露出に辟易している [全文を読む]

“ぱるるファミリー”玉城ティナ、セーラー服姿披露でファン歓喜! 「二階堂ふみとキャラかぶらないか?」と心配する声も

おたぽる / 2016年03月26日12時00分

それが実り、『ViVi』の遊園地デートの企画で初対面を果たして以来、2人は親交があるようですが、島崎といえば、AKB48グループ内の美少女メンバーだけでなく、元 『Seventeen』(集英社)の専属モデルで女優の森川葵といった、AKB48以外で気に入ったモデルや女優とも親交を深め、ファンの間では“ぱるるファミリー”と呼ばれていることから、玉城も『ぱるるフ [全文を読む]

是枝ドラマの超低空飛行「山口智子戦犯説」に女性作家が反論

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時00分

ただ、作家で五感生活研究所の山下柚実氏は、それが女優・山口智子への評価を決定づけるものではないはず、と指摘する。 * * * 有名な映画監督・是枝裕和氏が手がけた初の連ドラ。16年ぶりにドラマ復帰した山口智子。宮崎あおい、阿部寛、西田敏行などの豪華キャストと、鳴り物入りで始まったドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(フジテレビ系)。 ところが。事前の期待に反 [全文を読む]

断トツは唐沢&山口智子!「仲良さそうな子ナシ夫婦」2位3位は

VenusTap / 2016年05月22日20時40分

2016年、雑誌『FRaU』(講談社)3月号で、女優の山口智子が、“子どものいない夫婦2人の生活と人生の幸せ”について語り、話題になりました。バブル時代は、“DINKs”(ディンクス:ダブルインカムノーキッズ)と呼ばれる、“結婚後も意識的に子どもを持たずに、夫婦ともに仕事を持つライフスタイル”が憧れの対象だった時代がありましたが、山口の影響で、再びそんな夫 [全文を読む]

宮崎あおい、民放連ドラ解禁の裏に人気凋落

アサ芸プラス / 2012年11月02日11時00分

「CM打ち切り危機で露出を増やそうと焦り…」 国民的女優・宮崎あおい(26)の人気が急降下。CMも続々、打ち切られているという。いったい、何が起こっているのか。 * 彼女の現状を、PR会社関係者が解説する。 「彼女のCM契約本数は公式では8本となっていますが、実際に展開しているのは3本と、突然減ってしまったんです」 その内訳を見てみると、かなりの悲惨な様子 [全文を読む]

ドラマ女王・山口智子の力は健在! 16年ぶりの連ドラ出演はヒットの予感!?

サイゾーウーマン / 2012年10月09日09時00分

「肌の潤いはロンバケ時代よりもあるんじゃないか?」と思うほど役に合わせて顔を作っていて、さすが、一時代を築いた女優だと思った。 顔の色艶の有無はそのまま運気のよし悪しをあらわすので、現在の山口智子の運気はかなりいいと見て間違いない。髪型はロンバケ時代と違って、半分以上、額を出している。その人の開運度を肌の色艶から見る上で1番重視する場所が眉間で、その次が額 [全文を読む]

水着キャンギャルの終焉 背景に企業広告の方針変更

NEWSポストセブン / 2016年05月29日16時00分

1960年代の前田美波里以来、紺野美沙子、夏目雅子、山口智子、松嶋菜々子、内田有紀など、錚々たる女優がキャンギャルをきっかけに、その後大女優へと上り詰めたが、バブル景気の名残が薄れてきた1990年代後半から、キャンギャルを起用してきた各社の方針に変化が起きる。 まず、クラリオンガールが路線を変更。1998年から「夢の実現を目指す女性を応援する」というコンセ [全文を読む]

水原希子、山口智子の“公開処刑”狙うも失敗。ビッチから“お嬢様”へのキャラ路線変更はうまくいくのか

messy / 2015年10月28日17時00分

微笑ましい一枚であるが、特にネット民と相性が悪く叩かれがちな水原のこと、この一枚についても「若さで大女優を公開処刑しようと狙った?」「女優としても人間としても、山口の方が格が上」など、痛くもない腹を探る声が溢れ、“公開処刑失敗”とする意見が多く書き込まれた。 このドラマの視聴率は全10話平均で6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という惨憺たる結果だった [全文を読む]

【ウラ芸能】山口智子、昭和臭プンプンの評判は…

NewsCafe / 2015年04月17日15時00分

メンタルネタという意味では確かに共通します」デスク「堺起用で注目された『Dr.…』のほうは初回13・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と数字は今一息だったみたいね」記者「中身的にはスカッと視聴者に受け入れられにくいかもしれませんね、そのテーマだと…」デスク「オイラが注目してるのは数字のほうじゃなくて、『心が…』で久々に連ドラに出てる山口智子(50)なんだ [全文を読む]

フォーカス