演劇 寺山修司に関するニュース

クラウドファンディングで日本の演劇を盛り上げたい!!劇団「演劇実験室◉天井棧敷」~「万有引力」創立50周年記念 寺山演劇の集大成「レミング-壁抜け男-」上演プロジェクト

PR TIMES / 2017年06月06日15時02分

寺山修司が主宰した劇団「天井桟敷」時代の未発表音源や演出家・音楽家であるJ・A・シーザーの愛用の品々などが登場!さらに50周年記念公演である寺山演劇の貴重なスペシャルパッケージも販売!寺山修司が主宰した劇団「演劇実験室◉天井棧敷」(てんじょうさじき)から J・A・シーザー主宰の劇団「演劇実験室◉万有引力」(ばんゆういんりょく)までの創立50周年を記念し、「 [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

また、その活動は、日本のみに留まらず、フランス、オランダ、イタリア、ポーランド、ドイツ、イギリスそしてアメリカと、世界各地で演劇活動を行ったのみならず、海外での映画賞も数多く受賞している。その寺山修司により、1967年日本初のアングラ演劇として産声を上げた、演劇実験室◎天井棧敷。東京オリンピックを経て全共闘、そして高度経済成長へと向かう時代の中、1967年 [全文を読む]

寺山修司生誕80年記念し、元ちとせなど所縁のアーティストが集結する音楽イベント開催

FASHION HEADLINE / 2015年09月02日14時00分

音楽監督は、寺山修司が主宰した劇団「演劇実験室 天井棧敷」で全音楽を手掛け、遺志を引き継ぎ劇団「演劇実験室 万有引力」を主宰している音楽家のJ・A・シーザーが担当。アートディレクションは「天井棧敷」のオリジナルデザインを手掛けた宇野亞喜良、プロデューサーは立川直樹と笹目浩之が務める。 なお、第1夜は「書を捨てよ町へ出よう」、第2夜は「田園に死す」と題され、 [全文を読む]

寺山修司の世界観。音楽祭に先駆け今夜、テレビ番組で紹介

PR TIMES / 2015年10月03日10時28分

音楽業界の関係者のみならず、演劇関係者、映画関係者であれば、見ておくべき公演とまで言われているディープな音楽祭だけに、そのクオリティの高さは間違いないだろう。特別な二夜になりそうだ。[画像1: http://prtimes.jp/i/12949/116/resize/d12949-116-255506-1.jpg ]『冥土への手紙−寺山修司 生誕80年記念 [全文を読む]

寺山修司生誕80年を記念したオフィシャル・イベントが10月に開催決定!

PR TIMES / 2015年09月01日13時30分

音楽監督には、寺山が主宰した演劇実験室「天井棧敷」で全音楽担当を担い、遺志を引き継ぎ演劇実験室「万有引力」を主宰する音楽家J・A・シーザーを迎え、プロデューサーに立川直樹と笹目浩之、アートディレクションは「天井棧敷」当時のオリジナルデザインも担当した宇野亞喜良、そして寺山修司にゆかりがあり、リスペクトするアーティストが集結。2日間を第一夜:『書を捨てよ町へ [全文を読む]

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

寺山さんの大ファンで来てる人もいるし、演劇少女みたいなね。で、可愛らしい女の子募集なんだろうけど、私はこんな大っきくて高校3年生じゃ絶対無理だな、もう落ちちゃうなって思ってたんですけども。 ―その流れで天井桟敷に所属して? 高橋 入ったわけではないんです。寺山さんがすごく可愛がってくださって、とにかく毎日そばにいましたね。学校帰りに稽古行きますからセーラー [全文を読む]

「あしたはどっちだ、寺山修司」“幻の市街劇”を迫うドキュメンタリー冬公開

映画.com / 2017年08月05日09時00分

監督は70年代から寺山の実験映画や演劇の影響を受け、自主製作映画に没頭したという相原英雄。演劇実験室「天井棧敷」で演劇による革命を標榜した寺山は、1975年に東京都杉並区一帯を使い、30カ所で30時間にも及ぶ市街劇「ノック」をゲリラ的に敢行した。関係者のインタビュー、そして、最後に計画していた幻の市街劇の存在から、寺山の知られざる企みを追う。 相原監督は [全文を読む]

イケメン演出家・藤田貴大「同世代とか少し上の世代にはウザがられてると思う」

anan NEWS / 2015年12月02日12時00分

藤田貴大さんが、自身で作・演出をつとめる演劇ユニット、マームとジプシーを立ち上げたのは、‘07年のこと。それが瞬く間に話題になり、新聞や雑誌の劇評を賑わすようになった。そして旗揚げから4年目には劇作家にとって最高の栄誉とされる岸田國士戯曲賞を受賞。つねに挑戦的な姿勢と、尖ったセンスで演劇界に新たな潮流をもたらし、いまや現代演劇シーンの中心人物のひとりとな [全文を読む]

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

17歳で高校中退、家出、演劇実験室・天井棧敷入団。以来、寺山修司に師事。演劇では、音響、舞台監督、演出、映画では、助監督、記録を担当。1983年、寺山修司逝去後は、作曲家、松村禎三に師事、数多くの映画音楽の助手を務める。熊井啓監督、松村禎三音楽、映画「深い河」「海は見ていた」オリジナル・サウンドトラックの、構成、編集を手掛けている。 會田 瑞樹 Mizuk [全文を読む]

宇野亞喜良、“絵の奥にある背景の記憶”--2/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2016年12月14日20時30分

――寺山さんとの仕事はどのようなものでしたか?寺山さんはアンダーグランンドな演劇を手がけ、前衛的な俳句や詩を書いていたので、抒情的なものには興味がないのかと思っていました。しかし『For Ladies』で寺山さんが書いた文章は抒情的で独創的でした。当時、「アメリカの『セブンティーン』という雑誌に使われているピンク色がとてもきれいだ」と、寺山さんにいったこと [全文を読む]

寺山修司の生誕80年を記念した幻想音楽会にカルメン・マキの出演が決定。本日よりチケット発売

PR TIMES / 2015年09月16日15時32分

寺山演劇の継承者である音楽家J・A・シーザーを音楽監督に、寺山作詞の「あしたのジョー」、「時には母のない子のように」や、映画「書を捨てよ町へ出よう」、「田園に死す」の名曲を、寺山をリスペクトするアーチストたちが結集し、寺山の珠玉の言葉の魅力を、演劇仕立てで、繰り広げる二夜限りの幻想音楽会。『冥土への手紙』とは、寺山へのオマージュでもあり、寺山からのことば [全文を読む]

亀梨和也はよくやった! 世界の蜷川幸雄のヤバすぎる演出を見事に熱演!!

tocana / 2015年08月20日09時00分

若いジャニーズファンにはなじみが薄いかもしれないが、寺山氏は1960年代に演劇実験室「天井桟敷」を結成。旗揚げ公演の際には、「見世物小屋の復権」をうたい、過激で扇情的かつ怪奇的な演劇を見せ、日本に小劇場ブームを巻き起こした。 寺山氏は1983年に亡くなるまで、詩、小説、劇、映画など膨大な作品を残したが、今作はその中でも最も過激だったであろう1963年、2 [全文を読む]

「60~70年代アンダーグラウンドフォトアートセッション」開催!

PR TIMES / 2014年10月21日13時01分

加納典明ヴィンテージプリント&アンダーグラウンド演劇特集展 神保町・小宮山書店にて、10月25日(土)から11月9日(日)まで、 「60~70年代アンダーグラウンドフォトアートセッション」、 加納典明ヴィンテージプリント&アンダーグラウンド演劇特集展、開催! 小宮山書店では、10月25日(土)から11月9日(日)まで、 「60~70年代アンダーグラウンドフ [全文を読む]

「Fan+(ファンプラス)」に新ショップ「コエチカラ」登場!81プロデュース所属声優の最新情報やここでしか見られない特別映像など聴きどころ・見どころ満載のラインナップでコンテンツ配信

@Press / 2012年10月05日12時00分

(3) 81プロデュース所属声優の最新情報声優は、従来のアニメ・吹き替え・ゲーム音声・ボイスオーバー・ナレーションのみならず、歌手活動や国内外のイベント、舞台演劇など、幅広く活躍しています。本コンテンツショップでは、ユーザーの方に向けて所属声優の最新情報をリリースしていきます。 [全文を読む]

佐藤剛による新刊『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』発売記念トークライヴ開催決定

okmusic UP's / 2017年06月14日18時30分

■書籍『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』著者:佐藤剛 刊行:文藝春秋 424頁 定価:¥2,200+税 ジャンル:ノンフィクション ISBN-10: 4163906649/ISBN-13: 978-4163906645 <目次> ■第1章:異端にして革命児 「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語った三島由紀夫/特異 [全文を読む]

山田太一と寺山修司が学生時代に交わした貴重な手紙が出版

NEWSポストセブン / 2015年12月11日07時00分

のちに文学や演劇、テレビの世界で大きな足跡をのこす2人が、ほぼ60年前、若き日に交わした往復書簡が出版された。互いを知ったのは昭和29年、早稲田大学のキャンパスである。 「何人かで雑談しているとき、自分に光を当てようと、ぼくが小野十三郎の詩を引用したんです。誰も知らないだろうと思ったら、寺山さんが次の行をすっと口にして。東京は油断がならないな、と思いました [全文を読む]

高橋ひとみ:女優として見出してくれた、寺山修司への思いを語る。

PR TIMES / 2015年11月19日11時43分

[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2967/resize/d1355-2967-937755-1.jpg ]WOWOWでは、30年も寺山修司作作品のアングラ演劇にこだわり、“暗黒の宝塚”とも呼ばれる小劇団「月蝕歌劇団」に完全密着したオリジナルドキュメンタリー番組「ノンフィクションW 暗黒のアイドル、寺山修司の彼方へ。~『月蝕歌劇団 [全文を読む]

河原雅彦「なんでも俯瞰で見ちゃうんです。だから、人間観察にはちょっと自信がありますよ」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月06日07時20分

とりわけ演出家としての活動の幅は広く、商業演劇からパンクオペラ、さらには大人のラブコメミュージカルまで、ジャンルを問わず手がけている。 その河原さんが演出をする上で心がけていることは、「俯瞰の目を持つこと」だという。 「作品に対してどっぷり感情移入したり、のめり込んで考えるタイプじゃないんです。『消された一家』のようなルポを読むときでも同じで、人間の行動や [全文を読む]

【オリエンタルホテル広島】12月5日 宇野亜喜良 トーク&サイン会/渚ようこ ライブ 開催

PR TIMES / 2013年11月12日13時39分

1965年に女性のための本として発刊された、フォアレディースシリーズの第1巻である寺山の詩文集「ひとりぼっちのあなたに」の装丁を宇野が手掛けたのをきっかけに、それ以降、寺山主宰の劇団「演劇実験室◎天井桟敷」の公演ポスターや舞台美術等の制作に関っています。 今回のトークショーでは、宇野が関った寺山作品についてのエピソードや、1950年代から今なお精力的に活動 [全文を読む]

銀座アルマーニで寺山修司、細江英公、森山大道ら70年代東京写真展開催中

FASHION HEADLINE / 2013年10月08日21時00分

60年代後期から70年代に掛けて、アングラ(アンダーグランド)といわれる前衛的な表現者達が、演劇、ミュージック、アートシーンに登場し、日本のカルチャーを牽引していた。その中心にいた寺山修司が、今回の写真展のキーパーソンだという。 写真誌『IMA』が主催する『TOKYO1970 by Japanese Photographers 9』が、銀座にあるアルマーニ [全文を読む]

フォーカス