映画 山口智子に関するニュース

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

15歳で映画デビューした彼女は、長らく映画界で活躍するんだけど、80年代前半はヌードも厭わない本格派女優だった。 そう、ファンの多くは男性層だったのだ。■『あぶない刑事』という分岐点 80年代前半の浅野温子サンのイメージは、いわゆる「いい女」。ロングヘアーをなびかせ、硬派な演技をする――。それゆえ、映画関係者や男性陣からの評価は高かった。でも、女優特有のお [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

例えば、80年代後半のバブル時代にスキーブームをもたらした映画『私をスキーに連れてって』もそう。かの作品は、20代の小牧次郎サンや石原隆サンが決裁権を持っていたのである。当時、馬場康夫監督は、まだ日立の宣伝部に所属する一介のサラリーマン。アマチュアで映画を作った経験はあるものの、映画界の実績は何もなかった。だが、小牧サンや石原サンは、馬場監督が話すスキー映 [全文を読む]

玉城ティナ、ロリータ服姿が「リアルラブドールみたい」と騒然 ウシジマくん出演には「無理がある」の声

おたぽる / 2016年08月27日12時00分

それに対して、ロリータ系のファッションは、青文字系のファッション雑誌に掲載されることが多いため、『赤青、両方のファッションを難なく着こなせちゃうティナちゃんは凄い』『ファッションジャンルの垣根を超えた』などと、改めて、ファッション業界で注目を集めているようです」(芸能関係者) 「ViVi」の専属モデルといえば、これまでに、山口智子や松嶋菜々子、水原希子など [全文を読む]

松たか子、宮﨑あおい、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

しかも、映画関係者との宴席で、松はこんなことを話していた。 「最近、夫が私のことに興味を持ち始めてくれて‥‥」 映画関係者が言う。 「佐橋氏は16歳年上ですが、松を一人前の大人と扱っていました。ところが、松にはそれが放任主義と映っていたようで、どこか物足りなかったのでしょう。でも、最近の佐橋氏は『どこに行くの?』とか、『誰と会うの?』と、いろいろと聞いて [全文を読む]

ドラマ女王・山口智子の力は健在! 16年ぶりの連ドラ出演はヒットの予感!?

サイゾーウーマン / 2012年10月09日09時00分

なぜなら、4年前の2008年に声優として参加した映画『崖の上のポニョ』の記者会見の頃の写真を見ると、「フジテレビの阿部知代アナだろ?」と間違えるほど、貫禄のある太り方と法令線をしていたからである。 もう少し言ってしまうと(阿部知代さんには申し訳ないが)、顔に瑞々しさがなくて、くすんで土色になっていたからそう見えたようだ。いかにも“仕事のストレスで毎晩酒を飲 [全文を読む]

時を越えた夫婦共演…!?「ハロー張りネズミ」と唐沢寿明の意外な関係

dmenu映画 / 2017年08月31日10時00分

『島耕作』シリーズで知られる弘兼憲史の人気漫画を原作とする同ドラマは、2004年放送のドラマ「オレンジデイズ」(TBS系)以来、実に約13年ぶりのTBSドラマ出演となる瑛太が主演、映画『モテキ』や『バクマン。』を手がけた大根仁がゴールデン・プライム帯ドラマ初の脚本・演出を担当するなど、話題盛りだくさん。実はこのドラマ、1991年に映画化されていたことをご存 [全文を読む]

『ハロー張りネズミ』に出演の片山萌美がスナックの看板娘! タイプの男性はまさかの…「お金の大切さをよく知っているので(笑)」

週プレNEWS / 2017年07月14日20時30分

弘兼憲史原作の人気漫画を映画『モテキ』、『バクマン』、『SCOOP!』などの大根仁(おおね・ひとし)監督が、演出・脚本・編集までを手がける探偵ドラマだ。 バカでスケベだが、人情に厚く、事件の嗅覚と行動力抜群の主人公・七瀬吾郎(ゴロー)を瑛太が演じ、その相棒の小暮久作(グレ)を森田剛、ある事件を機に出会うミステリアスな美女を深田恭子、ゴローとグレが働く「あか [全文を読む]

架空のバンド、YEN TOWN BANDの処女作にして名盤『MONTAGE』

okmusic UP's / 2016年04月13日18時00分

YEN TOWN BANDとは岩井俊二が脚本、監督を手がけ、小林武史が音楽を担当、Charaが娼婦のシンガー役で出演した映画『スワロウテイル』1996年公開)に登場するバンドのことである。このYEN TOWN BAND名義による主題歌「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」はオリコンチャートの1位を記録し、85万枚を超えるセールスを記録 [全文を読む]

<ドラマのロケでのサイン色紙の貰い方>佐藤浩市さんにお願いした400枚以上の日付入りサイン色紙

メディアゴン / 2014年11月26日01時52分

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]* * *松本清張の長編ミステリー「砂の器」は1974年に野村芳太郎監督によって映画化され、その後、テレビでも5度のドラマ化がされました。謎を解く鍵になった舞台は、島根県奥出雲のJR木次線・亀嵩(かめだけ)駅。筆者は昨年、別のドラマで奥出雲ロケがあり、亀嵩駅を訪れました。小さな駅舎は「扇屋」とい [全文を読む]

再浮上の行方は......!? かつての"超高視聴率女優"山口智子と鈴木保奈美の明と暗

日刊サイゾー / 2012年07月21日08時00分

実際、昨年以降、ドラマだけでなく映画のオファーもあったようなのですが......」(テレビ局関係者) 実はそれらのオファーに対し、鈴木のほうから断りを入れているのだという。「どれも"主演"ではなく、脇役でのオファーだったようです。彼女自身、『私は主役しかやらない』という考えのようですが、今のところ主演の話はなく、"開店休業"といった状態のようです。休業前は [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

共演から交際、結婚へ ドラマから生まれるロマンスを期待されているのは?

THE PAGE / 2017年09月11日18時06分

3年前に公開された人気コミックを実写化した映画「好きっていいなよ。」は、福士が日本アカデミー賞の新人俳優賞に輝いた出世作の一つ(ほか、2作も対象)だが、相手役は川口だった。モテモテのイケメンながらも純愛を貫くストーリー展開は、ファンの心をつかんだ。そして、映画の公開イベントではマスコミのカメラマンたちへ絵作りのサービスも兼ね、MCからうながされる形で、川 [全文を読む]

唐沢寿明、妻・山口智子との夫婦関係に斬り込まれて苦笑い

Movie Walker / 2015年12月22日18時04分

映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の大ヒット御礼舞台挨拶が、12月22日に新宿バルト9で開催され、主演の唐沢寿明と外交ジャーナリストの手嶋龍一が登壇し、ティーチインを行った。唐沢は、妻で女優の山口智子について突っ込まれ、苦笑いしながらも、質問に答えた。 第2次世界大戦時に、リトアニアで6000人ものユダヤ難民にビザを発給し、その命を救った杉原千畝。唐沢が千畝 [全文を読む]

「進撃の巨人」で酷評される水原希子が撮影現場で孤立している理由

アサ芸プラス / 2015年10月12日09時59分

そんな水原の発言に疑問を呈するのは、映画に詳しいライターだ。「水原といえば、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』でのミカサ役が原作とかけ離れているとファンを嘆かせています。同作品では初のアクションシーン挑戦を売りにしていますが、そのせいか現場では常にピリピリしていて、監督とばかり話し込むので役者陣のなかで孤立しているという話も。そんな状況を集 [全文を読む]

今ではスタンダードになってる物も!?“ドラマから流行したモノ・コト”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月03日09時55分

映画版の主演女優である岸惠子さんが、寒さ避けのためアドリブでやったファッションとの事。映画ドラマから数年、冬の定番ファッションになりました。 そして、バブル期に流行ったファッションと言えば「渋カジ」。もともと流行ってはいたのですが、名作『東京ラブストーリー』で一気に全国区に。タートルネックのニットやカーディガン。タックの入ったキュロットスカート、濃い目の色 [全文を読む]

「親になって初めて人間にさせていただいた」で大炎上! 小雪の圧倒的な“空気の読めなさ”

日刊サイゾー / 2015年05月28日09時00分

2003年に映画『ラストサムライ』でハリウッドに進出し、その後もドラマや映画で活躍している小雪。夫である俳優の松山ケンイチとの間にはすでに子どもが2人。現在、第3子妊娠中で、出産予定は7月だという。先頃、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見に登場した彼女が発言したあるコメントが、何やらネット上を騒がせている。 「親になって初めて人間にさせていただ [全文を読む]

山口智子、ドラマ大惨敗も夫婦仲良好!? 唐沢寿明「献身愛」エピソード

サイゾーウーマン / 2013年01月30日13時00分

映画・ドラマともにヒット作への出演が多い主演の阿部寛、約10年ぶりに民放テレビドラマに出演した宮崎あおいなど豪華キャストが勢揃いしたにもかかわらず、最終回を目前にした12月11日の放送では、4.5%とまさかの消費税割れの数字まで記録してしまった。 「同ドラマは、柳楽優弥主演の映画『誰も知らない』などが高い評価を受けた是枝裕和氏が初めて連続ドラマの監督・脚本 [全文を読む]

家庭劇の世界的名手が撮るドラマが低調の理由を女性作家分析

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時00分

作家で五感生活研究所の山下柚実氏が、ドラマと映画の違いについて分析する。 * * * 話題を集めているフジテレビのドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(火曜午後10時)。11月13日の第5話は、視聴率6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったとか。 初回の視聴率が13.0%。それが第2話8.9%、第3話8.4%、第4話7.7%と、下降の一途をたどっている [全文を読む]

蒼井優が“特殊能力”発揮?知られざる素顔を瑛太が撮影「ハロー張りネズミ」<オフショット連載その9>

モデルプレス / 2017年09月02日10時00分

第9話では、ドラマのほか映画やCMでも活躍中の女優・樋井明日香がゲスト出演。幼稚園の先生・杏里を演じる。 ◆<第9回>瑛太が撮影したオフショットが到着! <蒼井優> 第9話では、蒼井優さん演じる河合節子が再び登場します。ホラー的な要素は全くないのですが、果たして、蒼井さん演じる河合は、物語にどう関係してくるのでしょうか? 河合の持つ特殊能力は発揮されるの [全文を読む]

“いきもの係”浅野温子が「私の演技はカラみづらい」と自戒

アサジョ / 2017年08月16日10時15分

映画「スローなブギにしてくれ」や「陽暉楼」などのシリアスなものから、テレビドラマ「抱きしめたい!」、「101回目のプロポーズ」(フジテレビ)などトレンディードラマ女優として一世を風靡した浅野温子。代表作の「あぶない刑事」シリーズで演じた、ぶっ飛んだ婦警・真山薫は、ハマり役ともいえるだろう。 そんな浅野も現在56歳。放送中のドラマ「警視庁いきもの係」(フジテ [全文を読む]

フォーカス