家族 樹木希林に関するニュース

『海よりもまだ深く』 是枝裕和監督が撮り下ろし!池松壮亮主演! ハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ解禁

NeoL / 2016年05月18日16時07分

台風の夜に集まった元家族。嵐が去れば、またそれぞれの日常に戻ると分かっている彼らの想いが交錯し――。“海よりもまだ深い”人生の愛し方を教えてくれる、心に沁みる感動作がここに誕生した。 先日開幕となった、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品されることでも話題となっている本作。映画祭には、阿部寛、樹木希林、真木よう子、是枝裕和監督が参加、レッド [全文を読む]

私が考える、ほんとうに「家族はつらいよ」な映画

文春オンライン / 2017年06月20日11時00分

それにしても、『家族はつらいよ』が現実になったなあという出来事でした。 三國連太郎の演技もすごいが、近作では是枝作品から1本 映画やドラマでは昔から、権力者や富を持つ者が、子どものしでかした悪事のもみ消しを図るというのは、洋邦問わず定番ネタ。日本でも『人間の証明』(77年)や『野性の証明』(78年)がパッと浮かびます。『野性の証明』では、罪を犯した暴走族の [全文を読む]

第68回カンヌ国際映画祭、日本映画2作の反応は?

Movie Walker / 2015年05月17日06時30分

その中の一つとして、今回は小さな家族、擬似家族ともいえる人たちのつながりを描きました。今までの『自然と人間』といった大きな普遍性ではなく、どの国の人にもあるだろう家族について、幸せについての物語です。そこが通じればいいなと思っています」という期待を持って臨んだ「ある視点」部門のオープニング上映だったが、見事に観客の心をつかんだ様子で、さすがに感極まったのか [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

そこが本当に素晴らしいなと思うし、大好きなところです」 撮影 永瀬沙世/photo Sayo Nagase ヘアメイク AYA/hair&make up AYA(LA DONNA) スタイリング 三田真一/styling Shinichi Mita(KiKi.inc.) 取材・文 大谷隆之/interview & text Takayuki Otani 企 [全文を読む]

「圧迫感あった」樹木希林節に阿部寛がタジタジ

Movie Walker / 2016年05月08日15時56分

本作は、ダメな中年男とその元妻と息子という不器用な家族の姿を描いた家族ドラマ。台風でひさびさに一夜を一緒に過ごす事になった家族の思いを映し出す。叶わぬ夢を追い続ける主人公を阿部寛、その元妻を真木よう子、主人公の母親を樹木希林が演じる。 同イベントで、樹木は「この映画は、誰も尖ってないから良い。私1人が尖っているという感じ。この衣装は嫌だとか言う女優はいな [全文を読む]

樹木希林、50年近く別居中の夫・内田裕也と離婚しない理由とは?

Smartザテレビジョン / 2017年05月21日10時20分

話題はそれぞれの家族について。橋爪と小林に対して、樹木が「奥さんどんな人?」と問いかけると、2人とも妻との円満な関係を明かす。 一方、樹木は自身の家族について、50年近く別居しているロックミュージシャンで夫の内田裕也と離婚しない理由について明かした。 橋爪が「別居を続けるって、かなりのエネルギーがいるじゃん?」と疑問を投げかけると、樹木は同意し、「社会的 [全文を読む]

消えたヒロシ、意外な稼ぎ…10月会見雑感(下)

NewsCafe / 2016年11月02日10時45分

すごい家族愛だ」 記者「家族といえば、都内の神社の広報大使に選ばれたタレントの岡田結実(16)も家族話を披露して笑わせていました」 デスク「お笑いコンビ、ますだおかだの岡田圭右(47)の娘。すごい勢いで売れてるね。樹木と違って圭右の方は娘とはいっさい共演しないという姿勢を貫いてる」 記者「その分、結実がバンバン披露。神社での思い出は『七五三の千歳飴を食べた [全文を読む]

本木雅弘主演作に義母・樹木希林がサプライズで駆け付けるも「身内が来るという事はよほど友達がいないということ」と希林節炸裂! 『永い言い訳』特別試写会

AOLニュース / 2016年10月04日16時00分

一方、本木は樹木の娘である妻・内田也哉子について「得体の知れなさが惹かれたポイント」と説明すると、すかさず樹木は「うちの家族に入るなんて誰だって反対しますよ。でも本木さんは、この家族の中に入ってそこで自分がかき回されて別のものを引っ張り出してもらいたいという気持ちがあったはず」と分析。また本作には家族にも見せていない本木の素顔も映し出されていたといい「だか [全文を読む]

壊れてゆく現代の家族描く是枝裕和新作『海よりもまだ深く』

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

家族というものは、思い出のなかにこそあるのかもしれない。あの頃は父がいた、母がまだ若かった、自分たちは子供だった。家族は思い出のなかで輝く。 山田太一のドラマで確か竹下景子演じる母親が、子供とスーパーに買い物に行き、「こんななんでもないことでも、大人になって思い出すと懐しいものなのよ」と言ったが、家族の真髄をよく語っている。 「歩いても 歩いても」(200 [全文を読む]

樹木希林「カンヌでブーイングされてたら気絶してた」

Movie Walker / 2016年05月21日16時00分

本作は、ダメな中年男とその元妻と息子という不器用な家族の姿を描いた家族ドラマ。台風でひさびさに一夜を一緒に過ごすことになった家族を映し出す。【取材・文/平井あゆみ】 [全文を読む]

阿部寛、“母”樹木希林の海よりも深いツッコミに苦笑

Smartザテレビジョン / 2016年04月24日19時34分

同作は、笑ってしまうほどの駄目人生を送る自称作家の中年男・良多(阿部)と元家族が、良多の母・淑子(樹木)の家にたまたま集合し、台風のため翌朝まで帰れず、偶然取り戻した一夜限りの“家族の時間”を過ごすさまを描く。嵐が過ぎればまたそれぞれの日常に戻ると分かっている彼らの思いが交錯し、“海よりもまだ深い”人生の愛し方を教えてくれるヒューマンドラマとなっている。舞 [全文を読む]

樹木希林広告の「死ぬときくらい好きにさせてよ」の真意

NEWSポストセブン / 2016年03月06日07時00分

だいぶ前に亡くなった父も、常識人でしたけれど、最後は“葬式はするな、戒名をつけるな、坊主を呼ぶな”って無理難題を言って家族を当惑させましたけれど、あれも父なりの家族への甘えだったのかなと思います」 心理学では“裏面交流”といい、無理難題を言って、相手がどれくらい許してくれるかによって、自分に対する愛を確かめようとする。 [全文を読む]

ソフトバンク 「白戸家」6年目で抜きん出るCM作りの発想

NEWSポストセブン / 2013年04月23日16時00分

いずれも「学割」「家族」を訴求したいための構成だが、CMづくりに定評があるのはソフトバンク。白い犬が「お父さん」という設定の「白戸家」CMは、2007年6月からスタートして以来ユニークな設定と内容で人気を博し続け、今年になってからは、出演者に前田のほか樹木希林、ゴールデンボンバーも加わった。なかでもネット上で大きな話題となったのは、前田敦子の「フライング [全文を読む]

勝ち組? 負け組? 婿養子タレントの明暗

日刊大衆 / 2017年02月27日11時00分

樹木希林や家族と渋谷区内の総工費7億円の豪邸に二世帯住宅で住んでいるというから、婿養子の成功例といっていいだろう。 また、“逆玉”に乗った婿養子として、ミュージシャンの葉加瀬太郎(49)も忘れてはいけない。葉加瀬は女優の高田万由子(46)と1999年に結婚。高田は明治時代に武器・機械商として財を成した高田商会の創業者、高田慎蔵の末裔で、超のつくお嬢様。祖母 [全文を読む]

乳がん治療は日々進歩、樹木希林の元気ぶりがその証明

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

現在再入院して治療中の彼女と家族の闘いから、私たちは多くのことを気づかされる―― 乳がんの治療は日々進歩している。2005年に「乳がん」であることを明かした女優の樹木希林(73才)は、2012年から病巣にピンポイントに陽子線と呼ばれる放射能を当てがんを小さくする「陽子線治療」を受けている。その後も、新しい薬の開発や、免疫療法などさまざまな新しい治療法が出て [全文を読む]

内田裕也が樹木希林との“不思議な関係”を語る

Smartザテレビジョン / 2016年06月18日16時30分

6月19日(日)朝8時よりBS朝日で放送される「熱中世代 大人のランキング」に内田裕也が出演、妻・樹木希林や家族についての思いを語る。 内田は樹木とのなれ初めについて、樹木から「面白い方ね。行くとこないなら、暮らしましょうか」と、話を持ち掛けられたことを明かす。 また、内田は娘のスイスの学校の卒業式の時に「ロックンロールだかなんだか知らないけど親として卒業 [全文を読む]

『海よりもまだ深く』の“カレーうどん”が食べたくなるワケ フードスタイリスト・飯島奈美氏の仕事

リアルサウンド / 2016年06月17日06時00分

本作は食事シーンが多く、食べ物が母親の“愛”と家族の“あたたかさ”を象徴するかのように、さりげなく丁寧に映しだされている。“食”は私たちが生きることに欠かせない存在だからこそ、ないがしろにできない重要な部分だ。 劇中の食べ物を手がけたのは、連続テレビ小説『ごちそうさん』や『深夜食堂』『海街diary』などでもフードスタイリングを担当した、飯島奈美氏。『ごち [全文を読む]

「懐かしいな、この狭さって(笑)」 真木よう子が映画『海よりもまだ深く』を語る

anan NEWS / 2016年05月24日08時00分

役者への押し付けも、プレッシャーもないし、役者が素のまま、すっと自然に役に入っていけるような世界を作ってくれるんです」 『海よりもまだ深く』は、“夢見た未来とちがう今を生きる、元家族の物語”。真木さんの役どころは、阿部寛さん演じる主人公のダメ男・良多の元妻・響子。15年前に一度文学賞を取ったきりの自称作家でギャンブル好きの良多に愛想を尽かし、離婚後は11歳 [全文を読む]

『海よりもまだ深く』是枝裕和監督に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月17日16時20分

『そして父になる』『海街diary』に続く新作『海よりもまだ深く』(5月21日公開)では、かつて是枝が暮らした東京都清瀬市の旭が丘団地を撮影地に、ほろ苦い家族の物語が描かれる。『歩いても 歩いても』(08年)と同じく阿部寛と樹木希林が親子役で、是枝は2人を念頭に脚本を書いたという。 阿部が演じるのはそのクズっぷりが見事な中年作家の篠田良多。15年前の文学賞 [全文を読む]

映画『海よりもまだ深く』 樹木希林がダメ息子(阿部寛)を擁護

NEWSポストセブン / 2016年04月29日16時00分

ある日、たまたまこの4人が淑子の家に集う機会があり、台風のため帰れなくなる――さぁ、たまたま取り戻した家族の時間はどうなるか。 こんなストーリーなのだが、ダメ息子を持つ役を演じる樹木は阿部演じる良多をそれほどダメ男だとは思っていないと反論。その理由については「私の周りにはもっとすごいのがたくさんいる」と述べ、一体誰のことを言っているのか感づいた報道陣から [全文を読む]

フォーカス