映画 勝新太郎に関するニュース

ゴジラ、伊福部昭の映画音楽研究者として知られる小林淳(伊福部昭百年紀コンサート実行委員)の新著『伊福部昭と戦後日本映画』が7月10日発売!

DreamNews / 2014年07月08日13時00分

その映画での業績を振り返る。 著者は7月6日のNHKBSプレミアムで『伊福部昭の映画音楽』から引用もされたゴジラ音楽・伊福部音楽研究者である小林淳。 A5判・ハードカバー・408ページの書き下ろし。 伊福部昭を通して見る戦後映画史。『伊福部昭と戦後日本映画』(小林淳著)「ゴジラ」をはじめとする特撮映画の音楽で知られる作曲家・伊福部昭。今年は、伊福部の生誕1 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(1)中村玉緒が勝新「波瀾の生涯」を語り尽くす

アサ芸プラス / 2016年10月10日17時57分

──勝新も映画デビュー当時は「白塗りの美男俳優」でした。玉緒 そうでしたなあ、それが「不知火検校」(60年)で悪を演じて。大映は長谷川一夫さんや市川雷蔵さんなど二枚目がスターでしたが、主人のように“悪”が主役だったのは初めて。──さらに「悪名」や「座頭市」とヒットシリーズが始まりました。玉緒 私と婚約して1作目が「悪名」(61年~)で、結婚した直後が「座頭 [全文を読む]

映画の街・太秦のキネマ・キッチン、"勝"新太郎×市川"雷"蔵の「かつライス」が3,000食突破

@Press / 2016年09月06日10時00分

なかでも映画の街、太秦(うずまさ)らしく、俳優勝新太郎さんの「かつ」と市川雷蔵さんの「ライ」の文字をとった「かつライス」は、懐かしくボリュームのある一品で、好評により3,000食を突破いたしました。また企業様、団体様に人気の「しあわせのおすそわけ弁当」は、毎日の大切な食事の場面を盛り上げ優しい気持ちになると評判のメニューです。■キネマ・キッチンについてお昼 [全文を読む]

長男が真相告白 名優・田宮二郎の衝撃自殺の陰に“三重苦”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月29日09時26分

「昭和のクールガイ」と呼ばれて数々の映画に出演。大映映画の看板俳優として、勝新太郎と共演した「悪名」シリーズ。ニヒルな悪役を演じた「黒」シリーズ。そしてテレビ番組「クイズ タイムショック」の軽妙な司会者をこなし、代表作となったドラマ「白い巨塔」は迫真の演技で最終回に31.4%の高視聴率だった。しかし、その最終回の放送を待たずに衝撃の猟銃自殺をした。 68年 [全文を読む]

勝新太郎元マネージャーが初めて明かす「オヤジの素顔」(1)初対面は「ベラミ」だった

アサ芸プラス / 2017年06月27日09時57分

多くの名作映画に出演しただけでなく、それ以上にプライベートでの豪快な逸話は数知れず。そんな勝を間近に見てきた元マネージャーが初めて明かす女優との交流や“禁断”エピソードを以下──。「勝プロが倒産した(1981年)直後のこと。九州朝日放送から『勝さんとスティービー・ワンダーとの対談をお願いしたい』という電話が入った。もしかしたら相手は勝プロが倒産したことを知 [全文を読む]

片岡鶴太郎 『座頭市』出演で勝新太郎から学んだこと

NEWSポストセブン / 2017年04月02日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、モノマネで知られるお笑い芸人として売れっ子になった片岡鶴太郎が、大林宣彦監督作品で映画に初出演したときのことを語った言葉をお届けする。 * * * 片岡鶴太郎は1988年に山田太一原作・大林宣彦監督の映画『異人たちとの夏』に出演、俳優としての評価を高めていく。 「市 [全文を読む]

映画「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」公開記念! 綾瀬はるか・松坂桃李特集 CS放送「TBSチャンネル1」で6月オンエア!

PR TIMES / 2014年05月26日15時43分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1」では、5月31日(土)から公開される映画「万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳-」の公開を記念して、6月に特別編成を行う。映画の見どころを紹介するスペシャル番組をはじめ、綾瀬はるか、松坂桃李出演のドラマ・映画を集中放送する。■「万能鑑定士Q-モナ・ [全文を読む]

蟹江敬三 ロマンポルノで強姦魔を演じたときの感覚を語った

NEWSポストセブン / 2014年01月20日07時00分

舞台俳優として若き日の蜷川幸雄らとともに劇団を旗揚げした俳優の蟹江敬三は、映画やドラマ、にっかつロマンポルノなど多岐にわたって活躍してきた。故・勝新太郎の監督デビュー作に主演した当時や、「強姦の美学」とまで異名をとったロマンポルノ出演時の思い出について蟹江が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 1960年代終わりから197 [全文を読む]

伊武雅刀 『スケバン刑事』悪役教師役は「気持ち良かった」

NEWSポストセブン / 2017年06月01日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、ラジオやアニメなど声の仕事で注目を浴びた役者・伊武雅刀が、映画やテレビに出演していくようになった時代について語った言葉を紹介する。 * * * 伊武雅刀はラジオ、アニメ、ナレーションといった声の仕事で注目を浴びた後、1980年代に入ると中村幻児『ウィークエンド・シャ [全文を読む]

過激すぎて地上波は絶対無理…! 中村玉緒レイプシーンもあったトンデモ勝新映画とは?

tocana / 2016年12月20日15時00分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!『不知火検校』1960年・大映監督/森一生脚本/犬塚稔出演/勝新太郎、中村玉緒、須賀不二夫ほか 今の若者は、カツシンこと勝新太郎をどこまで知っているのだろうか? 1990年1月16日、ハワイのホノルル空港で勝は、麻薬をパンツの中に隠し持ち現行犯逮捕された。その後 [全文を読む]

山本圭 撮影ゼロで終わった初日が仕事場で泣いた最初で最後

NEWSポストセブン / 2015年11月26日07時00分

俳優座養成所時代に叔父が監督する映画でデビュー、以後、様々な舞台や映画、テレビドラマ等で活躍する山本圭の役者人生は、順風満帆に見えるが、デビュー作では今も鮮やかに思い出される苦労があったという。初めての撮影で味わった苦しさについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 山本 [全文を読む]

Sワンダーとの衝撃秘話も…勝新太郎「豪快伝説」

日刊大衆 / 2017年07月23日07時05分

今も多くの映画ファンに愛され続けている名優・勝新太郎。その重厚かつ洒脱な演技はもとより、破天荒なエピソードの数々でも人々を魅了した。そんな“勝新”の没後20年に当たる今年、彼の関連本が続々出版されている。そんな中、元マネージャーだったアンディ松本氏が『勝新秘録わが師、わがオヤジ勝新太郎』(イースト・プレス)を上梓。出版記念のトークイベントも開催された。そこ [全文を読む]

野際陽子さんも…大スターは不思議な共通項「7」の年に亡くなる!?

アサ芸プラス / 2017年06月18日17時59分

裕次郎の後を追うように、同87年、任侠映画で一世を風靡したスター・鶴田浩二も逝去した。その10年後、97年には萬屋錦之介、勝新太郎、三船敏郎という昭和30年代の日本映画黄金期を支えた大スターたちが相次いで没した。さらに10年後の07年には、歌手・俳優・コメディアンとしてマルチに活躍した元祖“無責任男”こと植木等が鬼籍に入った。そして今年は、東映のアクション [全文を読む]

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが、かつて共演した大御所俳優について語った言葉をお届けする。 * * * 松方弘樹が亡くなった。本連載には2014年7月にご登場、その後も2015年2月に本誌で対談をさせていただいた。 その対談では共演さ [全文を読む]

松方と梅宮、男の友情「感動秘話」

日刊大衆 / 2017年02月26日10時00分

映画『仁義なき戦い』シリーズや、仁侠映画、時代劇での名演技に加え、80年代以降はバラエティでも活躍した昭和の大スターの死を悼む声は、逝去から1か月がたった現在も、やむことはない。 夕刊紙記者は言う。「松方さんは、同じ時代を生きた俳優仲間ばかりでなく、若い芸能人からも、とても慕われていました。たとえば、おバカキャラでブレイクしたつるの剛士は、マグロ釣りをして [全文を読む]

笑福亭鶴瓶 演技の引き出しはない。まずは人間観察から

NEWSポストセブン / 2016年09月23日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、笑福亭鶴瓶の言葉から、演技の引き出しについて語った言葉をお届けする。 * * * 現在公開中の映画『後妻業の女』は、大竹しのぶ扮するヒロインが独身で金持ちの老人を誘惑しては後妻に収まり、その後で殺害──を繰り返していくというブラックコメディだ。 本作で笑福亭鶴瓶は大 [全文を読む]

笑福亭鶴瓶 『スジナシ』は芝居でなくフリートークなんです

NEWSポストセブン / 2016年09月02日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。現在公開中の映画『後妻業の女』に出演している笑福亭鶴瓶の言葉から、故・相米慎二監督作品に出演した時の思い出などをお届けする。 * * * 笑福亭鶴瓶は1990年、相米慎二監督・牧瀬里穂主演の映画『東京上空いらっしゃいませ』に二役で出演している。 「相米監督には今でも凄く影響 [全文を読む]

佐藤浩市 瑛太に「お前は今、そこにいるのか」と嬉しくなる

NEWSポストセブン / 2016年07月04日07時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、芝居を勘違いして遠回りした若き日の思い出と、それで見えてきた景色について語った佐藤の言葉をお届けする。 * * * 佐藤浩市は1983年、相米慎二監督・緒形拳主演の映画『魚影の群れ』に出演している。 「夏目雅子さんと砂浜で会話する場面から初日は始まったんだけど、『はい、 [全文を読む]

黒木瞳 映画監督初挑戦で「女王様的振る舞い」からイメージチェンジ?

アサ芸プラス / 2015年08月12日09時57分

あの黒木瞳(54)が、映画監督に初挑戦する。桂望実氏のベストセラー小説「嫌な女」にほれ込み、4年前から映画化に向けてみずから企画を温めていたという。はたして“大女優サマ”に、現場が仕切れるのか──。「あの人が一切カメラに映らずに裏方に徹するなんて、想像できません」 黒木の監督業進出に関して、こう吐露した映画関係者が眉をひそめて話す。「とにかく自意識が強く、 [全文を読む]

宝田明 高峰秀子の「教えてあげないよ」発言が役者の魂に

NEWSポストセブン / 2015年01月14日11時00分

日本映画の黄金期を支えた二枚目スター、俳優の宝田明はタイプの異なる様々な作品に出演し続けた。初主演映画『ゴジラ』での特撮ならではの芝居の苦労や、成瀬巳喜男監督作品で共演した女優、高峰秀子にかけられた言葉についての思い出を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 宝田明の映画初主演作となったのが、1 [全文を読む]

フォーカス