家族 樹木希林に関するニュース

『海よりもまだ深く』 是枝裕和監督が撮り下ろし!池松壮亮主演! ハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ解禁

NeoL / 2016年05月18日16時07分

台風の夜に集まった元家族。嵐が去れば、またそれぞれの日常に戻ると分かっている彼らの想いが交錯し――。“海よりもまだ深い”人生の愛し方を教えてくれる、心に沁みる感動作がここに誕生した。 先日開幕となった、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に正式出品されることでも話題となっている本作。映画祭には、阿部寛、樹木希林、真木よう子、是枝裕和監督が参加、レッド [全文を読む]

第68回カンヌ国際映画祭、日本映画2作の反応は?

Movie Walker / 2015年05月17日06時30分

その中の一つとして、今回は小さな家族、擬似家族ともいえる人たちのつながりを描きました。今までの『自然と人間』といった大きな普遍性ではなく、どの国の人にもあるだろう家族について、幸せについての物語です。そこが通じればいいなと思っています」という期待を持って臨んだ「ある視点」部門のオープニング上映だったが、見事に観客の心をつかんだ様子で、さすがに感極まったのか [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

そこが本当に素晴らしいなと思うし、大好きなところです」 撮影 永瀬沙世/photo Sayo Nagase ヘアメイク AYA/hair&make up AYA(LA DONNA) スタイリング 三田真一/styling Shinichi Mita(KiKi.inc.) 取材・文 大谷隆之/interview & text Takayuki Otani 企 [全文を読む]

「圧迫感あった」樹木希林節に阿部寛がタジタジ

Movie Walker / 2016年05月08日15時56分

本作は、ダメな中年男とその元妻と息子という不器用な家族の姿を描いた家族ドラマ。台風でひさびさに一夜を一緒に過ごす事になった家族の思いを映し出す。叶わぬ夢を追い続ける主人公を阿部寛、その元妻を真木よう子、主人公の母親を樹木希林が演じる。 同イベントで、樹木は「この映画は、誰も尖ってないから良い。私1人が尖っているという感じ。この衣装は嫌だとか言う女優はいな [全文を読む]

樹木希林、50年近く別居中の夫・内田裕也と離婚しない理由とは?

Smartザテレビジョン / 2017年05月21日10時20分

話題はそれぞれの家族について。橋爪と小林に対して、樹木が「奥さんどんな人?」と問いかけると、2人とも妻との円満な関係を明かす。 一方、樹木は自身の家族について、50年近く別居しているロックミュージシャンで夫の内田裕也と離婚しない理由について明かした。 橋爪が「別居を続けるって、かなりのエネルギーがいるじゃん?」と疑問を投げかけると、樹木は同意し、「社会的 [全文を読む]

杉咲花、「湯を沸かすほどの熱い愛」で10冠達成<第26回日本映画批評家大賞授賞式>

モデルプレス / 2017年05月16日20時11分

家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる... 母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。 ■「第26回日本映画批評家大賞」受賞者・作品 新人女 [全文を読む]

消えたヒロシ、意外な稼ぎ…10月会見雑感(下)

NewsCafe / 2016年11月02日10時45分

すごい家族愛だ」 記者「家族といえば、都内の神社の広報大使に選ばれたタレントの岡田結実(16)も家族話を披露して笑わせていました」 デスク「お笑いコンビ、ますだおかだの岡田圭右(47)の娘。すごい勢いで売れてるね。樹木と違って圭右の方は娘とはいっさい共演しないという姿勢を貫いてる」 記者「その分、結実がバンバン披露。神社での思い出は『七五三の千歳飴を食べた [全文を読む]

不倫だってすればいい!「本木雅弘&樹木希林」流恋愛の心得2つ

Menjoy / 2016年10月06日10時20分

ちなみに不倫を全面的に否定しない娘婿の本木さんが、浮気をしない理由を樹木さんが分析! 「本木さんは不倫をすると家族とかその後が面倒くさいから、それを考えたらしないみたい」。 浮気や不倫を「面倒くさい」と感じるか感じないかがポイントなのかもしれませんね。ということは、面倒くさがり屋さんの男性なら浮気や不倫の心配はないのかも!? 結婚歴約20年の本木さん、結 [全文を読む]

本木雅弘主演作に義母・樹木希林がサプライズで駆け付けるも「身内が来るという事はよほど友達がいないということ」と希林節炸裂! 『永い言い訳』特別試写会

AOLニュース / 2016年10月04日16時00分

一方、本木は樹木の娘である妻・内田也哉子について「得体の知れなさが惹かれたポイント」と説明すると、すかさず樹木は「うちの家族に入るなんて誰だって反対しますよ。でも本木さんは、この家族の中に入ってそこで自分がかき回されて別のものを引っ張り出してもらいたいという気持ちがあったはず」と分析。また本作には家族にも見せていない本木の素顔も映し出されていたといい「だか [全文を読む]

壊れてゆく現代の家族描く是枝裕和新作『海よりもまだ深く』

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

家族というものは、思い出のなかにこそあるのかもしれない。あの頃は父がいた、母がまだ若かった、自分たちは子供だった。家族は思い出のなかで輝く。 山田太一のドラマで確か竹下景子演じる母親が、子供とスーパーに買い物に行き、「こんななんでもないことでも、大人になって思い出すと懐しいものなのよ」と言ったが、家族の真髄をよく語っている。 「歩いても 歩いても」(200 [全文を読む]

フォーカス