脚本 山田太一に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フジのヤングシナリオ大賞を取った人が書いていたんだけど、この方、1話で降りちゃったんです。聞くところによると、脚本をどんどん変えられることに耐えられなくなったからと――。ま、連ドラの脚本って、そういうものだけど(その辺り [全文を読む]

<なぜ北川悦吏子ファンの演出家は多いのか?>シナリオライター志望者は脚本家・北川悦吏子の文体をマネてはいけない

メディアゴン / 2015年10月19日14時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *ドラマ制作者たちが「北川悦吏子の脚本のト書きは実に優れている」と言うので実際に読んでみた。大体、脚本というのは読み物としては、大変読みにくいものである。舞台の脚本はまだ読みやすい。動きが、舞台設定がわかりやすし、上手下手出入りがあるからだ。ニール・サイモンや井上ひさしにいたっては「舞台より脚本の方が [全文を読む]

『べっぴんさん』脚本家、OL時代に訪れたデビューの転機

WEB女性自身 / 2017年03月24日06時00分

これが、いちばん伝えたかったことです」 こう語るのは、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の作者で、脚本を担当する渡辺千穂さん(45)。渡辺さんは 72年10月生まれで、東京都出身。両親と弟2人の5人家族で育った。ドラマ、映画 映像の世界が好きな少女だったが、将来映像の世界に身を置こうという気持ちはまったくなく、大学卒業後は「普通の会社」に就職。そんな渡辺 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

企画・石原隆、脚本・君塚良一ほか。 〇『TV PLUS PRESS』(90年4月~91年3月)その週に起きたニュースを、クレーンシートの古舘伊知郎サンが、粋なコメントを交えつつ実況風に伝える新タイプのニュースショー。後の『報道ステーション』より100倍面白かった。 〇『カノッサの屈辱』(90年4月~91年3月)原案・ホイチョイ・プロダクションズ、構成・小山 [全文を読む]

日本映画界の巨匠・木下惠介監督作品を動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて、明日12月1日(土)より配信開始!!

PR TIMES / 2012年11月30日16時15分

また、CS放送「TBSチャンネル2」でも、木下惠介脚本による特別企画「空よ海よ息子たちよ」と企画・木下惠介&脚本・山田太一の『それぞれの秋』の名作テレビドラマ2作品を12月1日(土)と2日(日)に放送します。「木下惠介 生誕100年プロジェクト」(12月)------------------------------------------------動画配 [全文を読む]

「リーガル・ハイ」「デート」の脚本家・古沢良太が語る、ヒットを生む企みの創作術

文春オンライン / 2017年05月08日17時00分

この十年来、映像表現の世界で注目を集め続けているのが、脚本家の古沢良太さんである。最もよく知られるのは、テレビドラマのヒット作の数々。最近作の「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」は、初共演の杏と長谷川博己を主人公に、恋愛から遠く離れた男女があえて恋愛に挑むさまを描いた。 その前は「リーガルハイ」。堺雅人+新垣結衣という人気コンビに、アクの強い弁護士の役柄 [全文を読む]

西畑大吾、渡辺謙に「謙さんのような人間になりたい」

Smartザテレビジョン / 2016年11月15日20時08分

11月19日(土)夜9時から放送される「山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり」(テレビ朝日系)のプレミア試写会&舞台あいさつが都内で行われ、主演の渡辺謙、蒔田彩珠、西畑大吾、脚本家の山田太一氏が登壇した。本作は、東日本大震災から5年目の東京のとある街を舞台に、震災によって心に大きな傷を負った孤独な中年男・木崎秀次(渡辺)が中学生の少女・亜美(蒔田)と出 [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

中村プロデューサーは、かつて倉本聰サン脚本の『6羽のかもめ』を手掛けた人物だった。そう、前編の終わりにも書いたが、白川サンが倉本聰サンとの世間話で、『大草原の小さな家』の日本版を富士山の裾野を舞台にやりたいと話したところ、倉本サンから「それなら富良野を舞台に書かせてよ。一度、富良野を見にきてよ」と逆提案を受けたためである。富良野に着いた一行を出迎えた倉本サ [全文を読む]

妊娠・出産後の仕事のカタチを模索する女性たちへ…!女性向け映像クリエイタースクールが2015年11月28日(土)開講。山田太一氏、テリー伊藤氏、紀里谷和明氏と多彩な講師陣たちも参加。

PR TIMES / 2015年10月08日09時41分

スペシャルゲスト講師として、数多くのヒットドラマを手掛けた脚本家の山田太一氏をはじめ、演出家のテリー伊藤氏、映画監督の紀里谷和明氏などを迎え、未経験者でも脚本・映像制作のスキルを身につける女性を数多く輩出することを目指していきます。[画像: http://prtimes.jp/i/15645/2/resize/d15645-2-513074-1.jpg ] [全文を読む]

松本幸四郎、今井翼、相武紗季出演の傑作ドラマ「ナイフの行方」が書籍化!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月16日18時00分

2014年12月にNHKで放送された山田太一脚本ドラマ「ナイフの行方」。松本幸四郎、今井翼、相武紗季など豪華俳優陣が出演したそのドラマでは、「人間は変わらない」「みんなが人間を信じすぎている」といったセリフが観る者の胸を深く突き刺し、今でも視聴者の心に強く残っている。その『ナイフの行方』が、書籍となって2015年6月19日(金)に刊行される。 【画像あり】 [全文を読む]

フォーカス