歌手 森進一に関するニュース

1000人アンケート、見たくない紅白出場歌手ランキング

アサ芸プラス / 2012年12月11日10時00分

11月26日、「第63回紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。ところが、本誌がアサ芸世代の男性1000人を対象に「見たくない歌手」アンケートを実施すると、その選考に不満の声が噴出。「お前の歌で年が越せるか!」というオヤジの叫びを聞け! * 〈大物ぶって鼻につく〉〈見飽きた感が絶大〉〈ふだん歌を歌ってない〉〈今年ヒットした曲がない〉 ここまでさんざんなコメント [全文を読む]

和田アキ子も続くべき?細川たかしの『紅白歌合戦』卒業宣言

しらべぇ / 2016年11月25日18時30分

(画像は細川たかし音楽事務所のスクリーンショット)今年の『NHK紅白歌合戦』に選ばれなかった、歌手の細川たかし。以前より出場を辞退し、同番組から卒業する意思を示していた。最後の花道として出演することもできたはずだが、「世代交代も必要」として身を引くという。「心のこりはもうない」ようだ。■39回出場していた細川たかしは民謡で鍛えた声量を活かした歌唱力を引っさ [全文を読む]

CDが売れないのになぜ「紅白」は話題なのか

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

ヒットチャートは知らない歌手ばかり、「最近のヒット曲って何?」と聞かれてもピンとこないという人も多いはずだ。それでも「紅白」は40%前後の視聴率を記録している。 「音楽不況」という言葉が喧伝されて久しいのに、なぜ「紅白」は話題を集めるのか。実はその問いは「前提」を間違えている。今は決して「音楽不況」の時代ではないからだ。 たしかに音楽CDの市場規模はピーク [全文を読む]

和田アキ子“紅白落選コメント”に称賛「“悔しい”にグッとくる」

日刊大衆 / 2016年12月01日19時00分

11月24日、今年で67回目となる『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、歌手の和田アキ子(66)の落選が明らかとなった。これに対し和田は悔しさをにじませたコメントを発表したのだが、その正直な言葉に世間からは称賛が上がっている。 和田は発表当日にマスコミに向けて署名入りの書面でコメントを発表し、「今回、この様な形になり、とても残念に思っております。40回と [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年の出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。しらべぇ編集部では、昨年出場し今年落選した歌手を調査した。■紅白に昨年出場し、今年出場しない歌手・今井美樹・NMB48・大原櫻子・伍代夏子・Superfly・藤あや子・μ’s・レベッカ・和田アキ子・EXILE・ゲスの極み乙女 [全文を読む]

美川憲一氏 今も貫く「ブルースの女王」から教わった生き方

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

歌手の美川憲一(69)が、そんな恩師たちへ感謝の言葉を語る。 * * * 歌手にとっての恩師とは、作詞家や作曲家の先生であることが多いの。例えば私の頃でいえば、星野哲郎先生や船村徹先生の門下生を名乗る歌手が多かったわね。ただ私は少し違った。作曲家の古賀政男先生の指導を受けていて、古賀先生から「(門下生と)名乗っていいよ」と許可もいただいていたんだけど、名乗 [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

歌手という職業に就かれる方というのはやはり情熱的なのでしょうか?実は、歌手の吉田拓郎さんと女優の浅田美代子さんも1977年から1984年まで結婚していました。 吉田さんは1972年、人気絶頂期に歌手の四角佳子さんと結婚。婚姻中に当時人気女優だった浅田さん(当時21歳)をラジオに呼ぶなどして強引にプロポーズ。そして現在は女優の森下愛子さんと結婚されています [全文を読む]

森進一 しゃがれ声について問われ「問題は声でなく人の質」

NEWSポストセブン / 2013年01月13日07時00分

1970年代に流行歌手として華々しく活躍を始めた歌手・森進一。当時は常に醒めた目があったと告白した。続けて、その特徴的な森の“声”についてジャーナリスト・鳥越俊太郎氏が訊く様子をジャーナリストの山藤章一郎氏が綴る。 * * * ──時代は歌手・森進一にとってどう変遷してきましたか。 「運が良かったんです。30過ぎた歌手なんて完全に枠外、圏外。 ところが聞く [全文を読む]

昨年までの鉄板歌手が続々落選へ! NHK『紅白歌合戦』が、ついに“浄化”をスタート

日刊サイゾー / 2016年11月26日09時00分

大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』に出場する歌手の発表記者会見が24日、東京・渋谷の同局で行われ、紅白初出場アーティストとして発表された10組のうち、市川由紀乃、欅坂46、PUFFY、桐谷健太、KinKi Kids、RADIO FISHが会見に出席。同じく初出場となる大竹しのぶはVTR、THE YELLOW MONKEYとRADWIMPSはコメントでそ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉高由里子が長渕剛との意外な関係を告白。「同級生のお父さんだった」

TechinsightJapan / 2014年12月29日21時35分

今年、出場する白組歌手にもう1人、同級生の父親がいるというのだ。 大晦日の第65回NHK紅白歌合戦が近づく12月28日、NHK総合で『夢の紅白2014 ~名歌手たちの名勝負・名対決~』が放送された。中盤から白組司会者の嵐・大野智と紅組司会者の吉高由里子も加わって紅白の名場面を楽しんだ。 その中で、紅白歌合戦に詳しいミッツ・マングローブが、昨今の紅組司会者は [全文を読む]

「襟裳岬」「おふくろさん」など大ヒット曲から最新曲まで熱唱!『The Vocalist~音楽に恋して~「森進一」』TBSチャンネル1で5月14日(日)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2017年05月12日10時00分

[画像: https://prtimes.jp/i/3065/783/resize/d3065-783-688611-0.jpg ] 日本の歌謡界を代表する実力派歌手、森進一が往年の大ヒット曲から最新曲まで、彼の歌手生活を彩ってきた名曲の数々を熱唱!TBSチャンネルオリジナル番組をテレビ初独占放送! 第16回日本レコード大賞(1974年)大賞受賞曲「襟裳 [全文を読む]

森進一 公園で拾った新聞の求職欄を見てラーメン屋で働いた

NEWSポストセブン / 2013年01月12日07時00分

ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏と歌手・森進一の問答をもとに、ジャーナリストの山藤章一郎氏が、50年近く最前線を走ってきた団塊世代の歌手、森進一の「歌謡曲 林住期」を綴る。 * * * 以下、鳥越俊太郎氏が訊く。──さて森さん、歌謡曲はいわば日本庶民共有の財産という時代がありました。いまはだれもが等しく知る歌がありません。「田舎から上京し会社に入り、一生懸命が [全文を読む]

「数字をもっている」と評判の森昌子 ブーム再燃か?

NEWSポストセブン / 2017年05月28日07時00分

「どこにでも居るようなフツーの女の子が歌手になる」先駆け的存在だった森昌子の活躍を見た同い年の岩崎宏美が、『スター誕生』に応募したのは有名な話。岩崎以外にも森昌子に触発されて歌の勉強をしていた中高生は大勢いたに違いない。 青春歌謡がメインだった森昌子は、アイドルらしい明るい曲調の歌が多かった桜田淳子や、10代にして阿木耀子・宇崎竜童の曲を歌い上げた山口百恵 [全文を読む]

和田アキ子が紅白落選報道 ネット民「誰が鐘を鳴らせば…」

しらべぇ / 2016年11月24日11時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が今日午後に正式発表されるが、大物歌手の和田アキ子が落選していることが23日報じられた。和田は1970年に紅白初出場、9年連続で出場している。紅組トリを務めた回数は現役歌手最多であり、87年、88年、97年には計3回紅組司会も担当。そんな、まさに「紅白の顔」といっても過言では [全文を読む]

選挙応援で『襟裳岬』歌った森進一氏 公職選挙法抵触か

NEWSポストセブン / 2016年07月22日07時00分

ぜひ皆さんご支援ください」と簡単な挨拶をしただけで、40年来の友人という歌手の森進一氏にバトンタッチ。森氏が「今日は歌じゃなくて鳥越さんの応援にやってまいりました」といいながら応援の後には、リクエストに応えて持ち歌である『襟裳岬』のサビの部分を歌った。 2人合わせて3分ほどの街頭演説に聴衆から「暑い中、長時間待ったのに」という不満があがったが、問題視されて [全文を読む]

ONE OK ROCKのTakaと森昌子の母子2ショット写真がなぜ胸を打つのか…荒れたジャニーズ時代、父・森進一との確執を乗り越え大人に

messy / 2016年05月11日00時00分

「Takaは日本を代表する歌手の1人、森進一と森昌子の長男として生まれました。幼い頃から人一倍厳しいしつけを受け、家族での食事の時も父親が箸をつけた後に長男のTakaが、その後次男、三男がというルールがあったそうです。三兄弟が成人した現在でも、弟は兄に対して敬語を使っていると、昌子さんは過去のインタビューで明かしていました」(芸能ライター) そんなTaka [全文を読む]

「まだ紅白に出るつもりか」和田アキ子、フェス出演の“話題作り”が必死すぎ!

日刊サイゾー / 2016年04月25日09時00分

歌手の和田アキ子が、相次いでロックフェスティバルに出演する。まず、29日に宮城・仙台で開催される「ARABAKI ROCK FEST.」で、サンボマスターのステージにゲスト出演。さらに7月16日には北海道・岩見沢の「JOIN ALIVE」、8月21日に千葉・幕張の「サマーソニック」に出演する。 昨年、一昨年と、氣志團が主催するフェス「氣志團万博」に出演した [全文を読む]

美空ひばり・石原裕次郎・天童よしみ・八代亜紀・坂本冬美 日本の心“演歌”をレコード会社・レーベルの枠を超えて収録「演歌あっぱれ!」本格販売開始

PR TIMES / 2016年04月07日11時55分

「演歌あっぱれ!」は、懐かしい日々を思いおこさせる昭和の演歌を中心に、その時代・その歌手を代表するヒット曲を収録したCDボックスです。 ●69組の演歌スターが大集結! 演歌界をリードしてきた12のレーベルの合同企画 美空ひばり、石原裕次郎、天童よしみ、八代亜紀、五木ひろし、森進一、テレサ・テンなど、輝かしい経歴を誇る演歌の歌い手たち69組が勢ぞろい。懐か [全文を読む]

和田アキ子「ヒット曲ないのに紅白出場」に大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2015年11月16日08時00分

2015年の大晦日で第66回目の放送を迎える『NHK紅白歌合戦』に、歌手・和田アキ子(65)の39度目の出場が決定したと、11月12日発売の『週刊新潮』(新潮社)が伝えている。白組司会にV6・井ノ原快彦(39)、紅組の司会に女優・綾瀬はるか(30)が抜擢されたことも報じられているが、ここに和田アキ子の出場決定が関係しているようだ。 目立ったヒット曲もない大 [全文を読む]

67歳の森進一が、28歳年下恋人をゲットできた理由と、囁かれる一抹の不安!

tocana / 2015年08月07日09時00分

「森さんというと演歌歌手のイメージがありますが、フォークソング調の曲も歌いこなすなど、歌手としての実力は相当高い。ヒット曲も『おふくろさん』『冬のリヴィエラ』など数知れず、業界では超大御所という扱いです。それだけに、ステータスや資金力が女性にとって魅力的だったのではないでしょうか」(音楽プロデューサー) 大御所とあれば、たとえふた回り年下の女性であっても [全文を読む]

フォーカス