最近 新庄剛志に関するニュース

モー娘。牧野、こぶし広瀬、つばき谷本…ハロプロはマニアックな「野球好き」がいっぱい!?

日本タレント名鑑 / 2017年03月27日11時10分

ジャイアンツの大ファンで、インタビューなどで阿部慎之助選手や坂本勇人選手など好きな選手について熱く語る場面もあった竹内さんですが、あるイベントで「実はあまり試合を観ていないのでは?」疑惑が出たり、最近は上記の“ガチすぎる”野球好きの後輩が続々現れたことで、ハロプロ内野球好きとしてはやや陰が薄い竹内さんです。 アイドル界全体でも“ただのファン”ではなくマニア [全文を読む]

プロ野球・オリックス糸井「宇宙人語録」連発も、ささやかれる“異変”

日刊サイゾー / 2013年06月06日09時00分

だが最近、そんな糸井にある“異変”が見られるのだという。 「確かに最近でも、えっ? と思うようなコメントをすることもありますが、わざと“糸井語録風”にしゃべることが多くなってきているんです。だから、狙いすぎて意味が分からなかったり、変に話がまとまりすぎて記事やネタにしにくくなっている。もっとも、彼の加入で俄然、チームに対するマスコミの注目度が上がったので [全文を読む]

今年もいる? 年末「駆け込み離婚」した芸能人たち

日刊大衆 / 2016年12月28日16時00分

東出昌大(28)と杏(30)夫妻、染谷将太(24)と菊地凛子(35)夫妻など、ここ最近の芸能界では“元日婚”がブームとなっている。しかし幸せ全開のオーラを放っているカップルたちがいる一方で、残念ながら年末ギリギリに“駆け込み離婚”をしてしまった芸能人たちもいる。 2007年の人気絶頂期に俳優の高岡蒼佑(現・高岡奏輔/34)との結婚を発表し、世間を驚かせた女 [全文を読む]

なぜプロ野球選手の私服はダサいのか!? 野球界のドン小西に見る独自ファッション

messy / 2016年07月24日17時00分

本田圭佑も以前はあらぬ方向に進んでいたこともありましたが、最近はシンプルなスーツやジャケットスタイルなどで『モデルみたい』と好印象です」(同) “野球界のオシャレ番長”こと小久保には自らのオシャレを貫いてもらうとして、他の野球選手はとりあえずネックレス着用を自粛した方がいいかもしれない。 [全文を読む]

女優などの不気味に白すぎる人工歯は危険!1本17万円、深刻な体調不良を招くおそれ

Business Journal / 2016年03月31日06時00分

最近では覚醒剤事件で逮捕された清原和博被告の異様に白い歯も印象に残っています。 自ら望んだ色なのか、歯科医にそそのかされたのかは知るよしもありませんが、いずれにしても天然の歯にはない異様な白さです。モデルや女優にもこの白い歯に替える人は増えつづけており、困った傾向だと憂慮しています。 こうした“白すぎる歯”が一般の人の目にはどう映るのか、歯科関係以外の知り [全文を読む]

祝!「NPB80周年ベストナイン」で、プロ野球漫画の最強ベストナインを勝手に決めてみた

週プレNEWS / 2014年12月08日06時00分

確か最近も外伝的なマンガがやってたよね。 一同:……あれは……(無言)。 オグマ:セカンドは『ストッパー毒島』の三条洋二。打てないけど、あの守備は魅力ですよ。 一同:これは文句ない!(笑顔) ツクイ:ショートはまた人材難。 オグマ:『侍ジャイアンツ』の眉月光(まゆづきひかる)。『すすめ!! パイレーツ』の獅子丸(ししまる)。『キャットルーキー』の加縫(かぬ [全文を読む]

「NPB80周年ベストナイン」発表に便乗! “水島”野球マンガの最強ベストナインを勝手に決めてみた

週プレNEWS / 2014年12月02日17時00分

粟生:最近、一番感情移入するのは山田のじっちゃんなんですよね! 仕事が忙しくて甲子園に行けないとき「今、俺が仕事を放り出して応援に行けば、太郎が負けるような気がする」っていうのは染みる名シーンです。 オグマ:じゃあ、ベスト父兄はじっちゃんで決定だなこりゃ(笑)。 ●この続き、水島野球マンガ以外の最強ベストナインは発売中の週刊プレイボーイ50号にてお読みい [全文を読む]

石川梨華とプロ野球選手の熱愛報道に「意外な相手でマジっぽい」と驚きの声

メンズサイゾー / 2014年08月05日15時00分

いずれにせよ、最近の石川は激太りや劣化がささやかれるなどルックスの変化が指摘されることが多く、昨夏には5億円でAVオファーが浮上するなど、ネガティブな話題が先行していました。久しぶりに明るい話題が出たということもあり、祝福ムードが広がっているようです」(芸能ライター) 元モー娘。メンバーとプロ野球選手の熱愛といえば、先日復帰を果たしたテレビ東京の紺野あさ美 [全文を読む]

DeNA森本稀哲 二軍でも腐らずファンのカメラにピースサイン

NEWSポストセブン / 2013年06月12日07時00分

今のままでは、なかなか昇格は厳しいでしょう」(スポーツライター) 最近は二軍でもスタメンに名を連ねる機会もなくなり、試合終盤での代打出場が主だ。 「それでも明るさを失っていないのは、さすがだと思います。ベンチでいちばん声を出しているのは森本です。相手チームで新人選手が打席に立てば、甲高い声で『ルーキーボーイ!』と英語っぽく発音して野次る。俊足の打者が打席に [全文を読む]

フォーカス