事務所 樹木希林に関するニュース

性格に“難アリ”の女優・桃井かおり ドラマ界から干されて……

日刊サイゾー / 2013年02月28日11時00分

でも、最近はお金の面でもちょっと問題が多くて……」(芸能事務所関係者) 女優として日本だけでなく、ハリウッドでも活躍している桃井かおり。昨年は、沢尻エリカ主演の『ヘルタースケルター』に出演し話題となったが、相変わらず連続ドラマへの出演はない。 「連ドラは2008年の『SCANDAL』が最後ですから、もう4年以上出ていませんね。あのドラマの撮影で桃井さんは、 [全文を読む]

中島知子・独占告白の黒幕が「暴露本とヌード写真集」出版を計画か

メンズサイゾー / 2013年04月03日18時30分

しかしこの独占告白は、所属事務所である松竹芸能や先輩芸人からも白い目で見られることになり、笑福亭鶴瓶は「(テレビ出演より)先に、家賃滞納騒動で迷惑をかけた樹木希林さんに謝りに行かなあかん」と苦言を呈した。中島はコンビ解散と事務所からの退社を望んでいるが、松竹側は「退社の申し出はあったが、再考を促した」とし、放送内容についても「事実と異なる発言が少なからず見 [全文を読む]

“20世紀最後のアイドル”高橋由美子が語るアイドル論「『脱アイドル』なんて言わなくても、時代はどんどん変わっていく」

週プレNEWS / 2012年10月14日18時00分

そもそも「20世紀最後のアイドル」というキャッチフレーズは、高橋さんの事務所がつけたものではなかったんですよね。 高橋 そうなんです。ドラマの主演をやったときにプロデューサーの方がつけてくださって、気づいたらそう呼ばれるようになっていて。 ―このキャッチフレーズに対し、当時はどんな感じでしたか? 高橋 特に「そんなことないです」というつもりもなく。「でも、 [全文を読む]

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(2)

アサ芸プラス / 2012年06月20日11時00分

しかし、所属事務所を移籍した際、事務所の先輩に工藤夕貴がいたため、事務所スタッフから「紛らわしいから替えろ」と言われた。宣伝用パンフレットに印刷するため2時間以内で決めなくてはならなかったため、当時活躍していたプロゴルファー・岡本綾子から名字を、当時働いていた銀座のクラブで一緒に働いていた仲間の源氏名をパクって付けた。この執着のなさこそが、芸能界で生き残る [全文を読む]

【注目の人物】長い手足が美しい“向里憂香”とは CMで謎の美女としても話題に

モデルプレス / 2016年12月19日11時49分

◆素顔に迫る一問一答 ◆Q1.デビューのきっかけは? 事務所の先輩にお声をかけていただいたのがきっかけです。 ◆Q2.好きな食べ物/嫌いな食べ物 スイカと玉ねぎの味噌汁/おでんの大根 ◆Q3.好きな男性/女性のタイプ 自分には持ってないモノをたくさん持ってる人はワクワクします。 ◆Q4.好きな言葉(座右の銘) 自分のする事を愛せ(ニューシネマパラダイス) [全文を読む]

SMAP離れを誘発するだけ?ジャニーズの”木村拓哉びいき”が波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年06月22日07時06分

ジャニーズ事務所の“キムタクびいき”がまた始まったと話題になっている。ことの発端は、6月20日に発売される雑誌『SWITCH 8月号』(スイッチ・パブリッシング)で、「木村拓哉 アウトローへの道」と題した特集が決定したことだ。 「待望の木村拓哉(43)のファッションストーリーを展開する」との内容で、木村は全てのスタイリングを自身で担当。私服によるフォトセッ [全文を読む]

86年の斉藤由貴と浅香唯(2)由貴には歌詞をきちんと伝えるような歌を作りたい

アサ芸プラス / 2013年07月23日10時00分

陽水の事務所に出向き、大胆なアレンジになることの了解を得た上での“冒険”だった。 最初の出会いから30年近くが経つが、今も由貴の教会でのコンサートをプロデュースするなど、変わらぬ縁は続いている。 「由貴さんのライブは歌で癒されて、毒舌のMCで大笑いさせられるという独特のライブ。あの飄々としたマイペースさは、樹木希林さんと共通したものを感じます」 初期の代表 [全文を読む]

「―釣りバカ日誌―」、「三井のリハウス」CM出演中の田辺桃子グラビア&インタビュー

Smartザテレビジョン / 2017年05月24日18時16分

もともと演技などに興味があったんですか?「事務所に入る前はミュージカル系のダンスを習っていたので、演技とかは身近な存在でした。もともとモーニング娘。さんを見て育ってきてたこともあって、スカウトされたときは、ダンスとかアイドルもやりたいなって思ったんですけど…。最初に出演したCMがきっかけで、女優になりたいと思うようになりました。それまでやっていたミュージカ [全文を読む]

第13回「テレ朝の時代」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月03日12時30分

それは、同事務所に所属する久米宏をメインキャスターに、新タイプのニュース番組を仕掛けるというもの。当時、久米は日テレで『久米宏のTVスクランブル』という生の情報番組に司会役で出演し、好評を博していた。いわばそのニュース版である。この企画に飛びついたのが、報道局次長の小田久栄門だった。アニメ『ドラえもん』をテレ朝に持ち込んだ功労者であり、後に「テレ朝の天皇」 [全文を読む]

半裸広告が話題?ベッキーにさらなる”裸一貫の仕事”が急浮上

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日13時05分

「今回の広告に関しても、今はとにかく話題が欲しいベッキーと所属事務所が“脱いでも構わない”と、セミヌードを自ら提案したのではと噂されています。これでいよいよプライドがなくなったベッキーは、写真集やDVDの発売など、各社のオファーに何でも乗ってくる可能性もある』(芸能関係者) これまで清純派キャラで通っていたことから、復帰後もそのイメージを守るために、事務 [全文を読む]

フォーカス