現在 森永卓郎に関するニュース

16年前に“非婚”をすすめた男、森永卓郎も驚く現代の“弱肉強食”な恋愛市場

週プレNEWS / 2012年08月10日06時00分

現在の日本は、未婚が引き起こすさまざまな問題を抱えている。はたして2012年の現在も非婚をすすめるのか、森永氏に聞いた。 *** 16年前、「ポジティブにシングルであること」をすすめる本を書いたのですが、当時と現在では社会が様変わりしてしまいました。十数年前まで、日本では社会の結婚への無言の圧力がありました。それが男女雇用機会均等法によって、結婚や出産を強 [全文を読む]

森永卓郎氏 「原発再稼働せねば日本経済は破綻しかねない」

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

しかし、現在の再生エネ発電の比率は約10%。そのうち約9割は水力発電が占めており、これを除くと1%程度に過ぎないのです。つまり、現在の20倍まで増やさないといけない。 たとえば、政府案を実現するためには、住宅用太陽光は30年までに現在の約100万戸から1000万戸へ設置拡大しなければなりません。現在は東京都の10分の1の面積に設置されている風力発電の場合は [全文を読む]

気鋭の評論家にして稀代のコレクターが語る「熱中するパワー」の効果とは!? 『マニア力(まにありょく)』(森永卓郎 著) マイナビ新書より11月27日(火)発売

PR TIMES / 2012年11月22日12時00分

経済企画庁総合計画局、三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)主席研究員などを経て、現在は獨協大学経済学部教授を務める。テレビやラジオに多数出演し、わかりやすく「経済」を解説することで人気を博す。日本屈指のコレクターとして知られ、そのコレクションの幅はミニカーをはじめ、ペットボトルキャップ、空き缶など、数多くのジャンルにまたがる。『年収30 [全文を読む]

1か月1万円生活終えた森永卓郎氏 カロリー充分で体重増加

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時00分

現在放送中のシリーズで披露するユニークな節約術は、どのようにして生まれたのか。 たとえば、うどんが食べたくなれば、パンの耳とごはん、マヨネーズをミキサーにかけて、「うどん風の生地」を手作り。うなぎが食べたくなったときは、油揚げをマヨネーズとしょうゆであわせた後、オーブントースターで焼いて「うなぎ風の蒲焼き」にして節約。 これらユニークな調理術は、森永さんが [全文を読む]

今から少子化対策をしても日本の人口減少は止められない

週プレNEWS / 2012年10月26日13時00分

出生率が現在のまま推移したとしても、生まれてくる赤ちゃんは、現在の110万人から2030年には70万人ほどに減ってしまいます」 日本総合研究所調査部主席研究員の藻谷浩介氏も同意する。 「出産適齢期の女性の数は、これからの20年で少なくとも3割ほど減ってしまいます。そうなったとき、いまと同じ110万人を維持するだけでも、出生率を1.3から1.8にまで押し上げ [全文を読む]

「お金」の先生になってほしい人は誰? 著名人ではウォーレン・バフェット、堀江貴文が同率1位

PR TIMES / 2015年03月30日10時06分

[画像1: http://prtimes.jp/i/8303/5/resize/d8303-5-322398-0.jpg ]<調査概要>■ 調査タイトル:「お金」の先生になってほしい人は誰?■ 調査対象 :Harmoney.jp会員■ 調査期間 :2015年2月27日~3月11日■ 調査方法 :インターネットリサーチ■ 調査地域 :全国■ 有効回答数 :3 [全文を読む]

低賃金の外国人労働者は納税額が小さいため財政にはマイナス

NEWSポストセブン / 2014年05月22日07時00分

昭和初期の人口は現在の約半分。山がちで平地の少ないこの国土に1億3000万人近くが暮らす現在は定員オーバーではないか。適正な人口密度になれば交通渋滞や満員電車、レジャー地の混雑はなくなるし、ゆとりある広さの家に住めるようになる。 今のうちに将来まで利用できるインフラさえ整えておけば、豊かに暮らせるはずだ(イタリアではローマ時代の道路が、ドイツでは大戦前のア [全文を読む]

森永卓郎氏も大満足の「ふるさと納税」 黄金イクラや和牛等

NEWSポストセブン / 2015年10月05日07時00分

現在、爆発的なブームとなっている「ふるさと納税」。自治体に寄付すると、その金額に応じて翌年、所得税と住民税の一部が減額される制度で、各地の特産品が格安で手に入ることが人気要因のひとつとなっている。経済アナリストの森永卓郎氏も「投資として考えるなら、今一番安全で利回りの高い投資先」というが、ではどんなものがもらえるのか。森永氏が自身で実践した中から、満足度の [全文を読む]

森永卓郎氏 来年4月の増税は橋本増税の二の舞演じると警鐘

NEWSポストセブン / 2013年03月19日07時00分

それをきっかけに景気は一気に落ち込み、日本経済は現在まで続くデフレに入った。 経済アナリストの森永卓郎・獨協大学経済学部教授は「橋本増税の二の舞を演じようとしている」と警鐘を鳴らす。 「安倍晋三首相が予定通り来年4月に消費税を上げれば同じことが起きるはずです。現在の日本経済は震災後の莫大な復興予算に支えられているが、それでも景気は低迷してきた。安倍政権は新 [全文を読む]

森永卓郎がデフレの終焉を予想「2013年は底値で株を買っておくといい」

週プレNEWS / 2013年01月02日15時00分

経済企画庁総合計画局、三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員などを経て、現在は獨協大学経済学部教授を務める ■週刊プレイボーイ1-2号「2013年 モノの値段アップ&ダウン」より 【関連ニュース】JMR生活総合研究所代表・松田久一が今年の価格動向をズバリ読み解く「2013年は低価格路線が続く」アベノミクスの狙いは国民の生活向上ではなかった?2013 [全文を読む]

2013年「日本株大復活は夢物語ではない。5割上昇もある」説

NEWSポストセブン / 2013年01月01日07時00分

加えて現在の白川方明日銀総裁の任期は2013年4月まで。新しい日銀総裁の下で、金融政策のスタンスが変わる可能性もある。 となれば、そう遠くない未来に、日本を覆う円高デフレが解消に向かう可能性は十分にある。 そもそも米国の景気回復によって、ある程度のドル高・円安傾向が想定されるうえ、そこに日銀が積極的な緩和スタンスに転じれば、その円安を後押しする。1ドル=8 [全文を読む]

「維新の会が政権を取ったら…」森永卓郎氏が日本経済を予測

NEWSポストセブン / 2012年09月22日07時00分

米の生産が9割減、畜産が75%減など、農業生産の3分の2が失われ、食糧自給率は現在の40%から14%に下がるというのが農水省の推計だ。しかし、維新は、それでよしとする考えのようだ。「産業の淘汰を真正面から受け止める産業構造の転換」を目指すのだから、価格競争に勝ち残れない者は、市場から退出すべきなのだ。 これだけでも極端な弱肉強食社会になるのだが、維新八策は [全文を読む]

独身と既婚で老後の支出額に1000万円の差が出る?

週プレNEWS / 2012年08月16日16時00分

独身、既婚、子供ができた場合の年間支出をそれぞれ単純計算すると、独身A氏の現在の年間支出は272万円(手取り年収は294万円)。もし結婚して夫婦になると支出は342.8万円に増え、さらに子供がひとりできると年間462.8万円もの支出にハネ上がる。 現状の収入では、A氏は結婚しただけで年間50万円の赤字になるうえ、子供ができた場合は年間170万円ほども足り [全文を読む]

キミの夢、応援します!『UTチャレンジプロジェクト2012』チャレンジャー募集中

週プレNEWS / 2012年05月23日17時00分

本誌の調査によりますと、現在、20代男子の結婚率が急降下中。なんと未婚率は80%オーバー! その理由は、「収入が安定しない」「不況で先が見えない」などなどネガティブな要素がたっぷりなのです。 一方で、日本が抱える借金総額は1000兆円以上。これを解消するため消費税の値上げが検討されていますが、これに対し経済評論家の森永卓郎氏は、「2014年、消費税増税が日 [全文を読む]

森永卓郎「大阪市営バスの運転手が悪いわけではない」

NEWSポストセブン / 2012年03月15日07時00分

※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』6号で読めます。 『メルマガNEWSポストセブン』 【関連ニュース】森永卓郎 橋下市長の給与削減策は「生贄を作ること」と指摘サラリーマンの「有給休暇」「残業代」等知っておきたい知識大阪市民「市バス運転手平均年収800万円なんてありえへん」国家公務員「給与7.8%削減」の礼賛報道 実は誤りだった [全文を読む]

日本外務省 中国のゴリ押し要求に応じ領事館用の土地を譲渡

NEWSポストセブン / 2012年03月08日07時00分

現在、本サイトでは、3月2日に配信された5号に掲載されている「櫻井よしこの今週のオピニオン」を全文公開しているが、今回はその完結編。北京の日本大使館を巡る日本外務省の“許されざる妥協”ついて櫻井はこう語る。 * * * 中国の実相を正視し、正面から向き合い、主張すべきことを主張しなければならないにも拘わらず、日本外交は心許ない。日本国の主張を展開するどころ [全文を読む]

お笑い芸人に流行の節約術 タバコを買わず周りの人にもらう

NEWSポストセブン / 2012年01月12日16時00分

そうはいっても、現在の汲々とした生活の中で、キャッシュを貯め込むなど至難の業と考える人が多いと思いますが、それこそ根性次第(笑い)。お金を貯めることは可能です。節制をしているつもりでも、外でコーヒーを飲んだり、どこかで無駄な買い物や贅沢をしていませんか。常にそう自問をして、“ハイパー節約”を徹底して行なえば、意外にお金は貯まるものです。 私自身、週に2日 [全文を読む]

日本心臓リハビリテーション学会学術集会にてRIZAPトレーナーが異例の招待講演 7月16日(土)、17日(日)に学会発表決定!

PR TIMES / 2016年07月16日10時57分

現在、提携医療機関数100以上、実際に通う医師300名を突破しているRIZAPが、結果にコミットしている理由を解説いたします。また、4ヶ月のRIZAPを経て糖尿病を大幅に改善し、医師も驚く結果となった経済アナリスト森永卓郎氏の事例も併せて紹介しながら、どのようにして生活習慣改善へと導くかのお話をさせていただきます。 また、7/17(日)の企業プレゼンテーシ [全文を読む]

相本久美子が歌手活動再開 秘蔵カットと共に意気込みを披露

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

現在では当たり前のようになっている“マルチタレント”という存在。相本久美子(58)はその先駆者だった。 「アイドルは歌手か役者という選択肢しかなかった1970年代に相本さんはバラエティに進出。『TVジョッキー』でのミニスカート姿と臨機応変な対応ぶりが印象的でしたね。美貌とスタイルの良さに加え、ファンの間では、イニシャルとかけて『IQ』と呼ばれる知的さを兼ね [全文を読む]

ついに通知開始!“マイナンバー”損か得か講座「やってはいけない行為とは?」

アサ芸プラス / 2015年10月22日09時55分

現在、源泉徴収をしている企業は250万社あると言われますが、厚生年金に加入している企業は170万社にすぎない。80万社が加入を逃れているのでは、と疑われています」 現在、常勤の従業員を1人でも雇用している場合、企業は厚生年金加入の義務が発生する。厚生年金は企業側と労働者が同額負担して賄っているものだ。森永氏が畳みかける。「厚労省は、この加入逃れを黙認しない [全文を読む]

フォーカス