ドラマ 森光子に関するニュース

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

舞台のみならずテレビドラマの世界でも、その圧倒的な演技力と存在感で、お茶の間での人気を確固たるものとしたのである。 森と公私にわたる関係も深く、「天国の父ちゃんこんにちは」をはじめTBSで数々のドラマを手がけてきた演出家の鴨下信一氏が証言する。 「リコーのコピー機をもじって“リコピー”と呼ばれるほど、とにかくセリフの覚えが完璧でした。本読みの初日にして、全 [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「ふたりはデキてるとか言われてたけど、そんなことは言わせておけばいい」

週プレNEWS / 2016年06月26日12時00分

長年、舞台やミュージカルで活躍、ロングランとなった故・細川俊之との2人芝居『ショーガール』でも知られるが、前回はその下町育ちのルーツとともに、あの大ヒットドラマ『たけしくん、ハイ!』の舞台裏を明かしてもらった。 ビートたけしさんの自伝的ドラマで子役として主人公を演じ人気を博した小磯勝弥さんとはいまだにプライベートでも親子同様のつきあいだというがーー。(聞 [全文を読む]

優しいママ?時には厳しさも!?印象に残るドラマの魅力的なママさん達!

日本タレント名鑑 / 2015年10月11日09時55分

人生の1コマ、1ページを切り取ったドラマたち。人間の人生を描くのにやはり切り離せないのが、その人の人格を形成するためにもっとも影響力のあった人、両親ではないでしょうか?特に、お腹の中で十月十日を一緒に過ごした母親の存在は大きいのではないでしょうか。そこで今回はドラマ劇中の“母”から、特に印象的な「お母さん」を集めてみました。 気取らずおごらずしっかり見守る [全文を読む]

『劇場スジナシin名古屋』ライブ・ビューイング実施決定!!

PR TIMES / 2014年05月14日10時49分

笑福亭鶴瓶とゲストが即興ドラマを演じる「鶴瓶のスジナシ」は、1998年10月にスタートしたCBCテレビ制作の深夜ローカル番組。毎回スタジオに組まれた一つのセットを舞台に、番組ホストの笑福亭鶴瓶と豪華ゲストがぶっつけ本番&一発勝負のアドリブドラマを演じ、時には演技を超えた本音まで飛び出すやり取りが人気の即興ドラマトークバラエティ。現在放送されている「鶴瓶のス [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(2)真子の素直な性格がプラスに作用した

アサ芸プラス / 2013年07月31日09時59分

そんな真子のデビュー翌年、TBSの「熱愛一家・LOVE」で初めてドラマの世界に足を踏み入れる。主演の森光子が女手ひとつで4姉妹を育てる物語だったが、その末っ子という役どころ。演出した鴨下信一は、真子との出会いを思い出す。 「ドラマに抜擢することは決まっていたけど、僕は初めての人には、あるテストをするんです」 鴨下は真子と喫茶店で雑談し、先に真子が出口に向 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

「私の好きなドラマ最終回」1000人アンケートの結果を発表。評論家のコメントを織り交ぜながら意外な最終回のエピソードを明かそう。 * 堂々の1位を獲ったのは「太陽にほえろ!(PART1)」(日本テレビ・72~86年)。ブルース(又野誠治)が犯人に拉致され、銃で撃たれて瀕死状態。そのタイミングでボス(石原裕次郎)が久しぶりに現場復帰。 「被疑者の知人女性から [全文を読む]

相本久美子が歌手活動再開 秘蔵カットと共に意気込みを披露

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

美貌とスタイルの良さに加え、ファンの間では、イニシャルとかけて『IQ』と呼ばれる知的さを兼ね備えていました」(経済アナリストでアイドルにも詳しい森永卓郎氏) 歌だけでなく、ドラマで芝居もして、バラエティ番組でもそつなく進行。圧倒的な美脚とスタイル、弾ける笑顔で水着グラビアでもファンを楽しませてくれる──。相本は何事も真面目に一生懸命に取り組んだ。 「デビュ [全文を読む]

黒柳徹子が語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #1

文春オンライン / 2017年07月01日07時00分

“話し方”でバラエティーやドラマに次々と抜擢 一九五四年に始まった「ヤン坊ニン坊トン坊」は、初めて大人が子どもの声を演じたラジオドラマで、私にとっても初の主演番組でした。NHK内でオーディションがあって、トン坊の役に合格したのです。その時、脚本をお書きになった飯沢匡(ただす)先生に「私の個性が邪魔だとよく言われますので、なるべく個性を引っ込めて一生懸命や [全文を読む]

なぜ彼女は“芸能界のお母さん”と呼ばれたか? 大女優・森光子さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年11月16日13時00分

TBSドラマ『時間ですよ』に出演している時も、入りたてのADが結婚したことがわかると、同じように10万円のご祝儀を包んだという。 金銭の問題ではない。分け隔てなく、周囲の人間に気を遣う心配りの人だったから、あそこまで慕われたのだ。裏方だけではなく、後輩の女優たちにも慕われていた。当時、同じ事務所に所属した沢田亜矢子は、森さんから仕事のイロハを教えてもらった [全文を読む]

米倉涼子VS泉ピン子のバトル懸念で「ドクターX」撮影現場は超ピリピリムード

アサジョ / 2016年09月24日09時59分

米倉涼子主演の大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第4シリーズが10月13日からスタートする。 新シリーズには内田有紀や岸部一徳、勝村政信、西田敏行らおなじみのメンバーに加え、滝藤賢一、吉田鋼太郎、草刈民代、泉ピン子らが出演する。泉が演じるのは“シリーズ史上最も危険な、最強の敵役”。米倉とは今作が初共演となる泉は、「カッコいいですね。背も高 [全文を読む]

ジャニーズの芸能人妻たち ファン代表の森光子にも挨拶した

NEWSポストセブン / 2016年09月05日16時00分

夫の年齢やファン層もありますが、最近、佳乃さんはドラマやバラエティーでも活躍し、ジャニーズの妻がここまで来たかと話題になっています」(前出・芸能関係者) だが、静香だけは特別だった。結婚後、ほとんど芸能活動を休止していた静香だが、本人もスターゆえに人一倍気を使わなければならなかった。 「静香さんは1990年代に爆発的な人気を誇ったアーティストです。そんな [全文を読む]

仲間由紀恵 芸能人&セレブ御用達病院通いで浮上した「極秘妊活」

アサジョ / 2016年05月05日09時57分

ドラマ出演を控えているワケは、ズバリ妊活にあるという。 仲間が自身初となるバラエティ番組のレギュラーを務めるのが4月25日スタートの「7時にあいましょう」(TBS系)だ。「鈴木杏樹から司会を引き継いだ『ミュージックフェア』(フジテレビ系)に続いて2本目のレギュラー番組となります。ドラマでの滑舌はよくても、アドリブトークを苦手とする仲間だけに、バラエティ番組 [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

遅刻したり、スタッフに無理を言ったりで、干されたのは自業自得でした」 ここ数年は、ドラマといえば単発に脇役で呼ばれる程度だった。 「ここにきて、大きなチャンスが、舞台『放浪記』への出演です」 故森光子さん(享年92)主演の「放浪記」は今年、女優の仲間由紀恵(36)が引き継いだ。 「福田は仲間演じる作家・林芙美子と共に働くカフェの女給役。女給役の中では最も重 [全文を読む]

男の運気を上げる“あげまん”芸能女性10人を徹底比較!「“格下夫”をアシストする仲間由紀恵と杏」

アサ芸プラス / 2015年09月08日09時57分

「田中も以前は2時間ドラマの犯人役など端役が多かったが、結婚後は連ドラへの出演が続いている。もともと実力のある俳優だけにキャスティングされるのは当然ですが、あの仲間の夫ということでギャラがワンランクアップしたと評判です」(前出・芸能プロ関係者) 13年のNHK朝ドラ「ごちそうさん」での共演をきっかけに今年元旦、杏(29)は東出昌大(27)と入籍した。 その [全文を読む]

仲間由紀恵の不幸 致命的にツマラなくブスをナメた新連ドラで、“仲間の良さ”殺される

Business Journal / 2014年11月11日06時00分

-- 今期(10~12月期)の連続テレビドラマは断然TBSが面白い。鉄板の続編『MOZU Season2』『深夜食堂3』あたりはハイクオリティ&納得の構成で、続編なのに色褪せず。クドカンこと宮藤官九郎の『ごめんね青春!』、湊かなえ原作『Nのために』は、新奇性があって飽きさせない作りで目が離せない。そんなこんなで、視聴率は伴わなくても気炎吐きまくりのTBSド [全文を読む]

親族に20億円騙し取られた森光子、実兄のせいで数億円失った江川達也…家族とお金の話

Business Journal / 2014年07月30日01時00分

●森光子氏、消えた20億円の遺産 まず、特集記事『「渡鬼」5姉妹の相続問題は? 信用しながら安心できない身内ならではの難しさ』では、人気テレビドラマ『橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のプロデューサー・演出家である石井ふく子氏が、ある女優から受けた相談について打ち明ける。「先ごろ亡くなったある女優さんから生前、直接こんな相談を受けました。年 [全文を読む]

ドラマは「エロ過ぎ」、モジモジくんでは「かわいすぎ」! 女優・水原希子の魅力

メンズサイゾー / 2014年01月25日14時00分

エロ過ぎと話題のドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)で、濃厚なキスシーンや過激な濡れ場を演じている水原希子(23)。そのクールビューティさが同性から高い支持を受けていた彼女だが、同ドラマの出演をきっかけに確実に男性ファンも魅了している様子だ。そんな水原が23日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演。人気コーナーの「 [全文を読む]

米倉涼子 小泉今日子から「ヨネはさぁ」とダメ出しされ泣く

NEWSポストセブン / 2012年12月01日07時00分

主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は平均視聴率17.7%と、今クールのドラマでNo.1の高視聴率を記録するなど、女優として好調な米倉涼子(37才)。 そんな米倉の年の離れた友人だったのが、11月10日に亡くなった森光子さん(享年92才)だ。2005年にドラマ『ハルとナツ』(NHK)で共演して以来の仲で、米倉は森さんのことを<図々 [全文を読む]

撮影当日に腹筋を割る"グラドル"の鍛え方

プレジデントオンライン / 2017年09月10日11時15分

例えば、俳優や女優がドラマや映画の役づくりのために、トレーニングを積んで体をつくることがありますよね。期日が決まっている中で、そこに向けてどうやって体をつくっていくかは、ある種の“契約”のようなものです。うちに来ていたあるグラビアアイドルは、撮影当日になると腹筋が割れる。それくらい目的意識は重要です。 ビジネスマンの方も、例えば久しぶりに開かれる同窓会に参 [全文を読む]

草なぎ剛「大女優にしでかした」大失敗とは

日刊大衆 / 2017年02月03日19時00分

現在放送中の草なぎ剛主演ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)が好調だ。第4話まですべて2ケタ視聴率をキープしており、このままの勢いでいけば、“復讐シリーズ”第1弾の『銭の戦争』(2015年・フジテレビ系)と同じく、全話2ケタ視聴率を記録できるかもしれない。 今では立派に主演俳優を務めている草なぎだが、SMAPを結成した10代当時は、まだ俳優としてはかけだしで [全文を読む]

フォーカス