人気 松田聖子に関するニュース

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

当時、どれだけアイドルの人気があったのか? そのひとつの基準になるのが、若者に大きな影響力を持っていた歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)の登場回数だろう。 毎週木曜日の21:00から生放送されていた『ザ・ベストテン』は、最高視聴率41.9%を記録したこともある国民的歌番組。この『ザ・ベストテン』に出演することが人気のバロメーターだった。 では、80年代 [全文を読む]

松田聖子は日給1千万円…ディナーショーが稼げるワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年11月17日12時30分

ディナーショーは大人気なのだが、オフィシャルショップはガラガラという事態に陥っている。だが、そういった人気と、ディナーショーはまったく別だと、プロモーター関係者が語ってくれた。 「ディナーショーのチケットは5万円近く、普通に考えたら高額です。しかもショーの時間は例年70分ほどと短い。さらに、聖子はテーブルをまわって握手などのサービスはめったになく、遠いテー [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

特に鈴木さんは『ロング・ラブレター~漂流教室~』『WARTER BOYS2』などドラマに多数出演、女優としても大人気になりました。 2000年代半ばから北川景子、榮倉奈々の活躍で“STモデル→女優”がブレイクの方程式に2000年代半ばから末にかけては、現在多くのドラマ、映画で主役を張る北川景子さん(ミスセブンティーン2003、2006年卒業)、榮倉奈々さん [全文を読む]

ジャパニーズポップスの黄金期が甦る

NewsCafe / 2014年10月31日15時00分

彼女の歌声はまず、当時の中高生男子のハートをつかんだが、そのムーブメントは当時人気の高かった松任谷由実や財津和夫など、ニューミュージックの旗手として活躍していたアーティストらの楽曲提供などを受けて、徐々に女性の間にもファン層を広げていく。『赤いスイートピー』などはその原動力となった最たるものといえるだろう。 彼女の人気は、もちろんその愛らしいルックスによる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松田聖子がトヨタ新CMで“キュートな妻”役。印象に残る旅は「西海岸のディズニーランド」!

TechinsightJapan / 2014年09月09日18時25分

永遠のアイドルとして今も人気を保つチャーミングな松田聖子が妻役となり、夫婦でドライブに行った日光東照宮でキュートに演じる「見ざる・言わざる・聞かざる」が見どころ。BGMには松田聖子自身が本CMのイメージに合わせて選曲した『Only one for me』が流れ、CMが描く「特別な人(夫)」と旅に出て、改めて夫婦の絆を深めるストーリーと曲の世界観が絶妙にマッ [全文を読む]

太川陽介「レッツゴーヤング」でかぶり物した松田聖子を尊敬

NEWSポストセブン / 2014年04月20日07時00分

カリスマ的な人気を誇ったこの番組には、“新御三家”や田原俊彦(53才)、松田聖子(52才)など当時のトップアイドルが多数出演。歌やトークを繰り広げていた。 2012年11月、『レッツゴーヤング』が1日だけコンサートで復活した。1977年に結成された『レッツゴ―ヤング』(以下・レッツヤン)オリジナルグループ、サンデーズの初代メンバーで2年活躍。その後司会に抜 [全文を読む]

松田聖子の再々婚相手は大地主の御曹司で先祖は殿様 超玉の輿

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

一時は“入籍してない”などといわれたこともありましたが、なになに聖子さんのほうこそ、“超玉の輿”なんですよ」(A氏の知人) ※女性セブン2012年11月1日号 【関連ニュース】松田聖子の元カレ整体師 今でもマネジャーとしてサポート松田聖子“元カレ”整体師とビジネスパートナー関係継続報道松田聖子の成城の豪邸が婦人科に生まれ変わった理由とは松田聖子の再々婚 夫 [全文を読む]

紅白親子共演の松田聖子 緊張し過ぎを娘・沙也加がフォロー

NEWSポストセブン / 2012年01月09日07時00分

※女性セブン2012年1月19・26日号 【関連ニュース】松田聖子の成城の豪邸が婦人科に生まれ変わった理由とは松田聖子が娘・沙也加の舞台を元夫・神田正輝と手繋ぎ観劇母娘確執を乗り超えた 松田聖子、辺見えみり、泰葉のいま失神寸前の男性も! 松田聖子がゲイから圧倒的に人気な理由松田聖子 年下マネージャーとの交際が原因で最愛の母と別居 [全文を読む]

3年ぶり開催の“国民的美少女コンテスト”グランプリが決定 その審査ポイントを探る

日本タレント名鑑 / 2017年08月22日11時00分

これまで米倉涼子さん、上戸彩さん、武井咲さんら多くの人気女優・モデルを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」が、今年3年ぶりに開催。先日本選大会が行われました。そしてグランプリをはじめ7人が入賞、未来のスター候補がここに生まれました。新時代の美少女、今回のグランプリはどんなタイプだったのでしょうか。 グランプリは京都出身の中学2年生 “国民的美少女” [全文を読む]

女王・松田聖子の美しい歌声で特別なクリスマスを。日本最大級のクリスマスディナーショー 予約受付開始!

PR TIMES / 2016年09月01日13時35分

宝塚歌劇100周年のトップスター・凰稀かなめ、不動の人気を誇る・さだまさしなど、 豪華絢爛なアーティストが720坪の大広間「鳳凰の間」に集結![画像1: http://prtimes.jp/i/14571/81/resize/d14571-81-215390-1.jpg ]ホテルニューオータニ大阪『クリスマスディナー&コンサート2016』http://ww [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

人気タレントのベッキー(31)を直撃したスキャンダルの衝撃が収まらない。1月7日発売の「週刊文春」が、昨年のNHK紅白歌合戦にも出場したロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)との不倫疑惑を報じたのだ。 そこには2人が交わしたLINEでのやり取りも克明に綴られていた。同誌によると、ベッキーはLINE上で、離婚を「卒論」にたとえて、妻との別 [全文を読む]

バレンタインに聴きたい曲ランキング、名曲「バレンタイン・キッス」を抑えて1位に輝いたのは?

Woman Insight / 2015年02月13日11時30分

「歌詞も振付もかわいらしくて踊りたく なる♪」(20代女性)「チョコレートが食べたくなる」(20代女性)など20代を中心に人気。 2位 バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ 3位 バレンタイン・キッス/アニメ「テニスの王子様」キャラクターソングより 30代を中心に支持が高く、バレンタインといえばの定番曲。「中学時代のドキドキした気持ちを [全文を読む]

娘・沙也加からコメントすらもらえない、疑惑だらけの松田聖子電撃再々婚

サイゾーウーマン / 2012年06月21日08時00分

人気絶頂の80年代から交際のウワサは絶えず、神田正輝と一度目の結婚をした23歳の時点で、名実ともに“スキャンダルの女王”だった松田。50歳を迎え、3人目のパートナーと結ばれることとなった松田の真意とはなんなのだろうか。 松田がホームページとマスコミ宛FAXで結婚を報告したのは、今月13日の正午過ぎ。翌14日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、河奈氏との交際が [全文を読む]

「松田聖子の一番好きな歌」1位はユーミンのあの曲!

日刊大衆 / 2017年08月17日08時05分

当初は『ガラスの林檎』のカップリング曲だったが、サントリーのCMソングに使用されたことで人気に火がつき、のちに両A面シングル版がジャケットを変えて発売されたという逸話がある。スローテンポのバラード曲で、この曲を聴くと青春時代の甘酸っぱい思い出がよみがえる人も多いだろう。そしてこの名曲は、山崎まさよし(45)や倖田來未(34)、関ジャニ∞の渋谷すばる(35) [全文を読む]

おりも政夫も唖然! 芸能人水泳大会での松本伊代の驚愕行動

NEWSポストセブン / 2017年08月13日07時00分

人気の芸能人が多数出演する「水泳大会」が放送されたのは1970年8月11日、『紅白スター対抗水泳大会』(フジテレビ系)が最初だった。司会はてんぷくトリオ、出場者はクール・ファイブ、中尾ミエ、ヒデとロザンナ、美川憲一、千昌夫などの人気歌手。その後、各局がこぞって放送を開始するようになる。 フォーリーブス時代は選手として参加し、1980年代は司会を務めた、おり [全文を読む]

母・松田聖子と距離を置いた、神田沙也加という生き方

citrus / 2017年05月10日17時00分

一般人として飲食店でアルバイトしたり、当時人気だったゴシック&ロリータファッション誌『KERA』の読者モデルに応募するなどして同世代の少女並に自分の道を模索しはじめた。 親子の不仲説もささやかれたが、単に敷かれたレールを歩むよりも、自分が興味のあるカルチャーに触れたり、一人の人間として生きている実感をつかみたかったのだろう。そのためには聖子さんから一定の距 [全文を読む]

ジャズ進出の松田聖子「高音出せない?」と心配されるも好評

NEWSポストセブン / 2017年04月18日07時00分

アメリカの人気オーケストラをバックに従え、グラミー賞で多数の受賞歴を持つ編曲者にアレンジを依頼。さらにはジャケットを人気ジャズ漫画の作家が書き下ろすなど、一切抜かりはない。 5月12日には、米名門のジャズレーベルからもリリースされる。聖子にとっては四度目となるアメリカでの新曲発売。55才となった今でも現役の歌手として新しい道に挑戦する聖子の姿を、音楽評論家 [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

まさかその翌年に夜ニュースのキャスターになって、毎日見られるようになるとは誰も想像できなかったはずです」(鎌田氏) 98年の「月刊永作博美」から始まった「月刊〇〇」シリーズは1冊まるごと1人の女優を取り上げ、しかも他で見られないような過激な中身が人気を呼び、大ヒットした。芸能評論家の織田祐二氏が熱く語る。「雑誌スタイルのため発売時間が短く、気づいた時には入 [全文を読む]

30代・40代でも超使える!おすすめキャンメイクコスメまとめ

LAR - Life & Aging Report / 2016年04月17日20時30分

そんな中でも、キャンメイクはプロにも愛用者が続出しているという見逃せない存在! プチプラだからと侮ることなかれ、キャンメイクの中でも特に使える優秀アイテムたちを、人気記事の中からたっぷりご紹介します。 ■キャンメイクがプチプラでも安心できる理由とは? キャンメイクは、総合化粧品会社「井田ラボラトリーズ」による設立30年のメイクブランドです。ピンとくる方は、 [全文を読む]

松田聖子が娘の神田沙也加と嫉妬が原因で対立!? 実母も参戦して泥沼の家族バトルに!!

Business Journal / 2016年04月13日18時00分

ベテラン歌手にとって人気のバロメーターとされるディナーショーも、ホテルによっては5万円という高額の値段設定になることもありながら、現役屈指の売れ行きを誇り、ほとんど完売状態。近年では業界内でも歌手としてその才能を再評価されているという。 「音楽業界が一番元気だった80年代、90年代には多くの歌手やアイドルが派手な活躍を見せましたが、いまだにコンスタントに [全文を読む]

フォーカス