現在 松坂慶子に関するニュース

北乃きいの止まらない“激太り”に視聴者呆然!「松坂慶子以来の衝撃」の声も

アサジョ / 2016年03月27日09時58分

現在はNHKBSの連ドラ『クロスロード』に出演しているのみ。業界では『スミカスミレ』で若返った澄を演じている桐谷美玲の役を北乃が演じたほうがハマったのではという人や、むしろこのまま“ぽっちゃりタレント枠”へ進出すべきという人もいるほどです」(前出・芸能記者) 北乃は現在25歳。激太りはストレスなのか、イメチェンなのかはわからないが、まだ貫録をつける年齢では [全文を読む]

染谷将太&松坂慶子は「チェン・カイコー監督のご指名」。日中合作『空海-KU-KAI-』の果たす役割とは?

Movie Walker / 2016年10月28日12時15分

現在、中国での撮影が佳境に入っているという染谷将太からはビデオメッセージが届けられた。 本作は、中国・唐の時代を舞台に、日本から遣唐使としてやってきた若い僧侶・空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る物語。『さらば、わが愛 覇王別姫』(93)などで知られる巨匠チェン・カイコー監督がメガホンをとり、若き日の空海を染谷将太が演じて、満を持 [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(5)細木数子、松坂慶子、倉木麻衣が訴訟

アサ芸プラス / 2016年05月04日09時58分

○「MIHO」吉岡美穂 現在はIZAM夫人で3児の母となったが、00年に発売したファースト写真集は艶っぽさ満載。ブレイク後に版元が再発しようとしたが、移籍した事務所が差し止め請求。○「細木数子の黒い真実」野崎輝 細木が多くのレギュラーを抱えていた06年、待ってましたとばかりに「極道との深いつながり」や「六星占術の盗用」を暴かれ、名誉毀損で訴えた。○「屁タレ [全文を読む]

「あさが来た」工藤阿須加があさの義理の息子に!

Smartザテレビジョン / 2016年01月17日18時20分

現在放送中の連続テレビ小説「あさが来た」」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほかNHK総合ほか)の新出演者が発表され、高橋英樹と松坂慶子、工藤阿須加、高橋由美子の出演が決定した。 高橋英樹は明治日本の立役者の一人、大隈重信役。明治政府の要人として、大蔵卿・外務大臣を歴任し、後に総理大臣ともなる歴史上の重要人物を演じる。 作中では、女子教育について堂々と語る [全文を読む]

ぱるる、菜々緒らが初登場!邦画各社のカレンダー、今年の顔は?

Movie Walker / 2015年12月30日09時00分

また、彼女の2歳年下の妹で、『脳漿炸裂ガール』(15)で映画初出演を果たした“東宝シンデレラ・グランプリ”の上白石萌歌や、上白石姉妹と同じく昨年のカレンダーに初登場し、現在公開中の『orange-オレンジ-』に出演している山崎紘菜も2年連続だ。 ■ 菜々緒らが初登場した「2016東映オリジナルカレンダー」 女性だけでなく、男性も登場する「2016東映オリジ [全文を読む]

「花燃ゆ」松坂慶子 刺しゅうの打ち掛けに「うふっ」

Smartザテレビジョン / 2015年08月12日05時00分

'73年の「国盗り物語」(NHK総合)以来、今作を含めて8作の大河に出演している彼女が、現在の大河に思うこととは。――演じられている都美姫のキャラクターについて、どのように捉えていますか?都美姫の晩年の写真を拝見すると、とても穏やかな顔をしているんですね。ずっと「姫」と呼ばれてきた人ですが、それにふさわしい佇まいだと感じました。一方で、四面楚歌(そか)の長 [全文を読む]

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

現在、視聴率で苦戦するNHK大河ドラマ「花燃ゆ」にも、長州藩主・毛利敬親の正室、都美姫(とみひめ)役で出演中。さらには新たな大胆写真集の出版説まで聞こえ始めている。 還暦を過ぎた松坂慶子が再ブレイクする日は近そうだ。 [全文を読む]

熟女ブーム 72歳五月みどり「29年ぶりに脱いでもいいかな」

NEWSポストセブン / 2012年03月22日16時00分

そんな五月みどりが眼の前にいる! 現在72歳というが信じられん。この色香、50代で通用する。 五月さんは艶然とほほ笑んだ。 「セクシー熟女の代表といっていただけるのは本当に光栄です。世の男性が私に、お色気ムンムンというイメージを持つことには抵抗なかったですね。映画やレコードなどいろんなお仕事ができて楽しかった。やる以上は、一生懸命に男性の期待にお応えしよう [全文を読む]

NHKドラマ『恋の三陸~』が“爆死”の松下奈緒 民放連ドラ主演で“大胆キャラチェンジ”は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年03月11日21時00分

現在放送中のNHK特集ドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』(全3話)で主演を務めているものの、初回2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話3.2%と爆死している松下奈緒が、大胆なキャラチェンジを図り、1年半ぶりの民放連ドラの主演に臨むことになった。 松下は4月期にフジテレビ系でオンエアされる『早子先生、結婚するって本当ですか?(以下、早子 [全文を読む]

「ぼんくら2」岸谷五朗、時代劇は『日本人を感じる』

Smartザテレビジョン / 2015年11月28日08時00分

――地上波連続時代劇の放送枠は、現在、この木曜時代劇と大河ドラマだけという状況です。そこで、ここからは岸谷さんの時代劇への思いについても伺いたいと思います。まずは、時代劇を演じるときと現代劇を演じるときとで心持ちの違いはありますか? [全文を読む]

高橋由美子 理想の男性はピンク・フロイドを一緒に聞ける人

NEWSポストセブン / 2015年07月22日07時00分

現在、『大人のヨーロッパ街歩き』(BS日テレ)、大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK総合)に出演中。9月5日から福岡・博多座で舞台『はかた恋人形』が始まる。秋には映画『春子超常現象研究所』が公開のほか、歌手デビュー25周年記念のベストアルバムが発売される。 撮影■細野晋司 ※週刊ポスト2015年7月31日号 [全文を読む]

藤原ノリノリ紀香の自撮りが「少しでも客を増やしたいチャットレディみたい」

messy / 2015年01月15日18時30分

離婚後は島田紳助(58)との親密な関係を噂されたり、売れない若手タレント時代に関西のバラエティ番組でハシャぎながら「新幹線のトイレでヤッた、××や●●ともヤッた!」と今の紀香キャラからは想像もつかないえげつない下ネタトークを繰り広げていたことを掘り起こされたり、とかく叩かれがちだったが、現在はそうした中傷もなりを潜めつつある。 ただ先述のように女優として [全文を読む]

男性で初めてCanCamの単独表紙を飾ったのは、今も輝くあのスターだった!

Woman Insight / 2014年12月05日16時40分

撮影したカメラマンも、「撮影でこんなに汗をかいたのは初めて……」と息を切らすほど、ノリノリでアゲアゲの現場だったとか! スターはいくつになってもスターですね! 田原さんの他、女優として活躍している米倉涼子さん、現在AneCanモデルの押切もえさんと蛯原友里さんなど、そうそうたるOGメンバーがお祝いメッセージを届けている創刊33周年特集。一読の価値ありです! [全文を読む]

ローラを襲った「桃の天然水の呪い」! ほかにもあった、呪われたCM!

ハピズム / 2013年06月27日10時00分

■『桃の天然水』CMイメージキャラクター9人中6人が不幸に!? 現在ローラがイメージキャラクターを務める「桃の天然水」。歴代のイメージキャラクターは全部で9人。そのうち5人に不幸が訪れているというのだ。 「華原朋美」…1998~1999年 その年、小室哲哉と破局し、緊急入院。精神不安定に 「浜崎あゆみ」…1999年 その年、左耳の疾患(内耳性突発難聴)を [全文を読む]

松坂慶子 夫とともに要介護3の母親の介護生活を始める

NEWSポストセブン / 2013年04月16日07時00分

現在、松坂は毎週決まった曜日にデイサービスを利用したり、夫にも手伝ってもらいながら母の介護に励んでいるという。 ※女性セブン2013年4月25日号 [全文を読む]

孫正義 長者日本一への⑦決断 「ドコモに勝つには『物語性』『ナゼ?』がほしい」(4)

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時54分

現在でもソフトバンクのCM企画会議は毎週開かれ、そのたびに2時間から3時間かける。 もともと、小学生の頃には画家を目指したこともある孫である。 孫は、ソフトバンク社長という立場ではなく、あくまでもクリエイターの1人として自由な発想の議論に加わった。クリエイターたちと同じ視点で侃々諤々議論できることが楽しくてならなかった。 ただ、佐々木らとは同じCM制作で [全文を読む]

TBS今夏放送! パナソニック ドラマシアター『浪花少年探偵団』東野圭吾の人気小説をドラマ化。多部未華子が先生役初挑戦、撮影好調!

PR TIMES / 2012年03月09日15時43分

発表する作品が次々と映像化され大ヒットを飛ばしている、現在最高のストーリーテラーのひとり東野圭吾。「浪花少年探偵団」は東野作品の中でも初期に発表された小説で、作者が少年時代を過ごした大阪を舞台にしており、思い入れの深い作品。軽快なストーリーとともにミステリーのトリックも存分に楽しめ、さらに家族や友だちを思いやる温かい眼差しが溢れている一級のエンターテイン [全文を読む]

フォーカス