女優 松坂慶子に関するニュース

男はつらいよ「幻の最終作」のマドンナは?

日刊大衆 / 2017年08月30日15時05分

(文中敬称略)【Q1】3作品に登場したマドンナ女優は誰?『男はつらいよ』シリーズには、第1作の光本幸子に始まり、若尾文子、池内淳子、吉永小百合、八千草薫、浅丘ルリ子、岸恵子、京マチ子、松坂慶子、三田佳子など、日本の映画史に残る錚々たる美女優が次から次へと登場しました。そして、車寅次郎の甥・満男(吉岡秀隆)が第二の主人公となったシリーズ終盤は、満男のマドンナ [全文を読む]

日本映画の濡れ場60年史 今の大女優が脱いだ70~80年代

NEWSポストセブン / 2016年08月07日16時00分

1956年、新東宝制作の『女真珠王の復讐』で、女優・前田通子が海岸の岩の上で一糸纏わぬ姿になって以来、今年で60年。数多くの女優たちが“濡れ場”を経ることで大女優への階段を駆け上っていった。1970~1980年代の名濡れ場を振り返る。 1970年、大映は“レモンセックス路線”を打ち出し、専属女優の脱ぎを売りにする。15歳の関根恵子(現・高橋惠子)は『高校生 [全文を読む]

フォー・セインツ with 松坂慶子、デュエットソングが映画「ベトナムの風に吹かれて」主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年10月14日14時30分

女優・松坂慶子とフォー・セインツのリードボーカル・上原徹による奇跡のデュエットソング「たまには仲間で」が、松坂慶子主演映画「ベトナムの風に吹かれて」の主題歌に決定した。【その他の画像】フォー・セインツフォー・セインツは、激動の60年代を駆け抜けた“カレッジ・ポップス”の旗手。1968年、「小さな日記」「希望」という後世に残る大ヒット曲を生み出し、今も多くの [全文を読む]

1990年代 なぜ大物女優たちは次々に脱いだのか

NEWSポストセブン / 2016年06月19日16時00分

1990年代は大女優から人気アイドルまで、こぞってヘアヌードですべてを見せた時代である。1991年10月13日、当時18歳で人気絶頂のアイドルだった宮沢りえが、写真集『Santa Fe』で脱いだ影響で、若くて売れている時に脱ごうという雰囲気もできた。 1993年には杉本彩が24歳、1994年には武田久美子が25歳、1995年には高岡早紀が22歳でヘアを露わ [全文を読む]

「激太り演技」松坂慶子と「世界31位の顔」桐谷美玲のギャップに落胆の声

アサジョ / 2016年02月27日09時58分

放送中のドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」(テレビ朝日系)に出演する2人の美人女優の演技に賛否両論が飛び交っている。 ストーリーはというと、恋愛経験もないまま65歳になってしまった松坂慶子が若返って学生時代に戻る、というもの。松坂が20歳になった役を演じるのが、桐谷美玲である。 桐谷といえば、アメリカの映画情報サイトが発表した「世界で最も美しい顔10 [全文を読む]

藤原ノリノリ紀香の自撮りが「少しでも客を増やしたいチャットレディみたい」

messy / 2015年01月15日18時30分

見事にくびれて見えるウエストとどっしり大きなヒップのコントラストは確かに魅力的だが、彼女がたまにこうしてUPする自撮りはセクシー寄りのものが多いため、一部読者(主に男性)からは「気分はストリッパーだからなこの人」「風俗嬢の営業ブログやん」「少しでも客を増やしたいチャットレディみたいになってきたな」と、ボディラインを売りにした“大物女優らしからぬ”紀香ブロ [全文を読む]

最新バカ売れ美女写真集の中身を一挙公開!(2)新進女優の片山萌美に注目

アサ芸プラス / 2017年03月06日17時57分

バストの柔らかさでは負けていないのが新進女優の片山萌美(26)で、神保町アイドルお宝グッズの殿堂・文献書院の峯岸隆人氏が猛プッシュする。「最近はドラマ『相棒』に出演するなど女優として注目度が上がってきていますが、写真集では程よく垂れたバストが堪能できます」 今年1月に発売された2nd写真集「Rashin」(講談社)では、Gカップ92センチを誇るツインタワー [全文を読む]

北乃きいの止まらない“激太り”に視聴者呆然!「松坂慶子以来の衝撃」の声も

アサジョ / 2016年03月27日09時58分

彼女がデビューした当時は“こんなに美しい人が日本にいたのか”と思うほどの美貌と、ハリウッド女優のようなナイスバディーでした。その松坂が90年に結婚し、ニューヨークに移住。00年にCMで大根を持った主婦をコミカルに演じたのですが、あまりの“中年太り”に誰もが驚いたものです。とはいえ、松坂の場合は2人の娘を出産したこともありましたが、北乃の変貌はこの時に匹敵す [全文を読む]

常盤貴子、むっちり化を指摘されるも「健康的で好感がもてる」とむしろ好評価!?

メンズサイゾー / 2014年09月10日10時00分

女優の土屋太鳳がヒロインを務める2015年前期のNHK朝の連続テレビ小説『まれ』。来年3月30日からスタートする同ドラマは石川県能登地方を舞台にしており、土屋演じる世界一のパティシエを目指す津村希(まれ)が、地元で小さな店を開くために厳しい修行を積むというストーリーが展開される。 8日には東京・渋谷のNHK局内で発表会見が行われ、ヒロインの土屋をはじめ、大 [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、撮影中はずっとビビってた

アサ芸プラス / 2012年12月18日10時00分

ベテランから新人まで、数多くの女優たちが「深作マジック」によって開花するが、ここに登場する宮本真希もその1人。深作作品では唯一の「主演のデビュー作」という僥倖を味わった──。 〈相原はウチんこと雌犬っちゅうて、後ろからしかせんとよ‥‥。あんたは前からね? 後ろからね?〉 抱いた男がすべて死ぬという「下がりボンボン」と呼ばれる女。ひし美ゆり子が「新仁義なき戦 [全文を読む]

大河のヒロインが映す時代2~バブル期を物語るしたたかな女性像

WEB女性自身 / 2017年01月14日12時00分

そこで、 大河のヒロインが映す時代 と題し、豪華な女優たちが演じたヒロイン像とその 時代 を、テレビウオッチャーでコラムニストの林操氏とともに振り返る 。 ■1983〜1992年「バブル経済」のマッチョな作品のなかで異彩を放った『春日局』の 女の強さ バブル景気に沸いた 80〜 90年代初頭。大河ドラマもまた沸き返っていた。上がり続ける地価と株価を、誰もが [全文を読む]

ドラマ美女たちの「フェロモン合戦」をナマ報告!(4)桐谷美玲が松坂慶子にフェロモン伝授志願

アサ芸プラス / 2016年01月31日17時57分

人手不足で出演者たちが休憩中に座る椅子や屋外用のヒーターを用意することもできません」(前出・ドラマスタッフ) そんな中、共演したレジェンドフェロモン女優の松坂慶子(63)に心酔していて、「フェロモンに圧倒されて、『私には全然なくて羨ましい。どうすれば色っぽくなれるんですか?』と、お色気伝授志願をしていました」(前出・ドラマスタッフ) 仲里依紗(26)が出演 [全文を読む]

ぱるる、菜々緒らが初登場!邦画各社のカレンダー、今年の顔は?

Movie Walker / 2015年12月30日09時00分

12名の女優がそれぞれ別の場所でロケを行っているのがこのカレンダーの特徴だ。今回は初登場こそいなかったものの、注目のフレッシュなキャストが多数。今年はミュージカル「赤毛のアン」に主演し、『ちはやふる -上の句-』(16年3月19日公開)や『君の名は。』(16年8月公開)が控えるなど勢いに乗っている上白石萌音が2年連続の登場となった。また、彼女の2歳年下の妹 [全文を読む]

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

ダイエットを兼ねてフラダンスに夢中になりましたが、効果はないようでしたね(笑)」(女性誌記者) まるで肝っ玉かあさんのように変貌した松坂を見かねて、本格的な女優復帰を後押ししていたのが、なんと夫・高内氏のこんな言葉だったという。芸能レポーターが明かす。「高内氏といえば、90年の結婚当時、松坂の父親から『ヒモ亭主』と、さんざん罵声を浴びせられたものでしたが、 [全文を読む]

2013年秋ドラマヒロインたちの闇素顔その2

アサ芸プラス / 2013年10月15日10時00分

「堀北は年が近い女優と共演する際、とかく張り合う性格なんです。例えば、NHK大河ドラマ『篤姫』の時もそうです。画面からも、宮碕あおい(27)へのライバル意識がほとばしっていましたからね。その意識がうまく転がれば、おもしろい作品に仕上がるんですが」 現場スタッフからは、「海外ロケさえ乗り切れば」という声も聞こえてくる。その理由をワイドショー関係者が話す。 [全文を読む]

「巨額製作費に日本人もビックリ!」はうそ、映画「空海 KU−KAI」のプロデューサーが否定―中国

Record China / 2017年07月19日23時10分

2017年7月18日、「巨額の製作費が日本人を驚かせた」と報じられたチェン・カイコー(陳凱歌)監督の最新作「空海 KU−KAI」(中国語タイトル:妖猫伝)について、プロデューサーで女優のチェン・ホン(陳紅)が報道内容を否定している。鳳凰網が伝えた。 日本から染谷将太、阿部寛、松坂慶子らが出演する日中合作巨編「空海 KU−KAI」は、総製作費が9億7000万 [全文を読む]

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

黒木瞳、夏目雅子、松坂慶子、名取裕子、十朱幸代……かつて銀幕を彩った女優たちは、みな体当たりの濡れ場に挑戦してきた。しかし最近の日本映画では、後世に語り継がれるようなな濡れ場を演じる女優は少ない。なぜ“濡れ場”は減ってしまったのか? 大島渚監督の名作『愛のコリーダ』(1976年)無修正版の生々しい性描写を誌上再現した6月23日号の特集には、読者から大きな反 [全文を読む]

テレビ美女「極上ぽにょぽにょバスト」こぼれ落ちくらべ!(2)エピソードに事欠かない橋本マナミ

アサ芸プラス / 2016年11月20日05時57分

壇上ではパンチラを警戒してローアングルのカメラを露骨に嫌がる『正統派』の女優が多いのですが、彼女はどんな場合でも乳見せ、パンチラを出し惜しみしない。もっとも、せっかく胸チラをサービスしてくれても、過激すぎて掲載できないことがほとんどですが」 もったいないかぎりの艶福話だ。芸能評論家の三杉武氏が引き継ぐ。「嫌がるどころか妖艶な笑みを浮かべ、それとなくかがんで [全文を読む]

松坂慶子と阿部寛も出演、染谷将太主演の日中合作映画「空海 KU−KAI」で新キャスト発表―中国

Record China / 2016年10月29日10時50分

松坂慶子は1980年代、日中友好映画祭で訪中して以来、中国でも非常によく知られた日本人女優の一人。チェン・カイコー作品への出演について、「まるで夢のよう」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(1)ついに見せた女優編・安達祐実は子役から大人の女性へ

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時57分

松坂慶子、秋吉久美子、桃井かおり、原田美枝子、高橋惠子らは、数多くの「濡れ場」をこなすことで大女優に成長した。その一方、後にも先にも1度きりのチャレンジをしたことで光芒を放った女優もいる。無名の新人時代からベテランとなった日まで、ただ1度の貴重なカラミを見せた名作を特別公開! 待たされたぶんだけ、あの女優の一糸まとわぬ姿と対面する瞬間は感激もひとしお。満を [全文を読む]

フォーカス