最近 酒井法子に関するニュース

フラれた腹いせ!? 今井雅之が“のりピードタキャン”をブチ切れ暴露!

日刊サイゾー / 2013年12月07日12時00分

最近はしっかり出演許諾書など契約書を交わすのが当たり前になっています」 さらに同関係者は「酒井さんが断った理由は他にもあるんです」と述べ、次のように続ける。 「今井さんが酒井さんを狙っているんです。昨年12月の舞台で連絡先を交換し、何度か食事もしてる。今井さんはテレビ番組でも『酒井法子は色気があった』『きちんとお酌もするし、礼儀正しい』と絶賛していた。それ [全文を読む]

藤田紀子まで便乗!? 話題の「DNA鑑定」と某大物女優の関係...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.27

東京ブレイキングニュース / 2014年01月21日09時00分

私は冒頭で"今年の流行語大賞は「DNA鑑定」"と書いたが、こうしたDNA鑑定のすごさを教えてくれる本もあれば、最近出版された『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』(清水 潔・新潮社)のように、DNA型鑑定の危なっかしさに注目した調査報道の本も話題だからだ。しばらくDNAブーム。 Written by プチ鹿島 Photo by DN [全文を読む]

「小泉今日子にイケメンを持ち帰られた」私怨うずまくタレコミ情報!

サイゾーウーマン / 2013年01月07日13時00分

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ~! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋16年の芸能記者B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集 [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅ、perfumeもパチンコに!? 倖田來未らパチスロ仕事に駆り出されるアーティストの実情

Business Journal / 2016年06月18日17時00分

最近は小室哲哉の台も登場している。 ただ、イメージとしては決して良好ではないパチンコ関連のPRや台に関係する有名人は、どうしても「格落ち」な印象を抱かれてしまう場合も多い。薬物疑惑(逮捕前)で仕事がなくなった清原和博や、復帰後の酒井法子などが象徴的で、他にも河村隆一などもパチンコ営業に積極的。前述した女性アーティスト3名も、最近ではあまり名前を聞く機会もな [全文を読む]

酒井法子、逮捕後初CDに非難殺到! 「いまさら清楚売り」の大誤算

サイゾーウーマン / 2013年11月20日13時00分

「酒井は最近『さんまのまんま』(フジテレビ系)に出演するなど、復帰後、着実に活動の幅を広げています。今回のCD発売で、酒井の念願だった歌手活動も再開できますしね。しかし一方で、『薬物逮捕された芸能人が復帰できるなんて、信じられない』という声は根強いです。CD発売についても、現在ネット上では批判が殺到しています」(芸能ライター) CD発売の事実だけでなく、 [全文を読む]

“落ち目”AMEMIYAでも月収260万円……芸能界のオイシイ「ドサ周り」事情

日刊サイゾー / 2017年06月06日07時00分

しかし人気も落ち着き、テレビで目にする機会が減った最近でも、しっかり稼いでいることがわかった。「売れっ子芸能人の収入源は、俳優やタレントであればテレビや映画、CMなどの出演料、ミュージシャンであればCDの印税やコンサートや会場物販の収益などが中心になります。落ち目になると、当然これらの収入は減っていくわけですが、それ以外に地方のイベントなどの営業でけっこう [全文を読む]

“薬物疑惑”のアーティスト妻X! 「最近活動ナシ」「実は夫にも黒いウワサが……」

サイゾーウーマン / 2016年08月08日12時45分

今後裁判などにより、再び話題に上る日も近いだろうが、最近、ある芸能人夫婦の妻に、“薬物疑惑”が浮上しているという。 「覚せい剤など薬物中毒者は、性行為中に使用するケースが多いことから、配偶者がある場合は夫婦ともども疑惑の目が向けられることになります。高島も今回の件で事情聴取を受けているし、酒井法子も元夫とともに覚せい剤を使用していたことが明らかになっていま [全文を読む]

手作り弁当を公開!酒井法子、復活の原動力は「自分と瓜二つ」の優等生息子!?

アサジョ / 2016年07月23日09時58分

最近受けたインタビューで、食べ盛りの息子のための手作り弁当写真を公開しています。朝食抜きの息子のために握った大きなおにぎり2個も添えられていて、母親業は順調そのもののようです」(芸能ライター) 愛息子を原動力にこのまま芸能界本格復帰となるのか。(塩勢知央) [全文を読む]

最近の松本人志に違和感 「評論家気取り」の声が増加中?

しらべぇ / 2016年07月11日07時00分

■評論家気取りだと思う人は4割もしらべぇ編集部が全国の男女1243名に調査を行なったところ、「ダウンタウンの松本人志は最近、評論家を気取っている」と答えた人は全体のおよそ4割。とくに上の年代からそのような声が聞かれ、60代では50.2%が上記の意見に賛同した。twitterを見ても、厳しい意見が多く確認できる。薬物に関わり本人が1番苦痛だろうにそれを薬物か [全文を読む]

「逃亡だ!」「作り笑顔だ!」酒井法子“復活会見”も、マスコミブーイングの大荒れ

日刊サイゾー / 2016年07月02日11時00分

「この日は、酒井が囲み取材を受けるとあって、現場には多くの報道陣が駆けつけ、最近では“有事の際”にしか配置されないレポーターも投入されていました。殺気立った物々しい雰囲気で、ムービーカメラマンなどは撮影を邪魔しそうな人に向かって『座れ!』など怒号も飛ばしていました」(ワイドショー関係者) マスコミには事前に、こんな案内状が配られていた。 「“酒井法子さん [全文を読む]

「舛添ファミコン」だけじゃない!酒井法子にも黒歴史な恥辱ゲームが存在した

アサ芸プラス / 2016年06月30日17時59分

ところが、最近スキンケア商品のイメージキャラクターに就任したり、芸能生活30周年記念コンサートを開催することを発表したりと、芸能活動を本格化させている酒井法子にも黒歴史確実なゲームがあることが明らかになってしまった。1989年にビクター音楽産業から発売されたPCエンジン用ゲーム「鏡の国のレジェンド」がそうだ。 同作品は連れ去られたのりピーを救うため、プレ [全文を読む]

酒井法子、“ディーン・フジオカ化”&高額ディナーショーで丸儲け! 息子の芸能界入りも画策?

messy / 2016年02月20日00時15分

14日、女優の酒井法子が45歳の誕生日を迎え、ネット上では旧来のファンから祝福の声が上がっているのだが、酒井には最近、「ディーン・フジオカ化している」と指摘する声も上がっているようだ。「酒井といえば、09年に覚醒剤取締法違反で東京地方裁判所から有罪判決を受け、ファンのみならず社会全般に多大な衝撃を与えましたが、翌年には自叙伝『贖罪』(朝日新聞出版)を出版。 [全文を読む]

酒井法子 ディナーショーも完売…アイドル復活へ44歳の野望

WEB女性自身 / 2015年10月21日06時00分

最近では、イベント営業もこなしているみたいです」(芸能関係者) アイドル時代には考えられなかったような地道な仕事。それでも彼女は、各地で笑顔を絶やさなかった。そんな執念が、少しずつ報われ始めているという。 「年末にクリスマスディナーショーを行うのですが、思いのほか好評なんです。会場は200人ほどの規模で価格も2万円台ですが、一部の席を除いてほぼ完売していま [全文を読む]

酒井法子の危機 食い扶持のパチンコ営業の仕事も失う テレビ復帰も絶望的でついに…

Business Journal / 2015年04月19日17時00分

八方塞がりになりつつある酒井は、最近ディナーショーを始めている。 「ディナーショーは通常、チケット代の半分くらいは事務所に入る美味しい仕事ですが、ファンの懐事情を考えれば年間を通じて頻繁に開催できるものではありません。酒井の本業である女優業はオファーがないと仕事がなく、歌手業でも酒井は作曲ができるわけではない。つまり、常に待ちの立場で自分から何かを仕掛ける [全文を読む]

酒井法子の中国進出が暗礁に……元夫・高相氏の「“覚せい剤”エピソード蒸し返し」が原因か

日刊サイゾー / 2015年03月26日13時00分

最近では離婚した元夫の高相祐一氏が、活字メディアに登場。酒井が覚せい剤にハマったきっかけなど、過去の話を蒸し返して足を引っ張っているために、いつまでたっても覚せい剤のイメージが払拭できない状態が続いている。 日本での復帰が遅々として進まない酒井を見かねて、日本と中国の芸能界のパイプ役になっている「アンダーゼットグループ」の周帆代表が、中国本土での復帰を画策 [全文を読む]

矢口真里、復帰に向けてリサーチ活発化 大手メディア“待望”記事連発の裏事情

日刊サイゾー / 2014年10月09日09時00分

「この有力者は以前から矢口をかわいがっていた人物で、謹慎中は事務所移籍させての再出発もプランしたことがあったほど」(同) そんな動きがあったせいか、最近はやけに不自然な“矢口復帰待望”を伝える記事が続出。ある大手メディアは、専門誌で連載をしていたほどのゲーム好きである矢口に対し、「ゲーム業界がイベントやCMに起用したいという動きがある」と報じ、また別の媒 [全文を読む]

松本人志 爆笑問題との日曜朝対決を制する鍵は生放送にあり

NEWSポストセブン / 2014年04月19日16時00分

まして、最近は話題の消費期限が極端に短くなっているし、土曜に大きなニュースが飛び込んでくる可能性だって十分にあるわけです。今後、録画では対応しきれない回が間違いなく出てきます。 たとえば、2009年8月に酒井法子が覚醒剤で逮捕されたのは、土曜日でした。酒井の身柄移送の様子や所属事務所会見の生中継を試みた同日の『情報7days ニュースキャスター』(TBS [全文を読む]

【ウラ芸能】酒井法子、本格復帰が見えない

NewsCafe / 2013年12月12日15時00分

2010年の離婚後、有名スキーショップ経営の父親のツテでラーメン店で働いていたのが、最近は千葉の脱法ドラッグも扱うショップで働いている、と写真誌が報じています。T氏は周辺にかつての、のりピーの"薬漬け"ぶりを話すなど、相変わらずのようですよ」デスク「のりピーって、暴力団員の異母弟が逮捕されるたびに名前を出されたり、演歌みたいな不幸の世界に生きてるな」記者「 [全文を読む]

舞台ドタキャン騒動に続き……元夫“脱法ドラッグ店”勤務報道で、またまた遠ざかる酒井法子の本格復帰

日刊サイゾー / 2013年12月11日11時00分

また、最近まで交際していた元恋人の証言によれば、高相氏は彼女に向かって「あいつ(=酒井)は家中を引っかき回してクスリを探していた。自分で使うためだ」と、以前の酒井の様子を自慢げに話していたそう。 酒井は来年1月に、9年半ぶりの新曲を収録したミニアルバム『涙ひとつぶ』(BounDEE by SSNW)のリリースを控えている。主演映画『空蝉の森』も来年公開予定 [全文を読む]

結局は“中国マネー”頼り!? 酒井法子、9年半ぶり復帰CDに「蒼いうさぎ」中国語バージョン収録

日刊サイゾー / 2013年11月26日09時30分

また最近は、ディナーショーや、パチンコ店の営業で荒稼ぎしているといわれている。 さらに先月には、異母弟で、指定暴力団・山口組系組員の吉原健容疑者が強盗容疑で6度目の逮捕を受け、イメージはさらに悪化。同月19日には、『さんまのまんま』(関西テレビ)でバラエティ番組復帰を果たすも、関西ローカルだったためか、その後のテレビ出演にはつながっていないようだ。 「なか [全文を読む]

フォーカス