ドラマ 森光子に関するニュース

仲間由紀恵、“こんな哀しみがあった”森光子さんの知られざる人生を描く

モデルプレス / 2014年02月27日11時04分

女優の森光子さんを描いたドラマが放送されることが決定し、仲間由紀恵が森光子さんを演じることがわかった。 2012年11月10日、満92歳でこの世を去った国民栄誉賞受賞者、森光子さんを描いたドラマ「森光子を生きた女~日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった~(仮)」(フジテレビ系、2014年春放送予定)を放送することが決定。今作は、森光子さんの知られざ [全文を読む]

仲間由紀恵、“幻の衣装”を身に纏い「思い切り演じることができた」

モデルプレス / 2014年04月15日11時11分

仲間は、フジテレビのスペシャルドラマ「森光子を生きた女~日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった~」(5月9日よる9時~10時52分)で主演を務め、森光子さんを演じる。 同作は、「日本のお母さん」として親しまれた女優の森光子さんが、「女性としての幸せ」と「女優としての幸せ」の間でもがき苦しんでいた若き日の姿に焦点を当てたストーリー。劇中には、舞台「 [全文を読む]

森光子、ワイドショー司会抜擢で袋叩き

アサ芸プラス / 2012年11月28日10時00分

舞台のみならずテレビドラマの世界でも、その圧倒的な演技力と存在感で、お茶の間での人気を確固たるものとしたのである。 森と公私にわたる関係も深く、「天国の父ちゃんこんにちは」をはじめTBSで数々のドラマを手がけてきた演出家の鴨下信一氏が証言する。 「リコーのコピー機をもじって“リコピー”と呼ばれるほど、とにかくセリフの覚えが完璧でした。本読みの初日にして、全 [全文を読む]

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「ふたりはデキてるとか言われてたけど、そんなことは言わせておけばいい」

週プレNEWS / 2016年06月26日12時00分

長年、舞台やミュージカルで活躍、ロングランとなった故・細川俊之との2人芝居『ショーガール』でも知られるが、前回はその下町育ちのルーツとともに、あの大ヒットドラマ『たけしくん、ハイ!』の舞台裏を明かしてもらった。 ビートたけしさんの自伝的ドラマで子役として主人公を演じ人気を博した小磯勝弥さんとはいまだにプライベートでも親子同様のつきあいだというがーー。(聞 [全文を読む]

優しいママ?時には厳しさも!?印象に残るドラマの魅力的なママさん達!

日本タレント名鑑 / 2015年10月11日09時55分

人生の1コマ、1ページを切り取ったドラマたち。人間の人生を描くのにやはり切り離せないのが、その人の人格を形成するためにもっとも影響力のあった人、両親ではないでしょうか?特に、お腹の中で十月十日を一緒に過ごした母親の存在は大きいのではないでしょうか。そこで今回はドラマ劇中の“母”から、特に印象的な「お母さん」を集めてみました。 気取らずおごらずしっかり見守る [全文を読む]

『劇場スジナシin名古屋』ライブ・ビューイング実施決定!!

PR TIMES / 2014年05月14日10時49分

笑福亭鶴瓶とゲストが即興ドラマを演じる「鶴瓶のスジナシ」は、1998年10月にスタートしたCBCテレビ制作の深夜ローカル番組。毎回スタジオに組まれた一つのセットを舞台に、番組ホストの笑福亭鶴瓶と豪華ゲストがぶっつけ本番&一発勝負のアドリブドラマを演じ、時には演技を超えた本音まで飛び出すやり取りが人気の即興ドラマトークバラエティ。現在放送されている「鶴瓶のス [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(2)真子の素直な性格がプラスに作用した

アサ芸プラス / 2013年07月31日09時59分

そんな真子のデビュー翌年、TBSの「熱愛一家・LOVE」で初めてドラマの世界に足を踏み入れる。主演の森光子が女手ひとつで4姉妹を育てる物語だったが、その末っ子という役どころ。演出した鴨下信一は、真子との出会いを思い出す。 「ドラマに抜擢することは決まっていたけど、僕は初めての人には、あるテストをするんです」 鴨下は真子と喫茶店で雑談し、先に真子が出口に向 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

「私の好きなドラマ最終回」1000人アンケートの結果を発表。評論家のコメントを織り交ぜながら意外な最終回のエピソードを明かそう。 * 堂々の1位を獲ったのは「太陽にほえろ!(PART1)」(日本テレビ・72~86年)。ブルース(又野誠治)が犯人に拉致され、銃で撃たれて瀕死状態。そのタイミングでボス(石原裕次郎)が久しぶりに現場復帰。 「被疑者の知人女性から [全文を読む]

相本久美子が歌手活動再開 秘蔵カットと共に意気込みを披露

NEWSポストセブン / 2016年07月14日07時00分

美貌とスタイルの良さに加え、ファンの間では、イニシャルとかけて『IQ』と呼ばれる知的さを兼ね備えていました」(経済アナリストでアイドルにも詳しい森永卓郎氏) 歌だけでなく、ドラマで芝居もして、バラエティ番組でもそつなく進行。圧倒的な美脚とスタイル、弾ける笑顔で水着グラビアでもファンを楽しませてくれる──。相本は何事も真面目に一生懸命に取り組んだ。 「デビュ [全文を読む]

なぜ彼女は“芸能界のお母さん”と呼ばれたか? 大女優・森光子さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年11月16日13時00分

TBSドラマ『時間ですよ』に出演している時も、入りたてのADが結婚したことがわかると、同じように10万円のご祝儀を包んだという。 金銭の問題ではない。分け隔てなく、周囲の人間に気を遣う心配りの人だったから、あそこまで慕われたのだ。裏方だけではなく、後輩の女優たちにも慕われていた。当時、同じ事務所に所属した沢田亜矢子は、森さんから仕事のイロハを教えてもらった [全文を読む]

フォーカス