映画 勝新太郎に関するニュース

ゴジラ、伊福部昭の映画音楽研究者として知られる小林淳(伊福部昭百年紀コンサート実行委員)の新著『伊福部昭と戦後日本映画』が7月10日発売!

DreamNews / 2014年07月08日13時00分

その映画での業績を振り返る。 著者は7月6日のNHKBSプレミアムで『伊福部昭の映画音楽』から引用もされたゴジラ音楽・伊福部音楽研究者である小林淳。 A5判・ハードカバー・408ページの書き下ろし。 伊福部昭を通して見る戦後映画史。『伊福部昭と戦後日本映画』(小林淳著)「ゴジラ」をはじめとする特撮映画の音楽で知られる作曲家・伊福部昭。今年は、伊福部の生誕1 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(1)中村玉緒が勝新「波瀾の生涯」を語り尽くす

アサ芸プラス / 2016年10月10日17時57分

──勝新も映画デビュー当時は「白塗りの美男俳優」でした。玉緒 そうでしたなあ、それが「不知火検校」(60年)で悪を演じて。大映は長谷川一夫さんや市川雷蔵さんなど二枚目がスターでしたが、主人のように“悪”が主役だったのは初めて。──さらに「悪名」や「座頭市」とヒットシリーズが始まりました。玉緒 私と婚約して1作目が「悪名」(61年~)で、結婚した直後が「座頭 [全文を読む]

映画の街・太秦のキネマ・キッチン、"勝"新太郎×市川"雷"蔵の「かつライス」が3,000食突破

@Press / 2016年09月06日10時00分

なかでも映画の街、太秦(うずまさ)らしく、俳優勝新太郎さんの「かつ」と市川雷蔵さんの「ライ」の文字をとった「かつライス」は、懐かしくボリュームのある一品で、好評により3,000食を突破いたしました。また企業様、団体様に人気の「しあわせのおすそわけ弁当」は、毎日の大切な食事の場面を盛り上げ優しい気持ちになると評判のメニューです。■キネマ・キッチンについてお昼 [全文を読む]

勝新太郎元マネージャーが初めて明かす「オヤジの素顔」(1)初対面は「ベラミ」だった

アサ芸プラス / 2017年06月27日09時57分

多くの名作映画に出演しただけでなく、それ以上にプライベートでの豪快な逸話は数知れず。そんな勝を間近に見てきた元マネージャーが初めて明かす女優との交流や“禁断”エピソードを以下──。「勝プロが倒産した(1981年)直後のこと。九州朝日放送から『勝さんとスティービー・ワンダーとの対談をお願いしたい』という電話が入った。もしかしたら相手は勝プロが倒産したことを知 [全文を読む]

片岡鶴太郎 『座頭市』出演で勝新太郎から学んだこと

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、モノマネで知られるお笑い芸人として売れっ子になった片岡鶴太郎が、大林宣彦監督作品で映画に初出演したときのことを語った言葉をお届けする。 * * * 片岡鶴太郎は1988年に山田太一原作・大林宣彦監督の映画『異人たちとの夏』に出演、俳優としての評価を高めていく。 「市 [全文を読む]

映画「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」公開記念! 綾瀬はるか・松坂桃李特集 CS放送「TBSチャンネル1」で6月オンエア!

PR TIMES / 2014年05月26日15時43分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1」では、5月31日(土)から公開される映画「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」の公開を記念して、6月に特別編成を行う。映画の見どころを紹介するスペシャル番組をはじめ、綾瀬はるか、松坂桃李出演のドラマ・映画を集中放送する。■「万能鑑定士Q-モナ・ [全文を読む]

蟹江敬三 ロマンポルノで強姦魔を演じたときの感覚を語った

NEWSポストセブン / 2014年01月20日07時00分

舞台俳優として若き日の蜷川幸雄らとともに劇団を旗揚げした俳優の蟹江敬三は、映画やドラマ、にっかつロマンポルノなど多岐にわたって活躍してきた。故・勝新太郎の監督デビュー作に主演した当時や、「強姦の美学」とまで異名をとったロマンポルノ出演時の思い出について蟹江が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 1960年代終わりから197 [全文を読む]

連休に何の予定もない人に薦めたい「実は孤独なリア充」評伝3冊

文春オンライン / 2017年04月30日17時00分

勝にとって「映画」こそが居場所だったろうか。どんな華やかな場所よりも。そんな映画に生きた男・勝新太郎の評伝である。 角岡伸彦 『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館文庫) 自分の名を冠にする番組をいくつ持とうが、やしきたかじんは歌手であり、歌手として孤独だった。 「みんな遠巻きにして、誰も近寄らへん。たかじん一人が王様みたいに座ってはるのや。何やこ [全文を読む]

過激すぎて地上波は絶対無理…! 中村玉緒レイプシーンもあったトンデモ勝新映画とは?

tocana / 2016年12月20日15時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!『不知火検校』1960年・大映監督/森一生脚本/犬塚稔出演/勝新太郎、中村玉緒、須賀不二夫ほか 今の若者は、カツシンこと勝新太郎をどこまで知っているのだろうか? 1990年1月16日、ハワイのホノルル空港で勝は、麻薬をパンツの中に隠し持ち現行犯逮捕された。その後 [全文を読む]

山本圭 撮影ゼロで終わった初日が仕事場で泣いた最初で最後

NEWSポストセブン / 2015年11月26日07時00分

俳優座養成所時代に叔父が監督する映画でデビュー、以後、様々な舞台や映画、テレビドラマ等で活躍する山本圭の役者人生は、順風満帆に見えるが、デビュー作では今も鮮やかに思い出される苦労があったという。初めての撮影で味わった苦しさについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 山本 [全文を読む]

フォーカス