安保 山本太郎に関するニュース

石田純一、第2の「タロー」になる日

NewsCafe / 2015年10月09日16時00分

9月末に国会で成立した安保法制。国会前の反対デモも話題になったが、そこでアジテージョンの壇上に上がったのが、タレントで俳優の石田純一(61)。 本人の迷言「不倫は文化」になぞらえて「戦争は文化じゃない」と発言し、大いに話題になったが、芸能界ではその余波が続いているという。テレビ局プロデューサーが解説する。 「石田は、『デモには、戦争には断固反対という意味で [全文を読む]

山本太郎、参院選への危機感を語る! 日本会議の“草の根“に対抗せよ、と呼びかけ

リテラ / 2016年05月21日12時00分

安保法制に反対し、日本中に"路上から声をあげる"というムーブメントを生み出した学生団体SEALDsの昨年夏の活動にスポットを当てた映画だが、渋谷アップリンクで行われた先行上映に"あの男"があらわれた。政治家として安保国会で孤独な戦いを繰り広げた、参議院議員の山本太郎だ。 山本氏が登場したのは今月8日のことで、本作の西原孝至監督、SEALDs・本間信和さんと [全文を読む]

2016年安倍政権とどう戦うか、山本太郎は「僕たちは、ひとりじゃない」「できる範囲で戦い続けろ」と言った

リテラ / 2016年01月01日16時00分

安保法制は可決してしまったけれど、落ち込むことはない。「草の根でもここまで来た、前に進んでいるのは明らか」と。 これから大事なのは、立憲主義をぶち壊した安倍政権とどう戦っていくか。まず最初の決戦は今夏の参院選だ。独裁路線をエスカレートさせる安倍政権、屈服するメディア、民主党はじめグダグダな野党......こんな状況に絶望してしまいそうになるかもしれない。 [全文を読む]

山本太郎が安倍政権に抗する人達を鼓舞「僕たちはひとりじゃない」「できる範囲で闘い続けろ」...でも「リテラはデッドボール(笑)」

リテラ / 2015年10月02日20時00分

もちろん、いまも思いは「安保法は絶対廃止!」の1点だ。 前編につづくこの後編では、核心となる"ひとりひとりの今後の闘い方"について語ってもらった。 ■草の根でもここまで来た、前に進んでいるのは明らかな事実 ──いまの政治状況では憲法改正はあり得ない、少なくとも市民が政治をコントロールする状態がつくられるまでは、してはいけない、という話でしたが、それくらい、 [全文を読む]

安倍首相が国会を欠席して『ミヤネ屋』で応援団に囲まれ上機嫌! 実は安倍は国会サボリの常習犯だった!

リテラ / 2015年09月04日18時30分

安保法制に疑問をぶつけるどころか、司会の宮根誠司はじめ、日本テレビの青山和弘、読売テレビの春川正明らが、「(集団的自衛権は)憲法のなかに入ってるんですね」「徴兵制なんてあり得ないですよね」などと寄ってたかって安倍首相をフォロー。評論家の手嶋龍一にいたっては「総理のアメリカ議会での演説はすばらしかった」などと絶賛してみせるという、ヒドい有り様だった。 しかも [全文を読む]

「戦争法案じゃなくて、人殺し法案だ」憲法学者らが国会前で「安保法案」反対アピール

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月03日18時32分

集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ「安保関連法案」に反対する憲法学者・研究者たちが7月3日、東京・永田町の国会議事堂前でリレー形式の演説をおこなった。時おり雨に見まわれながらも、10人以上の学者・研究者らが安保関連法案を廃案にするよう訴えた。 安倍政権が成立を目指す安保関連法案をめぐっては、多くの憲法学者が「憲法違反だ」という意見を表明している。また、10 [全文を読む]

2016年年頭は、山本太郎の「バカみたいに前向きな言葉」を聞いて安倍政権と闘う元気を取り戻せ!

リテラ / 2016年01月01日12時30分

安保法制の強行採決、政権による露骨な報道への圧力、歴史修正主義のエスカレート、格差のさらなる増大......。 今年こそは、といいたいところだが、2016年もますます状況は悪化していくだろう。安倍政権はさらに強硬路線を強め、参院選、もしかするとダブル選挙で一気に、改憲を現実化させようとしてくる可能性もある。そして、新聞・テレビはおそらく、2015年と同様、 [全文を読む]

山本太郎氏「みなさんは『お縄』になるかもしれない」 秘密保護法違憲訴訟の原告集会

弁護士ドットコムニュース / 2015年11月18日19時51分

そのうえで、「これまで秘密保護法は眠っているような存在だったが、安保法制が通って、海外派兵が具体化していくなかで、相当に重要な役割をはたしていくだろう」として、危機感をつのらせた。 ●山本太郎「非常に残念という思いが強い」 この日の法廷には、この裁判を何度も傍聴してきた山本太郎参議院議員の姿もあった。山本議員は集会で、「非常に残念という思いが強いが、(堀弁 [全文を読む]

山本太郎は安保法成立後もバカみたいに前向きだった!「懲罰委員会にかかれば本望」「まだまだやれることはある」

リテラ / 2015年10月01日20時07分

安保法案が参議院本会議で可決された瞬間、本サイト編集部は大いにうなだれた。このままこの国はファシスト総理の暴走を止められないまま、戦争に突き進むのか──。うっかり「敗北を抱きしめ」(©江川紹子)そうになった、そんなとき。真夜中の国会前にとどろいたのは、変なイントネーションの、しかしとてつもなく陽気なシュプレヒコールだった。 「アベ~はヤメ~ロ!」「センソ~ [全文を読む]

【安保法案】採決時の混乱を"スポーツ観戦"という切り口で振り返る|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年09月22日11時00分

先週は安保一色の週だった。とくに17日に行われた安全保障関連法案の採決に関しては、各新聞はそれぞれの角度で報道したが、こんな記事もあった。 "ふくよかな"議員が外側ブロック、自民の「鴻池委員長防衛シフト」 (産経ニュース9月18日 ) 記事の内容は、自民党の若手議員が「採決を妨害する野党議員から鴻池祥肇委員長を防御するため」防衛大学校名物の「棒倒し」を参考 [全文を読む]

安保法制の狙いは武器輸出、経団連=軍需産業が安倍政権を動かしていた! 税金使った武器バラマキ計画も

リテラ / 2015年09月15日08時00分

安保法案の参院強行採決が確実視されるなか、経団連(日本経済団体連合会)がある提言を発表した。それは「防衛産業政策の実行に向けた提言」と題され、武器など防衛装備品の輸出を「国家戦略として推進すべきだ」と主張するものだ。 このことを報じた朝日新聞(9月10日付)によると、経団連は〈審議中の安全保障関連法案が成立すれば、自衛隊の国際的な役割が拡大するとし、「防衛 [全文を読む]

室井佑月が「太郎ちゃん、安倍さんを倒して」と陳情! 山本太郎が本気で語った安倍政治を乗り越える政策論とは?

リテラ / 2017年04月21日11時54分

先ほどもお話しましたが、共謀罪や原発、TPP、憲法改正、安保......そんなことを言われても、国民の皆さんには遠い問題に感じて伝わりにくい。しかも、うちは小さいグループですから、質問時間もかなり短く、くわしく説明できる時間がない。ですから僕らがするべきことは身近なことをどれだけわかりやすく、この国に生きる人々に簡素に伝えることができるか、です。いちばん距 [全文を読む]

室井佑月が山本太郎に迫る! アッキード事件の闇、安倍首相の素顔、そして原発とマスコミ...

リテラ / 2017年04月11日13時00分

安保法制の時の発言も注目していました。本当に勇気がある方だと。何となくの印象でその人のキャラクターを決めつけてた自分を反省しました。室井 芸能界から政治的な声をあげることは大切だと思っていて、だから太郎ちゃんを応援していますし、石田純一さんが都知事選の出馬意向を示したときも、すごく感動したんです。勇気がある人だなと。でも、ワイドショーや世間は完全にイロモノ [全文を読む]

アメリカの悪玉になぜ叙勲?「ジャパン・ハンドラーズにばかり頼ることは日本の国益につながらない」

週プレNEWS / 2015年11月19日10時00分

─今年の8月19日には、国会の安保法制に関する特別委員会で山本太郎参議院議員が「安保法制は第3次アーミテージ・レポートの完コピではないか」という発言をしています。 ファクラー 私は、ハンドラーズが悪いと言うつもりはありません。問題は、日本が彼ら以外にアメリカに働きかけを行なうチャンネルを持っていないことです。まず、現在の民主党・オバマ政権と接触を図る時に [全文を読む]

KAT-TUN中丸雄一が空気におもねり野党批判と安保法制擁護発言! ジャニーズの先輩・中居正広との違いとは...

リテラ / 2015年09月22日12時45分

国民の理解も得られぬまま、反対を訴える声を蹂躙するかのように安保法制を強行成立させた安倍政権。ところが、多くのテレビ番組では逆に、政権側に寄り添った安保肯定報道が展開され、抵抗した野党への"暴力"批判に多くの時間を割く始末だった。 そんななか、ジャニーズのアイドルがまさにその空気に乗っかった発言を繰り出した。発言の主は、KAT-TUNの中丸雄一。中丸といえ [全文を読む]

山本太郎は「バカ」じゃない! 確信犯のパフォーマンスに安倍の急所を突く質問...ここまでの覚悟をもった政治家がいたか!

リテラ / 2015年09月20日19時30分

だが、この間の安保法制論議での言動を見ているうちに、考えは180度変わった。 いまの野党にここまでの覚悟と訴求力をもった政治家がいるか、と。 たとえば、くだんの牛歩。採決直前のメディアの論調を見ていると、牛歩や議事妨害パフォーマンスをやれば、批判を受けるというのは明らかで、山本自身も絶対にそれはわかっていたはずだ。だからこそ、他の野党議員は批判を恐れて日和 [全文を読む]

安倍首相が広がる安保法制反対の声に“俺にはネットがある“と強弁...やっぱり心の支えはネトウヨだった!

リテラ / 2015年09月20日12時00分

大多数の国民の反対を無視し、大規模なデモが巻き起こるなかで、安保法案を強行した安倍首相。その姿を見て、きっと多くの人が「この男はいったい何を根拠にこんな強気でいられるのか?」と思ったにちがいない。 だが、ここにきて、"安倍御用メディア"産経新聞が、その答えを書いていた。 昨日19日付朝刊の一面で「安保新時代」と題した、安保法制成立までの安倍首相の姿を描くド [全文を読む]

NHK「10党生討論」の偏向がヒドい! 自民党・高村副総裁をフォローしまくる司会の島田解説委員に山本太郎が放った言葉とは...

リテラ / 2015年09月14日08時21分

昨日、本サイトで既報のとおり、『日曜討論』では、番組に出演した安保法制反対派の憲法学者・木村草太氏の発言を、番組公式ツイッターアカウントが"木村氏は安保法案採決に賛成している"というふうにミスリードするツイートを行った。ネット上ではNHKの"安倍チャンネル"っぷりに批判の声が殺到したが、本サイトの懸念は的中、同日夜9時から放送された『NHKスペシャル』で [全文を読む]

山本太郎が安倍首相の「ネタ元」リポートを暴露! 安保法制はすべて米国のリクエストだったという証拠が

リテラ / 2015年08月21日09時00分

参議院で安保法案についての審議が再開したが、19日の特別委員会でいきなり山本太郎議員の"爆弾"が炸裂した。「永田町ではみんな知っているけど、わざわざ言わないことを質問していきたいと思います」と切り出し、一連の法案が実はというか案の定、すべてアメリカからのリクエストだったことを暴露してしまったのだ。 きっかけは、中谷元防衛相が7月30日の委員会で、福島みずほ [全文を読む]

元SPEED今井絵理子「今の日本はプチ戦争賛成!」発言が波紋!批判殺到

秒刊SUNDAY / 2015年08月17日22時50分

今の日本の流れを拝見すると、 どこかプチ戦争なら賛成!みたいに見えるのはわたしだけでしょうか? 今井絵理子 (@Eriko_imai) 2015, 8月 15 発言内容は安保に関するものだと思われるが、70年前戦争を経験した方で「戦争賛成」だという方が居るかどうか。今の日本はどうもちょっとした戦争ならいいんじゃないかという風潮があるということだ。具体的な人 [全文を読む]

フォーカス