結婚 森光子に関するニュース

ジャニーズの芸能人妻たち ファン代表の森光子にも挨拶した

NEWSポストセブン / 2016年09月05日16時00分

「以前、香取くんが『アイドルの結婚は難しい。すべての人に認められる相手じゃないといけないから』とこぼしたことがありました。“すべての人”とは、ファンはもちろんのこと、事務所やグループの他のメンバーのことも指していたようです」(芸能関係者) アイドルが結婚すると異性のファンが離れる可能性は否定できず、事務所にとっては明らかにリスクだ。逆にいえば、アイドルの [全文を読む]

浅丘ルリ子 本人が語る小林旭、石坂浩二とのオープンな恋愛

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

旭さんは父に結婚の申し込みをしてくれたのですが、父が『あの子はまだ女優をしていかなきゃならないので、今は結婚させられません』と断わったんです。それから次第に旭さんとは疎遠になり、結局結婚はしませんでした。しばらくすると、旭さんの撮影現場に、(美空)ひばりさんがよくいらっしゃるようになった。当時、すでに大スターのひばりさんですから、車を降りずに、車の中から撮 [全文を読む]

高畑淳子も上位!? 2位八千草薫「理想の姑有名人ランキング」1位は

VenusTap / 2016年09月16日17時40分

結婚したら、女性は「彼のお母さんと上手にやっていけるかな」というのが心配のひとつですよね。既に既婚者の場合は、いままさに意地悪な姑(しゅうとめ)の言動にイライラしているという人もいるかもしれません。「姑がもっと○○みたいな人だったら良かったのに……」と女性芸能人を想像して、ため息をついたことがある女性も少なくないのでは?そこで今回は不動産情報サービスのアッ [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「ふたりはデキてるとか言われてたけど、そんなことは言わせておけばいい」

週プレNEWS / 2016年06月26日12時00分

そこで、結婚されずにずっと独身を通されてることがやっぱり気になるところです…。 木の実 んー、これは言ってもわかってもらえないかもしれないんですけどね…。デビューする時にプロダクションの社長から、芸名も決まってこれからスタートっていうんでね、「いいか、もうおまえは普通の人じゃないんだぞ。家族であっても親戚であっても、何があっても男の人の隣にいるってことは絶 [全文を読む]

芸能“危ない”スクープ!春の放出座談会(3)清原逮捕で芸能界の薬物汚染が明るみに?

アサ芸プラス / 2016年03月19日17時56分

その最たる例が、一昨年に仲間由紀恵(36)と結婚して注目を浴びた田中哲司(50)だ。結婚を機にドラマもとぎれなく出演するようになった。C 仲間は間違いなくアゲマンと言えます。でも、田中は酒癖が悪いことでも知られている。とにかく仕事がハネてから飲むのが大好きで、共演の多い渡部篤郎や若手の小栗旬など飲み仲間は多数います。悪いことに彼らは結婚しても“先に帰ったら [全文を読む]

上沼恵美子、高知東生容疑者の「ウソ泣き」の理由を明かす

日刊大衆 / 2016年07月17日11時00分

元俳優の高知東生容疑者(51)から、妻である女優の高島礼子(51)との結婚報告を受けたときの様子を語った。 薬物所持などの容疑で逮捕された高知容疑者と共演していた上沼は、高知容疑者が高島と結婚する前に報告を受けたと語り、「涙ぐみながら『高島礼子さんのこと好きなので結婚したいと思います』って言うから。涙ぐむのよ、私の前で」と説明した。 そのときに「なんで私に [全文を読む]

芸能スキャンダルが報じられない原因は「強くなりすぎた芸能プロダクション」

メディアゴン / 2014年11月22日02時36分

例えば1983年、建築家・黒川紀章と前妻の離婚が成立し、交際していた女優・若尾文子との結婚会見の生放送だっだ。若尾も再婚であり再婚者同士、共に50歳を超えての結婚とあって、話題は沸騰した。会見場からの生中継は「先にCMを入れたほうが負け」である。どちらもCMを入れず、ギリギリまで踏ん張った。3時に始まる両番組のために、「芸能界の新ルール」も出来た。報じて欲 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

そのことを絶対に忘れないと話されていました」(前出・米倉) プライベートでは、結婚を2回経験。終戦直後の46年には、進駐軍として来日していた日系米国人と結婚したものの、新婚生活はわずか1週間で破綻。夫がハワイに帰還し、女優業をあきらめきれない森は渡米せず離婚となった。2度目は、59年に演出家の岡本愛彦氏と再婚したが、これも長続きしなかった。 そんな、森の女 [全文を読む]

なぜ彼女は“芸能界のお母さん”と呼ばれたか? 大女優・森光子さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年11月16日13時00分

TBSドラマ『時間ですよ』に出演している時も、入りたてのADが結婚したことがわかると、同じように10万円のご祝儀を包んだという。 金銭の問題ではない。分け隔てなく、周囲の人間に気を遣う心配りの人だったから、あそこまで慕われたのだ。裏方だけではなく、後輩の女優たちにも慕われていた。当時、同じ事務所に所属した沢田亜矢子は、森さんから仕事のイロハを教えてもらった [全文を読む]

理想の姑アンケート 1位森光子、2位八千草薫、3位野際陽子

NEWSポストセブン / 2016年11月08日07時00分

「森光子さんは生前、ヒガシ(東山紀之・50才)と恋人関係が噂されるくらい仲がよかったけど、ヒガシが木村佳乃(40才)と結婚した時は“私は見守るだけです”と一歩引いた対応をしていた。いつも自己主張の強い姑に辟易してるから、この結果はすごくわかる」(45才主婦) 「八千草さんは知的で優しそうな、私にとって理想の姑。嫁に嫌みとか小言なんて絶対に言わなさそうで、 [全文を読む]

フォーカス